紙 短 情 長

私、比良坂蒐が日々の雑感や趣味の小説を書き綴っていくブログです。
書きたいことはたくさんあっても書ききれないです。


テーマ:
「ユリ熊嵐」第8話を観ました。
今回、物語の核の一つであった「紅羽の母の死」に関わる重大な事実が明かされます。
更に先が予想できない展開になってきました!

大事なものは「箱の中」へ

薄々予想はしていたのですが…箱仲ユリーカもまた「人に化けたクマ」でした!
ということは、前回薫を殺したのもやっぱり…。

明かされるユリーカの過去。
元々は人の世界に捨てられたクマであったユリーカは、「彼」という人物に拾われ育てられました。「彼」は嵐が丘学園の関係者(先代の学園長?)だったらしく、ユリーカは「彼」に保護された後学園の中で育てられました。
あの「遺影を入れる箱」の存在を教えたのも「彼」であり、ユリーカは「彼」の教えによって「大切なものは箱の中へしまう」という思想を身につけたようです。
そういえば、ユリーカの回想に出て来た「彼」は針島薫に似ていましたね。だから「彼」の面影がある薫と寝ていたのでしょうか。
ちなみに「彼」がハイヒールの踵を3回鳴らすのは、恐らく「オズの魔法使い」に出てくる魔法の靴の力を使うときの仕草だと思われます。

続いて明かされたのは、ユリーカと澪愛の過去。こちらもうすうす予想はついていたのですが、本当の母の仇は銀子ではなくユリーカの方だった。それも、自分の「スキ」を否定されたという誤解・澪愛を独り占めしたいという傲慢な想いから殺していた。
しかしユリーカはそれを伏せ、紅羽に「銀子こそが母親の仇」だというウソを吹き込んでいました…。
ペンダントが澪愛から銀子の下へ渡った理由もこの場面で明らかに。「ああ、銀子が奪ったとかじゃなかったのね」とホッとしましたが、直後のユリーカの独白でゾッとなりました。
そういえばこのペンダント、絵本「月の娘と森の娘」にも出て来ていますね。澪愛のペンダントが伏線になっていることは第1話で既に気付いていましたが、ここまで重要なキーアイテムになってくるとは予想していませんでした。

紅羽と母の写真が入っているあのオルゴールの中身が初めて映りました。
気になるのは現在銀子の手元にあるあのペンダントと同じ形のくぼみがあること。もしかして、オルゴールの中に何かが隠されていて、それを取り出すためのカギがあのペンダントだとか?
隠されているものは恐らく、絵本「月の娘と森の娘」の結末のページ。あの絵本は第6話の回想シーンでは「未完」とされていたのですが、第7話冒頭の回想シーンで未完だったはずのこの絵本にラストシーンのページがあったことが明かされていました。恐らく母が亡くなってから紅羽が純花に絵本を見せるまでの間に結末のページだけが何らかの理由で隠されたのだと考えられます。
となると、その理由も気になるところなのですが…

終盤、銀子が母の仇と誤解した紅羽は学校の屋上へ向かい、そこで待っていた銀子を撃とうとします。
自ら撃たれようとする銀子、それを止めに入ったるる、そして紅羽を更に唆しにかかるユリーカ。
屋上の場面では初となる「雨が降る」演出もあってか、ここはかなり緊張感のある場面でした。
そして最後には、あの絵本のカットが入り――
おお、ここであの絵本の「鏡を割る」場面と繋がるのか!

そしてCパート。るるは一体何を言ったのか。雷鳴で伏せられていた部分はなんだったのか。そしてそれを聞いた紅羽はなぜ逆上したのか。
そういえば、「銀子がなぜ純花を見殺しにしたのか」という謎がまだ明かされていません。もしかしてここに関わることを言ったのでしょうか?
最後に紅羽が銃口を向けた相手は銀子? それとも――

うーん、ますます先が予想できなくなってきました。残すは後4話ですが、果たしてここからどう展開していくのか。次回以降が楽しみです!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
アニメ版「スターダストクルセイダース」第31話を観ました。
今回はマライア戦の後半部。マライアのスタンド能力にかかったせいで散々な目に遭ったジョセフ達とアヴドゥルは、前回以上にとんでもない災難に見舞われることに!

