脈診&伝統鍼灸のセミナー情報~ by 和魂漢才鍼灸


【気口九道脈診】を覚えると脈診の世界が広がります。
伝統聖鍼流 『凡人ができる達人の治療法 伝統鍼灸を学ぼう会』-バナー体験談 伝統聖鍼流 『凡人ができる達人の治療法 伝統鍼灸を学ぼう会』-資料請求バナー02 ひらめき電球無料特典付きビックリマーク資料請求はコチラ!≫
和魂漢才鍼灸(わこんかんさいしんきゅう)では
脈診の技術を習得に力を入れています。

当会では、気口九道(きこうきゅうどう)脈診を基礎に
難経系の脈診など、多くの脈診法を習得、使いこなすことで
伝統医学の診断技術&治療の精度を確実にレベルアップさせます!

『脈診をマスターしたい!』という方
『脈診が難しい…』という方

ぜひ当会の脈診技術を学んでみませんか?

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-03-12 12:53:46

治療は瞑想?

テーマ:【鍼灸の達人】への道のり
こんにちは。
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

昔、飲み会かどこかで
「治療中に腹式呼吸をすると良い。」と言ったら、
ものすごく驚かれた記憶があります。

その驚かれように、
私の方が逆に驚いた印象を覚えています(笑)


さて、治療中に腹式呼吸をする。

これは別段おかしなことではないと私は思います。

逆に治療中に呼吸を乱すこと。

こちらの方がよっぽど問題です。

『素問』にも「医は病まず」とあるように
治療家は“平”の状態であるのが理想です。

呼吸が乱れると、経脈を流れる気が乱れるのは
素問・霊枢・難経に書かれてある通り。

素霊難に書かれてなくとも
呼吸(=いき)が乱れること自体、
その人の心身を乱れさせる要因になることは
簡単に想像できることでしょう。

“いき”が乱れた治療家の治療を受ける患者さんのことを想像すると
呼吸が乱れたままで治療すべきか
呼吸を意識的にコントロールしながら治療すべきか
答えを出すまでもありません。


さて、治療中に腹式呼吸をする…といっても、
ごく自然に行います。

何秒息を吸って、何秒息を止めて、何秒息を吐いて…

といったキッチリしたお作法通りの腹式呼吸ではありません。
なので、普通に会話もしますし。

いってみれば“我流”の腹式呼吸です。

硬い呼吸は心身を硬くします。

頭が固くならないように、
呼吸も自由にコントロールしないといけません。


なので状況によっては、
一瞬だけ腹式呼吸をすることもあります。

理想はリズムを崩さない呼吸なのでしょうが
そうも言ってられません。

意識するべきポイントは、呼吸の数や長さ、
つまり“型”ではなく、呼吸の目的です。

気を滞りなく行らせるために呼吸を調えるのです。

また、身体の表面だけでなく、
身体の奥・内側の動きにも目を向ける必要があります。

私たち、鍼灸師は身体の表面も、深い面も
陰陽の両方を診るお仕事です。

陰陽をみるということは、
自身の身体の陰陽(表裏)を知らないといけません。

治療の流れの中で、
相手の陰陽を把握しながら、自身の陰陽を観る。

このように複数層にわたって意識を向けるという点では
ろうそくの炎をみることも良いかと思います。

上に載せた写真は自院の各治療ベッドの近くに置いてある
岩塩ランプ+蝋燭(ろうそく)です。

ろうそくの炎を見つめる瞑想法もあるみたいです。

今どきは“キャンドル・メディテーション”という
お洒落な呼び方もあるようですね。

炎を見つめること、治療中でもします。
もちろん、一瞬だけです。

一瞬だけで呼吸を調え、一瞬だけ炎をみて
心体を合わせる。

瞑想のような作業ですね。

身体の内側に意識を向けるという点では、
ろうそくの炎に意識を向けることはなかなか良い手段だと思います。
AD
2015-03-06 22:53:31

「実費治療」を確実にしていくために必要な鍼灸師の職人技!「脈診」を学ぶ!

テーマ:脈診マスターへの道のり
こんにちは。
和魂漢才鍼灸の岡井志帆です。




「鍼灸治療が西洋化している今、
東洋医学的治療を使う必要はない。」
そう思っているあなたは、きっと昔の私と同じで、
「東洋医学って何を信じたら良いのかわからない」という
気持ちがあるのでしょうね。

「東洋医学的鍼灸は自分には必要ない!」と
かたくなに信じているあなたに、
「脈診」という東洋医学的な診断法が
「本当に役立つ技術なんだよ!!」
「これやっときなよ!」という思いを伝えるには
いったいどういえば良いのか?正直、頭を悩ませています。

東洋医学が「摩訶不思議なもの」と扱われがちなのは、
「「気」という目には見えない物を感じるのが東洋医学だ!」とか、
「「気」が見える(感じる)ということが出来て、
これこそが東洋医学の醍醐味で、一部の特別な人のみ可能なんだ~!」
といった、
イメージだけが際立っているようで・・。
そのイメージが、東洋医学を謎めいたものにし、
何となく近寄りがたくしてしまっているように
思うのです。

でも、実際「脈診」は、自分の手で触れてその形を感じ、理論に基づいて分類して判断していく。
いわゆる、「職人」の感覚である!と私は思うんです。
この繊細で、ロボットでは代用する事が出来ないこの技術は、
「職人技」としか言いようがありませんよね。

鍼灸以外の「職人」の世界だったらどうでしょう?

