同伴入隊考え中

テーマ:
もいた何日も前の記事ですが、記録用に

またまたmさんにお借りしましたm(._.)m

FTアイルランド"同伴入隊考え中、みな固く団結した姿すばらしくないですか?"


元記事


2007年のデビュー曲'恋煩い'でまさに彗星のように登場したバンドFTアイルランド(チェ・ジョンフン、イ・ホンギ、李ジェジン、チェ・ミンファン、ソン・スンヒョン)がさらに強烈なロックに戻った。 そのどの時より自分たちのカラーが多く付いているアルバムであり、それでもっと愛着があるというFTアイルランドからは成熟という香りが漂ってた。

FTアイルランドは18日六番目の正規アルバム'`Where`s the truth?’'を発表した。 自分たちを襲っている偏見と誤解に対抗して真実を求めるという意味を盛り込んだ今回のアルバムには、洗練されたサウンドのハードロックジャンルタイトル曲'Take Me Now’をはじめ、メンバー全員がボーカルに参加した'ワンダフル・ライフ'と'We are''など果敢な挑戦の記録が盛り込まれている。

#偏見と誤解に対抗して真実を訪れると言われた。 どんな偏見に苦しんでいるか。

ミンフヮン"大衆性のあるバンドとしてスタートし、これまでボーカル中心の曲をしたが、そのため、バンドだがその道を進むのが正しいかという考えがたくさん出た。 さらに、周りの人たちも大衆的な曲を作ってこそ、人気も出て簡単に進むことができると言った時もあった。 そうしてみたらあまり良くなかった。 韓国だけの色がついているバンドになりたいのに偏見のために難しかった。 それで今度は誰かが教えてくれということでなく、我々自らが真実を探そうという考えた。"

#もっと強烈になったハードロックだ。 会社では今回のアルバムに対してどのような反応を見せるか。
ジョンフン"昨年のアルバムを、会社では支援をだけ行うことにした。(笑)'恋煩い'でデビューしたが、その歌がうまくいってそれに対する延長線の感じでそのような音楽を継続してきた。 その中、韓国が本当に望む方向とは離れていた。 その後、5、6年目になった時申し上げてた。 幼い頃日本ではインディーズバンド生活をする時曲も書き、その曲で活動していた。 そんな記憶もあってそのころ私たちが希望する音楽をすると述べた。 その以後、様々な試行錯誤もあったが、いまは会社でもしたいことを求めている。 私たちの音楽をするときまでずっと我慢して時を待った。"

#もうデビュー10年目のバンドだ。 ある瞬間から強烈なロックの色が強い。
ジェジ"昨年発表した'I WILL''アルバムがターニングポイントになったようだ。 アルバムはその歌手には歴史なんだどう見れば、FTアイルランドの姿が盛り込まれている本当の歴史は昨年発表したアルバムからじゃないかと思う。 昨年が我々には最も大きなターニングポイントになった。"
ミンフヮン"昨年から私たちが私たちの音楽を自ら作られたので、私たちには、今回は本当に2番目のアルバムがないかと思う。 今回のアルバムではミュージックビデオまですべて関与して私たち心の中ではFTアイルランド2集という考えをしている。"

#よく所属会社FNCエンターテインメント(以下、FNC)の話が出ている。 FNCとFTアイルランドはどのような関係にあるか気になる。 最近、Vアプリで会社にさびしさを吐露し、ファンの心配を買ったりした。
ホンギ"FNCは支援者であり、支持者だ。 どうしても憎らしい情、きれいな情全て受けた。 他の会社の友達はどう過ごしているか分からないけど、私は幼いころこの会社でオーディションを受けに来た時からずっとこのようなキャラクターだった。 その時から言うべきことはすべて言った。最も大きく会社に話したのは会社では継続してやりたい事を話すのに私はなぜ気に入らない事をしなければならないのか分からなかった。納得が行かなかったので一言述べた。 私はこの会社に夢を任せるいるのでこの会社は私の夢を遂げ、かつ、それによって様々な利益を得るんじゃないかという話をしたのだ。 事実メンバーが不満があったら私に責任をかつがせてしまう部分がある。(笑)事実Vアプリでそのような話をしたのはいつもいつも何があったらお祝いするをすると言っているのに今回は本当に誰からも連絡が来なくて不満を言った。 ところがわかってみるとあの時会社に大きなことがあった。"

#FTアイルランドはいつもFNCの代表グループだった。 ところがその後CNBLUEもデビューしてAOAも活動して、代表グループの座を明け渡したのではないかという印象を受けた。
スンヒョンさん"FNCの代表グループがなりたくない。(笑)後ろに下がっているのが楽だ。 私たちがしたいことは大韓民国の代表バンドになるんだね、あえてFNCの代表になりたいわけではない。(笑)"

#実は、バンドがこんなに大衆的にたくさんの愛を受けてこんなに長い間活動をしている場合も探しにくい。 そんなほど、大衆たちがこれだけは分かってもらえたらいいなと思ったことがあるようだ。
ジョンフン"初めてアイドルバンドとして生まれ、今このような姿で活動している。 海外でも活発に活動し、少なくと韓国にこのようなバンドがいるということをもっと多くの国に知らせなかったのかみたい。"
ジェジ"もう男性ファンもたくさんできた。 歓声が本当に独特だ。 8月に国内のコンサートを控えている。 私たちはいつもどの国で公演をしていた夏と冬を指摘する。 夏には完全に壊して冬には感性的な歌を混ぜたりする。 今度の公演も元気に汗を流すような公演にしたい。 昨年のアルバムを発表し韓国も信じられないが、新しいファンたちが現れた。 ファン層が本当に多様だ。 30、40代のファンたちも公演場で本当に楽しく遊んで男ファンが多くなって公演場の雰囲気も本当に変わった。 太い声で私たちの名前を呼んでくれる時その気持ちというのは!!"