CATCH ME IF YOU CAN!!(やれるもんならやってみなッ!)

敵のスタンド使い・マライアのスタンドによる罠にかかり、体に磁力を帯びてしまったジョセフ。更にアヴドゥルもマライアの罠にかかって磁力を帯びてしまったため、二人はマライアを追っている最中に互いの磁力で体がくっつき身動きが取れなくなってしまう。何とかしてくっついた体を引き剥がそうと悪戦苦闘する二人だったが、これが予期せぬピンチを次々に招く羽目になり!?


コメディと頭脳戦が入り混じったマライア戦・後半部。笑える所だけでなく、エンプレス戦に続いてジョセフの見事な機転で魅せるバトルも見所です。

まず冒頭の「前回のあらすじ」で爆笑。あのおばあちゃんのスカート捲ってしまう場面まで淹れる必要あったのか、あれ(笑)。
本編も笑いどころ満載でした。のっけからヤバいなあ、オイ。「体がくっついた」ことを利用した良いギャグですが、しかし…うーん…キツイ(笑)。
特に、いったん体が離れたところで死神13戦の悪夢世界で流れたあのBGMが流れた時はテレビの前で噴き出しました。スタッフさん、本当に音の使い方をよくわかっておられるわw
そしてあのおばあちゃんが出て来たところにBGMの転調する部分を合わせるスタッフさんの腕に敬礼ッ! いやあ、面白い。
私感ですが、こういうギャグって洋画っぽいですね。

すったもんだして何とか体を引き剥がせたジョセフ達でしたが、マライアの登場で事態は一変!
原作でこの場面を読んだ時は「えっ、どうすんの!?」とヒヤヒヤしましたが、この後出てくるマジシャンズレッドの能力を利用した見事な回避方法に唸らされました。
そしてあの「こっ このビチグソどもがァーッ!」のマライアの表情で爆笑。アニメ版ではこの直前に悔しがるマライアの可愛い表情でタメが入り、その後であの表情が出るという演出がなされました。
また、マライアが胸ポケットに仕込んでいた大量のナットを飛ばす場面もお色気たっぷり。それにしてもジョセフ…(笑)。

戦局は一転し、マライアのスタンドの特性を見抜いたジョセフはアヴドゥルと共に敵を挟み撃ちにする作戦に出ます。
この時アヴドゥルが焼き切った線路を背中にくっつけたままマライアを追っていくのですが…重くなかったんでしょうか。
また、アニメ版ではこの後でオリジナルの場面が挟まれていました。ポルナレフ、そんなにひどく言わないであげて(笑)。

ジョセフ達の体に色々な金属製品がくっついていくときの音楽も面白かった! 何だかコントみたいな光景でしたね。
そして…最後は再び追いつめられるも、ジョセフの見事な機転で決着ッ!
倒れたマライアが小さく「ビチグソが…」と言っているのも細かい。

最後は承太郎とポルナレフが立ち去った直後、次なる刺客・アレッシーが登場!
そして今回のエンドロールで、アレッシーの声を演じるのは小野坂昌也さんであることが正式に発表されました!
もうあちこちで予想されていましたが、小野坂さんはやっぱりアレッシー役で出られるんですね。今回のラストと次回予告でアレッシーの声が少しだけ聞けましたが、嫌味なキャラクターにピッタリの声でした。
声と言えば、今回のマライアの声も見事でしたね。「オホホホ」という笑い方や可愛らしい喋り方、激昂した時の声など、キャラクターにピッタリでした。

次回は承太郎&ポルナレフvsアレッシーのエピソード・前編。次回予告に出て来た子供ポルナレフの声、どこかで聞いたことがあるような…もしかして「キルラキル」の満艦飾又郎を演じた藤村歩さん?
次回もオインゴ・ボインゴ戦やアヌビス神戦、今回のマライア戦同様初めて映像化されるエピソードなので、どんな演出が入るか楽しみです。アレッシーが出てくるところはやっぱり怖く描いてほしいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
遅い報告になりますが、数日前に私の祖父が急逝しました。
突然の出来事だったのでまだショックが残っていますが、何とか立ち直りつつあります。
「突然倒れ、もう助からない」と知らせを受けた際には体が震えていましたが、それから覚悟が決まっていったのか少しずつ落ち着いてきました。

