伝統技法研究社 祥雲(山梨仏具店) ~職人さんのブログ~

山車の木彫・幕・うるし塗り・山車人形・寺院仏具を作っています。大正後期から三代続く職人集団です。


テーマ:

こんにちは、祥雲です。

 

愛知県は尾張横須賀北町さまの山車「楓童車」改修工事、いよいよ始まりました。

 

文政九年(1826年)建造

高さ約六.八メートル、重さ約五トンの市指定文化財です。

 

※山車といえばユネスコ(国際連合教育科学文化機関)無形文化遺産に「山・鉾・屋台行事」として登録される見通しとなり、いっそう注目を集めそうです(2016/11/30)。

 

工事に先立ち、祥雲の法被を着て

御魂抜きの神事に参列させて頂きました。

 

今日は屋台を安全に解体し、

静岡の工場まで無事に

持って帰ることが唯一最大の仕事です。

 

まずは、一番上の屋根を外します。

屋台蔵上の電動ウインチに屋根を

まるごと吊り上げます。

斗組(ますぐみ)の上から外せました。

 

彫刻を取り外します。

屋根自体は昭和後期に一度修理をしたそうですが、L字金具やらビスやらでガチガチに打ってあり、時間がかかりました。

 

屋根を持ち上げ、山車をいったん外に出し

降ろしていきます。

ゆっくりゆ~~っくり、慎重な作業です。

 

安全に降ろすことができました。

屋根も傷みが激しく、下手に持つと

バラけそうな状況です。

 

屋根が下りた姿。

これからが解体の本番です。

 

上高欄の取り外しですが、

先ほどの屋根が乗っていた柱を

乗り越えて前へ下ろしていきます。

 

よっこいしょという声が聞こえてきそうな感じですね。

 

以前の修理でかなりガッチガチに固定されていたので取り外しに大変苦労しました。

 

本来の高欄はほぞ穴に入っているだけなので全体を均等に持ち上げれば取れるはずなのですが、対症療法的に修理してしまうと、こういう時に大変です。

 

彫刻の取り外しと番付、写真撮影、

胴山の解体全て並行して行います。

 

取り外した彫刻は

山車蔵の二階で撮影を行います。

 

彫師、瀬川治助の銘もありました。

 

素晴らしい彫刻です。

眼は仏像と同じく玉眼嵌入(ぎょくがんかんにゅう)

 

順々に材料を下ろしていきます。

胴山は近年修理をしていないのため、順調に進んでいきます。

 

これは上山の柱です。

とても重い材料でヒノキではなさそうでしたが、サクラでしょうか。

 

正面向かって左側の一番奥の柱です。

非常に複雑な仕事です。設計図のようなものは当時あったんでしょうかね。

それにしても紙吹雪はこんなに隅まで入り込んでいるんですね。

 

残すは主な柱と貫(ぬき)です。

正直、一日で終わるか微妙でしたが

なんとか暗くなるまでに目途が付きそうです。

 

最後の一本を外し、台輪と車輪だけになりました。

車輪を外し、山車蔵へ収納、台輪はトラックへ積んで完了です

 

お掃除をして、山車蔵をきれいに。

町内の皆さまには山車とのしばしの別れになりますがきっちり仕上げてお戻しします。

 

おっとっと、最後にこのがんばってくれた

電動ウインチの回収を忘れずに

 

暗くなりましたが午後6時ごろ

朝の8時にスタートして約10時間で終えました。

 

北町組の皆さまには朝から最後までご指導、お手伝いを頂き大変助かりました。

つたない部分もあったかと思いますが、改めてお礼を申し上げます。

 

また、改修の様子はフェイスブックやこのブログでお伝えしていきたいと思います。

 

 

祥雲

 

☎ 山車の修理・改修・幕や漆塗り なんでも お気軽にお電話ください ☎

電話  0548-22-0818

FAX  0548-22-5164

MAIL:yamanasi@viola.ocn.ne.jp

※お電話は「山梨仏具店」でご対応させていただいております。

 

★公式サイト

  静波伝統技法研究社

    → http://shizunami.jp/

  山梨仏具店

    → http://yamanashi-butsugu.com/

  木彫刻 祥雲

    → http://chokoku.com/

★facebook page

    → https://www.facebook.com/chokokusyoun/

 

【助成金について】

 山車の修理などには、市町村や文化庁などの助成金が利用できる場合があります。

 必ずもらえる訳ではありませんが、書類作成のお手伝いをさせて頂いております。

 お気軽にご相談ください。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、祥雲です。

10月15、16日の2日間

埼玉県川越市で川越祭りが行われました。

 

