紙 短 情 長

私「蒐」が日々の雑感や趣味の小説を書き綴っていくブログです。
書きたいことはたくさんあっても書ききれないです。


テーマ:


フリーゲーム「SAVE」、教団のアジト攻略まで進みました。MP回復アイテムをお店で買えないというシステムが難しいようで結構面白い。アイテムを入手するには雑魚敵を倒さないといけないから、レベル上げとアイテム集めを同時にこなせるんですね。
7/27 15:29

ショゴスかわいい! 元ネタではスライムのような不定形の生物とされているんですが、このゲームではイモムシの様な姿なんですね。…パワーアップしたら蝶の姿になったりするかな?
7/27 15:37

一人企画33日目。今日はテレンス・T・ダービー戦前半部に合わせてロック画面がドットで描かれたゲーム機やゲームソフトの壁紙(テレンスのイメージ)、ホーム画面がエメラルドグリーンの地に深緑色の星柄の壁紙(花京院のイメージ)
7/27 21:36

一人企画34日目。今日はテレンス・T・ダービー戦後半部に合わせてロック画面がドットで描かれたゲーム機やゲームソフトの壁紙(テレンスのイメージ)、ホーム画面が青い地に紺色の星柄の壁紙(承太郎のイメージ)
7/29 0:00

ちくしょう、また昨日のうちに投稿できなかったorz
7/29 0:36

この一人企画、ひょっとしたら50日行くかも…? いやいやまさか。
7/29 0:37

一人企画35日目。今日はヴァニラ・アイス戦前半部に合わせてロック画面が赤い地に朱色の星柄の壁紙(アヴドゥルのイメージ)、ホーム画面が臙脂色の星柄の壁紙(ヴァニラ・アイスのイメージ)
7/29 17:05

1部の終わり方はバッドエンドだと言われることがあるけれど、私はこれを「バッドエンド」とは思わない。こういう悲しいけれど最後に希望を感じさせる余韻が残る終わり方を私は「サッドエンド」と呼ぶ。
7/29 21:19

#music Peter Frampton「Day in the Sun」
7/29 21:23

久々にpixivで「鶏のから揚げ」さんのイラストを見てきました。いやー、相変わらずかわいい。そして笑える。
7/29 22:36

一人企画36日目。今日はヴァニラ・アイス戦中盤に合わせてロック画面が臙脂色の星柄の壁紙(ヴァニラ・アイスのイメージ)、ホーム画面がボストンテリアの写真の壁紙(イギーのイメージ)。ヴァニラ戦は沢山の血が流れたので、どうしても「赤」のイメージが付きまといます。
7/30 17:12

今日はブルームーンです。
7/31 10:52

というわけで、ブログデザインは満月が描かれた「夜空」です。
7/31 10:55

「東方紺珠伝」のジャケット画像と新スクリーンショットが公開されました。何やら竜宮城のような建物や凄いスペルカードなどが公開されています。「片翼の白鷺」の弾幕の形は蓬莱山輝夜が使っていたあのスペルカードに似ているような…?
7/31 11:11

一人企画37日目。今日はヴァニラ・アイス戦決着編に合わせてロック画面が銀色の地に青い星柄の壁紙(ポルナレフのイメージ)、ホーム画面がボストンテリアの写真の壁紙(イギーのイメージ)。
7/31 14:05

久々に「Cytus」をやったら新しいチャプターが解放されていました! かっこよくて素敵なアレンジ曲がいっぱい。隠し曲もさっそく一つ見つけました。
7/31 15:19

「ジョジョSC」2話を見返していて気づいた。オープニングの「白金で断つ~」の部分の絵、よく見ると石仮面が背後にある!
8/1 14:11

2話のDIOサイドの場面でエンヤ婆の横にいる人物、やっぱりヴァニラ・アイスっぽいなあ。ヌケサクはあそこまで大柄ではなかったし。別の人物という可能性もありますが…うーん。
8/1 14:17

