私は授乳期間中、ずっとスポーツブラのお世話になっていました。授乳用のブラでは少し頼りないんですよねぇ。全く同じデザインのスポーツブラを5~6枚買い揃え、フル回転で洗濯していました。

その楽さを覚えてしまい、授乳が終わった今でもスポーツブラがタンスの引き出しに入っているとついつい着てしまうんですよねぇ。ちゃんとした補正力のあるブラをしなくちゃとおもいつつ、寝る間だけとなり、今日は出かけないからと、結局1日中スポーツブラで過ごしちゃったりして。

そこでスポーツブラを使ってハンガーをリメイクしてみようと思います。
ベビーハンガーを使っていたのですが、最近長女の成長にともなってベビーハンガーが小さくなってきてスカートやズボンが引っかからなくなってきていたのです。そうは言っても大人用ではまだ大きすぎるし・・・。(←ジュニアハンガー買えよ)

↓数年前に試行錯誤したリメイクハンガー第一作目がこちら。
Come On!!貧乏ミシン部
西松屋でもらったハンガーです。不織布を両面テープで袋状にし中に綿をつめてみました。ベビーハンガーの肩幅がちょっとだけ広くなって結構ハードに使っていましたが、中から綿が出てきてしまって(涙)

↓こんな素敵ハンガーも持ってはいるんですが・・・。
Come On!!貧乏ミシン部
濡れた洗濯物と木製のハンガーの相性は最悪です。濡れた洋服が、乾いた木に引っかかってツルっと干せません!!

↓では勇気を持ってはさみを入れます。
Come On!!貧乏ミシン部
ちょっと恥ずかしいのでブラの写真は控えめにしてみました。

↓ぐるっと力を入れて丸め込み、まつります。
Come On!!貧乏ミシン部
こんな時でも糸の色を合わせている自分が憎い。

↓こちらのハンガーの先にある穴に注目!
Come On!!貧乏ミシン部
このままではスポっと抜けてしまうので、この穴を利用して糸で留めておきます。

↓完成です。
Come On!!貧乏ミシン部
見てください!!この完成度!!無印っぽさすら漂います。作っておいてなんですが想像以上に上手く仕上がりました。

↓その他、授乳パッドでも作ってみました。
Come On!!貧乏ミシン部
洗濯できる授乳パッドを購入したものの、あふれるほどのおっぱいも出ず、出番がありませんでした。

誰かにこのハンガーを指摘されたら、肩パッドだと言い張りましょう!!もちろん、本当に肩パッドでも作れると思います。ベビーハンガーでは小さくなったと思っていた方、そしてクリーニング屋さんのハンガーをもっとリッチにしたい方、ぜひお試し下さい。

↓恥ずかしさを押しのけて記事にした私に1票お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ
AD

コメント(4)