紙 短 情 長

私、比良坂蒐が日々の雑感や趣味の小説を書き綴っていくブログです。
書きたいことはたくさんあっても書ききれないです。

NEW !
テーマ:
アニメ版「スターダストクルセイダース」第36話を観ました。
今回はエジプト編で最後のコメディ回。あの「1番よりNo.2」の男がまたまた登場します!

――
最強の凸凹コンビ誕生!?
かつて承太郎達と対面したスタンド使いホル・ホースは、エジプトに渡ってきていた。DIOの下にマライアとアレッシーの敗北を報告しにやって来た彼はDIOの冷淡な態度を目の当たりにして激怒し、DIOの暗殺を試みるが、逆に彼のスタンド能力の前に圧倒される。
後のないホル・ホースは今度こそ承太郎一行を仕留めるため、あるスタンド使いとコンビを組む。そのスタンド使いとは、以前アスワンで承太郎達を襲撃したあのオインゴ・ボインゴ兄弟の弟・ボインゴだった!
――
今回は「DIOを撃つ!?」のエピソードから始まります。このエピソードは原作とは異なり、今回の冒頭部に挟まれることになりました。
青い火が灯った蝋燭に照らされる暗い書斎、映画的で不気味な風景です。顔の見えないDIOの威圧感や不気味さもよく表現されていました。
DIOが読んでいた挿絵入りのあの本、何だったんでしょう。個人的には第6部の「14の言葉」への伏線がこの場面で出るだろうかと思っていたのですが違いましたね。

場面は変わり、カイロ。ホル・ホースは今度こそ承太郎一行を仕留めるため、以前登場したオインゴ・ボインゴ兄弟の弟ボインゴとコンビを組むことにします。
ここからは緊張感のあった冒頭部とは打って変わって笑いっぱなしでした。ボインゴの乗り物酔いに始まり、トト神の訳分からん予言に突っ込みを入れながらもそれを実行するホル・ホース、ポルナレフとのやり取りなどなど。
最後のギャグ回とあって見ているこちらも思いっきり楽しめる演出になっていましたね。
それにしてもポルナレフ、敵を察知するの早いな(その分、単独行動をとってピンチに陥る確率も高いのですが)。ホル・ホースを発見してから彼を抑えこむまでの場面、何気にかっこよかったです。

ホル・ホースのトト神へのツッコミもおかしかったですが、ラストの「鼻の穴に指を突っ込みーの」で更に爆笑。鼻の穴に指を突っ込まれたポルナレフの変顔にも笑いましたが、「こっからどうすりゃいいんだよ!」というホル・ホースのツッコミも更に笑えました。確かにこれがどう承太郎達を倒すのに繋がるのかわかりませんもんね。
実は、この行動がこの後意外な形で「承太郎達を倒す」予言へ繋がっていくことになるのですが…それは次回のお楽しみ。

そして、また出た特殊エンディングテーマ! 以前オインゴ・ボインゴ兄弟の回放送後に予想されていた通り、「アク役◇協奏曲」のボインゴ&ホル・ホース版が流れました。ホル・ホース役の木内秀信さんの歌声、結構渋いなあ。

次回は「ホル・ホースとボインゴ」の後半部。ようやく軌道に乗り始めた凸凹コンビは今度こそ承太郎達を仕留められるのか? そして承太郎達はどうなってしまうのか?
次回も楽しみです!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:
「ユリ熊嵐」最終話を観ました。
この作品も遂に今回が見納め。謎と暗喩に満ちた「ユリ」と「熊」の物語はどんな結末を迎えるのでしょうか…?

透明な嵐に混じらず戦い続けた二人が、最後に見つけたものは――


物語は、るるが斃れた翌日から始まります。
蝶子達に捕まった銀子は、紅羽の目の前で処刑されようとしていました。
蝶子達から悪だと糾弾される紅羽を守るため、「その子は友達じゃない、私は紅羽を食べに来た」と紅羽を突き放そうとする銀子。
しかし、紅羽は彼女一人が犠牲になることを許しませんでした。
自ら立ち上がり、銀子の下へ向かう紅羽。それでもなお彼女を突き放そうとする銀子は、遂に生徒達の前でクマの姿を現します。
それと同時に、紅羽は自分が「大切な友達」だった銀子のことを忘れたその理由を思い出していました。

