Todos os Tons

天気のよい時は海や山に出かけて美しい景色を捜し求め、天気の悪い日は家に篭って作曲活動をしています。両方の成果をひとつの作品にできればと音楽付映像をこつこつと作っています。

サイト内の写真の使用ならびに無断転用を禁じます。


テーマ:
7月に引き続き伊豆の海触洞探索へ。



ほぼ通年で海遊びをやっていると、8月は鬼門になってしまう。

とにかく渋滞が激しいし(裏道を知っているので影響は少ないが…)、どの海岸も人で埋め尽くされ、駐車場は有料になるし、海上の監視はキツくなる…ほとんど良いことがない。

ということで、人混みを避けて海水浴客は間違っても来ない西伊豆某所の崖下で撮影してきました。
林道の端に駐車してガードレールの隙間から撮影機材を抱えて転げないように崖を降りていく。

海の中は波は穏やかだが、先日の降雨の影響か浮遊物が多くて透明度は5m以下。潜って楽しむのは諦める。

数100mほど泳ぐと4連の穴。



その中の一つに近づいてみると、見事な柱状節理。




内部の情景。



外の風景。



更に泳ぐと別の二連洞窟を発見。



中から外。面白い造形。



そして今回の圧巻はこの洞窟。



中に入ると全貌がつかめないほどの巨大な空間が空いている。おそらく伊豆でも最大級レベルじゃないだろうか。

ライトを忘れてしまったので辛うじて撮影できるのがここまで。これより先は暗黒なのでカメラは約にたたない。



遠くに反対側の出口が見えるが、暗いし足元が悪くてたどり着けない。100m以上の距離はありそう。

外側から回り込んだ反対側はこんな感じ。





海水浴シーズンが終了してから明かりを持ってリベンジですかね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年の世界の新種トップ10にも選ばれ、摩訶不思議なミステリーサークルを作ることで話題になったアマミホシゾラフグ。

今月、子供向けにその生態を描いた絵本がほるぷ出版さんから発売されます。

アマミホシゾラフグ 海のミステリーサークルのなぞ (ほるぷ水族館えほん)

この本の中で、一昨年に奄美(正確には加計呂麻)で撮影した星景写真を使っていただきました。

しかも物語ラストのクライマックスの箇所で2ページぶち抜きで…ありがたいことです。

この写真なんですが。



ちなみに、この動画ではTime Lapseバージョンも見られます。



書店などで見かけたら手にとって頂ければこれ幸いかと存じます。
(リンクから購入などして頂ければもっと嬉しいですが^^)

とはいえ本人はまだ生で見たことはありません >> ホシゾラフグ。

話は変わって、先週あたりから広く知られるようになった奄美・龍郷に計画されていた某国の人向け巨大港湾リゾート。 

以前から話は聞いていて懸念していたのだが、中止になったということでホッとしているところです。

去年、裏山から撮影した龍郷の街明かりと天の川。




この光が更に明るくなって天の川が消えてしまう事態はさしあたっては避けられたようです。

自然を壊してリゾートやらゴルフ場というのは前世紀の価値観に過ぎず、今の時代にそぐわないことを多くの人々に周知できればと祈るばかり。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっとばかり多忙などいろいろあって活動や更新を怠っていましたが、久しぶりにしばしの息抜きと運動不足解消に南伊豆某所の海に撮影へ。

最寄の海岸からエントリーして1kmほど遠泳。夏でもカヤッカーが時折通り過ぎるだけの静かな海域。幸いこの上ないベタ凪。



潮色は基本的に夏特有の透明な蒼い水なのだが、冷水塊由来なのか若干赤潮が混じる場所が所々という不思議な二枚潮。



あまり赤く写っていないが赤潮です。
この赤潮、実は肌に当たると結構チクチクと痛い。夜になると綺麗に光るんですが。

それはさておき、このあたりの地形は伊豆でも屈指の面白さ。
現実離れしたテクスチャが施された断崖には無数の海触洞が口を開けている。これを見に来たかった。







今回とりわけ圧巻だったのがこの狭い洞窟。上から見ても神秘的な蒼さ。奥は体が一つやっと入れるくらいの狭さ。



奥に入ると太陽高度の条件がピッタリ合ったために水中光芒を捉えることができた。ほんの10分ちょっとの出来事ですが。





気がつくと夢中で5時間ほど連続で泳いでいたようで、久しぶりの遠泳だった上にずっと変な体位で撮影していたこともあり全身が筋肉痛。
伊豆の海の探検はまだまだ終わりが見えません。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
季節柄ずっと天気の冴えない今日この頃、体が鈍ってどうしようもないので群馬方面に野暮用のついでに避暑を兼ねて嬬恋村で午後のお気軽登山に行って来ました…とはいえ少々ひねくれたコース。

本来、浅間山(というかその外輪山)へのルートは小諸方面からアクセスするのが一般的なのだが、北側から攻めるバリエーションコースがいくつかあることを最近知る。

更にはgoogle mapの航空写真を見ても浅間山は北側の方が面白そうな地形をしていて興味があったので、手始めにその中の一つである「しゃくなげ園」からアクセスするルートを攻めてみました。 

園内の看板。本日の目的地は「かもしかコース」を超えて更に奥にある外輪山。
しかしながら上から消されているのでどうやら「かもしかコース」自体も存在しないことにされている模様。少々不安がよぎる。



園内の遊歩道は整備されていて快適だが、「かもしかコース」に入ったとたんに藪の嵐。 ただし人はそれなりに入っているようなのでルート自体はしっかりしている。



藪藪



藪藪藪。激しい時には胸あたりまで来る。



藪が終わり「かもしかコース」終点。ここから奥はバリエーションコースとなる。



急ぎの山行でもないので花など撮りつつ。





雰囲気のある苔の森に入る。ルートは予想外に明確。






ギョリンソウ。久しぶりに見た。深海生物っぽくて刺激的な佇まい。



正面から撮ると、こっち見んな状態。




また藪藪。



森林限界を超えるとガレた斜面。一歩が半歩。



見えてきた。



この方向からの浅間山はあまり見ないので新鮮。



風雪に耐えている。



このまま詰めると一般コース最奥のJバンドに至る。このまま外輪山の一般コースへ抜けられるが、本日は午後遅くからの入山だったのと天気も悪く雨が来そうなのでここで引き返す。



いろいろ実地調査をしてみると浅間山北側にはこのルートの他にも地図にない溶岩原を辿るルートなどいろいろあるようなのでおもしろそう。
そのあたりはまたの機会にでも探索してみようかと。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
都会嫌いな自分が心底居心地がよいと思える数少ない都会で、これまで3回ほど旅行している。

エキゾティックでフォトジェニックで庶民は優しく穏やかでメシが抜群に旨い。

そんなお気に入りの街がいつしかドンパチの本拠地になってしまった…やりきれない。

2011年に撮影したものより。










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。