マクロビ出張料理屋★料理には人を幸せにする力がある。

食べ方を変えると、生き方が変わります。

ブログ引越しました。
新しいブログはこちらです。


http://personal-chef.jp/blog/

みなさんのお役に立てる記事を書いていきます。
今後ともよろしくお願いします。


テーマ:
毎日蝉の大合唱で夏真っ盛り、

暑さもピークですが夏バテしていませんか?

9/6(土)らでぃっしゅぼーや青葉台キッチンスタジオで

クッキングライブをやります!



まだまだ残暑厳しい頃ですが、

夏の名残の食材から秋の食材へバトンタッチ、

晩夏のお野菜をお楽しみください!

トマトと意外な組み合わせのソースで料理がグレードアップ!



【予定メニュー】

・イチジクの冷製パスタ
・丸ナスのステーキ酸麻婆ダレ
・とうもろこしのすり流し
・バナナケーキ


【日時】9/6(土) 10:30~13:30

【場所】横浜市青葉区青葉台1-14-1 第二青葉台ビル202

最寄り駅:東急田園都市線青葉台駅徒歩3分

【参加費】らでぃしゅぼーや会員:¥3,800 一般:¥4,300

お近くの方も、そうでない方も是非お越しください!



お申し込みはらでぃっしゅぼーやお客様サービスセンター

0120-817-999(月~金 10:00~18:00)

※ガイダンスに従い③を選択してください。

またはこちらからお申込みください。



http://corporate.radishbo-ya.co.jp/member/studio/aobadai2.html
AD
いいね!(60)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
お楽しみさまです
ハレルヤ松本です。

今度はいつですかと言われ続けて久しいですが、
久しぶりのクッキングライブの開催です!
━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━
月森シェフのクッキングライブ
@ハレルヤ・クッキングスタジオ「典座」のご案内
━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・━━・
しかも今回は、ハレルヤ・キッチンスタジオ「典座」
オープン記念のスペシャル版です。

今や全国各地からお呼びのかかる、
野菜のお友達、月森シェフを招いてのクッキングライブです。



先日開催されたクッキングライブでの名言
「お料理は野菜の晴れ舞台、
だから責任をもって料理してあげる」by 月森紀子

島根の実家に戻って、自然に囲まれその感性に磨きがかかったようです。
そんな月森シェフのクッキングライブ、
東京で参加できる貴重はめったにありません
平日の昼間ですが是非ご参加お待ちしています。


【今回の予定メニュー】

・夏野菜のポテト春巻
・フレッシュサラダ 杏のソース
・青菜のポタージュスープ
・カボチャのプリン 黒豆ソース

デモンストレーション形式です。
作るところをじっくり見ていただき、
クッキングライブ後は皆さんで
お食事を楽しんで頂きます。

ぜひお友達をお誘いの上ご参加くださいね♪
みなさまのご参加を心よりお待ちしています!

では詳細です。

●日時:7月9日(水) 11:00~14:00
※終了時刻は多少前後することがあります。

●場所:ハレルヤ・キッチンスタジオ「典座」

中央区湊1-2-8紀伊国屋ビル4F

アクセス:日比谷線「八丁堀」JR京葉線「八丁堀」徒歩5分、
     有楽町線「新富町」徒歩8分

地図→http://bit.ly/1kPp97x

●講 師:月森紀子シェフ

【プロフィール】
島根県生まれ。子どものころから料理に興味を持ち、
高校卒業と同時に上京し六本木の有名日本料理店に入る。
料理の仕事をして6年目の頃に、食と健康について考えはじめ、
2000年にはマクロビオティックレストラン「クシガーデン」に入る。
スペイン人シェフトレーナーのパトリシオ氏について、
マクロビオティックの基本的な料理を学ぶ。
後に「クシガーデン デリ&カフェ」のシェフに就く。

形にとらわれない斬新なアイデアと味つけのセンスで、
多くの顧客の心をつかむ。
オーガニックレストラン「椿屋」を「WOOD MOON」オーナーシェフを
経て現在はフリーで全国各地を舞台に活動中。

●参加費:5,000円(税込) 

●定 員:12名
※定員になり次第締め切らせていただきます。

●持ち物:筆記用具、デジカメ、
 必要であれば持ち帰り容器をご用意下さい。

≪お申込み方法≫
お申込みはこちら→https://ssl.form-mailer.jp/fms/fd8b7342105341

お申し込を確認後、振込先をご案内いたします(仮予約完了)。
参加費の入金確認をもちまして、受付完了とさせて頂きます。

なお、携帯電話やスマートフォン用アドレスでお申込みされる際は、
必ずパソコンからのメールを受け取れるように設定いただけますよう、
よろしくお願いいたします。

万が一、24時間経っても返信がない場合はお手数ですが、
直接ご連絡頂くか、 メール件名に「クッキングライブ参加希望」と記入し、
住所・氏名・電話番号を明記の上、
下記アドレスにお送りください。
cs@hareruya.jp
では 皆様とお会いできるのを楽しみにお待ちしています!

※キャンセルポリシーについて

2日前より所定のキャンセル料が発生します事ご了承ください。

・2日前~前日まで 50%
・当日      100%
AD
いいね!(10)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
お楽しみさまです
ハレルヤの松本です。

梅雨入りしてから毎日雨。
どうしても動きが鈍りがちですね。

さてキッチンスタジオを作るに当たって
どうしても譲れなかったもの。
そのひとつがガステーブル。



お節介で、過保護なセンセーがついた
家庭用のガステーブルは不要。

火加減ぐらい自分でコントロールしないで
美味しい料理できないでしょう。

よく家庭用のガスコンロは火力が弱くて・・・
だから上手にできない!
なんて言われますが、

確かに家庭用コンロは火力は弱いかもしれませんが、
問題は火力よりも、鍋底と火口からの距離なのです。

業務用と家庭用の違いは、五徳の高さ。
五徳というのはコンロの上に乗っかっている台のこと。

家庭用は火口から鍋底までの高さが近い為、
炎が鍋底にダイレクトに当たり、
火力が強くなってしまいます。

つまり家庭用のコンロは、
短時間で高温(強火)になりやすい構造なのです。

素材を焦がしてしまったという
失敗は鍋底と炎の距離のコントロール不足が原因です。

では火加減の確認をしましょう。

●弱火
コンロの火口から鍋底の半分くらいに炎のてっぺんがある状態。

●中火
炎のてっぺんが鍋底に丁度当たるか当たらないかの状態。

●強火
炎が鍋底に勢いよく当たり、鍋底全体を熱している状態。

ちょっと火加減を意識してお料理してみましょう。

それにしても美しい炎だな~、
火遊びしたくなる。
AD
いいね!(5)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。