紙 短 情 長

私、比良坂蒐が日々の雑感や趣味の小説を書き綴っていくブログです。
書きたいことはたくさんあっても書ききれないです。


テーマ:
以前WOWOWで放送されていた映画「サンセット大通り」を見ました。
こういう「役者」や「タレント」を主役にした話って好きだなあ。今敏監督の「PERFECT BLUE」とか、岡村京子の「ヘルタースケルター」とか。

この映画でノーマの付き人を演じた役者の名前は「エリッヒ・フォン・シュトロハイム」。オーストリア出身の映画監督で、サイレント映画時代の三大巨匠とも呼ばれた偉人です。
ついでに言うと、彼は「熱砂の秘密」という映画でナチス・ドイツの将軍「エルヴィン・ロンメル」の役を演じています。
ちなみに「ジョジョの奇妙な冒険」第2部にも「シュトロハイム」という姓を持つナチス・ドイツの軍人が登場するのですが、「ナチス・ドイツの将軍を演じた映画監督」と同じ名前が彼についているのは偶然なんでしょうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
フリーゲーム「OFF」をやり始めてから、ハチさんの曲「パンダヒーロー」が私の中での「OFF」のイメージソングになりました。
歌詞の所々に野球の用語が出てくることと「OFF」の主人公が野球選手の格好をしていることが共通しているのと、「パンダヒーロー」の歌詞が何となく「OFF」のストーリーに沿っていると感じたので。

―――
彼岸花の綺麗な季節が続いていましたが、最近では金木犀も咲き始めましたね。
あちらこちらで甘いにおいが漂っています。
彼岸花は今年もきれいでした。一輪だけぽつんと咲いているのも好きですが、いくつも固まってわさわさと咲いているのも好きです。まるで花束のよう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
「なぜか『火』に縁のあるDIO」

「ジョジョの奇妙な冒険」28巻を読み終えた後でどうしても書きたくなったネタ。
以前言ったかもしれませんが、DIOって第1部の頃に3回も「火」を使って倒されてるんですよね。
1回目…ジョースター邸での戦闘。
炎上する館での戦闘の末に銅像に串刺しになり敗北。生存はしたものの大火傷を負う。
2回目…ウインドナイツ・ロットでの決戦。
気化冷凍法でジョナサンを追い詰めた際に「炎を手袋に放つ」という方法で気化冷凍法を破られた上、その手袋越しに波紋を流されて敗れる。
3回目…客船での最後の戦い。
ジョナサンの波紋で操られたワンチェンによってエンジンが爆破され船が炎上。ジョナサンの肉体を奪って棺(シェルター)に飛び込もうとするが、最期の力を振り絞ったジョナサンに抑え込まれ、船の沈没に巻き込まれる。
(この後、船が完全に沈没するまでの間にジョナサンの肉体を奪って棺に飛び込み100年後まで生存していた)

ちなみに先の展開のネタバレになりますが、第3部でもDIOは承太郎にガソリンをかけられ火を放たれそうになっています(頭を一部破壊されてダメージを負い逃げようとする場面より)。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
御嶽山の噴火のニュースを見て驚きました。
今夜のニュースはずっとこの話題で持ち切りでしたね…被害が大きくならないといいのですが。


話は変わりますが、大相撲の逸ノ城関すごいですね! 遠藤関を彷彿とさせる快進撃です。
身長192センチ・体重199キロってジョナサン・ジョースター並の巨漢ですね…随分背の高い人だとは思っていましたがまさかの190センチ超だったとは。
今日の白鵬関との取り組みも手に汗握る名勝負でしたね。来場所でもこんないい勝負が見てみたいです。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

海外の人が日本好きだと知ったときどう思う? ブログネタ:海外の人が日本好きだと知ったときどう思う? 参加中
本文はここから

そりゃもう嬉しいです。
日本の文化や日本で作られた物を海外の人が愛用し、その良さを見出してくれているというのは誇らしいです。
「和風総本家」の「世界で見つけたMade in Japan」の特集で海外の人々が日本製の道具を使っている所を見ると無条件に嬉しくなります。

漫画の話ではありますが、「ジョジョの奇妙な冒険」のモハメド・アヴドゥルも実は日本好きなんですよね。アニメオリジナルの茶室での場面や「心頭滅却すれば火もまた涼し」の意味を勘違いする場面は彼の日本好きな一面が伺えて面白かったです。





【Recolle】国を超えて共感!アメリカで話題のジブリへのオマージュアニメがジブリ愛に溢れている!
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード