最近、口を開けば「サンタさんってホントは親なんでしょ?」と繰り返すかわいくない小学5年生が我が家にいます。私は無表情で「サンタさんって、信じていない子にはプレゼントを持ってこないらしいよ」と念仏のように繰り返します。姉妹の歳の差がもう少し開いていれば、長女も次女に気を使って気づかないふりをするとか、聞こえないところで話してくれそうなものなのに、プレ思春期って、本当にかわいくないですね。(怒)

 

さて、まだまだかわいい小学2年生の次女からお手紙がきました。

トイザらスのクリスマス広告(冊子になっているヤツ!)から気に入ったおもちゃをご丁寧にも切り抜いて貼ってあります。

 

我が家ではサンタさんにお願いする物の返品交換・変更を防ぐため、お手紙を書くシステムを採用しています。

 

驚くなかれ!オーダーされたおもちゃのお値段!販売価格7797円!!(メーカー希望価格は驚きの9980円です!)今年の11月に発売されたばかりの新商品にしては割引されていると思うべきなのか?!最近の子供のおもちゃは高すぎますよね。

 

↓この値段にビックリしたサンタさんが口から泡ふいてます!!あっこれは髭か?(笑)

 

2014年の誕生日プレゼント[新しいミシン買いました]に引き続き、次女が欲しがるものが貧乏ミシン部の後継者っぽくて、いえ、幼い日の私に似ていて大変ほほえましいです。私もぜひやってみたいけど、こんなに高いものを買ってやっていいのだろうか?先月の誕生日に欲しがったおもちゃは1000円台という破格のお値段だったので、その時の予算のあまりをのっけて買ってやればいいじゃないか、そう思ってしまう私もいるのですが、うーん・・・。

 

↓とりあえず近所の電気量販店へ在庫確認に行ってきました。


(おばあちゃんに見せるから・・・と撮影許可いただきました)

「あむかわアミーナ」お値段は7500円。少しだけトイザらスより安いです。この値段も、もちろん悩みどころだけど、この大きなおもちゃをドーンとリビングに広げられるのもどうかと思うのです。(片付けても箱自体がでかいし・・・)この商品のウリは、やっぱり模様編みができること。クマとかウサギとか箱裏の写真を見る限り少々ひきつった感じですが(失礼!)、設定をカチカチ変えれば子供でも模様が編めます。

 

↓ふと横を見ると、トイザらスの冊子に出ていなかったこんなおもちゃが!

「ラブあみ」少しお安めの3000円!しかも組み立て式でコンパクト。さらに、フリースっぽい極太毛糸が使えます。「あむかわアミーナ」は機械に通すので並太毛糸のみとあります。パーツの組み方を変えれば細くも太くも編める!しかも故障することなんてあり得ないシンプルな構造!!

 

次女は、「ラブあみ」の存在を知らないので、気に入ってくれる可能性もありますが、サンタさんの嘘つき!!と怒り出す可能性もゼロではありません。

 

みなさんならどちらを選びますか?すでにお持ちの方、旧型をお持ちの方がいらっしゃいましたら、迷える私にアドバイスをお願いします!!うちはクリスマスに買います!というコメントも大歓迎です。

 

↓好みが同じ私たちに親子にポチっとね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ

 

↓こっちが「あむかわアミーナ」

 

↓こっちが「ラブあみ」

AD