素人デザイナーがフリーランスで稼ぐには。。。(書いているのは「プロ」のデザイナーです)(苦笑)

厳しいIT業界の中で独立・起業、あるいはフリーランスとして「好き」を仕事に稼げるようになるためにはどうすればいいのかを、貴方よりちょっと先に独立したデザイナーが綴ったブログです。


テーマ:
050730women

このテーマでここまで引っ張ることになるとは
書いている当の本人もまったく予想してませんでした。
いや、ほんと

書き始めたらぜんぜん足りないっ
の繰り返しでここまで来てしまいました。

第1章から第3章まではこちら
「女性の扱いを制する者、ビジネスを制する」第1章
「女性の扱いを制する者、ビジネスを制する」第2章
「女性の扱いを制する者、ビジネスを制する」第3章


これだけ引っ張ったからには
さぞかし立派な解決法が。。。
と思われると、実は辛いんですが

正直言って、この問題を100%解決することは不可能。

ま、100%の解決方法を私がみつけていたら
私はこんなところでブログなんてやってません(笑)

でも、少なくとも対処法は知っています。
ビジネスを、家庭生活を、彼女との関係を
少しでもスムースに進めるにはどうすればよいか?



答えは2つ。

(1)貴方が「話すこと」にある程度自信があるのなら

「悲しそうな or 苦しそうな or 辛そうな etc.
(要は気分を害している)貴方(女性)を見ているのが辛い」
と、「感情に対して感情で訴える」ことです。

多少、その場に応じた言葉の応用は必要になってきますがね(笑)

ポイントはここで「感情的」という言葉は使わないこと
「感情的」というのは、女性を非難する言葉として受け取られます

「感情的になっている貴方(女性)を見ているのが辛い」
これはNG(笑)
「感情的になんかなってないわよっーーー!(怒)」
と、相手は更に感情的になります(笑)

女性は「共感」と「同情」によるコミュニケーションを好みます
貴方も同じように共感を訴えればいいのです。

そして更にできることなら

現在起こっている問題を解決しようとするのではなく
これからこのような問題が起きないようにするためには
お互いがどうすればいいのかを話し合うことです。


一番してはいけないのは
問題を解決して話を終わらせようとすること。
これには女性は生理的に反発します。
男性には当たり前の展開なはずなんですがねー


もうひとつの答えとして

(2)貴方が「話すこと」にまったく自信がないのなら

消極的ではありますが、へたに余計な言葉はかけないこと
少なくとも、
「問題解決して話を終わらせようという態度」
を見せないようにしましょう。

火に油を注ぐだけです。

どうしても何か発言を求められたなら
先ほどご紹介したような
「辛そうな貴方(相手)を見ているのが辛い」
というような意味のことをぼそっと言うことです。

ポイントは相手をそれ以上興奮させないこと。

女性は感情的になると周囲が見えなくなって
本来の優しさを失ってしまいます。
上手く扱うことができれば、逆に貴方にとっての
この上ない味方になってくれます。


私は別に女性を弁護しているのでもなければ
男性に対して注文をつけているわけでもありません。
逆に女性に注文をつけたいこともたくさんあって
基本的に男性寄りの考え方をする人間です。

でもだからこそ今回の記事を書いてみました。

男性にとっては、女性に変化を期待するよりも前に
今、女性に対する対処法を覚えておく方が現実的です。

文句はあるでしょうが、
相手を変えることよりも自分が変わる方がたやすいのです。
どうせなら上手く女性を使えた方がいいに決まってます。

なんで男が女のご機嫌を取らなきゃいけないんだと
不本意に思われる方も多いと思いますが
世の中のほぼ半分は女性なんです。

女性を味方につけることができるかどうかは
男性がビジネスで成功する上で非常に大切です。


仲良くやっていきましょう(*^_^*)

ポイントは
「解決して話を終わらせようとはしない」こと
そして
女性に「相手を思いやる気持を思い出させる」こと

本当はもっと言葉を尽くして説明したいところですが
もう長すぎです

さて。。。
反論や言いたいことがたくさんあって
うずうずしている男性陣のためにも(笑)
女性に対してもいろいろアドバイスがあるのですが
それはまた次回(また引っ張るし(笑))

長い長い記事におつきあいいただきました皆様
本当にありがとうございます。
これからもヨロシク


貴方の役に立ちたくて一生懸命書いています。
何か感じていただけたら、ぽちっと押してやってください。

今日の私のブログランキングは?

AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

テーマ:
050729women2

さてさて
エキサイトするこの話題も第3章に突入してしまいましたが
前置きを書いてるとどんどん長くなるので
とっとと行きましょう
すでに書き始めから嫌な予感はするのですが・・・(笑)


【昨日までのストーリーはこちら!】
「女性の扱いを制する者、ビジネスを制する」第1章
「女性の扱いを制する者、ビジネスを制する」第2章


さて。。。
女性が感情を爆発させたときの対処として
男性が犯す「決定的なミス」とは・・・?


もうお分かりの方もいるかもしれませんが

「今ある問題の解決策を提示してしまう」ことです。

昨日書いたように
女性は「感情の記憶」を寄せ集めて爆発します。

多くの場合、爆発するまでの間に
火薬は十分詰め込まれています。
あとは爆発の引き金になる小さな事件が起こるだけ。

昨日の例えをそのまま使うと、

脱ぎ捨てた靴下の片方を探してきて
これで解決というのはありえません。

ましてや片方の靴下を探してきたことで
「これで解決したんだからもう怒るな」
としてしまうことに女性は反発を覚えるのです。

男性が犯してしまうミスをもっと正確に表現すると

「感情の爆発」「問題提起」ととらえてしまうこと。

つまり

「今起こった問題に対する解決策を求められている」

と思ってしまうことなんです。
これが実は、こと「女性に対して」は間違い。

男性にとって「問題解決能力」は非常に重要です。
女性と違って、男性は
自分が問題解決能力がないと思われることを嫌がります。

ところが

女性はコミュニケーション能力を重要視するので
たとえ問題解決が完全ではなくても、
コミュニケーションが取れていればよし
とする部分があります。

(あくまで「一般的にいうと」ですからね~)

女性が「感情を爆発させる目的」はまさに文字通り

「感情を相手にぶつけることで、自分の感情を知らせたい」
「相手に自分の感情(今の気持の状態・立場等)を知って欲しい」

これが目的です。
問題解決は自分でやります。
どうすれば解決できるのかなんて、実はすでに分かってるんです。

だから男性が問題解決方法を提示してくることに
かえってイライラさせられてしまうのです。


じゃあ男性はどうすればいいのか?

どうすれば災い転じて福となすことができるのか?
どうすれば女性をうまく味方につけることができるのか?

。。。やっぱり予想通りの展開になりました。m(__)m
ついに第4章に突入です。
怒涛の解決編をお見逃しなく!!!


貴方の役に立てるように一生懸命書いています。
何か感じていただけたら、ぽちっと押してやってください。

今日の私のブログランキングは?

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:
050728

昨日のお話の続きです。
まだ読んでいらっしゃらない方は昨日の記事を先に
読んでいただけると嬉しいです。

職場でも街中でも、ときどき
女性が感情を爆発させてしまう光景を目にします。
隣には「困惑した表情」の男性。。。

煮詰まってイライラしている彼女に
いたわってあげようと思って気軽にかけた言葉に
更にイライラを倍返しされた経験のある男性もいるでしょう。

自分のかけた何気ない言葉に
なぜそんなにも極端な反応が返ってくるのか・・・?



