脈診&伝統鍼灸のセミナー情報~ by 和魂漢才鍼灸


【気口九道脈診】を覚えると脈診の世界が広がります。
伝統聖鍼流 『凡人ができる達人の治療法 伝統鍼灸を学ぼう会』-バナー体験談 伝統聖鍼流 『凡人ができる達人の治療法 伝統鍼灸を学ぼう会』-資料請求バナー02 ひらめき電球無料特典付きビックリマーク資料請求はコチラ!≫
和魂漢才鍼灸(わこんかんさいしんきゅう)では
脈診の技術を習得に力を入れています。

当会では、気口九道(きこうきゅうどう)脈診を基礎に
難経系の脈診など、多くの脈診法を習得、使いこなすことで
伝統医学の診断技術&治療の精度を確実にレベルアップさせます!

『脈診をマスターしたい!』という方
『脈診が難しい…』という方

ぜひ当会の脈診技術を学んでみませんか?

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-06-19 21:01:25

【和魂漢才鍼灸】2015年ビギナーコース スタートしました!

テーマ:脈診マスターへの道のり
「脈診を学びたい!」その強い思いを持って
やる気あるメンバーが集まりました。

「脈診」と一言でいっても、「何を診ているの?」と
最初は、不思議に感じることでしょう。

でも、「脈診」は一部の特殊な能力のある人だけが
診る事が出来るようになるものではありません!

れっきとした「職人技」です。

なので、きちんと基礎から学んでいけば、
誰でも診る事ができるのです。



ですが、「職人」というからには
それなりの訓練が必要です。


例えば、それは車の運転のようなものです。
車は、練習すれば誰でも運転できます。

このように、誰でも乗れる車でも
得意な人と苦手な人はいます。


でも、一般の人ならそれでもいいですが、
職人となるとそうはいきません。



配達専門ドライバーであれば、
知らない土地でも時間通りに
荷物を届けないと行けないでしょうし、

どんなに雪が降ろうと、雨が降ろうと、
事故無く安全に到着する必要があります。

また、大型トラックや救急車、消防車などといった
特別な車両に乗る必要があれば、
また別に訓練する必要があります。



でも、訓練すれば乗れるようになりますよね。
それを必要と感じて訓練し、
免許をとれば乗る事が出来るのです。

そして、こんなに便利な車でも、

中には「必要ない」といって、
乗らない人もいます。

「脈診」も車の運転と一緒で、
練習すれば誰でも使えます。

「必要ない」と思えば「要らない」ですが
専門的に学び訓練すればするほど、
複雑な事が理解でき、
臨床にスムーズに使えるようになります。



中には、器用な人もいて
「すぐにわかった!」とコツを掴む人もいれば
「わからない~~」と悩む人もいるでしょう。

でも、どちらであっても時間はかかるかも知れませんが
いずれ出来るようになります。



鍼灸学校に入学して3年。
卒業すれば、すぐに臨床家となり
即戦力として働かなければいけません。

あなたは、すぐにプロとして
臨床をおこなうことができますか?



和魂漢才鍼灸ビギナーコースは、
脈診を中心とした診察技術を学び、
すぐに臨床に使えるようになる為の基礎コースです。


脈診の基礎をしっかり学び、
職人となる第一歩を踏み出しましょう。




今年のメンバーは、
どんな職人に育っていくのでしょうか。
一年後のメンバーの成長が楽しみですね。






4月は、「脈診とは?」というお話をしました。
「何を診ているのか?」
「何に意識を持つのか?」
それによって、いろいろな事が診て取れる事を理解していただきました。
それだけでも、脈の奥深さと可能性の広さを感じてもらえたはずです。


実技では、実際に身体に触れて、
脈が変化する事を感じてもらいました。

今日の目的は「感じる事」です。
すぐに答えが欲しくなりますが、
それは、まだ後の楽しみにおいておきます。
まずは、「感じること」。

自分でも「わかる」「感じる事が出来る」
それを体験してほしかったのです。

あっという間の4時間でした。
また、来月も楽しみにしていてください。


次回は、脈という小さい部分を診る為に、
先に広い部分を診ていくことを練習します。
お楽しみに♪

では、4月の第一回目に参加のメンバーの感想をあげておきますね。
読んでいただくと、みんなのワクワク感が伝わりますよ!