自分がクマと仲良くしていたことがバレて他の子供達から「排除」されたあの日、自分が「ユリ裁判」の法廷に立ち、「銀子をヒトの女の子にしてあげてほしい」と願ったことを。
そしてその時、自分もまた「銀子へのスキ」を手放していたことを。


紅羽は序盤の時とは違い、自分の意志で断絶のコートへ続くあの階段を下りて行きました。
そして場面は、第10話と前回のラストシーン――紅羽がユリ裁判にかけられている場面へと繋がっていきます。
まず最初に鳥肌が立ったのがこの場面でした。こう繋がっていくのか!とただただ驚かされっぱなしでした、ええ。
紅羽は銀子のことを想って彼女を人間にしてほしいと願った、しかしそれは「傲慢」でもあった…他人の為を想って願ったことのはずが身勝手な願いだった、という重い展開。以前銀子がジャッジメンズ達から言われていたこととも重なりますね…。

全てを思い出した紅羽は自分の罪を認め、自ら透明な嵐へと飛び込みます。大切な友達・銀子を救うために。
その時、学園に流れ星が降り注ぎ、姿を取り戻した女神クマリアが降り立ちます。
その姿は何と――!!
最大のネタバレになるので詳しくは書きませんが、鳥肌が立つと同時に声を上げて驚きました。「そういうことだったの!?」と。
しかし女神クマリアが「あの子」と同一人物だったとすると、その性質は「クマリア」の名の由来と思われる聖母マリアではなくイエス・キリストに近いような気がします。(ネタバレ)一度死んだ者が甦ったというのは諸にキリストの復活と重なりますし、「罪を負った者を救う」のもキリストの「救い主」の側面と重なりますし。
この場面で現れた女神クマリアが紅羽の目には「あの子」の姿で見えていたと考えると、解釈は違うものになってきますが…。
また、ここでジャッジメンズの正体も明らかに。「それで銀子と紅羽を試していたのか」と納得すると同時に、ここから絵本の結末へオーバーラップしていく演出、そして断絶の壁の模様が「ともだちの扉」と同じ模様に変わっていく演出に鳥肌が止まりませんでした。


紅羽と銀子は絵本の結末と同じように「約束のキス」を交わし、女神クマリアに導かれていずこかへと旅立ちました。
その後も学園では「排除の儀」が変わらず行われますが、その中で一人の少女(殺熊光線車を操縦していた生徒)が中座し、捨てられたサイボーグこのみに手を差し伸べる――という場面で物語は幕を閉じます。
全体を変えることはできなかったが、銀子と紅羽の行動は確かに小さな影響―新たな「嵐」の種を残していったという印象的な結末でした。

そして、エンディング――ちくしょう、あれは反則だ。
まさかここであの姉弟を出すとは…。最後の最後まで印象的でした。


「ユリ熊嵐」の物語はこれにて完結!
「少女革命ウテナ」や「輪るピングドラム」よりも短い物語でしたが、その分内容がギュッとつまっており、最後まで目の離せないスピーディーな展開に引き込まれました。
ラストシーンも、先の二作品以上に印象的でした。重く深い物語でしたが、その分結末は安心できるものでしたし、何よりメインタイトルにもつながるラストシーンがグッときました。
幾原監督、素晴らしい作品をありがとうございました!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
もうすぐエイプリルフールですね。この時期になるとアニメの公式サイトで特別な演出がされたり、エイプリルフール限定のフリーゲームが配布されたりといろんなイベントが起こります。
今年はどんな限定フリーゲームが出るか楽しみです。「ジョジョ」や「ユリ熊嵐」の公式サイトでもエイプリルフール限定の演出あるかな?