それはイライラの元となった「原因」に理由があります。

実は女性が感情を爆発させる原因は
ほとんどが、そのときだけのものではないのです。

多くの場合、ずっと過去からの感情の記憶が
積み重なって爆発します。

「感情の記憶の連鎖反応」と言われています

世の中のダンナ様が
「なんで靴下を片方別なところに置いたぐらいで。。。」
と不思議に思うのも無理はありませんが、
実はそれは、そのずっと前から

「脱いだ靴下が別なところから出てきた事件」
「丸めたままで洗濯機に放り込むなと言ってるのに
いつも丸めたままだった事件」

が何十回となく起こっていたことの積み重ねだったりします。

(家庭的な例を挙げましたが職場でも同じです)

女性は何か小さな事件があると
そこから「感情の記憶」をたぐり始めるのです。

「そういえば、あの時もあんなことがあった」
「そういえば、以前こんなことを言われた」

そんな過去の小さな怒りまでも、かき集めてきてしまうのです。

「なんでわざわざそんな記憶を引っ張り出してくるんだ」
と、男性は不思議に思われるかもしれませんが
女性も好きでやっているわけではありません。
これは女性の脳の特徴なのです。

過去の感情の記憶をかき集めてきてしまうのは
女性が「コミュニケーションを大切にする生き物である」
ところから由来しています。

要は「おしゃべりのネタ」を常に集めてくるように
脳にシステムが組み込まれているのです。


先ほどは家庭的な例を挙げましたが、
これと同じことが職場でも日常茶飯事的に起きています。

そして、ここで男性は決定的なミスを犯してしまいます。

それは。。。


スミマセン
またまた引っ張ってしまって申し訳ないんですが
長くなったのでこの続きはまた明日にでも。。。
3回シリーズということで(笑)


貴方の役に立てるように一生懸命書いています。
何か感じていただけたら、ぽちっと押してやってください。

今日の私のブログランキングは?

AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

テーマ:
050727flower

今日はちょっと女性の扱いかたについてのお話。

以前「電車女・電車男」 という記事でも触れましたね。

この世には男と女がいます。
そしてビジネスの現場でも多くの場面で
男女が共に働いています。

これだけ「IT」とか「ユビキタス」とか
10年前には聞かなかった言葉がどんどん台頭してきても
誰もが抱く悩み事の第一位は「人間関係」

中でも男女関係はやっかいです。

恋人や夫婦・友人・同僚だけではありません。
上司と部下・・・これは結構くせ者です。

最近は女性の管理職も増えてきました。

私自身、カウンセリングのお手伝いみたいなことを
ちょっとだけしたこともあるのですが
自分の実体験から学んだこともたくさんあるので
異性の上司・部下・同僚への接し方についても
このブログで時々ヒントを書いてみようと思います。

「女性の扱いを制する者、ビジネスを制する」(笑)
いやね、これ結構笑い事ではないんです。

さて

「ヒステリー」という言葉、
たいていは女性の言動に対して使われます。

ある男性が先日ぼそっと話してくれました。

「この世で一番恐ろしくて、手がつけられないのは、
突然ヒステリーを起こした時の自分の奥さん」


お気持、すごくよく分かります(笑)

女性というのは男性よりもストレス解消が上手です。
だから長生きなのかもしれません。
ヒステリーも実はそのひとつだったりします。

当の女性はそのことを意識してはいませんがね(笑)

女性は(平均的に言うとですよ)
男性よりも感情を表に出します
極端な言い方をすると、感情を爆発させます

女性は、感情を爆発させることで、
問題が何も解決していなくても、ある程度、
気持を解決させることができるのです。


(これも、当の女性はそのことを意識してはいません)

ところが男性が同じ事をしても、
女性のように気持をすっきりさせることはできないどころか
次の瞬間襲ってくるのは周囲の反応に対する「不安」

男性にとっては、
感情を爆発させることのメリットがないのです。
なので、女性が感情を爆発させる意味が
まったく理解できないのです。


(あくまで平均的なお話ですよ)

また女性が感情を爆発させるに至る原因についても
とても面白い事実があります。

長くなってしまったので続きはまた明日にでも。。。

反論覚悟の上での展開をお楽しみに(笑)


一人でも多くの人の背中を押してあげるために
一生懸命記事を書いています。

一日一回ぽちっと押していただけると、私、喜びます。

今日の私のブログランキングは?

いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)

テーマ:
050725paso

IT業界の営業さんに特に多い例なんですが、
お客様の前で「技術知識の大博覧会」
をやってしまう人をたまに見かけます。

これはデザイナーでもSEさんでも同じ。

そこでお客様から
「へぇーよく知ってるね」
と言われてまんざらでもない?

それ、「大いなる勘違い」だったりします。

もちろんお客様の中には
素直にスゴイと思ってくださる方もいらっしゃいます。
でも「営業」として、お客様からそんなことを言われて
喜んでいるようではダメ
だというのが私の営業論。

「能ある鷹は爪を隠す」とはよく言ったものですが
私の好きな言葉はこっち↓

「知りて知らずとするは上なり(知不知上)」

老子(中国の春秋時代の思想家)の言葉です。
まぁ、訳し方はいろいろかもしれませんが
ニュアンスは分かってもらえると思います。

すでにお客様と気心の知れた関係が築けていたりと、
状況によっては、もちろん例外もあります。

お客様に不安を感じさせてしまうような
技術に乏しいと思わせるようなことはもってのほか!
「聞かれたことに対しては迅速に正確に答える」
これはもう当たり前のこと。

でも、お客様との関係がまだ築けていない段階で
お客様から聞かれてもいないのに
こちらが先に知識をひけらかしてしまうと
お客様は自分が多少知っていることがあっても
黙ってしまいます。


これがサイアク

お客様が貴方の仕事に対してどの程度の知識と関心を
持っているのかを知るためのチャンスを
自ら逃してしまうのです。
あーもったいない・・・

知識はあって当たり前です。

自分がどれだけの知識を持っているかを
お客様に誇示する必要なんて全然ないんです。


良い仕事をすればいい。

それがお客様に認めてもらえる一番の方法です。



あ、この記事で取り上げた「老子」について
もし興味のある方がいらっしゃいましたら
「いのちの道―聖なる老子の5000文字」
という本が初心者でも比較的とっつきやすいです。
老子の本はどれも難しいのですが、この本は現代語訳で
読みやすく書かれていて、オススメです。


一人でも多くの人の背中を押してあげるために
一生懸命記事を書いています。

一日一回ぽちっと押していただけると、私、喜びます。

今日の私のブログランキングは?

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
050707pro

今日も先ほど昨日の地震の余震がありました。
余震のある地震を経験するのは久しぶり?
わかっちゃいるけどやっていない
日頃の備えの大切さをちょっと考えさせられました。

さて、パソコンを使う人間にとって
「日頃の備えの大切さ」といえば
私はバックアップとウィルス対策ではないかと思います。

先日メアドを公開したこともあって
スパムやウィルスがちょっと気になりましたので
今日はウィルス対策について少し。。。

デザイナーに限らず、どんな職種でも、
仕事をする際のメールによるファイルのやり取りは、
今の時代当たり前のことです。

その際、何よりも気をつけなければいけないことは
「ウィルス感染」

悲しいかなこれはパソコン初心者の方達が
どうしても犠牲になってしまいます。
犠牲になっているだけならまだしも
知らない間にウィルスをばらまく側に
なってしまっているというのがやっかいです。

貴方のパソコンのデスクトップに、
見覚えのないハダカのお姉ちゃんのアイコンが
表示されているなんていうのはカワイイもんです。

多くのウィルスは感染したことを気づかせません。

仕事で直接使うパソコンでなくても
関係者とメールのやり取りなどをすれば同じことです。

もしお客様のパソコンやサーバーに被害を
与えることになってしまったら。。。

貴方が原因であったと特定されるようなことになれば
デザイナーとして、個人事業主として
二度と仕事ができなくなる可能性すらあります。

また逆に、仕事先やお客様からいただくファイルが
ウィルス感染している場合もあります。
そんな場合にお客様を責めるわけにはいきません。

今の時代、ウィルス対策をしていなかった貴方が悪いのです。

ウィルスに感染すれば、ひどい場合は
パソコン内のデータが壊されてしまうこともあります。
または貴方の個人情報が抜き取られる可能性も大です。

パスワードやカード番号などが、知らない間に他人の手に
渡ってしまい、そのままずっと気づかないこともあります。

地震と同じく、他人事ではありません。
ウィルス対策を真剣に考えてください。

ちなみに、ウィルスソフトは通常1年間で更新期限を迎えます。
最初にパソコンを買ったときについてくるウィルスソフトは
早ければ30日、長くても1年で期限が切れています。