ここ数日間、ショックを紛らわそうといつも通りに過ごしていたものの、それでもやっぱり心は落ち着きませんでした。
それでも、何とか平常の状態へ戻りつつあります。
これから四十九日や初盆が来るたびに、祖父との思い出を思い出すことでしょう。
最近はめっきり会う機会が減っていましたが、それでも私にとっては大切な人でした。
今はただ、祖父の冥福を祈るばかりです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


「ユリ熊嵐」は今週からいよいよ後半部へ突入。あの絵本と重なる部分が出てきたり、銀子の「罪」が明かされたりと物語が大きく動き出すようです。
2/17 0:19

「セーラームーンCrystal」でちびうさの声を演じているのは、現在アニメ版「ジョジョ」第3部でイギーを演じている福圓美里さんだそうです。そういやちびうさもイギー並に生意気な子だった。
2/17 0:32

「ムラサキ」クリア。5面のある演出で思わず涙ぐみました…
2/17 20:39

「ムラサキ」追記。コレクションもだいぶ埋まってきて、ゲームのバックストーリーも少しずつ明らかになりつつあります。まさかここまで重いものだったとは…
2/17 20:39

大分先になりますが、「ジョジョ」第3部の放送日時が変更になるそうです。
2/17 23:30

iPhoneの壁紙、本日はロック画面が赤い背景に銀色の星柄の壁紙(マライアのイメージ)、ホーム画面が紫の背景に濃い紫の星柄の壁紙(ジョセフのイメージ)
2/18 9:51

ま!人生の終わりってのは、たいてーの場合、あっけない幕切れよのォー さよならの一言もなく死んでいくのが普通なんだろーねえー(「ジョジョの奇妙な冒険」第16巻より ホル・ホースのセリフ)
2/20 22:33

「ユリ熊嵐」第7話を見返していて気づいたこと。薫がいた黒いカーテンがある部屋、よく見たらカーテンの隙間からユリーカの部屋にあったあの引出し(死んだ生徒の写真を入れる引出し)が見えてる。ということは…
2/21 16:13

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
「ジョジョリオン」第40話を読みました。
今月号のウルジャンには付録としてPANSON WORKSのイギー&ザ・フールの缶バッジがついてきました。更に書店でウルジャン購入特典としてPANSON WORKSによる「スターダストクルセイダース」缶バッジの抽選が行われており、承太郎と花京院のバッジを当てることができました。
次号には定助とソフト・アンド・ウェットのバッジがついてくるそうです。


今回は康穂・つるぎコンビと大念寺山愛唱との戦いが本格的にスタート!
肉弾戦ではなくジョジョではすっかりおなじみとなった「頭を使う戦い」なのですが、これがめちゃくちゃ面白かった! ペーパー・ムーン・キングの「あらゆるものが同じデザインで見えるようになる力」をああ使うとは。
一方、愛唱の方も自分を尾行していた者がいたこと・しかもそれが「二人いる」事に気付きます。
更にこの場面で、愛唱が八木山夜露の下へ電話をかける描写が登場。やっぱり「スタジアムの再建」以外で関わりがあったのか、この二人! 間違いなくあの「果実」絡みでの関わりでしょうね。

それにしても康穂、だいぶペイズリー・パークの能力を使いこなしてきてますね。あの「二択のメール」はペイズリー・パークの能力によるものだったか…なるほど。
しかし今回、康穂は一度だけ時間切れでどちらも選べないという状況に陥ってしまいます。これが大ピンチを招くことに…。

そして、恐らく愛唱のものと思われる新しいスタンドが登場! 「相手の息の中から現れる小さな竜巻型のスタンド」で、竜巻の中には王冠のような頭と一つ目を持つ小さいスタンド像が隠れています。更にこの竜巻、相手を追尾して切り裂く機能も持っています。
おお、この能力、ワムウの「風の流法」や「神砂嵐」を思い出しますね。もし愛唱も「岩人間」なら、「岩人間」=「パラレルワールドでの柱の男」なのかも。最期に石化して死んだ夜露がサンタナのポジションなら、竜巻を操る能力を持つ愛唱はワムウのポジションでしょうか。となると、エシディシやカーズのポジションの岩人間も出てきそう。

うーん、なかなか面白かった! 次回も楽しみです。
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード