<8%据え置きの間に、どんな未来を描くのか?>


消費税が8%になり、購入者のマインドは下がっています。

増税先送りが発表された2014年11月。

ここから2年5ヶ月という時間は全員にとって平等。


この間に、我々はどんな未来を描くのか?

明るい未来を描ける企業になれるのか?


ただ、時代がどれだけ変わろうが、原理原則は変わらない。


いい会社がますますよくなる」

ということ。


では、「いい会社」とは何か?


お客様に愛される、社員が誇りをもって働けるような

独自固有の長所とビジネスモデルを持った会社です。


それを我々はグレートカンパニーと定義し、日々の

コンサルティングで実現させるべく、奮闘しております。


我々船井総研住宅不動産部は名実ともに日本一の

コンサルティング集団になるために歩んでいます。

日々のコンサルティング活動を綴っています。ご笑読ください。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-16 12:10:54

CMO。

テーマ:ブログ
こんばんわ、宮内です。
ここ2週間で、一気に大ファンになった人がいます。

USJのCMOの森岡毅さんです。今年の経営戦略セミナーの
ゲストですね。

今月に入ってから著書は全て読みまして、
こないだ出たての新作(これは結構難しい)も含め
全部読みました。

これは、我々コンサルタント必読というより、私の関係している
ビジネスパーソンの方には皆読んでほしいなと思います。

USJが、圧倒的なTDLに対するマーケティングというよりも
自社らしさをどう深めてV字回復したのか、という軌跡が思いっきり
共感してしまって、家族で年間パスを買い、嫁さんと2人でデートして
今月2回も行ってしまったのでした。

僕は、好きなブランドに対して、かなり応援消費もしてしまうほうで、
岩瀬さんが好きだからライフネット生命に加入したり、ビジネス的には
ビジネス書がマーケティングになる、という定説どおりの動きを
してしまう方です。

やはり、社員さんが燃えて全員で一丸となる情熱も大事なのですが、
「戦略家」・「戦術家」はやはり重要で、これからますます経営においては
なすべき仕事の専門性は特化していくでしょうね。

①CEO :最高経営責任者
②CMO :マーケティング責任者
③CHO :人財戦略責任者
④CFO :最高財務責任者
⑤CTO :最高技術責任者


全てを経営者が兼務、というのがフツウなんでしょうが、もはや
そんな時代でもなくなってきてますね。

①・②は作っていただいている会社も多いですが、③はもはや必須・
⑤もすぐ必要になる。④はオーナー経営者以外はしっかりしておかないと、
ですね。


我々も業績アップにおける切り口は②だけではありません。
③・④・⑤を全てできるようにしていかなくては、根本的に総合コンサルティング
グループにはなれません。

ここを肝に銘じてやっていきたいと思います。

ではまた。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
メルマガ購読・解除