キシリトールについて

テーマ:

こんばんはニコニコ

今回は虫歯の原因にならない甘味料
キシリトールについてお話しします!!

キシリトールは糖アルコールの中で最も甘く、
砂糖と同じ甘味度を持っています。
キシリトールは溶ける時に熱を奪うので、
口に含むとスーッとした冷たい感覚があります。


キシリトールを始めとする糖アルコールは、

虫歯の原因にはなりません。

糖アルコールからは、口の中で歯を溶かすほどの酸は作られないからです。

ソルビトールやマルチトールからは、

少量ですが歯垢(プラーク)中で酸ができますが、キシリトールからは酸は全くできません。

また、キシリトールの方が甘みが強いので、

その甘味により唾液も出やすくなります。

酸を作らないこと、唾液の分泌を刺激して

酸を中和すること。

これがキシリトールが虫歯の原因にならない理由です。

キシリトールには、

「虫歯の発生や進行を防ぐ」という、

特徴的な効果があります。

キシリトールをガムやタブレットの形で

一定期間以上口の中に入れると、

虫歯の原因となる歯垢が付きにくくなるだけでなく、歯の再石灰化を促し、歯を固くします。

さらに、キシリトールには、虫歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を弱める働きも持っています。

このような働きは、他の甘味料には見られない、キシリトールだけの効果です。


お口が寂しいときは

キシリトール配合のガムを噛むように

してみてはいかがでしょうか☺️?

{0813D00A-2DFC-4B6A-9A46-57EE9D1A1EC0}

受付 井上






AD