ジオターゲティング

はじめまして!八戸から世界へ本気に挑戦している指導者です。スクール(ブラジルクラブエスペランサ)は小学生だけで、中学生はクラブチーム(ディッセンボルバー)で活動しています。積極的に海外のチームにも選手の輩出を行っています。今後ともよろしくお願いいたします。


定期的に本・写真・映像もご紹介していきますので、よろしくお願いいたします。




問い合わせ先



Desenvolver FUT手紙desenvolver_fut_koutaro@yahoo.co.jp


ESPERANCA 手紙esperanca2005kouta@yahoo.co.jp



スクール&クラブ共に常に無料体験できます!

※お気軽にお問い合わせ下さい。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-21 05:26:01

たいして思ってないが致命的。

テーマ:ブログ
この間、こんな動画を見た。

バルセロナの5歳の子供の動画。

《ボールを受ける前から受けてパスをするまで5回周りを見た》

止めて、蹴るはそんなに上手に見えなかったが、こんなに周りを見る5歳児は見たことがなかった…

ボールを触ることをひたすら練習する日本人。

世界的にも触ることだけを見れば日本人はとてつもなく旨い。

なのに、どこで追い越されるのか?

と考えていたが、追い越されてるのではなく、そもそも始めから前にいるのではないか?

そんな風に最近は考えている。

1番はサッカーscience《科学》と呼んでる部分。

そこに着手するのが遅れるとマズイ…

そんなことを最近は考えてる。

【フットボールの情報はボールにはなく、周りの全体図に全てがある】

【それが観えてないものに最高のパフォーマンスは不可能だ】

{CD43D0A2-0EA3-429D-BC7A-0DA707F9325A}

そこのことをたいして思ってない…

それだと致命的になる。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-03-19 05:38:44

今思う事…

テーマ:ブログ
以下は引用。

アルゼンチンやイングランドといったサッカー強豪国の人から見た日本の指導というのはいつも気になるので、その辺を紹介したいと思います。
 

 「フェアプレーしろ!」なんていう古い考えを捨てないと

 
「フェアプレーしろ!」なんていう古い考えを捨てないと。そう思っているうちはいつまで経っても勝てないですね。
(中略)
後ろから足を掛けられても、蹴られても、プレーは続ける。そこからゴールが生まれるかもしれない。終わった時にイエローカードを出して「あんなことしちゃだめだよ」って教えるくらいでいいんです。
日本のサッカーを変えたいなら、まず、そこから考えなきゃいけない。 
 
そう語ったのはアルゼンチン出身、現役時は浦和レッズでプレーしたセルヒオ・エスクデロさんです。
確かに、ジュニア年代を筆頭に日本の審判はファールの基準が低すぎます。
ちょっと前もガンバの岩下選手の悪質ファールで軽く炎上してましたが、世界のトップレベルの試合ではああいった駆け引きはよく見ますよね。
逆に岩下選手が日本サッカー全体のことを考えてやったというのであれば、勇気ある行為だし、見習うべき点もあると思います。ああいったプレーが当たり前にならないと、いざワールドカップで世界のトップと戦う時に、国内組の選手はびびってしまうのではないかと思います。
 
「ワールドカップで優勝する」なんてメッシだってクリスチャーノ・ロナウドだって 、ドイツの選手だって誰も言ってないですよ。世界に対しても、サッカーに対しても失礼です。
アルゼンチン人は皆「日本人が何か馬鹿なこと言ってる」って笑っていましたよ。
 
命を懸けてサッカーをしている選手からしたら、そういう発言自体が本当に失礼かもしれない。それくらい日本のサッカーというのは海外から見たらまだまだなんですね。
 

自分の頭で考える選手が育たない 

 
闘いを体で覚えているアルゼンチンの少年たちは、ドリブルの仕方、キックの仕方を他者から教わることなどほとんどない。日々、ストリートの実戦で技を磨きながら自分で習得していく。
ストリートでも「勝つこと」に拘るあまり、遊びにはならない。「ボールを奪う時は相手の心臓を抉るつもりでプレッシャーをかけろ」 というのがアルゼンチン流だ。ストリートであっても闘いがある。こうした各々の闘争心がワールドカップを制する代表チームに繋がっていく。
 
ストリートでのサッカーって本当に大切ですよね。自分も幼少時代を振り返ってみると、コーチから教えられたことなんてほとんどなくて、全て近所のうまい友達や兄弟と競争することで培っていったものが全てだと思います。
今の規制規制でがんじがらめの日本の文化では難しいかもしれませんが、サッカーがうまくなりたい子供達が好きな時に集まって、好きなだけサッカーをやって、自然と技術を磨いていく、そんな環境を作ることができたら日本サッカーのレベルアップに繋がるかもしれません。
 
一流を目指す子供たちは、誰に何を言われなくても、毎日ボールを蹴ります。今日は寒い、雨だからやらない、なんていうことはないんです。
(中略)
アルゼンチンの選手は常に生き残りをかけた競争をしているから、誰かに言われてから動くんじゃなくて、自分で考えてプレーすることが身についています。日本人は教え過ぎですよ。
日本はコートやピッチには恵まれているかもしれませんが、自分の頭で考えて、局面、局面でサッカーを生み出していくようなタイプが育ちませんね。
 
大切ですね。
海外の子供達がどうなのかはわかりませんが、少なくとも自分の周りの子供達の多くはコーチに何も言われなければ良いという考え方です。目標は高くても、競争がないから自分からうまくなる必要性を感じないのです。これは子供達が悪いのではなく、そういう環境を与えている社会が問題です。
常に競争にさらされ、自然とハングリー精神が身につくような、そんな環境を提供する方法はないか、私も真剣に考えてみようと思います。






こんな記事を見ました。

アルゼンチンというところが少し嫌ですが、記事の内容は同感です。

大会に行くとフレンドリーという言葉を聞きます。


試合前に握手をし、試合後に握手をする。

これには大賛成です。

でもこの握手すら日本の子供達はあまり出来てない。

相手に対する気持ちがないからかなぁ〜

たまーに審判をしていても気がつく。

海外の選手は両手でしっかりと目を見て握手する選手が多いのに、日本の子達は手を添えるだけの子もいれば、強く握ったり、叩いたりと…

試合が始まれば容赦はしない。

そんな小さなブラジルを作っていきたいと思ってます。

{0E477008-EB6E-490E-B29E-4BAC8D671CF8}

この方がどれだけ削られて育ったのか?

それを避けるすべを覚えたからここにいるんでしょうね。
AD
2017-03-17 03:14:52

2対2と3対1の効果。

テーマ:ブログ
今、スタッフ内で3対1や2対2を下宿生を入れてやってる。

毎日のようにやってる。

その中で変化が見え始めた。

狭い中でやってるからか、判断速度がかなり速く、次の展開をある程度頭に入れないといけない…

身体の使い方もプレーによって変わってくることに気がつきはじめる。

狭いからこそ、判断と決断の繰り返し。

そこで違う頭を発動する。

どうやって相手を攻略するのか?

これを持ってる選手にしたいなぁ〜

{9B7B8D0C-7849-4616-AB4B-451A62F9125F}

{F9AFEBC6-25CA-4D85-B60F-37275734AD27}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。