スタープラチナがエメラルドスプラッシュでダメージ食らう所を見て思った。ようあれで内臓ズタボロにならずに済んだな、承太郎…(スタープラチナの胸、思いっきり抉られてたんですが)
8/1 14:24

一人企画37日目。今日はDIO登場の場面に合わせてロック画面が薄い黄色の地に黄色い星柄の壁紙(DIOのイメージ)、ホーム画面が金色のベゼルの壁紙(ザ・ワールドのイメージ)。ザ・ワールドは時を操るスタンドだからか、歯車やベゼルのイメージがあります。
8/1 15:14

ようやく「東方紺珠伝」体験版のウェブ配布が始まりました! という訳で早速ダウンロード中。
8/1 17:17

「東方紺珠伝」体験版をプレイしましたが、結構難しいですね。いきなりノーマルから始めるんじゃなかったとちょっと後悔。
8/1 23:26

「緋色の圧迫悪夢」…まさか「スティール・ボール・ラン」の『スカーレット』・ヴァレンタインの『圧迫祭』が由来じゃないよね。
8/1 23:26

「少年ジャンプ+」にて復刻連載中の「ジョジョの奇妙な冒険」は今週から第2部に突入! ジョナサンとディオの戦いから50年後、1938年のアメリカで石仮面の因縁が絡む新たな物語が始まります。
8/2 15:24

しまった、8月1日の一人企画は「38日目」だった。何かポカミス多いなこの頃orz
8/2 21:08

一人企画39日目。今日は「スージー・Q・ジョースター、娘に会いに来る」のエピソードにちなんでロック画面が星型の模様のあるキャンドルホルダーとキャンドルの壁紙(「希望の光」のイメージ)、ホーム画面が二つの星型キャンドルの壁紙(スージーQとホリィのイメージ)
8/2 21:08

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
獅子宮 2.君を燃やすのが僕ならよかった

―7月2日―

君を燃やすのが僕ならよかった。
僕がためらうことなく君を燃やしていれば、あんなことにはならずに済んだ。

――――――――――

昨日の事件は表向き通り魔事件として処理され、犯人は誤ってライターの火が自分の服に引火したのが元で全身に大やけどを負い死んだとされた。
――表向き。そう、『表向き』はそういう事件だった。


翌日、私は機関の本部にいた。
「犯人の致命傷になった火傷には不審な点があった。
 犯人はフルフェイスヘルメットをしていたにもかかわらず、頭部まで焼かれていた。しかも頭部は『ヘルメットの内側から』焼かれていたそうよ。これがどういうことかわかる?」
チームのリーダーの言葉に、私達はめいめい顔を見合わせる。
犯人の遺体に不審な点が見つかったと報告があったのは日付の変わる頃だった。
犯人は「事故死」したのではないと連絡を受けた時、私は昨日見た光景を思い出して愕然とした。
――ヘルメットの内側から噴き出してきた火。
服に火が引火して全身に回ったとして、『ヘルメットの中にまで』火が回る物だろうか?
畜生、長年警察の仕事から退いていたせいで頭が鈍っていやがる。一人心の中で毒づきながら私は口を開いた。
「『念力』によって体を焼かれた…ということでしょうか。」
念力による発火――『パイロキネシス』と呼ばれる超能力。
指定したものだけを燃やすことのできるその能力なら、多少不自然な形でも物を燃やすことができる。
例えば、ヘルメットをかぶっている人間の「ヘルメットの中の頭部」を焼くことも可能だ。
だが、それが意味するのは――
「その線が高いわね」
リーダーは一つ頷き、
「それで…少し、言いにくいのだけれど」
つ、と目線が移る。
他のメンバー達の目線もそれに合わせて動く。この場にいる、一人の少女の下へ。
その少女はいつもと変わらない無表情で、自分に視線が注がれていても全く動じていない。
「私が、疑われているのですか」
顔をしかめることもなく、少女は言った。
「…ええ。機関内の全てのパイロキネシス能力者に、今回の件への関与が疑われている。全員のアリバイを聞き出す事情聴取が順番に行われている所よ。
カンナ、貴方の所にもそのうち順番が回るはずだから、いつでも電話に出られるようにしておいて。」
「わかりました。」
少女――カンナは静かに一礼して再び机の上の書面に目を落とした。
――身内の中に犯人がいるかもしれない。
そんな些細な疑念が組織内に湧き上がるなんて、と私は信じられない思いだった。
これがどんどん広がっていって、デカい疑心暗鬼にならなければいいのだが。
小さな頭痛の種を残して会議は終了した。

