最近,本業が忙しく,このブログを全然書いていませんでした。

 マイクロソフトの,ワード2013(WORD 2013)で,何回か,急に,中国語フォントの

PMingLiU
SimSun

などにフォントが勝手に変更されてしまい,その後,

「ページレイアウト」 → 「ページ設定」 → 「フォント」の部分をいじったり,

文書全体を選択して,「ホーム」のタブの「フォント」の部分をいじったりしても,

 結局,改行キーを1回押しただけで中国語フォントに戻ってしまうという症状が何回か出ました。

 OSは,win8の64bitです。

 で,ネットで同じような症状を検索して,解決策を探したのですが,見つかりませんでした。

 そんな中,ワード2013の画面の左下を見ると,

 「中国語(台湾)」という文字が・・・

 ↓クリックで拡大

中国語(台湾)

 これが犯人でした。

 ここの「中国語(台湾)」」という表示を左クリック,

 「言語の選択」をクリックして,「中国語(台湾)」を「日本語」に変更すればOKで,

言語の選択
PMingLiU
SimSun

などの中国語フォントに勝手に変更になるという症状はなくなりました。

 ネットで調べても出てこなかったものが自己解決したので,ここに記載する次第です。

 今後はもう少しこのブログを書いていこうと思います。

 このブログ記事が役に立ったという方は,下の「にほんブログ村」と「人気ブログランキング」のクリックをお願いいたします。

 ワード2013で,英語又は南サーミ語になってしまう場合の対策はこちらです。
http://ameblo.jp/denki-kogaku/entry-12219783343.html


ブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ
にほんブログ村
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

弁理士 ブログランキングへ

マーケティング・経営 ブログランキングへ

その他サービス業 ブログランキングへ
AD

コメント(1)