かっぱ寿司にて折り鶴を開く

テーマ:
ワタクシゴトながら、本日は家族で外食なぞいたしまして、ご近所のかっぱ寿司集合~。
会社からの帰り道、旦那さんから逐次連絡をいただきまして、こっちが駅につく前にもう席に着いたよ~なんて連絡もらったら、そら焦りますわ(^_^;)。



20分遅れでテーブルにつきますと、お二人はあらかた平らげたご様子。
んで、ヘムさん、注文してあげるねと、タッチパネルの操作もお手のもの。



皆さんには周知のことかもしれませんが、最近の回転寿司はレーンにはあまり乗っていないのですよ。
ワタクシがこどもの頃などは、お皿の上にプラのカップのようなものを乗せてネタが乾かないように涙ぐましい努力が見られたものですが…。



ヘムさんの注文からしばらく、タッチパネルから「まもなく到着します」のご案内。
すると新幹線が走ってくるとですよ!
ドクターイエローとですよ!

いやー、いやいや、お父さん、こんなの全然楽しくないんだからネッ!

旦那さんがウソつきと言う目で見る視線が痛いf(^_^;。

だって、アミューズメントっすよ、楽しんだもの勝ちですよ、はい。



ちなみにお皿をとらずにタッチパネルのボタンを押すと、そのまま新幹線は帰っていきますので、ご注意を( ̄▽ ̄;)。
慌てて店員さんがお皿を持ってきたのが懐かしい……旦那さんに爆笑されましたが。

ヘムさんも、新幹線からお給事するのが、楽しいらしい。



ファーストお皿はカツオから。
これが想定外に美味しくて、後々おかわりしてしまいました。



続いて〆イワシにエンガワ、あぶりマグロといただきまして、以前のぶドラさんとお邪魔した時は、鬼のようにエンガワをアゲインしていましたが、今回エンガワ用のポン酢がなくて残念でした。

出色はマグロの炙り。これが香ばしくて、マグロも見た目より肉厚でステーキ感があって、すてーきな感じ。いや、本当に美味しいんです、ものを投げないでください。



変わり種では、チャーシュー握りなんてのもありまして、味の想像ができたので発注はしませんでしたけどね。



ピリ辛の海鮮軍艦はユッケ風の甘辛の味わいで、これはあり。



思わず炙りはアゲイン。
ちなみにこの間に塩味も挟んでおりますので、都合三皿いただきました。塩と醤油一貫ずつは旦那さんにシェアしましたけどね。

実はヘムさんが、五皿食べるという驚きの食べっぷりで、おなかはポンポンとタヌキのようになっておりました。



ほんでもって食後は、プレゼントタイム。
あたくし、成長は伴わないまま、またひとつ年を重ねまして、そんな日なのでかっぱと相成った次第です。

旦那さんの時は、牛坊だったのになぁ、おかしいなあ(笑)。



で、このつばめのようなペリカンのような折り鶴、開くとお手紙になっておりました。
言葉を字にして表してもらうっていうのは、嬉しいもんです。なかなかお手紙をもらう機会がないので、一塩かもしれません。



で、開いたらまた折るんかい(/ロ゜)/
折りなおしたら、ちょっと鶴らしくなりましたね(笑)。



さて、心尽くしのプレゼントもいただいたところで、お会計。

合計19皿と、あたしも結構食べまして、また肥えてしまいましたとさ。満腹のあまり、帰り道ちょっと気持ち悪かったという事実(^_^;)。



これだけ食べて、一家で2150円のお会計ですから、バースデーのお夕飯としてはお手頃だったんではないでしょうか。

3人で楽しく夕飯食べられたし、どこで何を食べるかよりも、それが一番ありがたいプレゼントです。
また、この一歳もよろしくお願いします。
AD
山梨のことを記録しとこうかと思いつつ、季節ものを先にやっつけとこうかと。

そんなわけで、今日もにゃんこ先生の出番です。



ニャンコである。
最近、猫使いが荒いにゃあ。

とある週末、お昼ごはんを食べて、ふと油断して布団で横になって寝息をたてているうちに、旦那さんとヘムに二人で出かけられた丁稚を慰めに連れてきたのが、浅草酉の市で有名な長國寺。



ここは、あじさいまつりでも、その名を馳せている。
と言っても、白山神社の如く、境内にあじさいが沢山植えられているわけではないが、寄せ植えを見ているだけできれいだにゃあ。



こちらのまつりの名物は、こちら、あじさい図鑑というそうだが、様々な種類のあじさいの鉢植えが展示されており、即売もしているそうニャ。



目覚めて、押上から歩いてきたので、まつりも終盤。ほとんどの鉢が売約済みになっていた。
朝顔市やほおづき市のような感覚なのだろうか。



その名の通り、青が綺麗なマジカルアメジスト。まだ色づく前の緑色との対比が、またよろしい。



かたや、このポージィブーケノーブルは、緑のあじさいニャ。
バラもそうだが、あじさいも様々な種類が楽しめる。コンパクトにまとまったあじさい市、今度は早い時間帯、沢山鉢が並んでいるところを見てみたいものだニャ。


「エグッエグッ、旦那さんたちはお友だちと、清澄白河でもんじゃ食べてるでゲス…」

丁稚よ、泣くな、帰り道お夕飯食べに連れてってあげるから。
「払うのはおいらでゲスよぉ、お小遣いがもうないから、おうちに帰ってご飯食べるでゲス!」

その前にまた押上まで歩かなきゃならんがニャ。

「先生、鬼でゲスか…((T_T))」
AD

子の心、親知らず

テーマ:
とある平日のこと、やんごとなき事情により、旦那さんお一人でお出掛けのこと。

ついては、あたくし仕事を切り上げまして、ヘムっちのお迎えに行ったとです。

習い事からの帰り道、駆け出す君は元気良くてよろしい。



こんな機会だからと、二人で外食も考えましたが、これもやんごとなき事情により断念。
正直なところ、おこづかいがありませんねん(^_^;)。

そんなわけで、帰宅後、洗い物してご飯を炊いた後、お洗濯の間に小僧をお風呂にいれて、洗濯干して冷蔵庫の残り物でお夕飯。

「洗濯物を干してる間、テレビでも見ていてね」ったら、割りにきっちり正座なんぞしてたもんで思わずパチリと。
背景については本当に国家機密以上のトップシークレットなので、心の目やら第7感から、ありとあらゆるものを閉じてください!



まぜご飯をラップでくるんで、梅干しいれておにぎりにしてパクつくヘムと、差し向かいでのお食事しながら、お話。
って普段からヘムさんの隣に旦那さん、その正面にワタクシと言うのが、我が家の食卓なもんで、いつも差し向かいなんですが。

食卓の話題で、旅のことなどをお話しておりまして、思い出に残っているのは、やはり熱海の海のことのようです。
なんと言っても、「熱海以外に海あるの!?」と、驚いていた鎖国ボーイなもんですから(笑)。

そのついでに、昨年出かけた「山梨の旅とかは覚えてないの?」と尋ねたところ、最初は思い付かなかったようですが、フルーツというヒントを出したら、「さくらんぼ狩り!」の答えにたどり着きましたね。

さらに、「フルーツのすべり台があるところでしょう」との意外なお言葉。
マニアックなところ、覚えてるなぁと感心しちゃいました。



昨年の山梨ツアーは基本、さくらんぼ狩りがメインでございました。
あとは宿で温泉に入るくらいで、場つなぎにご案内した公園のことを、子どもはしっかり記憶に留めているんですね。

そんなわけで、古い記憶の引き出しを少し開けてみることにしましょうか。
AD

堀切に涼を訪ねて

テーマ:
ニャンコである。

あじさいと並ぶ梅雨時の名花と言えば、やはり花菖蒲だろう。

そして、花菖蒲と言えば行かずばならないところがある。
江戸の昔からの菖蒲の名所、堀切菖蒲園ニャ。

青空と首都高を背景に、十数の菖蒲田に色とりどりの菖蒲が咲き誇っている。

涼やかな紫の花は、蒸し蒸しした梅雨時の一服の清涼剤になるニャア。















ニャンコである。
暑い、暑すぎる…身体の中に熱がこもっているようニャ。

そんなピーカンな今日は、熱中症一歩手前になりつつ白山神社に、あじさい見物。

境内の寄せ植えもきれいだが、最大の見所は裏手の富士塚。祭期間中のみ公開されるこのあじさいの山は、今が盛りであった。
これが古墳だとは知らなかったニャア。

今年は公園側の花数が少なかったが、すでに終わってしまったのだろうか…いずれ、ご覧になるかたはお早めをお勧めするニャ。












大倉山駅から東横線に乗り込んで、この日最後の目的駅に向かいます。
ログハウスでしこたま遊んで、坂道での出会いを経て、観梅で目の保養。最後に夕飯をいただいて帰ろうってな算段です。



たどり着いたのは白楽駅。駅前の六角橋商店街のアーケードを散策して、横浜上麻生道路を渡った先には、ジャンボ焼売&餃子で有名な襄陽さん。

先客一組しかいない、これはチャーンス!しかし、しかし、ヘムさん「うどんが食べたい」とのお言葉。

そんなわけで、もうちょっと進んでこちらのお店ののれんを潜ります。



讃岐うどんの名店、じょんならんさんです。
いいのよ、こちらのおうどんが食べたくて白楽まで足を運んだんですから。いや、強がりじゃなくて本当に(^_^;)。

店頭の三角看板には、限定メニューの汁無し坦々うどんなんて、魅惑的なメニューが掲げられておりますね。

早い時間だったので、店内には先客は一組だけ。ところが後から後からお越しになって、帰る頃には奥の予約席を含めてほぼ満席になっておりました。

さて、我が家のお夕飯は…と、担々麺好きの旦那さんは当然限定に行きますよね。
あたしは、ぶっかけとか冷たいのと天ぷらを楽しみたいなぁ…とここでもヘムさん、「温かいうどんが食べたい」。
はい~、お夕飯ですからね、ええもちろんモチ好きのヘムさんのご要望にお応えして、もち入りきつねうどんにさせていただきましたよ(;つД`)。

オーダーを受けてから、うどんを伸ばしてくれるご主人。



このパフォーマンスを見ているだけで楽しいですね。
奥の小部屋に入られた先客さんのおうどんを盛り付ける助手さんの動きもきびきびしていて、これまた楽しめます。



糸唐辛子の赤色が目に鮮やかな、担々うどん。竹の子たっぷりの肉味噌とよく混ぜ合わせて、一すすり分けていただきましたが、肉味噌の味わいが良いですねぇ。
しかもピリッと辛味も効いて、こりゃヘムさんには大人の味だなぁ。






だもんで、こちら。温かいお出汁のもち入りきつねうどん。こちらは、いりこですかねぇ、魚介のお出汁の効いたおつゆが美味しいし、温まりますわぁ。

こしがあって、のど越しつるりとしたおうどんそのものがまた美味しいです。
おあげもこの大きさ、お出汁におあげの甘味が加わって、食が進みますねぇ。




最後、残った肉味噌をご飯に混ぜこんでいただいた〆ご飯でしっかりお腹一杯。
ごちそうさまでした~。いやぁ、やっぱりエエなぁ、じょんならんさん。

また、東神奈川辺りにお邪魔したら歩いて寄り道しますね~。
しかし、かえすがえすも未訪の襄陽さんにお邪魔するチャンスだったのが悔やまれますが、ま、またお邪魔しましょ。夜市もありますしね(*^ー゚)。




夜の六角橋商店街を歩くのも、また風情。
この日は、東横線の駅を4つはしごしまして、渋谷から半蔵門線で帰宅しました。
1日券で楽しむ東急ツアー、また違う路線もそぞろ歩きしてみたいです。
綱島再訪も含めて、次はあなたのまちに、町歩きにお邪魔するかもしれません🎵

では、いずれまたそのときに(^-^)/

王子の狐さんと別れを告げて、我が家はまだ残る坂道を上ります。

旦那さんと、お年を召した方には、辛い道だよね…なんて話しをしながら。



梅園到着 で、坂道を上りきりますと、その先の谷間に広がるこの景色。


ここが本日の目的地、大倉山公園梅園でございます。


狐さん曰く、葛飾からわざわざ来るようなところでもないということでしたが、いえいえなかなかお見事ではないですか。








桃やら この日は曇りがちでして、空が白いのが残念でしたが、白梅を中心に、淡い桃色の梅の花やら紅千鳥などの紅梅系も植えられており、その色味の変化を楽しむのもまた良いですねぇ。


途中の梅園の縁起には、100本ほどということでしたが、もっと植えられているように感じましたよ。

地域の方がお散歩がてら、梅の香りを楽しむにはちょうど良い規模かもしれませんね。
白やら
クリーム色というんでしょうか、雲の白とはまた異なる白梅の色。梅は枝が空にむかってまっすぐ伸びているからか、花付きがシャープな印象を抱かせます。


しかし、遅くなっても結構人がおいでになりますねえ。

この日はまだ梅の咲きそろう前だったんですが、愛らしい毬のような蕾と八分咲きでしょうかね、開いた花とを楽しめて、いい頃合いにお邪魔したなと思ったところです。



利き梅ちう で、なにをしてるかっていうと、梅の花の香りを楽しんでいるというより、梅干し大好きヘムちゃん、花のにおいで、この梅の実は塩分何パーセントの梅干しになるかを当てているそうです。


「7パーセント!」とかいきなり叫ぶから、お散歩中の他の人はキョトンとしますわなぁ。



しだれも見事


斜面を下りきった先には、紅白のしだれ梅。

この両木は、こちらの梅園でも見事な枝ぶり、花付き具合ということで、たくさんの人が記念撮影をされていました。


ちょうど池のほとりに植わっているのも、また雰囲気変わっていい感じなんでしょうね。

園内に小川が流れておりまして、終点の池のほとりに枝垂梅。時間が早ければ、この花を眺めながら、売店でお酒やら軽食を楽しむことができたようです>王子さんの記事 より。


夕暮れも差し迫るこの時間帯では、すでに出店は撤収状態でした。




夕暮れ時の谷合を

谷合に数多く梅の植わる様子は、今は無き(養生中)青梅梅郷を思い出させます。毎年のように出かけていましたから、なんとなく懐かしい景色とダブらせてしまいました。


さ、山の向こうに日が落ちる前に、今日の最後の駅に参りましょう。


綱島まだ堪能 そろそろ夕暮れ時も近いから、目的地に着くころには暗くなっちゃうよと、なんとか説得して綱島ログハウスをあとにしたはずの丁稚家一行。

ところが、そんな大人の事情はどこ吹く風。

ヘムさん、

途中のブランコとすべり台をやってからと、駆けて行ってしまいます。体を動かすのは好きみたいなんですよね…まったく運動能力と運動神経がそれに比例していませんが。ま、それは血筋ということで(^-^;。


そんなわけで、思い切り押してやりましたわい。

このブランコも、幼児用複合遊具のすぺり台も堪能して、かつ最後は鉄棒にもぶら下がって、楽しい綱島のひと時に別れを告げましょう。



次の駅は 綱島の駅まで、元来た急坂を駆け下りて、電車で一駅。

鶴見川を越えると今日の目的地に到着です。

そう、長い道のりでしたが、もともと今日はこちら、大倉山駅に用事があったとですよ。


駅前から、また坂道ということで、足の悪い旦那さんはグロッキー気味ですが、そこをなんとかと応援しながら坂道を上ります。



目的地到着


坂道を上りきった先にあるのが、こちら大倉山公園。

大倉山記念館を中心とした一山丸々が公園になっておりまして、地域の憩いの場になっているようですね。思えば綱島公園もそうですが、このあたり大きい公園が多いなあ。

こちら、中核施設である大倉山記念館ではこの日も展示会がやっておったのですが、あたくしのこと、そういうのに来たわけではないのでがす。


目的地はもう少し先なのね~。ということで、ゆっくり上って来られる二人を待ちながら、記念碑的な入口のモニュメントやら咲き始めたお花をパチリパチリとやっておりました。
するてぇと、「でっちさん?」…と聞き覚えのある声が。

そちらに目を向けますと、なんとなんとご無沙汰仕切りの王子の狐さんではないですか~。


神奈川県民の狐さん、この日はあたしと同じものを目的にこちらにお越しとのことですが、「葛飾からわざわざ」とねぎらってもらっちゃいました。

遅れてきたヘムちゃんもテンションあがって、狐さんの周りをぐるぐる回っていましたなあ。



大倉山の奇跡 なんせ八広の羽ちゃんで、バイキンマンのおじさんとしてしっかり可愛がってもらいましたから。このところ、あたしが遠出できていないためお会いする機会に恵まれておりませんでしたが、また是非ご一緒させていただきたいと思っております。


後日、狐さんのブログで拝見しましたが、道を間違えたり、時間調整をしたりでこの時間に公園入口に来たのは本当に偶然。我が家も先ほどのヘムのブランコ遊びがなければ、早々にこちらを上って目的地に向かっていたでしょうから、両家のたまたまが重なった結果の出会いでしたねぇ。

こういう奇跡的なことが起こるから、お出かけは楽しいですね。


さて、坂道を下る狐さんにバイバイして、我が家も暮れる前に目的地を目指しましょう♪

王子の狐さん、この日もありがとうございました。またご一献、お付き合いをお願いします(^0^)。



本日は、お久しぶりの東横線に乗車。
新丸子で絶品タレカツ丼でお腹を満たした我が家、次に下車したのはこちらです。



つなしまえき~♪
(のぶ代さん調にご発声ください)

いやぁ、何年ぶりだろう。学生時代からの親友、ゴワス君が就職して住んだ町。
彼の家に何度も泊めてもらいましたね。車で出掛けて深夜に泊まって、早朝から伊豆方面に繰り出したり、ゴワス君の車に乗せてもらって、三浦の岩場に海水浴に行ったり…懐かしい思い出の駅。