――――――――――

男は闇の中にいた。
男は後悔していた。
昨日のやり取りが頭をよぎる。
『…できません。』
『何故?』
『それは…』
『あれがかつての身内だから?』
『……』
『ならいいわ、私がやる』
――君を燃やすのが僕ならよかった。
――僕があの時動いていれば、あんなことにはならずに済んだ。

――でも、君が無事でよかった。

男は、昨日の出来事に思いを馳せ、静かに涙を浮かべていた。
20年ぶりに再会した彼女は昔と全く違う姿になっていた。
脱色したような白に近い色の髪に、黄色を帯びた茶色の瞳。
中身も変わってしまっているのだろうか。
20年前、自分の話を真摯に訊き、上司の暴言を我が事のように怒った彼女は、まだあの時の彼女でいてくれるだろうか。

男は闇の中、ただじっと蹲っていた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
復刻連載中の「ジョジョ」第1部が完結したので、その区切りと言っては何ですが原作とアニメ版の第1部を比較してみました。
分かる範囲で書いたので抜けがあるかもしれませんがご容赦を。

<第1部>
第1話「侵略者ディオ」

1.プロローグ
・原作…アステカの石仮面の儀式の場面から始まる
・アニメ版…ダリオの回想(ダリオとジョースター卿の出会い)の場面から始まる。アステカの石仮面の儀式の場面はカットされている。     
・ジョナサンとエリナが出会う場面の前に、ジョナサンの日常風景を描いたオリジナルの場面が挟まれている。

2.ジョナサンとディオの出会い~ディオの嫌がらせ
アニメ版では以下の場面がカットされている
・ディオがジョースター卿から石仮面について聞く場面
・ディオがジョナサンの懐中時計を持ち出す場面
・ジョナサンが食事のマナーで父親に叱られ部屋に戻った後、食べかけのチョコレートを見つける場面

3.ジョナサンとエリナの交流
・ジョナサンがパイプを吸っている描写がカットされている

4.ダニーの死
・アニメ版では火だるまのダニーが焼却炉から飛び出す描写と帰宅したジョナサンが父と使用人が会話している所(使用人がダニーの死をジョースター卿に話している所)に出くわす描写がカットされている

――――――――――――――――――――

第2話「過去からの手紙」
1.ディオの回想
・アニメ版ではディオの回想の場面が大幅にカットされてダイジェストの様になっている。
 ディオがワンチェンの下へ薬を買いに行ったくだりも原作では詳しく描かれているが、アニメ版では大幅にカットされて仄めかし程度になっている。

2.ジョナサンが出発する場面
・アニメ版では、ジョナサンが出発する直前に医者達を呼んで父の看護を任せる場面がカットされている

――――――――――――――――――――

第4話「波紋疾走」
1.病院での場面
・原作…スピードワゴンは事件の翌日の昼間にジョナサンの見舞いに行くが、彼の看病をしていた看護師(エリナ)に面会を断られる。その後夜に病院に忍び込んでもう一度ジョナサンの病室を訪れ、部屋の中を覗いた時に事情を知り、その場を去っていく。
・アニメ版…スピードワゴンは事件の翌日の夜にジョナサンの見舞いに行き、病室を覗いた時に事情を知って立ち去る。昼間の場面はカットされている。