「職人」と言われる方達は、一般人から見れば信じられないような
研ぎすまされた感覚で仕事をこなします。
「その道○○年」というように、
極めるには長年の経験と訓練が必要です。
独学で学ぶ人もいるかもしれませんし、
師匠のもとで修行を積み、技を継承していく人も
いますよね。

「脈診」は、まさに「職人技」。
他の職種となんら変わりないはずです。

それなのに、「鍼灸師」「東洋医学的治療」というと、
抵抗感を持たれるのは何故なのでしょうか?

それは、今までの「東洋医学」「鍼灸師」の
イメージ戦略が現代に受け入れられなかった結果かなと思います。
現代の西洋医学的治療が中心の世界で、
「気」とかの目には見えない物を取り扱っている事を、
声を大にして言うと「やっぱり怪しい!」って
思われちゃうのが残念で仕方ないです。

ですが、この「脈診」の技術を、
『繊細な指先の感覚を使っている「技」』と
とらえるのであるなら、その際立った感性は

「職人技」という名に突如変化します。

「職人技」であるならば、その技術をだれでも習得する事が可能です。

もちろん、その技術を驚くほどの完成度にまで高める事が出来る人もいるでしょう。
また、それなりに使いこなし、無難に仕事をこなせるレベルで
落ち着く人もいるでしょう。
それは、個々の目指すレベルであって、
「脈診」が「出来ない」という話とは全く異なります。
全ての人が使える「技術」なのです。

ここまでお話しして、脈診」が特別な能力をもった人だけができる技術でない事は、
ご理解いただけたかと思います。

「パティシエになりたい」と夢見ている人がその技術を学べるように、
「脈診を学び、苦しむ人を治療したい!」と願う人も、
その技術を学ぶ事が出来るのです。

そして、パティシエになりたい人が、
専門の学校に通って基礎を学ぶように、
脈診を学びたい人も、それ専門に教えてくれるところに通えば、
基礎から学ぶ事が出来るのです。


どうでしょう?
あなたも、その「職人技」を学んで
臨床結果を何倍も確実なものに出来るようになりたいと
思いませんか?


今現代、一番多い鍼灸治療は、
西洋医学に特化した保険治療中心の治療です。


そんなこの時代で生き残る鍼灸師になるに、あなたはどの道を選びますか?
「保険診療」も破綻しつつある今。次にくるのは「実費で稼げる技術」です。


「脈診」を使いこなす「職人」となることで、
実費で生き残る「職人」になることは可能です。


私は、一度も保険診療をした事がありません。
臨床家になってすぐ結果を出す事が出来たのも、
学生のころから「脈診」という技術を学び
訓練してきたからです。
もちろん、まだまだ師匠のようにはいきませんが、
「職人」の道を極めるべく日々臨床を続けています。


「脈診」は、「難しい」と感じますが、
その反面、「誰でも出来る簡単な方法もある」ことは、
あまり知られていないですよね。


和魂漢才鍼灸は、「脈診」をメインにしながら
東洋医学を使った様々な治療法を取り入れています。
なので、使う「脈診法」はたった一つではありません。
簡単に誰でも出来る方法からスタートし、
徐々に感覚を次ぎ済ませていく訓練をしていきます。
そして、それに知識を付けていく事で多彩な病証に対応できるのです。


長年、「脈診セミナー」を開催してきて、
そのノウハウが確立しているからこそ、
最短の時間で「職人」となることが出来るのです。


ここまでお話ししても、まだあなたは不案に感じているかもしれませんね。

「そうはいっても、やっぱりスポーツや外傷といった
治療には使えないんじゃないの?」
そう思われているかもですね。
でも、ちゃんと「脈診」で局所の異常を見つける事も出来ますし、
東洋医学で外傷の治療も出来ます。

遠い昔の医師である鍼灸師は、何も技術が無い中で、
より結果を出す方法を研究し続けました。
レントゲンやCTがあるわけでもありません。
血液検査をする訳でもありません。
その結果、「脈診」で局所治療をする方法を導きだし、

「職人技」を極める鍼灸師が現れたのです。
東洋医学の鍼灸治療は、内科的疾患ばかりかと思いがちですが、
外傷も治療可能です。
なので、あなたが得意とする西洋医学的鍼灸や徒手療法に組み合わせて使う事で、
可能性がますます広がります!
あなたの既に持っている治療法に組み合わせる事も容易です。

あなたの持つ技術に、新しい「職人技」を取り入れて下さい!
その為の先ず第一歩をここからはじめてみませんか?


