皆さま、 本日 3月31日(日) 19:00~OA


日本テレビ ~謎とき冒険バラエティー番組~


『世界の果てまでイッテQ』の 3時間スペシャルに

私も 出演いたします。



これまで、私が 番組のロケで訪れた国 "ハンガリー"の 魅力と


出川さんと一緒に 大冒険した様子を

2回に渡って ご紹介して参りました。


今回 -その3- が、 最終回となります。


それでは、第3弾 のスタートです♪





素晴らしい ”St. Martins Therme & Lodge” から


再び ハンガリーへ戻って参りました。



こちらは 車中から撮った 幻想的な "ヴァイダフニャディ城"


ブダペスト観光の 中心に位置しています。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-1


こちらも 幻想的な "聖イシュトヴァーン大聖堂"


ブダペストにある カトリック教会の大聖堂で、


19世紀半ばから 20世紀初頭にかけて、ギリシャ十字式の


平面構成をもつ 新古典様式で建造されました。


ドームは 直径22メートル、高さ96メートルもあり、


ブダペストで 最も高い建造物の一つです。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-2



ネオ・ルネッサンス様式の 壮麗な "オペラ座" の前で。


ブダペストに 行ったら、 オペラは 欠かせません。


銀座「 マギー 」で 買った 白いミンクの ジャケットに


N.Y.の ベルグドルフ・グッドマンの 黒の ロングスカート


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-3


案内して下さった オペラ座の広報の方と。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-4



ドレスアップした私を 見て 出川さん、


「 本来の姿に 戻りましたね 」と しきりに感嘆の言葉が。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-5



私の 座っている桟敷は、中央の 桟敷の 右隣り。


中央の 桟敷は、 フランツ・ヨーゼフ皇帝と、


エリザベス皇后(シシィ姫)のためのものでした。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-6




古い歴史を 持つオペラ座。


1884年9月に パリ、ウィーン、ドレスデンに匹敵するものとして


ハンガリーの 偉大な建築家 Miklos YBL によって建てられました。


第二次世界大戦の 戦禍を免れ 100年以上の歴史を持つ建造物です。 


かつては マーラーも音楽監督を務めたこともある 劇場だそうです。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

息をのむ 美しい天井


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


パリやウイーン、モスクワ等と違って、


少し オリエンタルなタッチが ありますね。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


外観です。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


これは 動物園です。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-11



ブダペスト最高級の老舗レストラン “ グンデル ” です。


"英雄広場" からすぐに位置し、1910年に創業。


官僚の会合や アーティスト、アスリートからも愛用されている


ブダペストを 代表するレストランです。


お食事は、 フランス料理をハンガリー風に仕上げたものや、


ハンガリー伝統メニュー「グヤーシュ」という パプリカなどで


煮込んだビーフシチュー等が楽しめます。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-12



こちらのレストランには バチカンの ポール ローマ法王や


イギリスの エリザベス女王も 訪れたことがあるそうで、


壁には お二人の写真の他 ロシアの プーチン大統領、


アメリカの ブッシュ大統領 など 著名な方々のお写真が


飾られていました。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-13



Dinnerの お客様のために、 美しい音楽を奏でる ミュージシャン達。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-14


ちょっと気取った出川さん。 でも、 やっぱり場違いかなー(笑)


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-15



私は、 大好きな ハンガリアン・ラプソディ、ドクトル・ジバゴ、


ゴッド・ファーザー、 エデンの東、 ひまわり、禁じられた遊び、


イルカに乗った少年 など、 次々と弾いていただいので、


チップをはずんじゃいました。


出川さんと二人で 優雅な ブダペストの一夜を満喫いたしました。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-16



もう そろそろ ハンガリーの旅も 終りに近づいて参りました。


美しい ブダペストの街。 名残り惜しいですね。


ドナウ河岸に佇む ネオバロック様式の壮大な建築物、


"国会議事堂" です。


ハンガリー建築界 の髄を集めて1885年に着工し、1904年に


完成したそうです。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-17



ハンガリーで 最も美しいといわれる "セーチェーニ鎖橋"


西岸のブダ地区と 東岸のペスト地区を結ぶ 全長380メートル


の吊り橋です。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-18



ブダベストを代表する聖堂の一つ "旧市街聖堂" です。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-19



"ブダペストコルヴィヌス大学 " です。


ブダペストをはじめとして ハンガリー国内では


大学の名前や 学部編成がよく変わってしまうそうです。


かつては「経済大学」「商科大学」と呼ばれていましたが、


現在は "ブダペストコルヴィヌス大学" が正式名称で、


経済学のほか 社会学や 食品生活用品知識学などの学科が


あります。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-20



帰路、 ブダペストの 飛行場です。


目に入った レスト・ルームの案内標示板。


「女性と障害者用」の標識は ブルーでした。


普通は "赤" ですよね。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-21



ブダペストの アーティスト ミカエル・ネグリンの


お店がエア・ポートに あり、ひと際目立っていましたので、


ご紹介します。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-22



なかなの 雰囲気のものばかりです。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-23


夢のある ネックレスと ブレスレット


衝動買いしそうでしたが、かろうじてやめました(笑)。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba-24



これから、 飛行機に乗って 一路 成田へ。

あっという間の "ハンガリー大冒険" ツアーでした。


3回に渡って ハンガリーの魅力と イッテQ ロケの様子を


ご紹介させていただきましたが、


皆さま、 お楽しみいただけましたでしょうか?



この大冒険が 『世界の果てまでイッテQ』の3時間スペシャル


でどのように 放送されるのか! 私に 課せられた 最大の使命とは?




どうぞ、皆さま、本日 19:00~ 


日本テレビ ~謎とき冒険バラエティー番組~


『世界の果てまでイッテQ』の3時間スペシャル をご覧ください。


AD