2.切り裂きジャックとディオ
・アニメ版ではディオが切り裂きジャックを部下に加える場面が大幅にカットされている。
 (ジャックが同行していた女性を殺害する場面やディオの長台詞などがカットされている)

3.ワンチェン襲撃~切り裂きジャック戦
・原作…ツェペリが過去を明かしてから一週間後に屍生人になったワンチェンがジョナサンを襲撃、返り討ちにされて逃走する(この時波紋で顔に傷を負う)。その後ジョナサン達は逃走したワンチェンを追ってウインドナイツ・ロットへ向かい、その途中で切り裂きジャックの襲撃を受ける。
またウインドナイツ・ロットで療養中のディオはこの一件で波紋の存在を知り、それに対抗する策として「気化冷凍法」を編み出す。
・アニメ版…ワンチェン襲撃の場面がカットされており、ツェペリが過去を語る場面の後にスピードワゴンから情報を得てウインドナイツ・ロットへ向かうという流れになっている。
よってこちらではディオがどうやって波紋のことを知ったかが描かれていない。
・療養中のディオの様子を描いた場面で、ディオが第3部冒頭の「影DIO」と同じポーズを取っている(原作にはなかったポーズ)。

――――――――――――――――――――

第6話「あしたの勇気」
1.ブラフォードの最期~タルカス襲撃
・原作…タルカスがブラフォードの鎧を踏み砕いた際にツェペリがその破片で負傷する場面がある。
タルカスとジョナサン達が戦闘に発展した間にポコが村の少年達に助けを求めに行くが、その少年達はジョナサン達とタルカスが戦っている所に着いた後タルカスに捕まって惨殺されてしまう。
・アニメ版…ツェペリが鎧の破片で負傷する場面はカットされている。また、ポコに呼ばれてやって来た少年達がタルカスに惨殺される場面もカットされている。

2.ポコが双首竜の間に飛び込む場面
・原作…スピードワゴンが明り取りの窓を発見し、ポコに窓から中に入るよう指示しようとするがツェペリに止められる。
・アニメ版…ポコが明り取りの窓を発見し、自分で窓から中に入るという流れになっている。

――――――――――――――――――――

第7話「うけ継ぐ者」
1.ダイアー達と合流する場面
ジョナサンがツェペリの手紙を受け取るくだりが異なっている。
・原作…ツェペリの手紙を渡すのはダイアー。ジョナサンに稲妻空裂刃を食らわそうとした時に彼の肩の鎧に手紙を挟んで渡す。
・アニメ版…ツェペリの手紙を渡すのはストレイツォ。ジョナサン達と出会った時にジョナサンに手紙を手渡す。

2.ディオが赤ん坊連れの母親を屍生人に変える場面
・原作…ジョナサン達がダイアー達に出会う場面とトンペティ達がツェペリの死を知る場面の間に挟まれる
・アニメ版…原作とは順序が前後しており、ジョナサン達がツェペリを埋葬する場面と村へ向かう途中で屍生人化した村人に出くわす場面の間に挟まれる。

――――――――――――――――――――

第8話「決戦! JOJO対DIO」
1.怪人ドゥービーvsジョナサン
・ジョナサンが波紋で蛇の毒を排出した際のダイアーの台詞がカットされている

2.ジョナサンとディオの対峙
・ジョナサンが奇襲してきた屍生人を倒す部分がカットされている

3.決着
・テレビアニメ版では、ディオが崖の下に落ちる間際に放った空眼裂刺驚が雲を切り裂く描写が追加されている
・原作ではスピードワゴンの勝利宣言の後にトンペティ達が残りの屍生人に立ち向かう場面があるが、テレビアニメ版ではカットされている。