和魂漢才鍼灸 ビギナーコース 
2015年 4月よりスタートです
場所は、馬場聖鍼堂 

時間は、9時から13時まで。

受講料は、当日現金支払は 8000円です。
別途、年会費20000円が必要です。




また、口座引落しを利用いただくと、ひと月6000円
支払いになりますので、年会費を引いてもおつりが来ます。

 
詳しくは 和魂漢才鍼灸 HPをご覧下さいね。

ビギナーコースですので「脈診」を始める上で、
一番基礎となることから始めます。
「脈診」の基礎の基礎である、脈を触る事からはじめていく。
これが「職人」となる第一歩です。
「脈」を触らなければ、診る事なんて出来ません。そこからクリアしていきましょう。
「脈を診る」ということの神髄を知るには、あなたが「職人」となることです。
そのお手伝いをしていきます。
誰でも出来る「脈診術」。ぜひ体験してください。

お申込みは、
dentounotakumi@gmail.com

お名前、所属、当日連絡がつく電話番号をお知らせください。
こちらからお返事差し上げます。


今まであまり理解されていなかったこの東洋医学的鍼灸、
一般的には受け入れられていなかったこの技術が、最近急激に受け入れられるように
なってきました。

そして、その発信元が「西洋医学的なクリニックから」というのが、
以外に感じるかもしれませんね。

私の専門は「不妊治療専門鍼灸」ですが、
多くの不妊治療クリニックで、授精卵の移植前や後の「鍼灸治療」を取り入れるところが
増えてきました。
そのお陰で、最近は「卵の移植時に鍼灸を受けたら効果があると効きました!」と
クリニックで鍼灸治療を受けて良いイメージを持っていただいた方達の口コミから、
どんどん鍼灸治療希望の方が増えていっています。

また、不妊クリニックだけでなく、整形外科クリニックでの鍼灸治療導入も
確実に増えてきています。

そして、その結果、鍼灸が一般的な広がりを見せ始めています。
特に不妊治療の現場では、その勢いを強烈に感じています。

昔は、「生理中に鍼をしても大丈夫ですか?」とか、
「体外受精で卵を移植したので、鍼灸を受けるのは怖いから受けません。」
といった事をよく言われました。
「そんな事無いのに・・・」と私はいつも残念な気持ちでしたが、
それほど鍼灸治療は一般的でなかったということですなんですよね。

おっと、これは余談でした。

西洋医学的鍼灸技術と東洋医学的鍼灸技術。
この二つが本当に合わさった時、
それが出来る人こそ、「過去の偉大な鍼灸師」と肩を並べる事ができる
「職人」といえるのかもしれません。

あなたの新たな鍼灸技術の為に。

和魂漢才鍼灸
岡井志帆
AD
2015-02-27 18:20:08

引っ越しすると体調を崩してしまう

テーマ:脈診マスターへの道のり
こんにちは
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

今日はちょっと迷信?にも近い話題をひとつ。

『引っ越しすると体調を崩す』
『家を建てると誰かが亡くなる』

そんな話(迷信?)を耳にしたことないですか?

私の院に通っていたおばあさんもこんなことを言っていました

初めてこの話を聞いた時は
私も迷信というか…お年寄りの経験則のひとつだと思っていました。

『引っ越しすると引っ越し疲れや環境の変化もある』

『家を建てるとなると、その準備や心身ともに疲れるし…』

『諸々の手続きやローン(借金)のことで、負担もかかる』

結論として、体調を崩さない方が稀(まれ)でしょう。

・・・そう思ってました。

ですが、最近は別の視点で、このようにも考えています。

『地の気から(一時的に)離れることの影響』

天人地・三才の思想でみていくと
人は天の気・地の気の影響を受けて生きています。

天の気とは、気候や気象、季節などがイメージしやすいでしょう。

天は“陽”の存在なので、変化にも富んでおり
その影響も一般の人にだって分かるくらい目立つものです。

一方、“陰”である“地の気”の影響は、一般の人どころか
太極図陰陽思想を知る我々にも日々意識して感じることは難しいですね。

近いものに『身土不二』といった言葉が一般的にもありますが

『住んでいる土地のものを食すことが体にイイんですよ。』

とは言うものの、遠く離れた土地のモノも食べますし、
海外で作られた物だって毎日食べて生きています。

それに関して、いちいち違和感を感じる人も少ないでしょう。
頭や知識で違和感を感じる人は多いかもしれませんが…

ま、それくらい地の気の影響は自覚しにくいものなのでしょう。

ですが“陰”である地の気の影響は、目立たないですが
ジワジワと確実に影響する…


そんな存在でもあると思います。

それゆえに『慢性的で長期間の体調不良』や
甚だしくは『亡くなる…』とまでの影響力もあるのでしょう。

そして、地の気の影響を強く受ける人もいれば
まったく影響を受けない人もいる…

その違いは、やはり陰陽にあると考えます。


さて、影響を受けずに穏便に平和に過ごすポイントととしては
土地への感謝の念ではないかと私は思います。

生かされ、育んできてもらった土地への感謝の念を持つことは
陰陽の思想を学び、知っている我々だからこそ
忘れてはいけないも気持ちだと思う今日この頃です。

そして、天の気、地の気の影響をどのように受けているか?

そういったことを意識して脈を診ることも
さらに脈診レベルが深くなるポイントだと思います。

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