素人デザイナーがフリーランスで稼ぐには。。。(書いているのは「プロ」のデザイナーです)(苦笑)

厳しいIT業界の中で独立・起業、あるいはフリーランスとして「好き」を仕事に稼げるようになるためにはどうすればいいのかを、貴方よりちょっと先に独立したデザイナーが綴ったブログです。


テーマ:
この本のことは、何日か前から書きたかったのですが、
このところタイムリーな話題が多くて、そちらを優先。
ようやっと今日、この本のことを書くことができます。

「Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト」

050817

「Web標準」というのは、その名の通り
Webで標準的に利用される技術の総称であり、
WebサイトのアクセシビリティやSEOを効果的にするための
いろいろな技術仕様やガイドラインなどを指しています。

今や、これはWebデザイナーに必須なだけでなく
一般のブロガーやサイト運営者にとっても
とても大切なキーワードです。

いわゆるWebサイトを作っていく上での
一般常識みたいなものですが
これをしっかり把握できていないサイトは山ほどあります。

Web標準に沿ったサイトを構築することは
SEO対策として一番正当な方法です。
検索サイトの上位に表示されるようにと
下手な隠しテクニックを使うよりも
このWeb標準に沿ってサイトを構築し、
内容を充実させることこそ一番のSEO対策です。


ちなみにSEOとは
「Search Engine Optimizer:検索エンジン最適化」

Googleなどの検索サイトに訪れた人が
キーワードを入力して検索した際の検索結果表示において
自分のサイトが上位にランクされるように
サイト構造などを最適化することです。

一時は、いろいろな裏ワザがもてはやされましたが
今は、検索エンジンも賢くなってきているので
下手に裏ワザを使えば、逆にSEOスパムとみなされ
検索結果からはじかれてしまいます。


検索サイトで上位に表示されるためには
やはり「Web標準」にのっとったサイト構造にすること
そして内容を充実させること
の2つが一番重要です。

この本はCSSテクニックにかなりのページを割いていますが
中でもCSSを使ったレイアウトテクニックについて
たくさんページが割かれているのが印象的で
他の本とはちょっと違うと感じました。

リスト・表・フォーム・引用・見出し
などにおけるクロスブラウザのレイアウトテクニックは
非常に参考になるものです。

開くとこんな感じ

050817-2

この本、600ページを超える分厚さで
内容がとても充実しています。

7月20日に発売になったばかり!
Web制作に関わる方には、絶対にオススメです!

4798010928



Web標準の教科書―XHTMLとCSSでつくる“正しい”Webサイト
益子 貴寛
秀和システム 2005-07



貴方の役に立てればと、一生懸命書いています
心優しい方、どうかぽちっと押してやってください。

今、私のブログランキングは○○位です

AD
いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)

テーマ:
050718book2

今日ご紹介する書籍は、ごくごく一部の人にとっては
非常に興味ある話題の書籍なのですが
Flashというソフトをいじっていない人にとっては
たぶんまったく興味を持っていただけないと思います。

でも私にとっては。。。もう最高なんです!

なので、面白くない方にはごめんなさい。
ま、個人のブログですから、
たまにはそんなこともあります。

私はFlash iconというソフトを長いこと使っています
独学で学んだので、そのために購入した書籍は
たぶん。。。50冊はくだらない。。。もっとだと思う

で、7月1日発売のこの本
もっと早く発売と同時に手に入れたかったのですが
ちょっと都合で遅くなりまして
一昨日ようやっと手に入りました。


Flash Hacks―プロが教えるテクニック&ツール100選



前回、7月6日にご紹介した「CSS完全ガイド」 と同じく
定評あるオライリーという出版社からのものです。
最近「Hackシリーズ」としてたくさんの本を
出版しているのですが、どれも、中級者以上対象。
つまりは入門書のような基本的な操作方法などの説明は
一切書かれていません。

最初の1ページ目から「ビジュアルエフェクト」に関する内容!
まさに「さらに使いこなすための本」です。

なので、もしFlashをある程度使いこなして
いらっしゃる方がいたら、ぜひぜひオススメします。

内容は驚くほど充実していて値段以上のモノが
得られることは間違いありません。

私は出版されているFlash本はほとんど購入したり
目を通していますが、この本に載っている内容は
他の本で扱っているものはほとんどありません。

私も、まだすべて読み込んではいないのですが
マスクを使って「ページめくり」を表現する
テクニックなどはとても参考になりました。


その部分↓

050718book1

とにかく目から何度もウロコが落ちるような
そんな本なので、Flash使いの方にはぜひ!

一応サイドバーにもリンクを入れてあるのですが
Flashをしっかりと学びたい方や、
ある程度使いこなしていらっしゃる方が
知識の穴埋めをされるのにぴったりな書籍として
開発元macromediaの名前を掲げた以下の書籍も
私が自信を持ってオススメします。

充実解説 トレーニング形式で学ぶ Macromedia Studio MX 2004

充実解説 トレーニング形式で学ぶ Macromedia Studio MX 2004 サーバ編

充実解説 トレーニング形式で学ぶ Macromedia Flash MX 2004 ActionScript (上) Macromedia Press

充実解説 トレーニング形式で学ぶ Macromedia Flash MX 2004 ActionScript (下) Macromedia Press

特にActionScriptに関する最後の2冊は
私が、何十冊もの書籍を読んだ後に購入して
それでもとても役に立ちました。
プロアマ問わず、Webデザイナーを目指す方
自信を持ってオススメします


一人でも多くの人の背中を押してあげるために
一生懸命記事を書いています。

一日一回ぽちっと押していただけると、私、喜びます。

今日の私のブログランキングは?

