伝世舎のブログ

日々是好日

『遺し、伝える』ことが伝世舎の理念です。


分析後、作品の状態によっては保存へのコンサルティング。


必要なものには現状を維持したまま次の時代に遺すために修復を。




伝世舎 


TEL  03-6666-1200


受付時間:10:00~18:00


http://www.denseisya.com/



テーマ:

 もう桜も開花して暖かくなってきましたが、少し前のお話しで恐縮です。年度末は何かと忙しく、ブログをまとめる時間がありませんでした。
 
 2月20、21日の2日間をかけて寒糊を煮ました。
 修理や表装で使う糊は生麩(正麩)という小麦粉澱粉を煮たものです。糊はその都度煮て使います。寒糊とは、冬の一番寒いときに煮た生麩糊のことを言います。それを瓶に入れて数年~10年くらい寝かせます。寝かせた糊を古糊と言います。古糊は、掛軸や巻物などの巻いたり広げたりするような柔軟性を必要とする表装作品の裏打ちに使います。
 長い間寝かせているので、もちろんカビが生じます。カビている部分を取って白っぽく残っている部分を使います。そのため、10年くらい経った糊の量は1/10くらいに減ってしまいます。とてもとても貴重な糊です。完成した古糊です。一瓶仕込んだものが、こんな量まで減りました。
 001 完成した古糊。

 糊は煮る直前まで、小麦粉澱粉を水に浸けて膨潤させておきます。ゲル状になっていて面白い感触です。水は精製水を使っています。
 これを鍋で約30分ほどかけてかき回しながら煮ていきます。なかなか疲れる作業です。
002 糊を煮ています。ただひたすらかき回します。

  出来上がりました。それを瓶に入れます。寒い時期に煮るのは熱々の糊が早く冷えるためです。
003 できあがった糊を瓶に移します。

004 紙で封をします。貼る糊は沢山あります。

  封印して冷暗所で寝かせます。次にカビの除去のために開けるときは1年後です。近くに100年を超すお屋敷があり、台所の床下をお借りしています。大丈夫ですよ、臭いは漏れません。
005 
以前の糊もチェックが済んだら封をします。

006 冷暗所で保存します。
 
 年によってカビの生じ方、臭いなども異なり、数年経ってみなければ良い古糊になるか分かりませんね。
 今年の寒糊も、良い古糊になりますように。

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 前回はサクションテーブルを自作する所までお話ししました。今回は実際にそれを使った作業についてお話しします。

 写真1セロハンテープの接着剤痕です。この接着剤痕は40年近く経過した状態です。テープは剥がれてしまっていますが、接着剤が残って、すでに茶色くなって硬化しています。さらに紙作品の裏面にまで浸透して、茶色い変色が分かります(写真4参照)。 そこでサクションテーブルの出番です。

1 写真1 紙作品に残ったテープ痕


 このやり方は、溶剤を使って接着剤を緩めて、吸い取り紙に吸着させる方法です。溶剤は浸透性が高いので、緩んだ接着剤が回りに広がって染みにならないように、吸引しながら処置を行います。
 まずは組み立てたサクションテーブルに吸い取り紙を置きます(写真2、3)。その上に、裏返しにした写真1の紙作品を乗せます。その時に、接着剤痕部分をテーブル中央の吸引器材の位置に合わせます。接着剤痕よりも大きい穴を開けたマイラーフィルムを乗せて準備完了です(写真4)
※緩んだ接着剤痕が直接吸い取り紙に吸着させるために、紙作品は裏返しにしています。

2 写真2 自家製サクションテーブル

 

3

写真3 テーブルに吸い取り紙を置く

4
 写真4 写真1の裏面。裏面にまで接着剤痕が浸透しているのが分かる。マイラーフィルムでカバーする。


 接着剤痕に溶剤を塗布します(写真5)。今回はアセトンを使いました。テープの種類や接着剤痕の状態によって、除去に有効な溶剤は異なります。そのため、試してから使う溶剤を決めます。

5 写真5 溶剤を塗布する


 溶剤が回りに広がらないように、サクションテーブルのスイッチを入れ、上からも吸い取り紙をあてがって溶剤を吸引します(写真6)。これを数回繰り返しながら作業を進めます。下に敷いた吸い取り紙に、溶剤で緩んだ接着剤が吸着しました(写真7)

6
 写真6 吸い取り紙を上からあてがい、溶剤を吸引

7
 写真7 吸い取り紙に吸着した接着剤痕

 今回の接着剤痕は長い時間が経っていたので、完全に除去するまでは難しかったのですが、ここまで軽減することができました(写真8)

8 写真8 写真1の処置後

 サクションテーブルを使っての接着剤痕除去の方法は、紙だけの作品には有効的ですが、パネルやボードの作品では厚みがあるため吸引できません。そのため、作品の状態によって処置方法を選択します。その上で作品への負担や影響が最小限に抑えて、処置を行うことが重要です。
 とは言え、このやっかいなテープ痕も軽減はできますので、何かの折にご相談頂ければと思っています。

 次回、古糊と寒糊煮についてお話しします。

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 前回、セロハンテープの接着剤痕が、いかにやっかいな代物かを説明しました。接着剤痕の状態によっては取り去ることは難しいですが、できるだけ軽減させています。
 除去する方法の一つに、「サクションテーブル」「溶剤」を使ったやり方があります。
 
 この「サクションテーブル」とは、紙作品の汚れや染み痕の洗浄等に使う器具で、水や溶剤を吸引しながら処置を行います。サクション(suction)とは吸引のことです。
 
 接着剤痕の除去は溶剤を使って接着剤を緩めて、他のものに吸着させる方法で行います。今回の処置では吸い取り紙に吸着させました。溶剤は浸透性が高いので、緩んだ接着剤が回りに広がって染みにならないように、「サクションテーブル」で吸引しながら処置を行います。
 実は、作品全体の処置をするような大きな「サクションテーブル」は、とても高価です。ただし、構造はシンプルですので、自作も可能です。伝世舎では、処置をする箇所が大きくないので、小さなサクションテーブルを自作しました。
 
 以前ある先生から、ガラス製の器材を分けて頂きました(写真1)。厚い皿状のガラス容器のような形のサイドに管が着いて、表面の白い部分は細かいガラスの粒子でできた層です。ガラス粒子の層は小さな隙間があって、水や溶剤、空気を通します。ここから吸引します。

 これを上手く使ってサクションテーブルを自作しました。意外と大げさな装置になってしまいましたが、その装置をご紹介します。 

01 写真1 テーブルとなる器材


 まず、紙作品を安全に置いて処置ができるテーブルを作ります。厚手の中性紙ボードに写真1の器材を入れる穴を空けます。高さを木材で調整して、ボードに固定します。吸引用のチューブが通るスペースを側面に空けておきます。(写真2)。

02写真2 自作したテーブル


 吸引するための真空ポンプ(写真3)と、吸引した水や溶剤を溜めるタンク(写真4)の装置を準備しました。
 色々と調べた結果、化学実験用の器材で、両方がセットになった「卓上型吸引システム」というものがありましたので、これを購入しました。フットスイッチ付きなのでON、OFFの切り替えも楽にできます。

03
 写真3 真空ポンプ   

04 
写真4 タンク

 これらを、チューブで繋ぎ、組み立ててサクションテーブルの完成です(写真5)。

05
 写真5 自作サクションテーブルの完成

 次回はこの装置を使って行った、セロハンテープ痕を軽減する処置についてお話しします。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。