観光庁と日本旅行業境界の大規模な視察団は先週、沿海地方を訪れた。沿海地方のプレスサービスが発表した。

AD
2)太陽が「真っ二つ」に割れ始めていることが観測写真で判明! 3)【緊急】放射性物質「ヨウ素131」が欧州全域で謎の急増中! 熊本地震・鳥取県中部地震の次に動く活断層はここだ!! 独立行政法人である国立研究開発法人の一つ、「産業技術総合研究所」(産総研)の地質調査総合センターでは、日本全国にある活断層の地質調査を行っているが、その結果を「活断層データベース」としてWeb上に公開している。昨年は熊本地震(M7.3)、鳥取県中部地震(M6.2)と2つの大きな地震が日本を襲ったが、どちらも大陸プレート内地震(活断層地震)だった。恐らく多くの読者が、次にどこで大きな活断層地震が起きるのか知りたいと考えているだろう。そこで、産総研のデータベースをもとに、今後30年のうちに活断層地震が発生する確率の高い順にランキング形式で紹介することにしたい。

AD

惑星X或は二ビルは褐色矮星とも言われていますが、太陽のように光輝く惑星も太陽のそばで目撃されていますから、何が何だか分からなくなってきました。一体、いくつの惑星が接近しているのでしょうか? 今回、アラスカ上空に現れた惑星はうっすらとしか見えません。まるでホログラムのようです。ただ、かなり大きく見えるようになりました。日本の上空には現れないのはなぜなのでしょうか。このようにうっすらとしか見えないのは空がケムトレイルのベールで覆われているからなのでしょうか。このまま地球に向かってくれば、巨大な惑星が頭上に現れることになるのでしょうか??


AD