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はできたてほやほやのCSS本のご紹介です。
オライリーという出版社の本なんですが非常に定評があります。
これは待ちに待った第2版!
個人的にすごく待っていた書籍なので、
うれしくて今日はご紹介させていただきます。




CSS完全ガイド―Visual presentation for the Web


6月27日発行で、私もすぐに買いました。

050706book1

初心者からプロまで、すべての人に対応する内容ではありますが
500Pを越えるかなりの分厚さと内容の濃さで、しかも

050706book2

こんな感じなので、
ちょっと初心者の方にはとっつきにくいかもしれません。
でも、勉強してやる!という方には最高の本です。

巻末にはプロパティリファレンスが付いていて
これまた他の本にはない詳しい解説があり便利です。

良かったら、ぜひぜひ、ご購入をオススメします。

CSS完全ガイド―Visual presentation for the Web


blogランキングに参加しています
(Amebloのランキングはあまり重要視していません)
一人でも多くの人の背中を押してあげるために
これからも一生懸命記事を書いていきます。

一日一回ぽちっと押していただけると、私、喜びます。

見てみてください。私のブログランキングです。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
自慢じゃありませんが、このブログでは
ほとんどCSSカスタマイズをしていません(笑)
本当にごく一部だけです。

理由は「記事に集中したい」
といえば聞こえはいいんですが
自分の技術は仕事で発揮することに集中させたい
というのが本音です。
これも聞こえがいいでしょうか?(笑)

とはいっても、仕事上、
山のように本を買って勉強しています。
私はいわゆる「独学出身」ですので
本屋さんから表彰状をいただきたいくらいの
自称書籍マニアです。

050622book

いつも堅苦しい文字ばかりなので、
せっかくですから、その膨大な書籍の中から、
たまには本のご紹介をさせていただくのもいいかなと・・・

で、今日は最近流行りの「CSSカスタマイズ」

私がオススメしたいのは実際は10冊ほどあって
あれもこれもご紹介したいのですが
欲張ってもしょうがないので今日は2冊だけ。

まずは

iconicon

←↓↓↓セブンアンドワイで見る
スタイルシートによるレイアウトデザイン見本帖icon

↓↓↓Amazonで見る
スタイルシートによるレイアウトデザイン見本帖


5月に発売されたばかりの新しい本です。
一応「中・上級者用」となっていますが
とても丁寧にコードの解説がされていて
かつ、CD-ROMにサンプルが収録されているので
初心者の方でも必ず役に立つと思います。

そしてもう一冊

iconicon

←↓↓↓セブンアンドワイで見る
HTML&スタイルシートレイアウトブックicon

↓↓↓Amazonで見る
HTML&スタイルシートレイアウトブック―


こちらも5月に発売されたばかりの新しい本です。
この本では、他の本ではあまり紹介されていない
「メイン記事部分を2段組にする方法」
なども載っていて、非常に作例が豊富です。

その他のオススメ本についても
またどこか記事の合間にでも取り上げようと思いますが
とりあえずサイドバーに載せてありますので
気になった方は見てみてください。

書店で買っていただいても、もちろん結構ですが
上記のリンク先からAmazonまたはセブンアンドワイで
購入いただけると、私は涙を流して喜びます(真面目)

こういうリンクはAmazonが一般的ですが
私は個人的にセブンアンドワイがオススメ

理由は
セブンイレブン受け取りを指定可能で
留守がちな方には便利
カードを使わないでいいので安心
しかも、セブンイレブン受取なら購入値段に関わらず送料無料
もちろん宅配もOKで、Amazonと同じ条件(1500円以上送料無料)
Amazonは支払い方法がカードか代引きのみ
というところでしょうか

別に私はセブンアンドワイとは何の関係もありませんよ(笑)

このブログのCSSカスタマイズも・・・
まぁ、どこかのタイミングでやろうとは思っています。
お楽しみに
(誰も楽しみになんかしてないってば)

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:
このAmebloのサイトも含めて、ほとんどのブログサイトは
XHTML+CSSで作成されています。
どうしてか?
従来のHTMLでのテーブルタグを使ったレイアウトよりも
表示が軽く、しかも検索サイトに引っかかりやすいんです。

「ブログをきっかけに、これから自分のサイトを作成してみたい」

という方や、

「今のブログデザインをカスタマイズしたい」

という方にご紹介したいのがこの本!
XHTML+CSSというのがどういうしくみなのかがよくわかります。
ぜひオススメです。

著者: 大藤 幹
タイトル: XHTML+CSSで書くホームページ構造デザインガイド

パソコン関連書籍検索はこちらからもどうぞ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日購入した本が最高で、一気に読んでしまいました。
これはGood!
ちょっと目からウロコです。
これを読んで、すごく自分が最先端の知識を身につけたような気分になってしまいました。っていうか、気分だけではなく、本当にこの本を読むと、いろいろなサイトがどのように作られているか気になってきます。結構大きな有名サイトでも、「あ、ダメだこのサイト・・・」なんて思えてしまって、自分の目が肥えてきたように思えるから不思議です。デザイナーを目指す人ならもちろんですが、サイト制作に興味のある方なら絶対にオススメです!

著者: ジェフリー ゼルドマン, Jeffrey Zeldman, 石田 優子, ソシオメディア
タイトル: Designing with Web Standards―XHTML+CSSを中心とした「Web標準」によるデザインの実践

上記のURLでAmazonのサイトから購入できます。ぜひぜひ読んでみてください!

パソコン関連書籍検索はこちらからもどうぞ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。