素人デザイナーがフリーランスで稼ぐには。。。(書いているのは「プロ」のデザイナーです)(苦笑)

厳しいIT業界の中で独立・起業、あるいはフリーランスとして「好き」を仕事に稼げるようになるためにはどうすればいいのかを、貴方よりちょっと先に独立したデザイナーが綴ったブログです。


テーマ:
050829

うへぇー気持わるーーーっ

またまた緊急対応の徹夜明けです。
コメントのお返事が遅れてすいませんでした。

コメントいただいたみなさまのところには
順次ご訪問させていただきま~す

で、
今回ですねぇ~
「根回し」という言葉にこれほど賛否両論の反響があるとは
私も正直、全然予想していませんでした。
私にとっては仕事人として「段取り」・「事前準備」
と同じような当然の言葉だったんです。

みなさんのコメントをいろいろ拝見していて思ったんですが

どうやら傾向が見えてきましたぜぃ(*^_^*)
あくまで「傾向」なんですが。。。

「根回し」という言葉に抵抗を感じる方というのは
「コミュニケーション」重視で、どちらかというと
結果よりは過程重視で、あまり勝負にこだわらない人。



「根回し」ということばを当然と受け止める人というのは
どちらかというとその反対で結果を出すことにこだわる人。
たぶんすでに会社経営を軌道に乗せている方などは
こちらに属する方が多いのではないかと思います。


いちがいには言えないことは私も重々承知です。

人間的な面で考えたら、
どちらが良いとか悪いとかじゃあありません。
コミュニケーション重視派の方は
お友達も多く、人望が厚いので、
「根回し」をしなくても成功しているかもしれません。
それだけまっすぐに純粋に努力することは
確かにステキなことだと思います。

ただ、根回しをせずに正面堂々とぶつかっていっても
成功確率は格段に落ちることは確かだと思っています。


勘違いされている方も多かったので
あらためて定義してみるとですね

普段の仕事場などで、みんなに気持よく挨拶をするとか
病院・飲食店などで顧客サービスや気遣いを良くするとか

そういうことは「根回し」とはちょっと違います。

根回しというのは、もう少しピンポイントです。

コミュニケーションというのは
普段から誰に対してもしておくべきことですが、
根回しは、ある目的を達成し、結果を得るために
特定の人に対してするもの、または
特定の目的のために相手を選んで特別に行うもの
だというのが私の認識です。

たとえば前回の例にも出したような

「ある会議で自分の提案を通すため」に
発言力のある人を事前に味方につける。

飲食店などで、特に顔の広そうな人や
良いお客様を紹介してくれそうな人に
他の人とはちょっとだけ違ったサービスや気遣いをしてあげる。

ひとつ大切なのは
「根回しをされた相手に損をさせない」
ということ
これは以前「WIN-WIN-WINの法則」 という記事でも書きました。

どうしても悪いイメージを持ってしまうかもしれませんが
「根回し」というのは、決して
人を出し抜いて自分だけが得をするためのものではありません。


仕事にミスがないように、チェック段階を増やし
確実に結果に結びつけるという効果もあるので、
上司や会社全体の利益にも結びつきます。

「その1」 でも書いたように、子育て中の女性にとっても
その人自身が楽になるだけでなく、
突然休まなければならなくなるような事態に
組織として備えるためにも必要なこと。
根回しされた方が損を見るということのないようにすることも、
これまたひとつの「根回し」。

冷たくキツイ言い方ですが
企業というのは仲良く気持ちよく仕事をしていれば
それだけでみんなのお給料が出るわけではありません。

同じように一生懸命やった人がいても
根回しをせずに結果を出せなかった人と
うまく根回しをして結果を出せた人では
どちらが企業に必要な人かは一目瞭然です。

人間関係とビジネスはつながる部分もたくさんありますが
非常にシビアな面があることもまた事実。

私は自分の考えを述べていますが、
どちらを取るかは個人の自由です。

それにしても私、しつこいよなー(笑)
ええ加減にせーよって言われそう。
ま、これがこのブログの短所であり長所である部分かな?

この記事にはあまりコメントが入らないだろうと独自予測
「何度もおんなじこと書かせんなっ」
「はい申し訳ありませんっ」
ぶひーーーそれも淋しいが。。。
次回あたりがまた爆弾記事になりそうな。。。???


