歯周病で寿命が縮む!

テーマ:

歯周病は歯と歯茎の間の細菌によって炎症を起こす病気です。

初めは痛くもないので放っておく人も多いのですが、歯の土台となる骨が溶け出して最後には歯がグラグラになって抜歯することになってしまいます。

 

でも歯周病が怖いのはこれだけではなく、全身の様々な病気の原因になります。

 

一つは誤嚥性肺炎

誤嚥というのは食べ物や唾液が食道ではなく気管や肺に入ってしまうことですが、この時一緒に歯周病菌やその他の細菌が入り込んで、肺に炎症が起きます。

 

2つ目はインフルエンザ

歯周病菌の作り出す物質(酵素)がウイルス感染や症状悪化を手助けします。

症状悪化を助ける酵素はタミフルやリレンザの効き目を妨げる働きもします。

 

3つ目は全身の炎症

歯周病菌やそれが出す物質、また、患部で作られた炎症物質が血液に乗って全身をめぐり、全身のあちこちで炎症を起こすなどの悪さをします。

これは歯周病に侵された歯茎は傷ついている状態なので、細菌や炎症物質が簡単に血管内に入ってしまうからです。

たとえ免疫機能で菌が血管内で死滅しても、死骸や毒素が炎症を起こします。

血管の中で炎症が起こることにより、動脈硬化も促進します。

動脈硬化の患部から歯周病菌が見つかることもあります。

血管の中で炎症が起こるので、血管疾患を発症しやすくなります。

 

その他、糖尿病でも歯周病の炎症物質がインスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させます。

 

また、肥満、関節リウマチ、アルツハイマー型認知症なども歯周病によって悪化する可能性が指摘されています。

 

AD

歯科技工所って知ってます?

テーマ:

歯科技工所とは歯医者さんから注文を受けて、お口の中の詰め物や被せ物などを製作するところです。

そういう詰め物や被せ物、入れ歯、ブリッジ、インプラント、歯列矯正装置などをまとめて「歯科技工物」と言います。

歯科技工所で技工物を製作する人は、国家資格を持った歯科技工士です。

 

例えば入れ歯を作る場合、

歯医者さんで歯型を取って、こういう入れ歯を作って欲しいという注文を出すと、歯科技工所で注文に合わせた入れ歯を作り、完成したらまた歯医者さんに送り、歯医者さんがその入れ歯を患者さんに合わせてみて調整します。

 

今ではデジタル化も進んでいて、歯型を取らないで3Dデータを取って(立体写真のようなもの)それを歯科医院から技工所に送り、自動で削り出す装置で削り出すということもできます。

(それにはそれなりの機械が必要なので、まだどこでもOKというわけにはいきません。)

 

今は技工士さんがどんどん減って、いい技工物を作れる人も減っています。

歯科医院では技術の優秀な歯科技工所と関わりを持ち、患者さんにも納得してもらえる仕事をしたいと思っています。

 

AD

シェフに同感

テーマ:

 

 

     

            『おいしい料理』

                と

           『すごくおいしい料理』

               の差は

        『想い』   『情熱』  があるかどうかです  

       その想いが結実した一皿が我々を『魅了』 します 

 

10月29日 日経新聞日曜版 シェフのお話として、載っていました。

歯科医の仕事も、同様の感性を求められます。

ただ治療をするか、一人一人の個性を尊重した治療をするかで、患者さんの満足度は、かなり差がつくと思います。

            

           『すごくいい治療』を目指します      

とあるセミナーで知り合ったドクターの紹介で、紹介していただいた糖質制限の本を何冊か読んでいます。

ご自分で糖質制限を実施しているそのドクターのお弁当はご飯無し、卵8つと果物や野菜のみ。

 

そこまで徹底的にはなかなかできないと思いますが、糖質制限、面白そうです。