自分のパソコンにウィルスソフトがついていても
1年たつと以降は既存のウィルスにしか対応してくれません。
ウィルスは日々新しいものが誕生していますので
期限を過ぎたウィルスソフトは常駐させても意味がありません。
ご注意くださいね。



★ウイルス対策ソフトといえばシマンテック の 「ノートンシリーズ」


ノートン・アンチウイルス 2005
業界でのシェアNo.1です

その他のパッケージも根強い人気です。
ノートン・インターネットセキュリティ 2005
ノートン・パーソナル ファイアウォール 2005




★シマンテックに次ぐ知名度のトレンドマイクロ の 「ウイルスバスター」



ウイルスバスター2005 インターネットセキュリティ





★そして、充実したお買い得パッケージソフトで有名なマカフィー


インターネットセキュリティスイート パッケージ 1ユーザ版

このほかにも多彩なパッケージがあるようです
ウイルススキャン パッケージ 1ユーザ版
999円シリーズ ウイルススキャン プログラム自動更新サービス





★そしてTVでお馴染みの1980円ソフトで有名なソースネクスト で、
今非常に売れているのが

icon icon



ウイルスセキュリティ2005EX

ただいま30日間延長キャンペーン版が出ているようです。



週明けは感染の危険が多くなります。
もしも、ウィルスソフトを導入していない方が
いらっしゃったら、「今すぐ」
この当たりのどれかを導入なさることを
強くオススメします。

起業だ独立だと言う前に、
今や、社会人としての責任であり義務ですよ。


一人でも多くの人のために一生懸命記事を書いています。
一日一回ぽちっと押していただけると、私、喜びます。

今日の私のブログランキングは?

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
050723wed

↑ちょっとマズイ?この写真

いやはや、昨日の藤田社長のブログでの離婚発表で
アメブロはずいぶんとアクセス数を稼いだんでしょうが
私たちにしてみれば、ちょっと「いい迷惑」でしたね。
自分のブログすら見れない状態でした。

まぁ、離婚のことについては何も言いますまい。
あれは第三者には「絶対に」分からないことです。

私も離婚経験者ですが
夫婦が100組いれば、100組それぞれに
夫婦の形というものがあります。
離婚する夫婦が100組いれば
その理由も100あるはずです。

そして、夫と妻、それぞれの立場から見れば
離婚理由も、また違うはずなので
ある意味100組の夫婦が別れる理由は200です。

なので、それをとやかく言ってもしかたない。

ただ、それにからめて
ちょっと自分が感じていることを書こうかなと。。。

私は夫婦というのは「戦友」だと思っています。

恋人同志というのはちょっと違う。
片方が戦場に行き、片方が帰りを待ち
休暇で帰ってきたときにデートをする。

夫婦とは、ともに戦場に行って戦う戦友。
片方が傷を負えば、片方が背負って歩くのです。


もうひとつ例をあげれば

恋人は手を取り合ってお互いを見つめ合う。
夫婦は肩を組んで共に同じ方向を見つめる。

結婚に失敗している私が
こんなことを書くのはなんですが
これが私の結婚観です。

夫婦というのはやってみなければ分からない特別な関係

最近は子供を作らない夫婦が増えています。
でも私はやっぱり夫婦は子供を持つべきだと思います。

これまた自分が子供を作っていないのに。。。
今日は藤田社長のおかげでとんでもないことを
書いている私。。。ま、いっか(笑)