貴方の役に立てればと、一生懸命書いています
貴方の一日一票で、応援してもらえると嬉しいな。。。
心優しい方、どうかぽちっと押してやってください。

ランキング、やっとこさ○○位

AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

テーマ:
050711person

「根回し」のお話の続きです。

前回も書きましたが、
根回しというのは、ビジネスにおいてとても大切。
でもなぜかみなさん、あまり「根回し」という言葉に
良いイメージを抱いていないようで。。。

私的にはちょっと意外でした。

私が知っている限り、仕事のできる人というのは
根回しがとても上手ですし、
根回しの大切さをよく知っています。

たとえば次の会議で自分の「○○案」を提案しようと
必死で提案書を書いている貴方。

貴方の提案が受け入れられるかどうかは
貴方の提案書の出来よりも
貴方が根回しをちゃんとしておいたかどうかに
より大きく左右されたりするんですよ。


私が見ていても、たまーにいらっしゃいます。
完璧な提案書を作って会議で自信満々に発表するも
あえなく惨敗
「完璧なはずなのにどうして???」

これは特に年齢が若ければ若いほど
ヤル気にあふれた方ほど
ありがちな凹みパターンです。

でも経験を積んでこられた方は知っています。
何が足りないのか。。。


ここでひとつ例を挙げて、私からのアドバイスを。。。

1-2週間後に重役5-6人が出席する会議で
貴方が提案内容を発表するとします。

この時、できれば、一番仕事のできそうな重役
ないしは、貴方と一番関わりのある(利害関係を共にする)重役、
または、貴方が次の人事で異動したい先の重役
まぁ、状況によって、いろいろなんですが
誰か一人に、貴方の提案書を事前に見せて

「○○日の会議で、これを提案させていただこうと思って
いるのですが、ご意見をお聞かせ願えないでしょうか」

と相談してみるのです。
私が最初に「一番仕事のできそうな」人を選べと言ったのは
仕事のできる人は、こういう時に貴方の提案書をみて
「こんなんじゃダメ。全部書き直せ」
とは言わないはずだからです。
仕事のできる人ならば、きっと
どこか一箇所ポイントをアドバイスしてくれるでしょう。


そしたらそこを中心にちょっとだけ
アドバイスを取り入れたものに修整します。

そうすると人間の心理として、その重役さんは
自分の意見や手が加わったものは否定しにくくなります。

会議では誰か一人でも、強く賛成してくれる人が必要です。
そんなときも「仕事のできる人」の賛成は
より強いサポートです。

ま、状況によって、貴方がコレと思う人を人選してください。

「根回し」とは「事前に味方を作っておくこと」
女性には(一部男性にも)ちょっとイメージが悪い言葉に
聞こえてしまうようですが、ビジネスでは
「仕事をスムースに運ぶための事前準備」
としてとても大切なことです。

あえて女性の私生活に当てはめるなら、
女性が「私って美人なのよねー」という言うよりも
誰かが「○○さんって美人なのよねー」
と言ってくれる方が、それを聞いた人間の評価が高まり、
「美人である」という信憑性も高まります。

そういう風に言ってもらえるように
普段から周囲の人との関係を良くしておくことは
人間関係においても基本なんです。

提案やプレゼンというのは、しょせん自己申告です。
どんなに良いものだということを貴方自身が叫んでも
「私って美人なのよ」というのと同じように
それが逆効果になってしまうこともあるのです。

イイものであれば何でも無条件に受け入れてくれるのか?
ビジネスも、人の心も、そんなに単純なものではありません。

よく言われる「クチコミ」なども同じような心理です。

まして、起業・独立するならなおさらのこと。
経営者は常に孤独です。
しっかりと根回しをして、味方を作っておかないと
どんなに良い製品・サービスを持っていても
かえって同業者からねたまれるだけです。

貴方自身が頑張ることも大切ですが
その努力が無駄にならないようにするためには
しっかりとした「根回し」も必要だということ

ぜひ心に留めておいてください。


貴方の役に立てればと、一生懸命書いています
貴方の一日一票で、応援してもらえるとうれしいな。。。
心優しい方、どうかぽちっと押してやってください。

今のランキング、やっとこさ○○位

AD
いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)

テーマ:

葉っぱ



日付が変わってしまったので
もう9月になってしまいました。

月の初めのご挨拶を。。。
いつも来てくださる皆様
今月もよろしくお願いしますね ^^)v


さて
前の記事では、多くの方から、
思ってもいない温かいコメントをたくさんいただいて
もうもう感激しまくってます。

ありがとう。。。
私って、強気な記事も多数書いているけれど
凹んだ記事も結構かいているんだよなー
そのたびに本当にたくさんの人が
あふれるほどの優しい言葉をかけてくれる。

