豊橋市の鍼灸「伝馬町鍼灸院」

鍼灸を受けたことがない方でも安心して受けられます!豊橋の鍼灸「伝馬町鍼灸院」


テーマ:
こんにちは。豊橋市の伝馬町鍼灸院 院長の川添です。
 
久しぶりにブログ書きます。気づいてみれば、前回の投稿から2か月たってしまいました。
 
ブログを毎日更新される方がいますが、「すごーい」です!!!!!
 
ブログを通じてご自身の価値を常に高めておられる方々に敬服いたします。m(_ _)m
 
 
さて、二か月前の続きで今回は不眠症 その5回目、熟眠障害です。
 
熟眠障害は、睡眠時間はしっかり確保できているのに、しっかり眠った感覚が得られず、いつまでも寝床でぐずぐずしたり、起きてもだるさや、疲労感がある状態です。
 
熟眠障害に陥っている人は、たとえ10時間以上寝床にいても、「よく寝た」感覚がありません。
 
熟眠障害は量(時間)の問題ではなく、質(眠りの深さ)の問題です。
 
熟眠障害の人は、ノンレム(脳を休める深い眠り)睡眠が浅いか、ノンレム睡眠に陥る回数が少ないか、もしくはその人の思い込みがあります。
 
熟眠障害の要因には、加齢、ストレス、睡眠時無呼吸症候群などがありますが、やはりその人の思い込みが大きな要因です。
 
「健康を保つためには、睡眠を8時間とらなければ・・・。」と思いこんでいませんか?
 
個人差はありますが、成人で6~7時間の睡眠でよいといわれています。
 
必要な睡眠時間は、脳が調節していて、時間に固執する思い込みは、もっと眠らなければ、と思うほどドツボにはまります。
 
熟眠障害の人は、睡眠について「一定の時間」に固執せず、短い睡眠時間でも、深い眠りが可能だと、思い込みを変える必要があります。
 
量ではなく、質にこだわりを持ちましょう。
 
感謝

自律神経失調症・冷え症・慢性疲労でお悩みなら当鍼灸院にお越しください!

豊橋市の鍼灸 「伝馬町鍼灸院」

【初めての方でも安心して受けられます】

ご予約・お問い合わせはコチラよ

0532-63-6093

 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)