読者の方々からのメッセージ Part 2

テーマ:

私のブログに寄せられましたメッセージを、
再度皆様にご紹介申し上げます。

(承諾を得て掲載しております)

沢山のメッセージいつも有難うございます。


「教科書では学べない事だと思いました。同感です。
もっと声を大にして、伝えていかなくてはならない事だと思います。
日本という国は、少数意見は、間違ってる、右へならい。
みたいな所あります。反省しなければ いけません。


教科書が伝える事ができない事を子供へと、
伝えなければいけない。と思いました。
聞き耳を持つ事も大事、無関心もいけないと思います。

大切なご意見、ありがとうございました。」




「私も、デヴィ様の意見に近いものがあります。
現在の政治家のみならず、
日本全体が、歪んできていると感じるわけです。
おそらく、デヴィ様に拍手をおくりたい政治家も、
かなりいるはずです。しかし、現実には、
なかなか表だって賛意を示せません。
というのは、ある種の思いの方が、真に自分の考えを出すことより、
はるかに優先するからでしょう。
本来なら、こうした人に政治家たる資格はありません。
いいところ、チーママでしょうか。いや、そんなことを言ったら、
相手を測り、常に学習しているチーママに、失礼な表現かも知れません。


日本が、なぜこのように、特に政治家たちが変質しまったのでしょうや。
私は、その原点は、戦後の教育にあるように思えてなりません。
デヴィ様おっしゃる、自虐的歴史感のみならず、
中味のない自由・平等・権利などという、
形だけ西欧の模倣をしたことが、素晴らしい日本を、
ここまで堕落させた気がします。


政治家ならば、私の利害を捨てても、
ポリシーをしっかり持ち、万民の為、
国の為に働くのが当たり前でしょう。

だいたい、自国に誇りを持ち、
より正しい歴史を教えることが、なぜいけないのでしょうか。

俺は自分が大嫌いだ、という人を尊敬できましょうや。


日本人は、ことのほか政治家は、自国を誇りに思わなければなりません。

しかし、今それを、全ての政治家に期待するのは、難しいように思われます。

デヴィ様に、自虐と国際親善を勘違いしている政治家の、
言いたくとも言えない弱虫政治家の、
道しるべたらんことを願いつつ。」




「確かに侵略行為と言われる行為を行ったのは日本だけではなく
他の国も歴史上侵略と戦争を繰り返してき、
日本だけが侵略国家と言われる筋合いはないと思っています。
幾万人もの外国人を強制連行して来たのは紛れも無い事実であります。
なので私は日本人が劣等感をいだく必要は全くないけども
日本国が過去の過ちを反省し、
二度と過ちを犯さない様国家として誓うのは間違っていないと思います。


しかし今回の田母神氏の更迭は紛れも無い言論の弾圧であり、
日本国の対応や、マスコミの程度の低い対応には日々憤りを感じております。
人それぞれ色々な考え方があって当然ですが、
議論の場を奪う事は誰にも出来ないはずです。


そういった意味でデヴィ夫人の考えには賛同です。」



貴重なご意見、有難うございました。

AD