これがあるからブログはやめられないのだ!
多くの励ましコメントをくださった皆様
本当にありがとうございますヽ(^o^)丿

「育児と仕事の両立」の件に関しては、
やっぱりこのまま書かない方がいいのか、それとも
「書いて欲しい」というリクエスト・励ましに答えるべきか
正直かなり迷いましたが、「中間」を取る意味で
別なお話にからめて一部だけ書いてみたいと思います。

以前にも書いたことがあるのですが
育児というのは一人でこなすのはムリ。
知り合いに聞いた話ですが
「1人で1人の子供の面倒を見るよりも
3人で6人の子供の面倒を見る方が楽」

なんですって。

「ちょっと5分みてて」
ということができるかどうかは
目の離せない小さな子供を抱えている人には
天国と地獄ほどの差があるそうです。

保育園への毎日のお迎えに行くのでも、
3つの家族ぐらいで連絡を取り合って、誰か行ける人が、
まとめて他の子供も連れてきてくれるとか
当番制にしてご飯を食べさせてくれるとか

ですから最初は多少面倒でも、
ある程度そういう環境を作っておいた方が
働く女性・男性の子育てはとても楽になります。


つまりは「根回し」です。

根回しというのは、ビジネスにおいてとても大切。

私が知っている限り、仕事のできる人というのは
根回しがとても上手ですし、
根回しの大切さをよく知っています。


職場で、今日中に仕上げなければならない仕事が
山のように残っているときに
「すみません子供が熱を出しちゃったらしいんで帰ります」
と定時であがったり早退しなければならないこと
子育て中は必ず、人によっては度々起こることです。
子供は親の予定に合わせて熱を出すわけじゃありません。

私の知っている、ある大手企業では、
かなりサポート体制作りができていて
「その人しかわからない状態にはしない」
ということを徹底していたりしますが、
やはりこういう状況では、残った人間に負担がかかるのは
いたしかたないことではあります。

でもそこで「根回し」が生きてきます。

私のオススメは
「普段から周りを巻き込んでおくこと」

昼休みや休憩中の世間話などのときに
「自分が子育て中であり、こんなことで困っている」
「もしかしたら、この先こんなことで迷惑をかけるかもしれない」

そんなことを周りに打ち明け、時にはそれとなく
個人的に相談をもちかけたりして悩みを聞いてもらったり
そんなことをして、周囲に「根回し」をしておくことで
いざ何かあったときに周囲が受け止めてくれるよう
環境作りをしておくこと。

これがしっかりできていれば
むしろ貴方が困る前に周囲が助け舟を出してくれさえします。

私も子育ての経験がないので、
そうやって教えていただいていなかったら
きっととまどっていたと思います。
経験していない人間には知りえないことが
子育てには山ほどあるのです。

社会の体制が追いついていないとか
周囲の理解がないとか、問題は山ほどありますが、
現状をいろいろ嘆いても、
すぐにすべてが良くなるということはありません。

自分でできる「根回し」を上手く使うことで
自分も楽になれるし、周りの理解も得やすくなります。


「根回し」大切ですよ。

もう少し書きたいけど、また長くなったので
次回は、「育児・子育て」とは離れた
完全ビジネスバージョンの「根回し」のお話を。。。


貴方の役に立てればと、一生懸命書いています
貴方の一日一票で、応援してもらえませんか?
心優しい方、どうかぽちっと押してやってください。

今のランキング、やっとこさ○○位

AD
いいね!した人  |  コメント(39)  |  リブログ(0)

テーマ:
050725paso

IT業界の営業さんに特に多い例なんですが、
お客様の前で「技術知識の大博覧会」
をやってしまう人をたまに見かけます。

これはデザイナーでもSEさんでも同じ。

そこでお客様から
「へぇーよく知ってるね」
と言われてまんざらでもない?