彫刻・台輪(轅:ながえ)・上四方幕を製作させて頂いた

旭町三丁目「信綱の山車」です。

 

この四方幕は「二十八宿」という東洋の星座を

デザインしたもので、赤羅紗に金糸で星座を入れ

雲と朝日(旭町に因んで)が入っています。

 

ちなみに先日の内覧会の写真ですが

並べてみるとこういう絵図となります。

 

台輪(轅)部分です。

木地呂漆で、塗ったばかりの頃(一年前)はもっと黒かったのですが

透き色になってきて、色合いに深みが増し木目が浮き出てきました。

朱も、安っぽい色にはならず、落ち着いた色になりました。

 

最初の塗りです。かなり違うでしょ。

5年かけて味わいが出るのが漆の良いところです。

耐久性も普通のウレタン塗装とは比較にならないくらい強靭です。

今に残るお寺や文化財を見れば一目瞭然ですね。

 

彫らせて頂いた彫刻も先日取り付けました。

町内の方からも「あるとないとじゃえらい違いだね!」的な

おほめの言葉をたくさんもらいました。ありがとうございました。

 

川越の山車の特徴といえばこの廻り台ですね。

他町の山車と会った時にはこの回転台まわして正対させて

お互いのお囃子を披露しあう「ひっかわせ」が行われます。

まつりの見所です。

 

夜は異常に混みました。

100万人くらいいるかと思ったら、どうやら115万人だそうで

想像を超える怒涛の人波に都会のおそろしさを感じました。

 

将棋倒しになるんじゃないかとビビった時もありました。

目の前に小さな子どもがいたので、倒れないようにガードしながら人波を

やっと抜ける・・・そんな感じです。

 

規模もさることながら色とりどりの山車がいたる箇所にいて飽きません。

お囃子の音もそこら中から響いてきます。

 

また川越で何かお仕事をさせていただければいいなぁと

思いながら、静岡への帰路につきました。

 

祥雲

 

 

お気軽にお電話ください ☎

 

電話  0548-22-0818

FAX  0548-22-5164

MAIL:yamanasi@viola.ocn.ne.jp

※お電話は「山梨仏具店」でご対応させていただいております。

 

★公式サイト

  静波伝統技法研究社 → http://shizunami.jp/

  山梨仏具店 → http://yamanashi-butsugu.com/

  木彫刻 祥雲 → http://chokoku.com/

★facebook page → https://www.facebook.com/chokokusyoun/

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、祥雲です。

磐田市の高栄社さまの新しい山車幕「キバタン図」が完成しました。
さっそくですが、それではどうぞ!


じゃん!



すっごく写実的で繊細だと思いませんか!?(自画自賛)

キバタンとはオウムの仲間で日本にはいません。
主にオーストラリアに棲息している大型のオウムです。

ぜひ着目して頂きたいのは羽やくちばしの糸色の「ぼかし」です。





いくつかの色糸を使い、撚り方や色の比率を変えながら
グラデーションを出すことが「ぼかし」です。

これが1色の糸だったとしたら・・・のっぺりして
幼稚園児の絵か、パソコンのペイントソフトのようになってしまうことでしょう!



全体図です。
オウムが豪華な止まり木に乗っています。この構図は
見覚えのある方もいるかもしれませんね。

止まり木の両端にある緑色のものが「えさ箱」と「水箱」です




ちょっと近づいて見てみてください

・・・・・

・・・・

・・・

・・




このグラデーションは他の縫い方と違います。
これは相良(さがら)刺繍という技法で
絨毯のようにループを作りながら縫いつぶしていきます。

だから非常に手間がかかりますが、仕上がりはご覧の通り
とても美しくなります。







この金色の部分は、実物だと金具にあたります。
なので繊維の上から金泥を塗り、より金属感を出す工夫をしています。





磐田市の高栄社さまの山車は、昨年までは白山神社のお祭りとして
単独で曳き回しされていましたが、今年からは磐田市で最も大きな府八幡宮例大祭
に参加することになりました。
この幕も、ぜひたくさんの方に近くでみてもらいたいです。


幕の新調や修理など、デザインから取り付けまで行います。
予算に合わせていろいろな提案ができますので、お気軽にご相談ください。



祥雲




お気軽にお電話ください ☎
電話  0548-22-0818
FAX  0548-22-5164
yamanasi@viola.ocn.ne.jp
※お電話は「山梨仏具店」でご対応させていただいております。

