脈診&伝統鍼灸のセミナー情報~ by 和魂漢才鍼灸


【気口九道脈診】を覚えると脈診の世界が広がります。
伝統聖鍼流 『凡人ができる達人の治療法 伝統鍼灸を学ぼう会』-バナー体験談 伝統聖鍼流 『凡人ができる達人の治療法 伝統鍼灸を学ぼう会』-資料請求バナー02 ひらめき電球無料特典付きビックリマーク資料請求はコチラ!≫
和魂漢才鍼灸(わこんかんさいしんきゅう)では
脈診の技術を習得に力を入れています。

当会では、気口九道(きこうきゅうどう)脈診を基礎に
難経系の脈診など、多くの脈診法を習得、使いこなすことで
伝統医学の診断技術&治療の精度を確実にレベルアップさせます!

『脈診をマスターしたい!』という方
『脈診が難しい…』という方

ぜひ当会の脈診技術を学んでみませんか?

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-08-01 08:59:00

治療家の呼吸

テーマ:脈診マスターへの道のり
こんにちは!
夢のお告げを受けた足立です(笑)

そんな夢の話とも少し関係するかもしれませんが
治療家は人一倍、健康に気をつけなればいけませんね。

なぜなら、通常に比べると病める人と接触頻度が高い日々を送っています。

言いかえると病気の影響を受けやすい条件を持っているということです。


さて、東洋医学に従事する者のみならず
一般の方でもよく知られている健康法に
“呼吸法”があります。

いわゆる腹式呼吸です。

気功・腹式呼吸・調息・吐納法・・・
いろいろな呼び方があり、
いろいろな方法があります。

我われ鍼灸師の中でも実践している方は多いのではないでしょうか?


さて、私は普段の臨床の中で
鍼灸師の治療を行うこともありますが…

その時に感じることのひとつが

【溜め込みすぎない方がよさそう…】ということ。


というのも、治療家は基本的に屋内で仕事します。

外に発する行為が少ない職種です。


それに加えて、相手に共感しようとする傾向が強いため
結果的に、内に引き込むベクトルが強いと言えます。

共感の第一歩には傾聴があります。

相手を受け入れ・許容する作業があるため
方向として内向的な気の動きになるのです。

…と、これは治療家の一般論であり
鍼灸・あん摩といった治療法は、これ以上に
患者さんとの呼吸・気を合わせることに意識を向けることを大事とします。


加えて、日々の疲れ・虚労もあるため
つい呼吸法も“吐”よりも“納”に力を入れがちになるのでしょうが…

やはり出すことも大事です。

でないと濁氣の蓄積が増える一方になる…と考えるからです。


理想的に“出す”方法は、健康的に汗をかくこと。

それが無理なら、呼吸法も溜め込む一辺倒の
“納”にばかり力を入れずに
“吐”にも意識を向けること。

そうすることで陰陽のバランスが調います。

汗にせよ吐納にせよ、上手に皮膚を使うことがポイントだと考えます。

ということで、私も自身の健康にも目を向けて
日々精進したいと思います。

PR
2014-07-27 17:27:21

『このままだと●●で死ぬよ…』と、言われたので(^^;)

テーマ:【鍼灸の達人】への道のり
皆さん、こんにちは!
和魂漢才鍼灸の足立繁久です。

今回は唐突になんか不穏なタイトルを書いてしまいましたが
最近、私が言われたセリフです。

というか、夢の中で言われたことなのですが・・・

『なーんだ、夢オチか~』って思った方、お騒がせしてスミマセン。

でも、なかなかリアルな感じもあって印象深いものです。

というのも、夢の中で脈を診られての診断でしたから(笑)


なんか、とっても若い男子…?
なんともいえない妙な若さの年ごろの人でした。

膏肓の逸話に出てくる豎子って、こんな感じなのかな…?

起き抜けにボーッと考えたりしてました。

なので、夢のお告げと前向きに受け止めて
診断に従ってコツコツと自分に治療していこうと思います。

さて、関東脈診セミナーまであと少し!

しっかりと準備を煮詰めていきます!

