脈診&伝統鍼灸のセミナー情報~ by 和魂漢才鍼灸


【気口九道脈診】を覚えると脈診の世界が広がります。
伝統聖鍼流 『凡人ができる達人の治療法 伝統鍼灸を学ぼう会』-バナー体験談 伝統聖鍼流 『凡人ができる達人の治療法 伝統鍼灸を学ぼう会』-資料請求バナー02 ひらめき電球無料特典付きビックリマーク資料請求はコチラ!≫
和魂漢才鍼灸(わこんかんさいしんきゅう)では
脈診の技術を習得に力を入れています。

当会では、気口九道(きこうきゅうどう)脈診を基礎に
難経系の脈診など、多くの脈診法を習得、使いこなすことで
伝統医学の診断技術&治療の精度を確実にレベルアップさせます!

『脈診をマスターしたい!』という方
『脈診が難しい…』という方

ぜひ当会の脈診技術を学んでみませんか?

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-31 13:09:16

陽経で勝負!

テーマ:【鍼灸の達人】への道のり
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

昨日から『●●が勝負!』
・・・と、そんなネタが続きますが(^^;)

陽経で治療を完結できるということは…
身体の悪いモノ(=邪気)を追い出すことができるということ。

なので治療としては上々です。

病気の原因(邪気)を取り除くわけですから
いわゆる根本治療となります。

 ※もちろん これは一面的な観かたにはなるでしょうが…

身体から邪気を追い出す仕事を担当するのは
臓ではなく“腑”です。

臓の仕事は“蔵する”こと。
そして臓が貯蔵しているのは大切な大切な五神です。

かたや腑の仕事は、
体内に取り込んだ物を、消化・吸収・代謝することです。

大腸・小腸・胃・膀胱などがイメージしやすいでしょうね。

これらの腑のはたらきを使って
どのように邪気を追い出すかというと…

胃は吐瀉物
大腸は便
膀胱は尿

という形で邪気を排出します。

カゼを引いた時(とくに腸カゼとよばれるもの)に、
下痢や嘔吐が起こるのは、
このような身体の機能を駆使した結果だといえます。

でも、このルート(嘔吐・下痢)でワルモノを追い出すのは
身体に負担がかかりますね。

鍼灸院で治療後に嘔吐されても問題ですし…

なので、
もっと浅いところで勝負をかける方が良さそうです。

さらに腑よりも浅い場所でいうと…経絡ですね。

経の中でも特に浅い部位が陽経になります。
(絡は細かすぎるので、今回の内容では触れません)

なので、陽経から病気の原因を追い出すことができる…
そこまで治療の流れで持っていけたら上々!!なのです。

いわゆる現代日本人的な体質…を考えると
なかなか難しい治療プランではありますが…^^;




AD
2014-10-29 21:56:15

鍼は抜くときが勝負

テーマ:【鍼灸の達人】への道のり
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

鍼灸実技を見ていて思うこと。

『鍼は抜くときが大事』



あ、もちろん刺鍼の瞬間も大切です。

が、鍼灸学生のうちに多いのが・・・

刺鍼切皮に神経を集中するわりに
抜鍼の時は意外と軽い扱いだな…と。

(雑ではないんだけど)軽ーく抜いて、後揉法をして…と。

こんな流れで施術されるシーンをよく見かけます。


鍼を抜くときも意識を大切に…

むしろ、刺鍼時よりも気を重く鍼を扱うと良いかと思います。


なので、刺鍼と抜鍼を別の人がする…というのも
それぞれの意図・意識がバラバラになる可能性もあります。

この点も気をつけねば…と思うところです。

AD
2014-10-23 17:12:25

10月の“気口九道脉診セミナーpart2”

テーマ:脈診マスターへの道のり
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

先日の日曜日は、第3日曜日恒例の
≪和魂漢才鍼灸 ビギナーコース≫を開催しました。

10月のテーマは前回に引き続いて“脈診”

これまで紹介できなかった≪脈診の基礎≫と
気口九道脈診と脈状と症状≫について紹介しました。


 【脈診の基本についての講義風景】


 【脈診・基本実技の風景】


 【脈診の基本姿勢について指導】


  ≪10月ビギナーコースの体験談≫
鉛筆=====
今日、講義していただいて、
脈診から治療につなげる方法が少し分かってきたので
すっきりしました。

脈状がまだ分からないので勉強したいと思います。





鉛筆=====
診断力を身につけていきたいと思いました。
どうもありがとうございました。

脈の去・来の診かたが難しいと思いました。
もっと感覚を磨いていきたいです。


鉛筆=====
太陽膀胱経の実がとれにくかった。

気口九道の脈診の浮中沈を見るのが難しいです。





えんぴつ =====
奇経八脈を学んで脈の走行から治療した。
上手くいったので嬉しかった。
いよいよ治療っぽくなってきて、
難しく感じるやら楽しく感じるやら
ですが、
がんばっていこうと思います。




鉛筆=====
脈診の基礎的な話が聞けてわかりやすかったです。
今後に活かしやすいです。


鉛筆=====
脈については自分自身がよく分からなかったので、
避けていた部分がありましたが、

脈診の勉強をしている機会なので
慣れていくことでより治療の精度を上げていきたいと思います。




えんぴつ =====
脈状、腹診、背候診など、教わることが増えるたびに
治療穴の幅が広がっていくのが楽しいです。

どこの反応点が一番出ているのかを確認して、
しっかり効かせるように頑張っていきたいです。





脈診の基礎!!…とは言いながらも、
少しずつ脈診の濃いー話も増やしています。

なので、アンケートもいい感じで悩みの声も
チラホラ見受けられるようになりました。

勉強会なのですから、こんな日もないといけませんよね。

とはいえ、皆さんの悩み・迷いに対しては
限られた時間の中で、最大限お返事しましからね!


 【脈証の記録についてアドバイス】


 【気口九道脈診 特有の脈の診かたについて確認中】


和魂漢才鍼灸 ビギナーコースは

毎月、森ノ宮医療学園専門学校にて
第3日曜日の9:00~13:00に開催しています。

今年の予定は以下の通り。

 11月16日←新規の方が2名参加予定
 12月21日


まだまだ若葉マーク新規の申込みを受け付けています。

申し込み先はコチラのメールフォームからどうぞ!


1、件名『ビギナーコースの申込み』
2、ご氏名
3、当日のご連絡先

を明記のうえお申込みくださいね。
AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>