★公式サイト


  静波伝統技法研究社 → http://shizunami.jp/


  山梨仏具店 → http://yamanashi-butsugu.com/


  木彫刻 祥雲 → http://chokoku.com/


★facebook page → https://www.facebook.com/chokokusyoun/




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、祥雲(山梨仏具店)です。

御前崎市のお寺「釣月院」様の須弥壇です。
今回は保存修理し、取付工事を行いました。



取り付け作業開始前です。
最初に取り外した時には、トメ(角の部分)も外れていて
傷んでいる部分も多かったですが、補修して
木地も直しました。

これから写真億の壁(来迎壁)につけていきますので
一番下の框を上にして積んであります。



一段目です。
ただ置いているのではなく、左右にある丸柱(来迎柱)と須弥壇の曲線が
嵌まるように設置(突き付け)します。



こんな感じで柱は欠いてあります。
300年以上前の人の仕事です。そう思うと、スゴイですね。



水平を出しながら二段目、三段目と積み重ねていきます。



このトメがそろわないと、須弥壇の美しさはでませんね。



下段が終わると、束を立て、幕板(彫刻)を入れます。





束の断面です。
加工も見事ですね。



束の上から上段が始まります。



一番上の框です。ここに天板を入れますが、
それで終わりではありません。



中には格段に内側から構造材として
非常にたくさん束を立てて強度を出します。
長期間、重量がかかっても沈んだり、傾いたりしないためです。
ある意味、これが一番重要です。

傾いてしまえば、トメの部分などの固定している部分に
ずっと力がかかってしまうので、やがて全体が壊れていって
しまうからです。



ということで、完成です。



正面です。
須弥壇上のケヤキのひな壇も弊社の製作です。



側面です。
彫刻はかなり欠損して無くなっていましたが
後補し、彩色してあります。



厨子や灯篭を乗せて元の姿になります。

なお、この須弥壇は漆塗りです。
今回は少し補彩しましたが、元々の下地がしっかりしていたので
ほとんど直していません。

天和年間の(1681~83)須弥壇ですので、
300年以上の時が経っているわけですが
途中で塗りなおしているとしても、この高温多湿の日本で
平成の今まで残っているということは本当にすごいことですね。

ここまで丈夫な塗料というのは他に無いと思います。
漆は最強の天然塗料ですね。




祥雲




★公式サイト


  静波伝統技法研究社 → http://shizunami.jp/


  山梨仏具店 → http://yamanashi-butsugu.com/


  木彫刻 祥雲 → http://chokoku.com/


★facebook page → https://www.facebook.com/chokokusyoun/


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、祥雲です。



去る25日の日曜日に、長野県大町市へ


若一王子神社例祭奉祝祭へ行ってきました。


(★「わかいち」 ではなく 「にゃくいち」 です)




信濃大町駅です。


駅は100年の歴史があります。


戦前から続くダム工事などの電力開発事業で発展してきた町です。


写真に映っているのがお稚児さんの射手です。


お化粧をして、立派な馬に乗って町内を練り歩きます。





町内にこういう的が何ヵ所かあるので、


これを子ども用の弓と矢で射って回ります。


たまに外して、変なところに飛んでいくこともありますが


大人が大きなうちわを持っていて後ろに飛ばないように


ガードしているので安心です。





汚水のマンホールもさすが、ライチョウです。


大町は水がきれいで美味しいので、


汚水すら飲めそうな勢いですね。





こちらが大町で一番有名な大黒町舞台(=山車)


素晴らしい立川流の彫刻が入っています。





特に目を引くのが舞台前方の持ち送りです。


大きさ、勢い、技術すべて目を見張るものがあります。





龍を正面から見てみると、


少しゆがんだようになっています。


人が見る位置を考えて彫られているようです。






写真下の金具も立派です。


曲線に合わせて作られていて、金メッキかと


思いきや金箔をきちっと押してありました。





漆も被膜に厚みのある重厚感ある


マッスル仕上げになっています。





力神も後方の梶棒を支え、2つ入っています。


この筋肉と眼力が力強さを物語ります。





さて、こちらは別の舞台ですが


さすが大町、ライチョウの彫が入っています。



ライチョウはハイマツの木の中に巣をつくりますので


この木もハイマツっぽいですね。





夜になると、標高が高いからか、ぐっと暗くなります。


王子神社境内に舞台6台が入り、お囃子を奉納します。





王子神社にはとても立派な塔があり、


幻想的な雰囲気です。



歴史もあり、とても素晴らしいお祭りだと思います。


ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。




祥雲


★公式サイト

  静波伝統技法研究社 → http://shizunami.jp/

  山梨仏具店 → http://yamanashi-butsugu.com/

  木彫刻 祥雲 → http://chokoku.com/

★facebook page → https://www.facebook.com/chokokusyoun/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。