次女を保育園にお迎えに行った時の事です。

保育園の階段を降りかけたところで、後ろから次女が来ていないことに気付きました。後ろを振り返ると、次女は廊下のフックに掛けられたパジャマ袋を手に取って眺めていました。

私が覗き込んだ次女の両手に乗っていたパジャマ袋は、ドキドキプリキュアのパジャマ袋でした。同じクラスの誰かのパジャマ袋です。
(ちなみに次女の地味なパジャマ袋はこちら

私は元々キャラクタものは買い与えないタイプでしたが、長女の時は、大おばあちゃん(そう!みんなを震撼させたあのおばあちゃん)が買ってくれたりして、そこそこプリキュアグッズは揃っていました。やっぱり長子は恵まれていますね。

私は末っ子の味方です。なぜなら私は末っ子だから。長子は長子の苦労、末っ子は末っ子のうまみ、お互いにいろいろあると思いますが、今回は末っ子応援目線でお願いします。

私は保育園の帰り道、そのままの足で手芸屋さんに向かい、財布の紐が固い私が、プリキュアの布地を40センチだけ買いました。1M1470円ですから40cmで588円です。

もちろん、定価です。

ドキドキプリキュアにはプリキュアが4人いるのですが、その全てのメンバーが揃えるには40cm必要だったんです。

布地を買っただけで、次女は大喜びです。その夜、めずらしく外食した焼き鳥屋でもプリキュアの布地を広げて喜んでいます。「汚れるから!!」という私の言葉も次女の耳には届きません。

帰宅後、「すぐ作って!すぐ!すぐ!」と繰り返す次女。ほろ酔いでミシンに向かう気なんてさらさらない私は、「パジャマ袋を作るなら、一緒に寝れないよ」と言い返しました。

4年間、添い寝をし続けてきた次女が「分かった。こっちゃんと寝る。コップ袋もね!!」まさかの回答です。

↓私は、その日のうちにパジャマ袋とコップ袋を完成させました。ほろ酔いで。(爆)
Come On!!貧乏ミシン部
なぜなら、ここが母としての根性の見せ所だと思ったからです。布地を買ってもらった次の日にもうパジャマ袋が完成していた・・・その嬉しかった気持ちはきっと大人になっても残ると思ったからです。588円以上の価値があるパジャマ袋にしたかったからです。(←結局、欲深い)「ママすごーい」って言わせるチャンスは、今しかないって思ったからです。

翌朝、計算通り、いえ、それ以上に喜んだ次女をを見て私までうれしくなりました。
数日後、私は次の作業に取り掛かりました。

↓余り布でワッペンを作るのです!!
Come On!!貧乏ミシン部
裏側に丸く切った厚手の接着芯を貼ります。大きさは、風邪薬の赤いフタ。

↓裏側はこんな感じ。ちょっときつめにぎゅぎゅーっと。
Come On!!貧乏ミシン部

↓これを保育園の体操服の胸に縫いつけます。
Come On!!貧乏ミシン部

さぁ行きますよ!!心の準備はいいですか?4連発です。

英知の光!キュアダイヤモンド!
Come On!!貧乏ミシン部

ひだまりポカポカ!キュアロゼッタ!
Come On!!貧乏ミシン部

勇気の刃(やいば)!キュアソード!
Come On!!貧乏ミシン部

みなぎる愛!キュアハート!
Come On!!貧乏ミシン部

か・・・完璧すぎる!!

588円以上の価値です。大満足です。私の方が!!

初めてワッペン付きの体操服を着て登園した次女に、保育園での反応が気になって聞いてみました。

「全然かわいくない」←たぶん強がってる、
「私もプリキュアの体操服持ってる」←張り合ってる、
「かわいいー」←素直な反応、

といろいろでした。でもお友達が何と言おうと、次女が楽しく保育園に通ってくれれば、それ以上のことはないわけで。そして欲を言うなら、ずーっと後になってから成人した次女と思い出話に花が咲いたついでに「お母さんプリキュア体操服に付けてくれたよね」とか言ってもらえたら、もう最高!!

いつも、小さい我慢をさせているので、このぐらいはね。さぁ今日からまた小さな我慢の始まりですよ。

↓ママはすごいと(今のところ)思っている子供達にポチっとお願いします。尊敬されている今のうちに押してください。お願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
にほんブログ村(携帯用リンク)
人気ブログランキング(携帯用リンク)

↓一緒にどうですか?値段だけの価値はありますよ。

↓1個に500円は出せないわ!

↓こちらはキュアロゼッタとキュアソードのペア。

↓このデザインなら4人全員!!
AD

コメント(32)