夫婦は子供を持って始めて「家族」になります。
二人だけならば、所詮血のつながっていない者同士
自分の関心事のことにどうしても目が行きます。

でも子供ができると、そこに
夫婦共通の絶対的な関心事が生まれます。

家族の絆というのはそこから生まれる。。。
そして人は、子育てを乗り越えて本当の大人になる。

人類だけじゃない。この地球に生きる動物達は
みんなそうやって子孫を残すことで
繁栄を続けてきたんです。

今の日本の「夫婦」の形、どっか間違った方向に
進んでいるんじゃないかと思う今日この頃。。。

うーん。。。


先ほどすんごい地震がありました。
あーびっくりした。
たまたまいた場所が東京と千葉の境あたりの湾岸地域。
久々に恐怖体験しました。
でも意外に東京は大丈夫なもんですね。
特にどこにも大きな被害はないようです。
もちろん交通等はことごとく止まりましたが(笑)
ご心配いただいた方、ありがとうございました。

一人でも多くの人の背中を押してあげるために
一生懸命記事を書いています。

一日一回ぽちっと押していただけると、私、喜びます。

今日の私のブログランキングは?

いいね!した人  |  コメント(31)  |  リブログ(0)

テーマ:
050722ball

私の父から聞いた話です。
実は父もまた、知り合いから聞いた話だそうで。。。

その知り合いのKさんは
ある小さな町の開業医さんです。

その病院の待合室は、いつも、お年寄りの社交場。
おじいちゃん、おばあちゃんで一杯だそうで
そこで交わされる会話がめちゃくちゃ面白い

A:吉田さんのところは、孫がもう中学校だってさー
B:へぇー、この前生まれたと思ってたがねー
C:そうそう、先日、山田さんの奥さんが。。。
D:ああ、胃がんだって?大変だねぇ
E:そういやぁ今日、鈴木さん来てないね
F:あら、ほんとだ。鈴木さん、どっか具合でも悪いんかねー


ここまで聞いて大爆笑だったそうで

オイオイ!ここは病院だぞ
来てないから「具合でも悪いんかねー」って
そりゃ逆だろー

と思ったそうですが、おじいちゃん達にとっては
毎日この待合室に来れるということこそ健康の証。

大切な社交場に来れないほど具合が悪いというのは
「本当に具合が悪い」
ということになるんでしょうね。

その先生が、血圧測ってあげたりして
「大丈夫ですよ、まだまだ100まで生きれますよ」
と言ってあげると、皆さん嬉しそうに帰っていくそうです。

このおじいちゃん、おばあちゃん達には
しっかりとした基準値があるんですね。
この待合室に来て、顔なじみと楽しく会話できることが
「健康」であることの基準値なのです。


みなさんにも、身の回りのいろいろなことを判断する際に
必ず何かしらの基準値があるはずです。

それは環境・家族構成によって、職種・役職によって
あらゆることによって左右されます。
「価値観」とも似てますね。

会社から独立することになれば
貴方には独自の基準値が求められるようになります。
しっかりとした自分の基準値を持つことが大切です。

そして、会社から外に出れば
今までとさらに違った基準値を持つ人と
接する機会も多くなるでしょう。

相手の価値観と同様、
相手の言動の基準値もまた尊重されるべきものです。

相手の言動の基準値をすばやく見抜く力は
独立後の仕事をスムースに進める上で
非常に大切な能力です。

仕事内容についての知識や能力だけでなく、
こういった人間関係を円滑にするための能力
日頃からぜひ磨いておくことをオススメします。

貴方が飛び立つ日はすぐそこですよ。



一人でも多くの人の背中を押してあげるために
一生懸命記事を書いています。

一日一回ぽちっと押していただけると、私、喜びます。

今日の私のブログランキングは?