エイプリルフールと言えば、去年のエイプリルフールに出た「セブンスコート」は凄いゲームでしたね…。今でも何回も読み返しています。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:


DIOの曲に「Caught In The Middle」っていうのがあるんだけど、「ユリ熊嵐」の断絶のコートの元ネタってこれなのかな。断絶のコートも「中立の場所」だし。
3/24 16:15

「あやかしよりまし」「あやかしよりまし逢魔」をプレイ。どちらも以前から気になっていた作品で、今日やっと読むことができました。どっちも私のツボにハマる話でした。
3/24 23:39

来週「名探偵コナン」の特番「コナンvs怪盗キッド」が再放送されます。もう何年も前にテレビで見た作品ですが、ずっともう一度見たいと思っていました。楽しみです!
3/25 17:38

iPhoneの壁紙、本日もダービー戦になぞらえてロック画面・ホーム画面共にポーカーセットの壁紙にしました。
3/25 23:27

今日初めてミルクセーキを作って飲みました。「武装ポーカー」の主人公が酒場でミルクセーキを飲んでいたのを思い出したので。ちなみに私は卵白をこさずに全部混ぜたので結構ぞんざいなつくりになってしまいましたが…
3/25 23:28

先週「ウルトラジャンプ」を購入した時に店頭でもらえるPANSON WORKSの缶バッジの抽選をやってきました。私が当てたのはスタープラチナとシルバーチャリオッツでした。
3/26 21:25

フリーゲーム「かみさまの心臓」をプレイ。予想以上に凄いゲームでした…。こんなに深い話だったとは。
3/27 23:49

#music Esbjorn Svenssom Trio「Goldwrap」。つい何度もリピートしてしまう曲です。
3/28 0:00

「少年ジャンプ+」にて復刻連載版「ジョジョ」を購読中。ジョナサン達の前に立ちはだかった今までにない屍生人。それは、悲劇の英雄として知られる二人の騎士・ブラフォードとタルカスだった!
3/29 14:10

今週から始まる朝ドラ「まれ」に大泉洋さんが出演されるそうです! 大泉さんが演じるのはヒロインのお父さん。以前見た「クイズバトル47」で主演の土屋太凰さんとのインタビューを見ましたが、何やらとても人間味のある役の様です。
3/29 15:05

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
アニメ版「スターダストクルセイダース」第35話を観ました。
今回はダービー戦・後半部。手に汗握るポーカー勝負から目が離せません!

――
ポーカーフェイスは崩れない。
承太郎達が出会ったギャンブラー・ダービーは、「勝負に負けた相手の魂を奪う能力」を持つスタンド使いだった。彼との勝負に敗れたポルナレフとジョセフが立て続けに魂を奪われ、承太郎は二人の魂を取り返すために自らダービーと勝負すると名乗り出る。
二人が勝負に選んだゲームは「ポーカー」。だが、ダービーは承太郎を確実に負かすために予想外のイカサマを仕掛けていた!
承太郎はこの勝負をどう切り抜けるのか?
――

取り敢えず一言。「めっちゃ面白かった!」
OVAに勝るとも劣らない見事な回でした。

ダービーがカードをシャッフルするところから既に緊迫感がありましたね。そのおかげで、セカンドディールが承太郎にバレて指を折られるところはビクッとしました。原作読んだ時から思っていたのですが、承太郎って結構手荒ですね…。

ダービーvs承太郎の心理戦も凄かった! ポーカーフェイスを全く崩さない承太郎と、逆に彼の考えを読み切れず徐々にポーカーフェイスが崩れていくダービーとの対比が面白いです。「レイズだと!?」の所の銀河さんの巻き舌もダービーが驚いている感じが出ていました。ただ、承太郎の喫煙に規制がかかっていたせいでちょっと変な感じになっていましたが…
しかし、花京院や母親の魂まで賭ける承太郎の豪胆さはスゲエ。17歳にしては肝が据わりすぎてますね。

ダービーが恐怖から老け込んでいく描写にも力が入っていましたね。最後に立ったまま気絶する直前のあの演出(鉛筆画が動いているような劇画風の演出)は思わず見入りました。
この回を見る前に荒木先生の初期作品「武装ポーカー」を読んでいたのですが、こちらもダービー戦のエピソード同様ハラハラする心理戦が繰り広げられていてなかなか面白かったです。これを踏まえたうえでダービー戦を見てみるとより一層面白く感じられます。

かくして、ダービーに辛勝した承太郎達。DIOの捜索はまだまだ続きます!

次回は「ホル・ホースとボインゴ」の前半部。「DIOを撃つ!?」もここに挟まれるようです。
あのホル・ホースがまたまた登場し、以前登場したスタンド使い・ボインゴと共に承太郎達を仕留めようと企みます。第3部では最後となるギャグ回なので、じっくり楽しみたいと思います。

次回も楽しみです!
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