彼が郷里の九州に帰ってからは立ち寄ることもなく、兼ねて足を運びたかった東京園も昨年クローズのニュースを聞き、一度は訪ねたかったなぁと悔しい思いをいたしました。

そんな町に、初めて家族での訪問です。
駅前の目抜通りから、山に向かって駆けていくヘムの字。



昼寝したからパワー満点だな(^o^;)。

ちなみに途中には、とあるブログの愛読者にはお馴染みの、こんな素敵お店もあったりして…あの頃もあったんでしょうね。思えば、綱島でゆっくり食事をした思い出はなく。



さてさて、走るヘムさん、腰が痛い旦那さん、どちらに寄り添うか、狭間で揺れ動くワタクシですが、まずはヘムの安全確保ってことで、走って山をかけ登ります。

たどり着いた先には、小高いお山をまるまる使った地域のオアシスがございますよ。



つなしまこうえん~♪

テニスコートやらプールやらがあるなかで、一度訪ねてみたかったのがこちらの建物。



その名も、こどもログハウス"モッキー"

近づく前から、こどもたちが元気にはしゃぐ声や、屋外スペースで遊び回る様子が見て取れます。

下駄箱も親子の靴でいっぱい。
受付で、区外利用の幼稚園児と、受付を済ませて。まあ、区外どころか県外なんですけどね(^_^;。

あとは、ヘムさん、自由に遊んでいいよ~♪親の血を引いて、運動音痴ながらも公園や体を動かす遊びが大好きなヘムさん、このログハウスもいつか連れてきてあげたいな~と思っていたのです。



入り口を入ると、木づくりの屋内は三層構造。二階に登るネットのぼりは、足立区のギャラクシティで鍛えたからか、案外すいすい。

ネット階段という名の網を潜って降りるときには、下からの子どもに譲り、2回目下から上がるときには、降りてきたお兄ちゃんに踏んづけられ…と、つい譲りがちなのは優しさの裏返しなんですかね。



そんな気弱さはあたしに似なくても良いのにね。

二階からはループ式の滑り台でも降りられるんですが、ここでいつもの怖い病。
でも、回りのお兄ちゃん、お姉ちゃんに「こわくないよ」と促されてすべってましたね。
最初は途中で足でも引っ掛かったのか、カーブをお尻じゃなくて転がりながら落っこちて来たので、焦りましたが(笑)。
ま、それも経験よね~。

さらに、子どもサイズのはしごをおりた先には地下迷路。これ、本当に大人の目が届かず、どうなってるかはわかんないんですが、楽しかったみたいですよ。



だって、出てきたとき満面の笑顔でしたもの(*^o^)/\(^-^*)。

また、これも子どもしか入れない、小さなはしごを上った先には三層目の見晴台があって、景色が気持ちよかったそうな。

そして、外から見えたウッドデッキには、子ども大好きターザンロープ。これも楽しんでましたねぇ。



一人で乗っかって、降りるまでできるかなーと思ったら、これもなんとかクリア。
いいねぇ、できること段々増やしていこうね。

そして、デッキ上では、子どもたちが昔ながらの遊び道具で、楽しそうに。なわとび、けん玉…、フラフープはまだ回せないけど、なんだか楽しそうなのは伝わりますねぇ。



思わずほっこりしてしまいました(*´ω`*)

遅いごはんを食べてからの到着、かつ日が暮れる前に梅も見たいってことで、一時間ちょっとの滞在でしたが、とっても楽しかったのはその表情からうかがえます。

おまけに、「今度は外のすべり台行くよ!」ですからね。

そして、今にして思えば、このすべり台がなければ、素敵な出来事にも巡り合わなかったのですから、世の中の不思議を感じるところです。


あわよくば、じいじと…なんて親の思惑は置いといて、ご当人、親の期待値以上に綱島を堪能したみたいです。
企みは胸のうちに秘めて、また今度のお楽しみにいたしましょう。

さ、次の駅に向かうわよ~\(^o^)/
青空のきれいな朝、それも週末二日続けて。
こんなに嬉しいことはないですね。

ただ一言、ありがとう!それだけ告げて、出掛けてまいりましたよ~。
一足早い春を感じに。

さくら、


さかな、


さくら~♪、


さくらを愛でるぞ~


さくら、


ホテル、


カレー、


ほんとうのおとうさ~ん(T△T)


東横線ツアーの途中ではありますが、時宜を逃さぬうちにってことで、ご報告です。
三浦海岸さくら祭り、まだまだ見頃です。
来週末にはもう寂しくなってしまいますかね。お時間のある方は、この暖かい日、京急線で是非お運びください。