猫の飼い主責任を考える会

テーマ:

2月11日に行われた猫の飼い主責任を考える会に行ってきました!

 

 

ゲストは杉本彩なこともあり、

本当にたくさんの方が来られていて、関心の高さがわかりました!

 

猫の多頭崩壊の現場のお話は本当に悲惨で

胸が苦しくなる思いでした。

 

私が一番印象に残ったのが

ペット引き取り業者の話です。

 

最近は各市町村、殺処分ゼロを掲げ

保健所に持ち込まれた犬や猫の引き取りを拒否できるようになったため、

今まで保健所に持ち込まれていた、

ペットショップの売れ残りや

子供が産めなくなった繁殖犬や猫を引き取るという

新しいビジネスが生まれてしまっているということでした。

 

今まで保健所に持ち込まれていた動物たちがこういった業者に引き取られ、

遺棄されたり、殺されたり、病気などを隠して格安で販売されたりしているということでした。

 

ペットビジネスというものが存在する以上、必ずこうったことが

起こってしまうのだと改めて感じ、

ペットビジネス自体が変わるべき時にあると強く思いました。

そのために自分は何ができるのか。よく考えたいと思います。

 

また先日のブログにも書きましたが、

会場に来ている皆さん、また杉本彩さんもとても強くおっしゃっていましたが、

今の猫ブームが本当に怖いということ。

 

テレビを見ていても猫は犬と違って散歩がいらないから飼うのが楽。

トリミングがいらないからお金がかからない。

 

このようなうたい文句をとてもよく聞きます。

 

しかし猫は犬と違って人ではなく、家になつきます。

ですので、飼い主さんと一緒に旅行をしたり実家に帰省したりができません。

例外もありますがほとんどの子が家にいないと怖がるので、

ペットホテルに預けることも難しいです。

 

確かにトリミングはしなくてもいいかもしれませんが、

病気になったときなどは犬も猫も治療費は大変高額になります。

 

旅行に行けない、病院代が高い。

こんな理由で捨てられる子もいるのです。

 

また猫ブームにより、確実にペットショップの猫のコーナーが拡張されましたし、

猫専門店というお店も出てきました。

 

このブームが去ってしまったとき、この子達はどうなってしまうのかと

考えると大変怖いです。

 

猫に注目が集まる今だからこそ、

地域猫の現状、ペット業界の暗い部分、そういったことをたくさんの方に

知っていただき、人と動物が幸せに共存できる世の中にしたいです。

 

---------------------------------------------------

ブログご覧頂きありがとうございます上げ上げ竹内です。

うどん屋をしながらコウヤマキを使った口腔ケア商品

「デンタアプローチ」シリーズを販売しております!!



デンタアプローチHP:http://denta-rescue.com/

---------------------------------------------------

 

 

AD