#アイドルバンドとしてスタートしたとした。 今はどうか。 まだそんな事を言う人たちを見ればちょっと残念な気持ちが入らないかと思う。
ミンフヮン"最近のアイドルと言うことを聞くのが大好きだ。 3年前までも大嫌いだったのに...アイドルという10代の偶像を言うのではないのか。 10代の偶像になるには、望ましく、格好よくてそんな面があるべきだが、私たちはそうことができない。 私たちは自由に過ごす方だ。 ところで今はアイドルといえば何かシャバンシャバンハた感じもあるし、本当に嬉しい。(笑)"

#アイドルであるに行動の制約が少しいたのか。
ホンギ"以前は喫煙場所でさえタバコを吸う事ができなくした。 そんなのがとても嫌だった。 私も大人なのだが酒、タバコを行うことも、そんな写真が掲載され可能性もあるが、ところでそれが議論になった。 そんなのがとても嫌でした。"

#でも他のグループに比べて自由に生きたと言いますが、大きな問題になりそうなことはなかった。
ホンギ"法は守ろうと述べた。(笑)その立った中で自由に活動した。 運も良く受け入れていた。(笑)"

#いつまでバンド活動をできるだろうかという考えをして見たことがあるのだろうか。
ジェジ"私たちは一応50代までを目標にしている。元々バンドは年を取ったほうが重厚な魅力が感じられるのではないのか。(笑)お酒を飲みながらこのような話をしたりするが、ジョンフンはバンドとして生まれてきてとてもいいと言っていた。 私たち五人がよく団結すれば、長くできるのではないかと思う。 練習生の時たくさん喧嘩して今は戦いまでよく行かない"

#もうみんな入隊を控えている。 同伴入隊に対する考えもしてみたことがあるなら、公開してほしい。
ホンギ"同伴入隊も考えている。 それが上手くできないことはできるが、同伴入隊をして出たらすぐに活動するのが私たち同士、考えしている部分だ。 いっしょに行かないと胸が痛そうだ。 私たちはバンドとした人が抜けば公演ができない。 そう思うと、長くして、4年ほど何もできないこともあるんではないか。 それではその4年間、楽器を熱心にすることも減少してファンたち会う日も減ってしまうからバンドや音楽をする人としてその期間の間、損害が増える可能性もある。 五人で一緒にいるのがあるようだ。"

#ないのではなく、こんなに5人で一丸となった姿が本当にいいだ。 長い間、本人らの色を盛り込んだ音楽で多くの人に長く愛されることを応援する。
スンヒョンさん"私たちは徐々にロックジャンルのために走ってな! 1位の欲?ないです!!!!"
 


昼休み中なので、上記事コメント出来ず。

サイン会の写真だけお借りして貼っておくね!

ジェジか天使みたいガーベラ

出所、画像内
{7773535B-880D-4099-89AB-4A58C93998AD}

{50AF752E-C388-4268-8CDC-A86A79EDC2DD}

{073B2355-C1B6-46FE-91F5-454788451A51}

ミナリくんは食!

{CBA63E93-4B87-47A5-8D7E-A73F68D63FE8}

{91302223-FC63-4D1B-98BE-AB9064DE5E7D}

{FB9BEB90-36A2-42D8-9D4C-05EF3D4612FF}

{2E84A3FB-7F58-40C2-A81C-2694652A8AB7}

{DC93D496-7D91-4C94-943C-52C527AAD13E}

{7DD49F93-D8D3-445D-B2B6-FD3EC15D652D}

ホンギくんは撮りがいがあるねニコニコ

{A72D2102-A7EB-4E75-8136-837753367A83}

{7EFC87B9-D1C4-4350-93B2-22601A32BB1A}

{9DB63BF4-BA66-4C0D-8D29-FED44C498E00}

{B2B61D70-9CF0-4184-A440-8692B65C1A9E}

{31378189-68F7-4AE8-A07E-F96461869F5B}

{2A554619-2A51-429E-BC5B-8F9DE8A499A1}

{9577E171-6BFA-4805-838F-A843EB705144}

{E64D2BD2-3FFD-43BD-A0D6-51CEDF4FCA06}

{20E4E848-636F-4345-899A-7167767BE336}

{DAC55F1C-D941-4965-BF8D-04DE50F9E726}

{4FBCE328-6173-4335-ADD4-452127DF4404}

{865EEC0C-12BC-4F34-BB7F-1597BD811B20}

{B018D1E5-BE0B-4107-88D7-03B03A56D7ED}

{3007FF9D-A647-432A-BAA2-EB4455D04021}

{2FED06E4-E343-4329-A4A0-0C36201C45EB}






AD