それ、「大いなる勘違い」だったりします。

もちろんお客様の中には
素直にスゴイと思ってくださる方もいらっしゃいます。
でも「営業」として、お客様からそんなことを言われて
喜んでいるようではダメ
だというのが私の営業論。

「能ある鷹は爪を隠す」とはよく言ったものですが
私の好きな言葉はこっち↓

「知りて知らずとするは上なり(知不知上)」

老子(中国の春秋時代の思想家)の言葉です。
まぁ、訳し方はいろいろかもしれませんが
ニュアンスは分かってもらえると思います。

すでにお客様と気心の知れた関係が築けていたりと、
状況によっては、もちろん例外もあります。

お客様に不安を感じさせてしまうような
技術に乏しいと思わせるようなことはもってのほか!
「聞かれたことに対しては迅速に正確に答える」
これはもう当たり前のこと。

でも、お客様との関係がまだ築けていない段階で
お客様から聞かれてもいないのに
こちらが先に知識をひけらかしてしまうと
お客様は自分が多少知っていることがあっても
黙ってしまいます。


これがサイアク

お客様が貴方の仕事に対してどの程度の知識と関心を
持っているのかを知るためのチャンスを
自ら逃してしまうのです。
あーもったいない・・・

知識はあって当たり前です。

自分がどれだけの知識を持っているかを
お客様に誇示する必要なんて全然ないんです。


良い仕事をすればいい。

それがお客様に認めてもらえる一番の方法です。



あ、この記事で取り上げた「老子」について
もし興味のある方がいらっしゃいましたら
「いのちの道―聖なる老子の5000文字」
という本が初心者でも比較的とっつきやすいです。
老子の本はどれも難しいのですが、この本は現代語訳で
読みやすく書かれていて、オススメです。


一人でも多くの人の背中を押してあげるために
一生懸命記事を書いています。

一日一回ぽちっと押していただけると、私、喜びます。

今日の私のブログランキングは?

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は私の関西弁談義に多くの方からコメントいただいて
本当にありがとうございました。m(__)m
どこかでどうしても取り上げたかったテーマだったので
多くの人に反応していただけたことがとても嬉しいです。
「えっ?この人も関西に縁があったのねー」
などと嬉しい発見もあって
書いて本当に良かったです。

関西人が関西弁のことを書くよりも
東京の人間が書くことで
また違った形で受け入れていただけたようにも思います。

この話をいつものビジネスネタにつなげるのは
どうかとも思うのですが、つながるんです、これが(笑)

「本人が宣伝するよりも、
第三者に褒めてもらうと魅力がUPする」

関西人が関西弁を宣伝するよりも
他の地域の人間が「関西弁っていいね」と言えば
そのまた他の地域の人間に対して説得力を持つんです。

デザイナー本人が自分の作品や技術を売り込むよりも
第三者から「いいデザイナーがいるよ」と言ってもらえれば
制約率は格段にアップします。
要は紹介販売みたいなものですね。
「口コミ」もそうです。

営業が大事であることは
以前からここでお話していますが、
お客様に直接売り込む営業だけが営業ではありません。
独立する場合は特にそうですが、
「自分のファンを増やす」
これがとても大切です。

極端な話、デザインに対するファンでなくてもいいんです。
人間的に「いい人」「信頼できる人」
という称号を与えてくれれば、それもまた「ファン」です。

そしてその人達は、貴方にとっていわば
無料で貴方の会社の営業マンになってくれる人なんです。

一人よりも二人、二人よりも三人
それだけ営業の効率は倍増します。

仕事、仕事、と目の色変えて探し回るだけではなく
日頃の人間関係も大切にしてくださいね。
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は結局徹夜になり午前中に2時間の仮眠をとって復活!
仕事にいそしんでおります。

金曜日の「営業」の記事には、
多くのコメントをいただきまして、
本当にありがとうございました。<m(__)m>
お返事を書きながら思ったんですが、
最近は本当にカタカナ文字の職業が多いですね。

かくゆう私もデザイナー(笑)

営業も会社によっていろいろな呼び方をしているところがあります。
私が以前いた会社のひとつではS/Rなんて言ってましたっけ。
でも他の職業と比べると「営業」はちょっと特殊かな?
「セールス」とか「セールスマン」という言い方は
今となってはちょっと違うかなとは思うのですが、
そんな呼び方をされる人もいらっしゃるようですし、
悪いイメージを持ってしまう人もいるようです。

確かに訪問販売であやしい壺かなんかを(今どきないか?)
売ってる人は「セールスマン」なんでしょうか?
ちょっとコメントは控えたいと思いますが・・・(笑)

でも(壺は別として(笑))、どんなに素晴らしい
商品やサービスを持っている会社でも、
営業がダメだったら宝の持ち腐れです。

逆に営業が素晴らしければ、よく言われるように
100円の石ころを100万円で売ることができます。
もちろん、悪いものをだまして高く売るというのは
もってのほかではありますが・・・