――――――――――――――――――――

第9話「最後の波紋」
1.戦いの後
・原作ではジョナサン達がディオを倒した後の経過が語られる場面で「ウインドナイツ・ロットの漁師が持ち船を盗まれた」というくだりが出てくる(首だけのディオを保護したワンチェンが船を奪って逃走したことが示唆されている)が、テレビアニメ版ではこのくだりがカットされている

2.ジョナサン達が新婚旅行に出発する場面
・テレビアニメ版ではこの場面でスティクス神父や赤ちゃん連れの婦人が乗船する様子が描かれており、後の展開への伏線が貼られている。

3.スティクス神父がロザリオを落とす場面
・スティクス神父の台詞が変更されている。
原作…「神はこの俺をくさい所へやるのがお好きなようだ」
アニメ版…「神はこの俺をダーティーな所へやるのがお好きなようだ」
・原作ではスティクス神父が倉庫へ向かう直前に回想が挟まるが、アニメ版では回想がカットされている。

4.ジョナサンがディオと遭遇する場面
・原作…ワンチェンがジョナサンにとどめを刺そうとする場面で、ワンチェンが以前ジョナサンを襲撃した際に波紋で顔を負傷したことに言及している
・アニメ版…ジョナサンがワンチェンを追いかけて行った後、エリナがジョナサンの後を追い始める描写が追加されている。
また、エリナが去った後に乗客の一人がゾンビ化する描写があり、ここでワンチェンが乗客をゾンビ化させたことが示唆される。
ワンチェン襲撃の場面がカットされたため、ワンチェンがジョナサンにとどめを刺そうとする場面で顔の傷に言及するセリフがカットされている

5.ジョナサンとエリナ
・テレビアニメ版では赤ちゃん連れの婦人の最期の描写が追加されており、これがジョナサンがエリナに赤ちゃんを託す場面で「婦人の最期に自分の母の最期を重ねた」ことに言及する台詞へとつながる

6.ジョナサンの最期
・アニメ版ではジョナサンが絶命する瞬間(首を垂れる瞬間)に、彼の首筋の「星型の痣」が一瞬だけ見えている。
(原作では第1部時点ではまだ「星型の痣」の設定は出て来ていない。この設定が登場するのはディオ(DIO)が再登場する「第3部」)。
・アニメ版第9話ではラストシーンの後にメキシコの遺跡で眠るサンタナが登場し、次の第2部へとつながっていく演出がなされている。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
獅子宮 1.群青になら染まっても良い

―8月1日―

蒸し暑い8月初めの日のこと。
私は友人の弓と一緒に、新しいジーンズを買いに出かけた。
「悪いね、付き合ってもらって」
「いいよいいよ。で、どれくらい買うの?」
「最低でも三本。出来たら色の違う奴。」
他愛ない会話を交わしながら服屋へ向かう。

チラシで値下げされていたジーンズはすぐに見つかった。
男性用なので少しぶかぶかだが、裾合わせさえすれば何とかなるだろう。
棚を見上げる。黒から浅い青色まで、色々な色のジーンズが並んでいる。
そのうちの群青色のジーンズを手に取る。深い色合い。私の昔から好きな色だった。
群青や紺色、藍色は好きだ。真っ黒よりずっといい。
昔から青が好きだったが、中でも好きだったのがこういう深い色だった。
『黒に染まる』という言葉があるが、私はそれを聞くたび『群青になら染まっても良い』と思っていた。
――『黒に染まる』ことは即ち『悪に染まる』ということだ。悪に堕ちてまで生きるという生き方だけは、絶対にしたくないとそう思っていた。

