二十四節気(にじゅうしせっき)は
半月毎の季節の変化を示しているので
22日より「小雪(しょうせつ)」にかわります。
立冬から数えて15日目頃。
北風の冷たさが、日々はっきりと感じられるようになります。
北国では里にも雪がちらつくことがありますが、
まだ本格的な寒さには至りません。
ちょっとした雪、の意としての「小雪」です。

これをさらに約5日おきに分けて、
気象の動きや動植物の変化を知らせる
七十二候(しちじゅうにこう)では
11月27日から5日間は「朔風払葉」になります。
「朔風払葉」と書いて(きたかぜこのはをはらう)と読みます。
毎日少しずつ存在感を増してきた北風が、
木々の枝から枯れ葉をすっかり吹き飛ばしてしまいます。
風が吹き止んだ時にふと現れる、
寒々と枯れ果てた景色に、
不完全なものへの美を見いだすことも、
日本人が育てた大切な感性のひとつと言えるでしょう。
「枯れ、冷える」ことをやがては「わび」、「さび」の世界へと
昇華させていったいにしえの茶人の世界に
思いを馳せて見たい季節です。

「朔風払葉」の時季
いま食べるべき旬の・・・
魚はずわい蟹(ずわいがに)
野菜は椎茸(しいたけ)
果物は檸檬(れもん)
季節の楽しみは炭火に親しむ
季節の移ろいを感じながら
季節に敏感になりながら
毎日の生活や食を楽しみませんか?

そんなこと・・・ムリ~~~
と思ったあなた!
ぜひ健康村へ参加してみては?
みんなで楽しく健康な身体づくりが出来ますよ♪

ちなみに健康村っていつどこでだれが開催してるの?
という質問をいただきました。
健康村は興味のある方がお友達3人から
はじめられる健康サークルなんですよ~。
なので日程もメンバーも会場も自由なんです。

その立ち上げのお手伝いをするのが
コンシェルジュです。
Akiko Mizukoさんと
田村 悦子 (Etsuko Tamura)さんの
2人で担当してます♪

どうぞよろしくお願いいたします~~。

{78ABA7BB-A0E0-4148-AAFD-47148A89659B}


AD

二十四節気(にじゅうしせっき)は
半月毎の季節の変化を示しているので
22日より「小雪(しょうせつ)」にかわります。
立冬から数えて15日目頃。
北風の冷たさが、日々はっきりと感じられるようになります。
北国では里にも雪がちらつくことがありますが、
まだ本格的な寒さには至りません。
ちょっとした雪、の意としての「小雪」です。

 

これをさらに約5日おきに分けて、
気象の動きや動植物の変化を知らせる
七十二候(しちじゅうにこう)では
11月22日から5日間は「虹蔵不見」になります。
「虹蔵不見」と書いて(にじ かくれて みえず)と読みます。
昼の時間が短くなり、陽射しもめっきりと衰えて、
どんよりとした曇りがちの日も多くなります。
ねずみ色の空を見上げながら、ふと、
虹を見る日もほとんどなくなったと思う、
そんな季節感を表しているのが、この言葉。
いっぽうで俳句の季語に「冬の虹」という言葉もあるのですが、

こちらは、寒々とした雨が上がった晴れ間に、
ひょっとめずらしいものに出会った、
そんな新鮮さを含む響きを持っています。

 

「虹蔵不見」の時季
いま食べるべき旬の・・・
魚は柳葉魚(ししゃも)
喜知次(きちじ)
野菜は大豆(だいず)
季節の楽しみは神農祭
季節の移ろいを感じながら
季節に敏感になりながら
毎日の生活や食を楽しみませんか?

 

そんなこと・・・ムリ~~~
と思ったあなた!
ぜひ健康村へ参加してみては?
みんなで楽しく健康な身体づくりが出来ますよ♪

 

ちなみに健康村っていつどこでだれが開催してるの?
という質問をいただきました。
健康村は興味のある方がお友達3人くらいから
はじめられる健康サークルなんですよ~。
(すぐに3人は・・・ と言う方は
安心してください♪ お一人からでも始められます。)
なので日程もメンバーも会場も自由なんです。

 

その立ち上げのお手伝いをするのが
コンシェルジュです。
Akiko Mizukoさんと
田村 悦子 (Etsuko Tamura)さんの
2人で担当してます♪

 

どうぞよろしくお願いいたします~~。

 

AD

二十四節気(にじゅうしせっき)は
半月毎の季節の変化を示しているので
23日より「立冬(りっとう)」にかわります。
霜降から数えて15日目頃。
立冬とは、冬の始まりのこと。
「立」には新しい季節になるという意味があり、
立春、立夏、立秋と並んで季節の大きな節目です。
※これらを四立(しりゅう)と言うそうです。
朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来て、
冬が近いことを感じさせる頃。
この日から立春の前日までが冬となります。

 

これをさらに約5日おきに分けて、
気象の動きや動植物の変化を知らせる
七十二候(しちじゅうにこう)では
11月17日から5日間は「金盞香」になります。
「金盞香」と書いて(きんせんか さく)と読みます。
「きんせんか」とありますが、
春に車輪のような円い花をつける
キク科の金盞花(きんせんか)ではありません。
冬の花でも香り高いことで人気のある水仙をさします。この別称の由来は、昔中国で、
水仙の花の黄色いところを黄金の杯(金盞)に、
まわりを囲む白い花弁を銀の台(銀台)にたとえて
「金盞銀台(きんせんぎんだい)」と呼び慣らわしたことによるそうです。
日本ではお正月の花としても喜ばれる水仙、
吉祥の気分が感じられる別称も、
あわせて覚えておきたいものですね~~♪

 

「金盞香」の時季
いま食べるべき旬の・・・
魚は甘鯛(あまだい)
野菜は山芋(やまいも)
カリフラワー
季節の楽しみは亥の子餅と炉開き

季節の移ろいを感じながら
季節に敏感になりながら
毎日の生活や食を楽しみませんか?

 

そんなこと・・・ムリ~~~
と思ったあなた!
ぜひ健康村へ参加してみては?
みんなで楽しく健康な身体づくりが出来ますよ♪

 

ちなみに健康村っていつどこでだれが開催してるの?
という質問をいただきました。
健康村は興味のある方がお友達3人くらいから
はじめられる健康サークルなんですよ~。
(すぐに3人は・・・ と言う方は
安心してください♪ お一人からでも始められます。)
なので日程もメンバーも会場も自由なんです。

 

その立ち上げのお手伝いをするのが
コンシェルジュです。
水子 晶紀子さんと
田村 悦子 (Etsuko Tamura)さんの
2人で担当してます♪

どうぞよろしくお願いいたします~~。

AD