素人デザイナーがフリーランスで稼ぐには。。。(書いているのは「プロ」のデザイナーです)(苦笑)

厳しいIT業界の中で独立・起業、あるいはフリーランスとして「好き」を仕事に稼げるようになるためにはどうすればいいのかを、貴方よりちょっと先に独立したデザイナーが綴ったブログです。


テーマ:
050628time-m

昨日のお昼頃、
羽田空港の管制システムが、停電によって
1時間ほど停止するという事故がありましたね。

その1時間のために、どれほどの方が迷惑されたか。。。
「時は金なり」です。
もしかしたら、そのせいで大事な商談を逃した人だって
いらっしゃるかもしれません。

いったい昨日の事故は何がいけなかったのか?

送電装置が故障したところまでは
あってもおかしくない事故ですが、
そこから非常用のバッテリーに切り替わるところで
その作動を伝える警報器が鳴ったにもかかわらず、
その時行われていた工事のためだろうと思って
職員が警報器を無視してしまったことが
一番の問題点です。


これは、私が昨日ブログで書いたことを逆から見たような
微妙に重なった意味を持っているように思います。

元管制官だったという方のお話が
放送されていたのをちらっと見ましたが、
管制官の方々も、バックアップシステムが
具体的にどのような仕組みになっているかは
何も知らないということでした。

バックアップシステムを作ったのは
どこかの会社の技術者でしょう。

この事故はまさに「ITへの過信」が引き起こした事故です。

バックアップシステムは非常にしっかりと
作りこまれているものでした。
だからこそ
「バックアップシステムがあるから大丈夫」
と、人によるアナログの確認作業を怠ってしまったのです。

冷蔵庫は電気がなければただの箱

パソコンも電気がなければただの金属の塊

そして

「IT」も電気がなければただの「超不便」です。

どんなに強固なシステムがあっても
電気が通っていなければ何にもならないし
その大本山となる大切な電源を見守っているシステムが
どんなに警報を発しても、
最終的にそれを確認し対応するのは人間です。

「工事中の警報だろう」
と思ってスイッチをブチッと切ってしまった時点で
すべての技術を尽くしたシステムも、最先端の技術も
何も意味をなさなくなってしまうのです。


怖いことです。

人間が、自分達の作ったシステムに
振り回されるだけになってしまうようでは
「IT」なんて何の意味もないのです。

アナログの大切さをあらためて感じさせてくれた事故でした。



がんばっている貴方のために一生懸命書いています。
心優しい貴方、どうかぽちっと押してやってください。

今、私のブログランキングは○○位です

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
050802it

前に「それぞれの基準値」という記事
毎日病院の待合室でお互いの健康を確認しあっている
微笑ましいお年寄り達のお話をしました。

私は、システム開発に関わる画面デザイナーやら
デジタル写真加工、Webデザインなど、
「IT」モロ出しの仕事をしていますが
正直、すべてがどんどんデジタル化していくことに
日々不安を感じています。

この先、確実に、少なくとも日本の人口比率は
お年寄りの割合がどんどん増えていきます。
今、ITを叫んでいる30代、40代の企業家達は
自分が70代、80代になったときのことを
どう考えているでしょうか?

「自分達はパソコン世代だから、年を取っても大丈夫」
そんな風に考えているとしたら、
今のお年寄り達に、鼻で笑われることでしょう。

「私達もあなた達の年齢の頃にはそう思ってた」と。。。


世の中がどんどん便利になるにつれ
確実に取り残されていく人達・・・それがお年寄りです。

不思議なことに
10代の高校生も、80代のお年寄りも
「コミュニケーション」に飢えています

その解決方法として、
10代の中・高校生達は、メールやネットを使って
ハンドルネームだけのバーチャルな友人を作り
お年寄りは病院の待合室に集まる。

この中学生・高校生達が80代になったとき
彼らはどのようなコミュニケーションを取るのでしょう?

先のことはわかりません。

でも確実に言えることは
今のままのペースでIT化が進んでいけば
それを便利と思わない人の割合も
今のペースで増え続けるということです。

ある方のブログのコメントでも書きましたが
技術が進むことと、多くの人が暮らしやすくなることは
必ずしもイコールではありません。


進んだ技術を使いこなすには、これまた技術が必要です。

新しいプログラミング言語が開発されても
それを使いこなせる人はごくわずかです。
そのわずかな人達の中に貴方が入れたとしても
貴方自身がそれを「使いこなせる」ことに酔いしれて
鼻高々になっているようでは何の意味もないのです。


その言語を使いこなして、
誰もが使いやすいものを開発して初めて
貴方の技術が評価されるのです。

「IT」を勘違いしてはいけません。
最先端の技術というのは
それを誰もがたやすく利用できるようにしてこそ最先端

「パソコンが得意な人」が使いこなせるものではなく
「パソコンが苦手な人」こそが使いこなせるものを
作ってこそ、その技術は最先端なのです。


これはもちろん、
パソコンやプログラミングに限ったことではないことなど
貴方にはもう、わかっているはずです。

どうか
これから起業・独立される方、
これから社会に出て行こうという学生の方、
目先のカッコよさや便利さに惑わされることなく
人に優しい仕事をしていただきたい
と心から思います。


一人でも多くの人の役に立てるように一生懸命書いています。
心優しい方がいらしたら、どうかぽちっと押してやってください。

今、私のブログランキングは○○位です



「IT」とは「Information Technology」の略ですが
最近は「ICT(Information and Communication Technology)」
という方向に向かっています。
このブログ遊びに来てくださるDaisy-weblogさんのブログ で、
総務省の平成17年度ICT政策大綱について
「IT政策からICT政策へ」と宣言されているということが
だいぶ前(7/2)になりますが、紹介されていましたよ。
国際的には「IT」よりも広く使われているのが「ICT」です。
AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。