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
050721flower

このところ偶然が続いています。

このブログの読者さんの周りで
新しい命が次々と誕生しています

ある読者さんのお姉さんがご出産
ある読者さんのお姉さんが妊娠中
ある読者さんのお友達がご出産
ある読者さんの奥様がご出産

そして
またある読者さんから奥様のご出産のお話が。。。

心からお祝いを申し上げます。

命をこの世に送り出すってすごいことだと思います。
そして、その命を立派に育て上げることは
もっと素晴らしいことです。

この世で一番偉大な人物とは
すぐれたカリスマ経営者でもなければ
国家元首でも、ノーベル賞を受賞した学者でもない


ひとつの命を産み落とし、立派に育て上げる
ひとりの母親こそが一番偉大なのだと、私は思います。


私自身、子供を産んだ経験はないのですが、
このブログでは何度か子育てを例にとって
ビジネスにからめたお話をしてきました。

子育てから学ぶものは本当に多いと思いますし、
親になったことをきっかけに、
それまでの自分の考え方を変える人もたくさんいます。

ビジネスをしていく上で
ある人が基本とする考え方というものは、
そう簡単に変わるものではありません。

それをいとも簡単に、180度変えてしまうほどのパワーを
生まれたばかりの赤ちゃんが持っているのです。

人は親になることで、本当の親のありがたさを知ります。

守るべきものを持つことで、自分の生き方を考え直します。


6月末に私が倒れてブログが更新できなかった際には
たくさんの方にお見舞いのコメントをいただき
本当に嬉しく思いました。

もし私に、子供がいたら、守るべきものがいたら
もっと自分を大切にしていただろうと、その時思いました。

私がこんなことを書いても説得力はゼロですが
みなさんもどうか健康に気をつけて
何かを頑張るその気持と同じくらいに
自分の身体と心を大切にして欲しいと思います。


貴方が大切に思っている誰かのために
貴方を大切に思っている誰かのために
いつの日か貴方の家族になる人のために


貴方自身を大切にしてあげてください。

貴方の健康こそが、ビジネスの基本条件です。



一人でも多くの人に届くよう、一生懸命記事を書いています。
一日一回ぽちっと押していただけると、私、喜びます。

今日の私のブログランキングは?

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:
050719flower

このブログに訪問くださる方々の中には
私が感じる限りでも、素晴らしい才能を内に秘めた方が
たくさんたくさんいらっしゃいます。
いつも、本当にもったいないと感じています。

世の中には「この人は素晴らしい才能を持っている」
と、もてはやされている人はたくさんいますが
全体から見ればごく一部。

だからこそ、才能のある人はいいよねぇと
周りから、うらやましがられるのです。

でも、本当にそうでしょうか?
私はそうは思いません。

私は「人の数だけ才能がある」と思います。

才能は、一人一人の中にしっかりと息づいています。

有名になったり、成功したりしている人は
「才能があったから」成功したのではありません。


「才能をうまく表現できたから」成功できたのです。

どんなに素晴らしい才能も、
周囲がそれを認めてくれない限りは
世の中に出ることはできません。

例えば、まったく同じ経験をした人が2人いて
それぞれそのことを本に書いたとしたら

表現力のある人の本と、表現力のない人の本は
まるでその「経験」自体が違うものであったかのように
まったく違った評価を受けることでしょう。
共感してくれる人の数も違うはずです。

ある商品を売るために、どんなに素晴らしい企画を
貴方の頭の中で考えていたとしても、
貴方がそれを上手く表現できなければ
上司や周囲の評価を得ることはできないのです。

よく「絶対にイケる企画なのに、なんでボツなんだ」
としょげてしまう人がいます。
自分の考えを否定されてしまうと、
自分という人間性まで否定されてしまったように感じて
人はひどく落ち込むものです。

でもその評価は
貴方の企画に対する評価ではありません。

ましてや
貴方の才能に対する評価でもありません。
貴方の人間性に対する評価でもありません。


貴方が表現した「もの」に対する評価です。

先日、「思考は実行して初めて意味がある」
という記事を書きましたが
「表現すること」はまさに「実行」です

才能はすでに貴方の中にあります。

磨くべきは「才能」ではなく「表現力」です。

見せてやりましょうよ!貴方の才能を!


一人でも多くの人の背中を押してあげるために
一生懸命記事を書いています。

一日一回ぽちっと押していただけると、私、喜びます。

今日の私のブログランキングは?

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。