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これから毎日の診察がより楽しみになりそうです。
1年間よろしくお願いします。
臨床家 Y先生



内容が濃く、ついていくのが一生懸命でした。
(脈は)形を診ればいいのだ、というのも、
自分の意識をどこにおくのかで診えるものがかわる、など
目からウロコでした。ありがとうございました。
一生懸命ついていきます。
臨床家 I 先生



今まで脈診は六部定位か脈状をなんとなく触って、
どのあたりが強いのか、いまひとつよくわからずに、
あわてて治療時間内におさめようとサッと診るだけでしたが、
今回、じっくり脈を診て、変化を知る事ができ、
あらためて脈の不思議さを感じました。
もっと、勉強して脈を知っていきたいです。
臨床家 T先生



忘れていた東洋医学を思い出しました。
学校での説明では、何となくで理解できませんでしたが、
岡井先生の説明がわかりやすくてよかったです。
臨床家 K先生



● ●診と脈の内中外との関係を知る事が出来てよかった。
  本日からさっそくやってみます。
一年間、どうぞよろしくお願いします。
臨床家 T先生



初めて参加させていただき、説明がすごくわかりやすく
学校ではわからなかったことが理解できました。
嬉しかったです。少し自分のやりたい事が見えた気がします。
これからが楽しみになりました。
臨床家I 先生



まだまだやり方がのみこめていないので、また古典的な勉強を
おろそかにしていたことをあらためて痛感しました。
頑張って1年間勉強しますので、よろしくお願いします。
臨床家 H先生



最後の実技が面白かったです。
脈診の自主練習に励みたいと思います。
一年後の自分自身を楽しみに頑張っていきます!
臨床家 S先生



難経のお話を聞いていたら、ずいぶん昔、学生時代に読んだような・・
今、新たに難経を読んで行きたいと思いました。
臨床家 K先生



脈診おもしろい!最初は知ったかぶりしてるかも知れませんが、
先輩鍼灸師の先生がた、チームのメンバーに協力してもらって
もっと勉強していきたいと思います。
考え方、アプローチの方法がたくさんあると知って、
ますます興味が出て来ました。
ただ、知識が全くないので、時間的に早くなるとついていけないかも
しれないので、よろしくお願いします。
鍼灸学生 1年 B先生



  今日もありがとうございました。脈診のプレセミナーを受講させていたのもあって、
  学生ですが頭にするする入ってきました。
  実技の方は、慣れていないということもあり
  なかなか脈を読む事が難しいなと思いました。
  奥深いので、経験をどんどん積んで行きたいです。
  また、次回も楽しみにしています。
  鍼灸学生 1年生 K先生



  脈状診が難しくて、今まで脈診できなかったけれど、
  ●●脈診は、見方がシンプルでわかりやすかったので、
  家で試してみようと思いました。
  宗気、衛気、栄気辺りが、少しわかりにくかったです。
  そのあたりの復習をするのにおすすめの本があれば教えてほしいです。
  難経は言葉が難しいので・・
  臨床家 O先生

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

和魂漢才鍼灸 ビギナーコースは、
毎月 第4日曜日 朝9時から13時まで
みっちり勉強していきます。

場所は、馬場聖鍼堂 茨木市主原町
阪急茨木市駅から大阪方面へ徒歩10分ほど。

AD
2015-04-27 23:13:09

不妊治療専門鍼灸師★養成コース 最終セミナーでした

テーマ:脈診マスターへの道のり
和魂漢才鍼灸
岡井志帆です。


3月 第4日曜日、
不妊治療専門鍼灸師★養成コース
開催されましたエルモ


一年間、私が普段行っている臨床の
技術と知識
そのままお伝えしました。


みなさんの、レベルアップが
毎月、目に見えて右肩上がりでしたね。


最後の開催日は、
セミナー生であり
妊婦さんの身体をおかりして
妊婦さんの治療法
をお伝えしました。

妊婦さんへの治療を怖がっていては
いけません。

気をつける事をしっかり意識すれば
問題なく行えますキラキラ




実技では、
気分が悪くなったメンバーが出てしまいました。
施術をしていたメンバーは、
びっくりしてしまいましたね。

でも、これこそがセミナーの醍醐味です。


実際の臨床で、患者さんを悪くさせてしまったら・・・

そんな体験、誰だってしたくありません。
でも、復活の方法を知っていたら、
本番でそんな事が起こったときに、
キチンと対応できますよね。

患者さんが落ち着くまで寝かして、
帰す・・・

そんな臨床家になってはいけません。


鍼灸師は、最低限出来る事をすべきです。
もちろん、本当に鍼灸師の手に負えない場合は
すぐに手放す事は重要です。

ですが、なにも方法が思いつかないから
手放す・・

そんな鍼灸師になって欲しくないんです。


きちんと復活させて帰す。
そんな臨床家の姿を見てもらえたと
思います。



一年間、ありがとうございました。
一年後のみなさんは、
古典にも興味をもってもらえるようになり、
「どんな本がいいか?」とかすごい勢いで聞いてくれたり、
メンバー同士で本を回し合ったり、
とってもいい関係が出来たと思います。


鍼灸業界、狭い業界です。
ひとりでも多くの鍼灸師が
自信を持って臨床を頑張ってくれれば、
もっともっと業界自体が
盛り上がっていくでしょう。

ともに頑張りましょう花

来年も、よろしくお願い致します




最後に、みなさんの感想をのせておきますね。





tententen(きらきら)☆☆
一年間ありがとうございました。
次女を出産してから、久々の復帰でしたが
素敵な仲間に出会え、また多くのことを
学べて充実した1年でした。
あとは、実践するのみなので
今年は多いに臨床をやりたいなと思います。
また4月からもよろしくお願いします。