日が傾きかける頃、私はジーンズと他の服をたくさん詰め込んだ買い物袋を提げて家路についた。
弓と別れ、住宅街を歩く。
八月だがまだまだ日は長く、六時を過ぎてもまだ明るい。
九月に近付くと少しずつ暗くなる時間が速くなるんだよなあ――そんな風に考えながら機嫌よく歩いていた私は、背後から駆けてくる足音に気付かなかった。
どん、と背を押されて転び、何事かと背後を見上げた瞬間、私の体に何かがかけられた。
最初、それは水かと思った。だが鼻を突く匂いが水ではないと私に知らせてくれた。
「…え」
思わず見上げた私の目に映ったのは、フルフェイスヘルメットをかぶった人影だった。
逆光のせいで真っ黒な影法師のように見えるその人影は、銀色に光るジッポライターを手にしていた。
そいつが何をする気なのか。
『ガソリンをかけられた』という状況が、分かりやすく教えてくれた。
「ッ!」
逃れようと立ち上がる。人影はそれに気づき私を追おうと一歩踏み出し、



次の瞬間、真っ赤に光り輝いた。



人影は、私の目の前で、真っ赤な火を噴いて燃え上がった。
手元のライターの火を間違えて自分に点けでもしたのだろうか。
黒いフルフェイスヘルメットの中で、真っ赤な火がチロチロと燃えているのが分かる。やがてヘルメットの顔を覆っていたガラスが卵のようにパリンと割れ、中から火が溢れて来た。
私はその人影が燃え尽きていくのを、呆然と見ているしかなかった。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
次に目を覚ました時、静夜は病院にいた。
傍らには家族の姿があり、皆一様に心配そうに静夜を覗き込んでいた。
静夜は、吉田山の麓で倒れていた所を近所の住人に発見されたのだという。
「三日も連絡が取れなくて心配してたのよ」
平山からそう聞かされた時、静夜は愕然とした。
山の中で八枚の紙を集めたことだけは覚えていたが、その後からふっつりと記憶がない。
丸三日もの間気を失っていたという事実に、静夜はただただ絶句していた。

静夜は家族に請われて何が起きたのかを全て話した。
居合道部の先輩に誘われて肝試しをしに行ったこと、自分は一人で行動していて途中で倒れたのだと。
ただ、途中で見た黒い男については一切話さなかった。
話した所で信じてもらえないだろうと思っていたし、何より静夜自身あれが現実に起きた出来事なのかどうかわからなかったからだ。
きっと新見を見間違えたのだろう、そう思っていた。

「ところでさ」
家族と入れ替わりに病室にやって来た平山が口を開く。
「原依君、新見が貼ってった紙集めてたよね。」
「ああ」
「…それなんだけど」
平山がカバンから数枚の紙を取り出す。
A4サイズの紙が八枚。皺や泥がついていて随分古びた印象を受け―― 
「これ、どこで取ったの?」
それは、随分と古ぼけた紙だった。
丸に大きくバッテンを描いた絵や、英語で「いやだいやだいやだ」「奴を見るな」と言った奇妙な文章が書き連ねられている。
「どこって、山の中で――」
「これ、新見が描いた奴じゃないんだって。」
平山の言葉に静夜は耳を疑った。
「原依君が見つかった時、この紙を握りしめてたって警察の人が言ってたの。多分肝試しで新見が設置した紙だと思ってたんだけど…新見に見せたら『俺が描いたのと違う』って言ってて…」
言いながら、平山は更に紙を取り出した。
静夜が持っていたという八枚の紙よりさらに新しい紙だ。
「新見が置いていった紙は、こっちだよ。」
そこには、絵など描かれていなかった。
ただ単に、円の中に「1」から「8」までの数字が書かれているだけだった。
それによく見れば――この紙は白紙ではなく、罫線の入ったレポート用紙だ。
静夜はもう一度自分が集めていた紙を見る。
自分が三日前の夜に集めていた八枚の紙、その紙は――古びた白紙だった。
――何だこれは。
――先輩の仕掛けた物じゃないとしたら、これは誰が仕掛けていったのだ?
ただただ呆然とする静夜の視界に、ふいに黒く細い何かが見えた。
その細い何かは、静夜に向かって伸ばされた腕のように見えた。

(了)
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