インドネシアの友人と銀座 季楽

テーマ:


インドネシアからの友人たちと


佐賀牛レストラン 「季楽」銀座での、お食事を堪能いたしました。


早速 お食事を ご紹介致します。



まずは 前菜の盛り合わせ~佐賀の彩り~


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

佐賀県産大豆 「ふくゆたか」の 自家製寄せ豆腐


コールド佐賀ビーフ


肥前さくらポークの チャーシュー


マロングラッセの ピンチョス


秋鮭の アンチョビマヨネーズ掛け 伊万里の梨を添えて


前菜は、秋の美しい月を 感じさせる 美しいひと皿です。




玄界灘直送 造り


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


かつおのサラダ仕立て~松茸、茶豆を添えて~


松茸の 美味しい季節に なってまいりましたね…キノコ



そして 季節のひと品は 生うにです。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


玄界灘の生うに ~マッシュポテト、エビのジュレをかけて~




いよいよ メインのお肉ですナイフとフォーク



季楽せいろ蒸し~米どころの名牛 霜降り肉の味わい~



お肉はグリル、網焼き シャブシャブ すき焼き…etc


と色々ありますが”蒸す”って聞いたことありませんでした。


ここ「季楽」では大きなせいろで”蒸すのです”


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


とっても大きなせいろで 最高級の 佐賀牛を 蒸していただくのですが


まず 始めに沢山のお野菜がおかれます。


そして その上にお肉をしくのです。




せいろも大きいですが、


お肉も大きいのが 写真でわかりますかしら?目

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


ふんわり蒸されて


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



しっとりピンク色に仕上がりましたアップ





炊きたてご飯とふるさとの漬物


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



佐賀県産の 七夕コシヒカリの新米を 


お釜で炊き上げましたので、 ふっくらつやつやです。



デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


炊き上がったばかりの 新米を


さんまのゴマダレ和えでいただきます。





季楽特製デザート~季節のうまかもん~


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


ピオーネ、無花果のゼリー ヨーグルト掛け


パンケーキ 日本ミツバチの 蜂蜜掛け



パンケーキに かける蜂蜜は


なんと 巣のままで 出てまいりました。


とても濃厚で 新鮮な 蜂蜜を 楽しめましたコスモス

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba




友人達は 日本のお肉が 大好きなのです。


佐賀牛の 最高級お肉を 堪能なさっておりましたニコニコ


日本へ着くと 毎日 昼夜 色々な肉料理を いただくのだそうです。


私は お魚うお座の方が良く お肉は 1か月に 一回か二回です




デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


私は 健康のため


「ま・ご・は・や・さ・し・い」を 厳守しています。


豆、 ごま、 わかめ、 野菜、 魚、 しいたけ、 いも です。ナイフとフォーク


お豆腐と 納豆が 主食。


ごはんは 白米と 玄米を 50%づつ。


常に 血を さらさらにする努力を しています。


AD