          ー臨床家 M先生ー

tententen(ハート)☆☆
漢方の質問を受ける事もおおかったので、
細かくわけて勉強したらいい事がわかったので
よかったです。
治療はまだまだ勉強不足だけれど、
少し復習したらわかることも多く、
しかも不思議と復習した事が治療に使える患者さんが多く
いました。わかったら使えるというより、使いたくなる。
新しい患者さんが増え、引き寄せの法則だな~と
思います。

          ー臨床家 K先生ー 

tententen(きらきら)☆☆
一年間お世話になりました。
ありがとうございました。
とりあえず、数をこなす事が大事です。
患者さんの前でも対応できる度胸がつきました。

          ー臨床家 H先生ー

tententen(きらきら)☆☆
鍼灸治療をやめよう・・そう思いながらきました。
でも、やっぱりやります。
そんな一日でした。
また、4月からよろしくお願いします。

          ー臨床家 ー

tententen(ハート)☆☆
一年間受講して、学校では学んでいないこと、
臨床ですぐに使える事を教えていただくことが
出来ました。
実際に4月から、数名の患者さんがご懐妊されて、
施術でも、会話しやすくなりました。
ありがとうございます。

          ー臨床家 S先生ー

tententen(きらきら)☆☆
一年間ありがとうございました。
途中挫折しかけましたが、
なんとかやりとげてよかったです。
今後ぜひ活用して、
患者様にいかしたいです。

          ー臨床家 M先生ー

tententen(きらきら)☆☆
最後にして、一連の流れで実技が出来ました。
まだまだだと感じたので、引き続きレベルアップ
めざして頑張っていこうと思います。

          ー臨床家 S先生ー

tententen(ハート)☆☆
一年間お世話になリました。
ありがとうございました。
とりあえず、数をこなす事が大事です。
患者さんの前でも、対応できる度胸が
つきました。

          ー臨床家 ー


和魂漢才鍼灸
岡井志帆
AD
2015-03-12 12:53:46

治療は瞑想?

テーマ:【鍼灸の達人】への道のり
こんにちは。
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

昔、飲み会かどこかで
「治療中に腹式呼吸をすると良い。」と言ったら、
ものすごく驚かれた記憶があります。

その驚かれように、
私の方が逆に驚いた印象を覚えています(笑)


さて、治療中に腹式呼吸をする。

これは別段おかしなことではないと私は思います。

逆に治療中に呼吸を乱すこと。

こちらの方がよっぽど問題です。

『素問』にも「医は病まず」とあるように
治療家は“平”の状態であるのが理想です。

呼吸が乱れると、経脈を流れる気が乱れるのは
素問・霊枢・難経に書かれてある通り。

素霊難に書かれてなくとも
呼吸(=いき)が乱れること自体、
その人の心身を乱れさせる要因になることは
簡単に想像できることでしょう。

“いき”が乱れた治療家の治療を受ける患者さんのことを想像すると
呼吸が乱れたままで治療すべきか
呼吸を意識的にコントロールしながら治療すべきか
答えを出すまでもありません。


さて、治療中に腹式呼吸をする…といっても、
ごく自然に行います。

何秒息を吸って、何秒息を止めて、何秒息を吐いて…

といったキッチリしたお作法通りの腹式呼吸ではありません。
なので、普通に会話もしますし。

いってみれば“我流”の腹式呼吸です。

硬い呼吸は心身を硬くします。

頭が固くならないように、
呼吸も自由にコントロールしないといけません。


なので状況によっては、
一瞬だけ腹式呼吸をすることもあります。

理想はリズムを崩さない呼吸なのでしょうが
そうも言ってられません。

意識するべきポイントは、呼吸の数や長さ、
つまり“型”ではなく、呼吸の目的です。

気を滞りなく行らせるために呼吸を調えるのです。

また、身体の表面だけでなく、
身体の奥・内側の動きにも目を向ける必要があります。

私たち、鍼灸師は身体の表面も、深い面も
陰陽の両方を診るお仕事です。

陰陽をみるということは、
自身の身体の陰陽(表裏)を知らないといけません。

治療の流れの中で、
相手の陰陽を把握しながら、自身の陰陽を観る。

このように複数層にわたって意識を向けるという点では
ろうそくの炎をみることも良いかと思います。

上に載せた写真は自院の各治療ベッドの近くに置いてある
岩塩ランプ+蝋燭(ろうそく)です。

ろうそくの炎を見つめる瞑想法もあるみたいです。

今どきは“キャンドル・メディテーション”という
お洒落な呼び方もあるようですね。

炎を見つめること、治療中でもします。
もちろん、一瞬だけです。

一瞬だけで呼吸を調え、一瞬だけ炎をみて
心体を合わせる。

瞑想のような作業ですね。

身体の内側に意識を向けるという点では、
ろうそくの炎に意識を向けることはなかなか良い手段だと思います。
AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