脈診&伝統鍼灸のセミナー情報~ by 和魂漢才鍼灸


【気口九道脈診】を覚えると脈診の世界が広がります。
伝統聖鍼流 『凡人ができる達人の治療法 伝統鍼灸を学ぼう会』-バナー体験談 伝統聖鍼流 『凡人ができる達人の治療法 伝統鍼灸を学ぼう会』-資料請求バナー02 ひらめき電球無料特典付きビックリマーク資料請求はコチラ!≫
和魂漢才鍼灸(わこんかんさいしんきゅう)では
脈診の技術を習得に力を入れています。

当会では、気口九道(きこうきゅうどう)脈診を基礎に
難経系の脈診など、多くの脈診法を習得、使いこなすことで
伝統医学の診断技術&治療の精度を確実にレベルアップさせます!

『脈診をマスターしたい!』という方
『脈診が難しい…』という方

ぜひ当会の脈診技術を学んでみませんか?

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-08-02 16:24:33

関東支部セミナーの第1回目がスタートします

テーマ:セミナーお知らせ
和魂漢才鍼灸の足立です。

明日から毎月第1日曜日に関東にて
和魂漢才鍼灸・関東支部セミナーを開催します。


会場は神楽坂 「香音里」
 東京都新宿区天神町17
 最寄り駅…東京メトロ東西線『神楽坂駅』
 http://www.ko-o-ri.com/

時間
 前回と同じ10:00-16:30です。

気になるセミナー内容は・・・
 氣口九道脈診とさらにもう一つ脈診を組み合わせることで
 臨床でどのように使うか…

 このようなテーマで座学と実技を行う予定です。

和魂漢才鍼灸・関東支部セミナーについて詳しい情報はコチラ
AD
2014-08-01 08:59:00

治療家の呼吸

テーマ:脈診マスターへの道のり
こんにちは!
夢のお告げを受けた足立です(笑)

そんな夢の話とも少し関係するかもしれませんが
治療家は人一倍、健康に気をつけなればいけませんね。

なぜなら、通常に比べると病める人と接触頻度が高い日々を送っています。

言いかえると病気の影響を受けやすい条件を持っているということです。


さて、東洋医学に従事する者のみならず
一般の方でもよく知られている健康法に
“呼吸法”があります。

いわゆる腹式呼吸です。

気功・腹式呼吸・調息・吐納法・・・
いろいろな呼び方があり、
いろいろな方法があります。

我われ鍼灸師の中でも実践している方は多いのではないでしょうか?


さて、私は普段の臨床の中で
鍼灸師の治療を行うこともありますが…

その時に感じることのひとつが

【溜め込みすぎない方がよさそう…】ということ。


というのも、治療家は基本的に屋内で仕事します。

外に発する行為が少ない職種です。


それに加えて、相手に共感しようとする傾向が強いため
結果的に、内に引き込むベクトルが強いと言えます。

共感の第一歩には傾聴があります。

相手を受け入れ・許容する作業があるため
方向として内向的な気の動きになるのです。

…と、これは治療家の一般論であり
鍼灸・あん摩といった治療法は、これ以上に
患者さんとの呼吸・気を合わせることに意識を向けることを大事とします。


加えて、日々の疲れ・虚労もあるため
つい呼吸法も“吐”よりも“納”に力を入れがちになるのでしょうが…

やはり出すことも大事です。

でないと濁氣の蓄積が増える一方になる…と考えるからです。


理想的に“出す”方法は、健康的に汗をかくこと。

それが無理なら、呼吸法も溜め込む一辺倒の
“納”にばかり力を入れずに
“吐”にも意識を向けること。

そうすることで陰陽のバランスが調います。

汗にせよ吐納にせよ、上手に皮膚を使うことがポイントだと考えます。

ということで、私も自身の健康にも目を向けて
日々精進したいと思います。

AD
2014-07-27 17:27:21

『このままだと●●で死ぬよ…』と、言われたので(^^;)

テーマ:【鍼灸の達人】への道のり
皆さん、こんにちは!
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

今回は唐突になんか不穏なタイトルを書いてしまいましたが
最近、私が言われたセリフです。

というか、夢の中で言われたことなのですが・・・

『なーんだ、夢オチか~』って思った方、お騒がせしてスミマセン。

でも、なかなかリアルな感じもあって印象深いものです。

というのも、夢の中で脈を診られての診断でしたから(笑)


なんか、とっても若い男子…?
なんともいえない妙な若さの年ごろの人でした。

膏肓の逸話に出てくる豎子って、こんな感じなのかな…?

起き抜けにボーッと考えたりしてました。

なので、夢のお告げと前向きに受け止めて
診断に従ってコツコツと自分に治療していこうと思います。

さて、関東脈診セミナーまであと少し!

しっかりと準備を煮詰めていきます!

和魂漢才鍼灸・関東支部セミナーの情報はコチラ!
AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>