脈診&伝統鍼灸のセミナー情報~ by 和魂漢才鍼灸


【気口九道脈診】を覚えると脈診の世界が広がります。
伝統聖鍼流 『凡人ができる達人の治療法 伝統鍼灸を学ぼう会』-バナー体験談 伝統聖鍼流 『凡人ができる達人の治療法 伝統鍼灸を学ぼう会』-資料請求バナー02 ひらめき電球無料特典付きビックリマーク資料請求はコチラ!≫
和魂漢才鍼灸(わこんかんさいしんきゅう)では
脈診の技術を習得に力を入れています。

当会では、気口九道(きこうきゅうどう)脈診を基礎に
難経系の脈診など、多くの脈診法を習得、使いこなすことで
伝統医学の診断技術&治療の精度を確実にレベルアップさせます!

『脈診をマスターしたい!』という方
『脈診が難しい…』という方

ぜひ当会の脈診技術を学んでみませんか?

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-12-14 12:35:56

人迎氣口脈診と… in 関東支部セミナー

テーマ:脈診マスターへの道のり
皆さん、こんにちは!
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

先週は東京にて恒例の関東支部セミナーを開催しました。

前日の気口九道脈診講座から、
引き続き参加してくださったメンバーもいて
充実の時間を過ごすことができました。


 ↑【脈診の練習風景です】↓


12月のテーマは 気口九道脈診人迎気口脈診の併用です。

人迎気口の脈診を知っている方は多いかと思います。

この脈診で知ることができるのは

チェック人迎=外因
チェック気口=内因

です。

私たちが鍼灸を使って治療しようとする際、知りたいのは・・・

“今、体が何をしたいのか?”です。

よく言いますよね。

『私たちは病気を治しているのではない。』
『病気を治すお手伝いをしているのだ』
…と。

この言葉のとおり実行したいのなら、
把握しないといけないことは次の二点です。


“体はどのような手段で治癒させたいのか?”

まずはこの情報は必須です。

そして、この身体の望む治癒方法を把握し、治療を行うためには…

“病の方向性・ベクトル”を知らねばなりません。

なぜなら、これが分からないと、治療にならないからです。


相手の手伝って欲しい内容とその方法が分からないままだと、
お手伝いはできないですよね。



さて・・・

気口九道脈診は、病んだ箇所は端的に把握することは得意なのですが…
方向性を明確に知るには、少し難しいと言えます。

その弱点を補う方法のひとつが、人迎氣口脈診なのですね。


そんな内容を図にすると・・・次のような写真になります。



あえてボカシています。
どうしても気になる人は実際に参加した方に聞いてみてくださいね。
AD
2014-11-12 21:50:16

チュウカン・中脘の使い勝手

テーマ:【鍼灸の達人】への道のり
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

今回はブログ記事は経穴ネタです。

私は中脘を治療でよく使います。

いろんな用途で使えるなー…としみじみ思える経穴ですね。

中脘といえば、任脈上の経穴ですが
腑会穴でもあり、胃の募穴でもあります。

この胃の募穴というのがポイントです。

腑というのは、臓より浅く、経より深いものととらえています。

そして、経脈の流注を見直せば…
十二経の始まり手太陰肺経は“中焦から起こる”とされています。

これは鍼灸学校でも、一年目に習うことではないでしょうか?


さて、この肺経の出発点として記述されている中焦について…
滑壽さんは中焦を胃中脘としてとらえているようです。

胃の中脘から水穀の気を受けて、十二正経の脈気が運行を始める…

…と、このようなイメージを持つことができますね。


これは『素問』の五臓別論第十一にある

 五味は口から入る。
 胃に蔵して、五臓の気を養う。
 氣口はまた太陰なり。
 五臓六腑の気味、みな胃に於いて出る
 これが変じて氣口(脈のこと)にあらわれる。

と、このように
【飲食→水穀→胃→肺経→氣口(脈)】
といったつながりを解説しています。

脈診でいうところの“胃の氣”ですね。

胃は土であり、つちは中央に位置します。

中を大切にする…すなわち陰陽の交流を旨とする治療に
中脘穴はよく使う治療穴です。






AD
2014-11-10 21:22:58

関東支部セミナー11月

テーマ:関東支部のセミナー情報
こんにちは!
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

関東支部セミナーの報告もしなければ…ということで

毎月第1日曜日に定例開催しています。

気口九道脈診を軸に、他の脈診法や腹診・背候診を絡めて
総合的な診察ができる…そんな内容の勉強会をしています。

関東支部セミナー、まだまだ少人数ですが
なかなか良い雰囲気で毎月開催できています。

毎回、始発電車に乗るのも、苦痛に感じないのも
(通常、私は早起きが大の苦手)
参加してくれているメンバーの皆さんのおかげだな…
…と、しみじみ思える今日この頃です。



 氣口九道脈診の実技風景 和気藹々


 “脈診と背候診の組み合わせ”がテーマでした。

会場の照明のせいか…暗い写真ですが、
現場の雰囲気はすこぶる明るいですよ(^^)


12月の東京・脈診セミナーは2度開催されます。

12月6日…東洋医学コンソーシアムさんとのコラボ・脈診講座
 詳しくはコチラのブログ記事

12月7日…和魂漢才鍼灸・関東支部セミナーの定例開催日となります。

次回も脈診の知識と技術の向上を目指して!
しっかりと準備していきますね。

AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>