素人デザイナーがフリーランスで稼ぐには。。。(書いているのは「プロ」のデザイナーです)(苦笑)

厳しいIT業界の中で独立・起業、あるいはフリーランスとして「好き」を仕事に稼げるようになるためにはどうすればいいのかを、貴方よりちょっと先に独立したデザイナーが綴ったブログです。


テーマ:
もうご存知の方も多いかと思うのですが
私は関西弁の大ファンです。
(関西弁と言っても幅は広いのですが
とりあえずそう表現しておきます。)

この記事は「RG+」のranaさんのブログ にトラックバック!
TB先の記事自体はあまり関係ないんですけど、
やっぱり関西と言えば。。。なので
(ranaさんいつもありがとう)

実は、3-4年前まで、関西弁に対して持っていたのは
「ちょっとガラの悪い、キツイ」イメージだけでした。
今から思えば大間違いです。
テレビのお笑いぐらいでしか接することがなかったから?

でも3-4年前に仕事である方と出会ってから
私の関西弁に対するイメージが180度変わりました。

その方は私が非常に尊敬している社長さんで
私はその方から「営業のいろは」「商売のいろは」
徹底的に教えていただきました。
私が今あるのはその方のおかげです。

その方は、まぁいわゆる「コテコテの大阪人」
非常に人を引きつける話術の持ち主です。
その方とお話させていただくようになって
私は関西弁の奥深さを知りました。

同じことを東京弁(あえてそう言いますね)で言うよりも
とても柔らかく優しい言い方をすることもできれば
とても怖い(笑)言い方をすることもできるし
とても面白おかしく表現することもできる。

表現力の幅の広さがスゴイんです。

そして何よりもこの「柔らかく表現できる」
という部分がビジネス(商売)にとても役立ちます。

私が尊敬する、その社長さんのご出身はナント「河内長野」
ご存知の方はウケていただけると思いますが
岸和田と並ぶ「語調の荒い」大阪弁です(笑)

でもその方がビジネスで使う大阪弁は
それはそれは丸く柔らかいものです。

大阪は商売の都です。
神様と呼ばれた松下幸之助を始め、
多くの優秀な経営者を輩出し続けています。

ビジネスをやっていく上で大切なものを、みなさんも
ぜひ関西マインドから学んでいただきたいと思います。

ただ、気をつけなければいけないのは
東京人がわざと面白がって使う関西弁は
関西人にとって決して気持のいいものではないということ。

東京人から見ると問題なくマネていると思っても
関西人が聞くと、何やら「気持の悪いイントネーション」
どっかの方言とどっかの方言がまざったような「違和感」
好意を持って使ったつもりが
逆にバカにされてるように受け取られてしまうことも。。。

私もその方に付いて3年ほど大阪弁を学ばせていただき
イントネーションについては、最近になってようやっと
OKをいただけるようにはなりましたが
まだまだ失敗することも多く、勉強の日々です。
でも「大好き」なので、大阪の方だとわかると
ついつい使ってしまうことがあります。

このブログでお付き合いさせていただいている
関西人の貴方!(笑)
もし私のコメント等にまざっている関西弁に
お気づきの点があった際には、ぜひ
(愛情を持って)徹底的に指摘してやってください。
よろしくお願いしますね。

あ、私は関西弁以外の言葉にもとても興味を持っています。
先日は沖縄の言葉も教わりました(OYAMAMAさん に感謝!)

言葉は文化です。
言葉は心です。
言葉の幅を広げれば
貴方の人生の幅が広がります。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(40)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。