和魂漢才鍼灸・関東支部セミナーの情報はコチラ!
PR
2014-07-17 17:16:42

関東支部セミナー・第一期生募集のお知らせ

テーマ:脈診マスターへの道のり
ワクワクしながら脈診を学べる

脈が分かれば治療の手立てが分かります!

脈に触れること=人の命を知ること
…そんな感性を磨きましょう



”や“経絡”という目に見えないものを相手に治療する…
鍼灸師には、確かな治療のよりどころが必要です。
私たち和魂漢才鍼灸はこのように考え脈診の普及に力を注いでいます。

『脈診を習ったことはあるけど…結局よく分からなかった…』

『本当に脈診って使えるの?』

『六部定位が使えるし、これで十分なのでは?』

脈診そのものに疑問や不安を感じる人、そして…

新しく脈診法を学ぶのに必要性を感じない人もいるでしょう。

しかし、新しい脈診=新しい視点を手に入れることは
大きなメリットをもたらします。

単純に技術的なメリットもありますが、
考え方が変わる…という大きなメリットがあります。

表現を変えると…一面的な見かたをしなくなる。ということです。

脈診というひとつの技術を冷静に多角的に観ること。

複数の脈の診かたを学ぶことで、
自信を深めていった鍼灸師の先生はこれまで何人もいます。

『何種類の脈診を学べるのか?』

これはとても気になるポイントでしょうが、後ほど紹介するとして・・・
まずは実際に当会で脈診を学んだ先生の体験談を紹介しましょう。


【脈診治療家だ!と自信が持てるように…】

「脈診の技術を習得したい!」

この思いから私はこのセミナーに参加しました。


私はその当時、別のセミナーにも参加しており、
脈診をベースとして治療を行うものだったのですが、
そこで習った脈診の習得法は曖昧すぎて自分では納得できないものでした。

そんな時に和魂漢才鍼灸のセミナーを知りました。

まず「素人だってマスターできる脈診習得法!」という言葉に興味をそそられました。
「脈診は難しい」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

私自身もそうでした。そんなに簡単なら受けてみようかなという気持ちになり、
そして、「全●●種の脈診法」という言葉を発見しました。

恥ずかしながら脈診といえば六部定位しか知らなかった自分にとって、
「そんなにあるの?」という素直な気持ちと、
知りたいという興味が一気に湧いてきました。

これはもう受けるしかないと思い、すぐさま申し込んでいる自分がいました。

一年間の脈診セミナーを受けてきましたが、
この一年で自分の治療が大きく変わったと感じています。

まだまだ、完璧に使いこなせているとは言えませんが、
脈診をどう治療に活かせるのかというのが少しずつ分かってきました。

人の状態を診る上で脈診は欠かせないものだと思います。

「自分は脈診治療家だ!」と心から自信を持って言えるよう、
日々努力を続けていきたいと思います。

【現在、東京にて開業・N先生】





今まで学生時代を含め、古典に全く興味がなく、見向きもしなかった私。
今、一年間の講義を受講し終えて、
一年前とは全く違った自分になっていることにただ驚いている毎日です。

あれだけ古典に興味がなかった私が、
毎晩難経を読み、脈を診るのが日課になっています。


 【M先生はご夫婦でセミナーに参加している】

もともと『脈診を習得して、使いこなせるようになりたい!』
という憧れは学生時代からもってはいました。

でも『難しいし、熟練者じゃないとできないもの…』という先入観があり、
脈診の習得は半ば諦めていました。

そんな中、この初級の脈診コースのセミナー募集を見て、正直驚きました。

『誰にでも分かる脈診と熟練しないと分からない脈がある』
『何事も順番・ステップが大事!』

と書いてありました。
どんなことをやるにおいても、かならず基礎があって応用がある・・・・
『なら、私も脈を診れるようになるんじゃないか???』
半ば諦めていた夢が開けてきた感じがして、すぐに受講申し込みました。

最初の頃はついていくのにいっぱいいっぱいで、
『本当に大丈夫かな…』と、不安になるときもありました。

でも、先生方の講義に対する熱意、そして古典への情熱溢れる思いを
毎回のセミナーで感じ、私たち受講者もいつの間にか古典を自然と受け入れ、
脈診をしながら、配穴を出せるようになるまでなっていました。

そしてこのコースを受講して一番、自分自身が成長したと感じたことがありました。

それは、私の主人が高熱を出し、寝込んだ時がありました。

熱を測ったら、39℃近くあるのですが、汗はかいておらず、
体に熱がこもった状態でかなりまずい状態でした。

今までの私なら、すぐに病院に連れていきました。

でも、やれるだけのことをやろうと思い、
無我夢中で脈を診て、自分で配穴を出して、
今もっている最大限の力を発揮して治療をしました。

そしてしばらくしたら、
主人がいっぱい汗をかき始め、熱も徐々に下がり始めました。

このとき、改めて古典の可能性を感じ、
もっともっと古典を極めたいと強く思いました。


脈診を習得したいと考えている先生方、
ぜひ一年間通して受講してみてください。

私はあれだけ苦手だった脈診が、
今は好きで仕方がありません。

脈診を通して、以前の私にはなかった“発想力”が身に付き、
自然と配穴が浮かぶようになりました。

私自身も発展途上で、まだまだですが、
これからも古典を通して多くの事を学んでいきたいと思っています。

【愛知県・A.M.先生】



と、以上のような手応えを感じてくれています。

さて、ここまで読んでいただいたあなたが気になるのは次のポイントでしょう。

チェックセミナーでは脈診を何種類学べるの?

チェック学んだ脈診を実際どのように活かす?




『八十一難経を学ぶと…
  その難の数だけ脈診法があるのが分かる』


このような言葉を私はお師匠から聴いたことがあります。

つまり一難~八十一難…81通りの角度で脈診を理解することができるのですね。

さすがに当セミナーで、すべてを紹介することはできませんが
当会の脈診エッセンスの部分を厳選して紹介します。


【厳選された脈診の講義】

しかも内容的には『難経』でいうと、
十難以上の内容を盛り込んでいます。

慣れない人にも分かりやすく、使いやすくするための工夫した結果が
この脈診カリキュラムです。

関東セミナー開催記念☆特別料金として
8月に限り18,000円→16,000円とさせていただいています。

今後、関東でのセミナー活動を定期的に開催する予定です。

ひいては、その第一期メンバーとして参加してくださる方への
優待価格となります。

《和魂漢才鍼灸・関東支部セミナー》へのお申込みはコチラのメールフォームから・・・


①件名【和魂漢才鍼灸・関東支部セミナー】
②ご氏名
③ご連絡先
を明記の上、セミナー申込みをしてください。


今まで、関東在住の鍼灸師の先生方から、
次のようなご質問・お問合せをいただいていました。

「脈診の基本からじっくりと学びたい」
「脈診に力を入れたセミナーの定期的な開催を希望します」
「関東でも脈診セミナーの開かないのですか?」

そんな声をお受けし続けた経緯もあり、
このたび関東での『和魂漢才鍼灸・関東支部セミナー』を開催する運びとなりました。

私たち和魂漢才鍼灸としては、脈診の習得を通じて、
伝統鍼灸の質を向上し、鍼灸治療そのものの水準を上げる。
ひいては、鍼灸治療や鍼灸師のイメージアップにつなげる。

と、セミナー活動を通じて、このような目標を持っています。

治療業界では、近年さまざまなスタイルの治療技術が発展・活躍しています。

この現象は非常に好ましいことだと個人的には思っています。


そして、伝統的な鍼灸治療を実践する者として、
私たちも今まで以上に技の研鑽と知識を深めていく必要があります。

オリジナリティを追究していくと“ブランド”になります。

伝統銀灸を深め、他の治療家にはマネできない治療技術を手に入れる…

このような鍼灸師としてのあり方に魅力を感じませんか?

もし、魅力を感じたなら、脈診の習得を通じて
一緒に伝統医学の深めていきましょう!

あなたのご参加、心より歓迎いたします。
PR

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>