さぁ、今回も気温の低下に負けず、しつこくフェルティミシンの記事を書きたいと思います。

「毛糸ならフェルティミシンで縫い付けられるんじゃない?」というコメントをいただいたので、本当につけられるか実際にやってみたいと思います。

私は、いつも、何かと大量に作りたくなってしまうタイプなので、クリスマスのオーナメントもこの際、大量に作って友人知人に配り歩きたいと思います。

↓まずは、アイロンプリントの用紙にフリーで使えるクリスマスのイラストを印刷して切り抜きます。

アイロンプリント用紙に印刷する時は、イラストを左右反転させてから!!という当たり前なことにしばらく気が付かず、メリークリスマス!!の文字が入ったイラストを随分と無駄にしてしまいました。

そもそも、12年間も保管したアイロンプリントをケチケチ使うなって話なんですが、性格が性格なので、仕方がありません。今日も、無駄なく使うことに命を燃やしております。

↓アイロンに転写して切り抜きました。

セコいタイプなので縁はあまり広めに取らないのですが、フェルティミシンで縫ってわたを入れることも考慮して今回は広めに。

アイロン転写をする時のフエルトは、色の薄いものがおすすめです。クリスマスだから!!と濃い緑色や赤色をチョイスすると、せっかくアイロン転写した絵の発色が悪くなってしまい、何の絵なのか分からなくなります。
(と思っていたのですが私の使用した転写紙が白い生地用だっただけでした。黒い生地用も売られていますので、濃い色のフエルトにも転写できます。)

↓あまりものだったので、アイロン転写紙、いろんなメーカーが混ざっていたのですが・・・。

メーカーによっては、めくるときに白くなってしまうものもあり・・・。(涙)綺麗にできた方は、コニカのアイロン転写紙です。使ってみると違うものですね。

↓フェルティミシンで毛糸を縫い付けてみました。

あぁ、こうなるよね・・・・。
繊維がからみあって縫えているんだもの。まぁ、ここで白い毛糸をチョイスすればいいのでしょうけど、ベースのフエルトが、薄い黄色や、ピンク、白しか使えないので、紐ぐらいは赤とか緑にしたいですよね。ここは・・・。

↓そこで!!これならどうだ!!

赤い毛糸の繊維が表面に出てきても気にならないようにする技!!(笑)成功です!

↓次は表面と裏面を違う色で重ねるタイプに挑戦。

緑色の繊維、気になりますでしょうか??裏面の緑色のフエルトをひと回り大きくカットしたので、すこしマシかなぁと思うのですが。黄色と白色の方は、文句なしの仕上がりです。

↓最後のオーナメントはピンクリボン運動を思わせるこんなスタイル!!

細く切った緑色のフエルトをモチーフの前に乗せてフェルティミシンで縫ったので、繊維の絡みが気になりません!!ピンクリボン運動のリボンって、リボンに対して縦に切るの?横に切るの?と思いながら2パターン作ってみましたが、そのどちらでもありませんでした。

・正解はこちら!「ピンクリボンフェスティバル

今年、市町村の無料で受けられる検診をすっかり忘れて、結局血液検査しか受けられなかったのですが、その結果を受け取ったらあらびっくり。LDLコレステロールが少々高く、ものすごいショックを受けてしまいました。自分ではかなり食べ物を制限していたつもりだったからです。やっぱり検診は受けておいて損はないと思います。来年こそは、逃さずちゃんと受けようと思います。がん検診!!


↓いつも押さないそこのあなた、押せば運気が上がります。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓ラメの転写紙もあるんだって!知らなかった!

↓ちゃんと黒用の転写紙ってのが、ありますわ・・・。
AD

コメント(10)