せっかく良いもの(自分自身の才能も含めて)
を持っているならば、良い営業と組むことで
最高のパフォーマンスを出すことができます。

何人かで会社を作るのであれば、
技術スタッフも大事、営業も大事。
そして、まずは一人で・・・と思っているならば
自分が営業をやらずして誰がやってくれるでしょう?
営業はモノを売るだけではありません。

自分という人間性を
お客様に買っていただくのです。


人格者になれと言っているのではありませんが
良い営業さんは、やはり話していても
人間的に素晴らしい方が多いものです。

営業は本当に、奥が深いですね。
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
独立・起業をめざすにあたって
現在就職活動中の貴方であれば、
とりあえずは就職して経験を積んでから・・・
と考えるでしょう。
それは正解だと思います。

また、現在どこかにお勤めの貴方も
独立・起業をめざすに当たって今の実務経験だけでは
不安に思われる人も多いかと思います。

私は、できれば、独立までの間のどこかの期間で
必ず「営業職」を経験なさることをオススメします。
営業にもいろいろあるかもしれませんが、
お客様と直接に価格や条件の交渉をする
いわゆるアノ「営業」です。

まぁ最低でも1年は、できればそれ以上がいいです。
営業は奥が深いですから・・・

かくゆう私も営業経験があります。

デザイナーとしての経験を積むことも
もちろんとても大切ですし、基本でもあります。
でも、私がデザイナーとして独立するにあたり、
意外にも、一番役に立ったのは
デザイナーとしての経験よりも営業としての経験でした。

以前、技術は短期間で詰め込むことも可能だが
人脈を作るには時間がかかるということを
このブログで書かせていただきましたが
営業もまたしかりです。

営業職を経験することによって得られるものは
短期間のセミナーなどに行って得られる情報の
10分の1にも満たないですし、質も目的も違います。

ぜひ!オススメします。
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:
人脈っていうとなんか「ビジネス」な響きですけど、
普段の生活のなかでもとっても大切なことです。

たとえば子育て(私は残念ながらまだ未経験ですが(汗))

24時間べったり付いてやらなきゃならない時期があります。
私の知人から、よく子育ての苦労話を聞くんです。
「お願い!5分でいいから、誰かこの子見てて!」
っていう時がよくあるそうで・・・

その知人から聞いた話のひとつが

「1人で1人の子供の面倒を見るよりも、
3人で6人の子供の面倒を見る方がずっと楽」


へぇ~そうなんだ・・・

単純に人数で割ると、1人の担当する子供の数は多くなるんだけど
「ごめん、ちょっとトイレ行ってくるわ」
とかっていうことができるのが全然違うんだそうで・・・

たとえばこれをビジネスに当てはめて
世界中の企業がすべて1人で運営されてるとしたら・・・
うわ、たいへん

ありえない話ですけど理屈は同じです。

「自分は一生一匹狼でやっていく」という人でも
より大きな仕事をこなすためには
他の人にも仕事をお願いすることを覚えなければならないんです。

その時、必ず貴方の役に立つのが「人脈」です。

なんかいつも硬い内容だなぁと感じられている方も多いようなので
今日はほんの少し別な側面からアプローチしてみました。

それにしても人脈の話は奥が深いです。

いずれもっと突っ込んだ話を・・・

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
フリーランスになってみてまず思ったのが

「人脈」の大切さです。

自営業にとっては人脈って宝物です。

以前「技術」「人脈」「営業力」なんて書いたけど
正直、「技術」なんてどうでもいい
いえ・・・
「どうでもいい」ってわけじゃないんですけど
「どうにかなる」んです。

技術はいざとなったら短期間に習得も可能です。
講座とか、短期集中セミナーとか
お金とやる気があれば、短期間で詰め込めます。
それに、どんな技術を求められるかっていうのは
意外と仕事をGETしてからでないと分からないものです。
せっかく時間をかけて勉強してきたことが、
フリーランスになったら全然役に立たなかったなんてこと
結構よくある話なんですよ。
この業界は特に技術の進歩が早いのも原因のひとつ。

でも人脈は違います。

まず、良い人脈を築くには時間がかかります。
そして自分の都合や予定に合わせたコントロールは不可能です。
要は相手あっての人間関係・信頼関係ですからね。

デザイナーに限らず、いつかは好きなことで
お金を稼げるようになりたいと思ったら、
まずすべきことは人脈作りです!

もうひとつの「営業力」については
また別の機会に・・・
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。