はい、タケコプター

備忘録としての日記です。よろしかったらご覧下さい。


テーマ:
昨日17日に浜名湖ガーデンパークとフラワーパークで開催されている浜名湖花博に行ってきました。

小生が言ったのはガーデンパーク会場。

ちょうど今から10年前、愛・地球博の前年に浜名湖花博2001が開催されましたが、その10周年と言うことで再度催されたとのこと。
10年前の花博には残念ながら行けませんでしたので、今回は是非行って見ようと思っていました。

画像

ガーデンパークはここが日本かと思うような素晴らしいランドスケープ。

イベントがなくても遊びに来たいスポットです。


画像

園内には水路もあって船が行き交います。

ガイドを見た時「船は別料金か。もったいないから乗らずにいよう」と思っていましたが、ちょっと心が動きます。


画像

徳川園芸館。

徳川家に縁のある植物を集めています。
ホテイアオイや有東木のわさびなどお馴染みのものも結構ありましたが、
江戸時代も時代によって流行の花があったとは知りませんでした。


画像

花も素晴らしいのですが、新緑の季節ですから若葉の彩りも大変気持ちが良いです。


画像

画像

入場料も1会場800円といいお値段ですが、非常に手が掛かっているなと感じました。
コストパフォーマンスは良いと思います。


画像

なんかここが浜名湖のほとりとは思えない光景。
ヨーロッパの田園地帯のようです。


画像

画像

水路を行く船。

ますます乗ってみたくなる....


画像

写真で花の色を忠実に再現するのは難しいですね。


画像

各国の庭園を再現したゾーン。
これは和風ですね。
#テーマを失念....


画像

ローズガーデン。
やっぱり薔薇は存在感が違いますね。


画像

薔薇という字を女性の前で書いてハートを射止めたなんて有名な話がありましたね。

こうして薔薇の花を目の前にすると、そんなことをしたい気持ちも分かります。

とはいえ、最近ふと漢字が思い出せないこともある小生にとっては少々ハードルが高すぎるかも。



画像

こちらはモザイカルチャーの出生大名家康くん。
モザイカルチャーというのは植物を使った造形だそうで、2009年に浜松で国際展が行われたとのこと。


画像

そして乗船。500円で8分間の旅。
とても風が強いです。


画像

キャプテンは女性。
操船しながら園内をガイドしてくれます。

やはり、会期中でもかなり植え替え作業をしているのだそうです。


画像

画像

こちらは印象派花実の庭。

ふんだんに花が咲き乱れる庭園です。

洋館風の建物には無数の薔薇が彩りを添えて、贅沢な庭です。
なぜか、朝ドラの「ごきげんよう さようなら」のフレーズを思い出してしまいます。


画像

最後は展望塔へ。
こちらも別料金で300円です。

エレベーター1台でまさにピストン輸送状態ですので、待ち時間が結構あります。


画像

風が強いので揺れます。

この手の塔は人が滞留しないのが前提なので、制震装置などは設けないそうで、強風時には揺れます。


画像

画像

天気がいいので眺望は最高です。

でも長居すると船酔い状態になりそうなので、早く降りたくてたまりませんでした。


画像

2時間くらいを予定していたのですが、4時間強楽しめました。

我が家にも少し緑が欲しいなと思ったところです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東日本大震災3年 ボランティア激減、発生時の1割強に
2014.3.10 16:56 産経新聞

 東日本大震災の被災地に入るボランティアの人数は、震災から3年を前に激減している。全国社会福祉協議会(東京)によると、平成23年3月から昨年12月までの2年9カ月間で岩手、宮城、福島の被災3県には、延べ133万人がボランティアとして現地に入った。

 23年には年間95万8千人もの人が被災地に入ったが、24年に同25万7千人にまで減少。昨年は、1割強の11万8千人にとどまった。特に気象条件の悪い冬場は少なく、昨年1月は被災3県で4800人となり、1カ月間では最少を記録した。

 兵庫県社会福祉協議会が運営し、ボランティア派遣を続けている「ひょうごボランタリープラザ」の担当者は、「『交通費や宿泊費を理由に活動を断念した人が多かった』という調査結果もある。資金面でボランティアを後押し、被災地で継続的な支援を行うことが大切だ」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140310-00000091-san-soci



明日で東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)発生から3年になります。

今年は「風化」がクローズアップされています。

津波や原子力災害の恐怖、計画停電や物資の不足など様々な恐怖や脅威が次々と襲ってくる3年前のあの頃はすっかり遠くなってしまった感じがします。

ボランティアもそのひとつ。
私も発生から2ヶ月後と4ヶ月後に宮城県東松島市にボランティア活動に行きました。

そして、昨年の5月に一ノ関から石巻・東松島と少し遠回りをして現地の様子を見てきました。

震災発生の後、特に5月はまだ震災の傷跡が生々しく残っていました。
当時はまだ瓦礫の片付けやヘドロ除去などの災害ボランティアは引っ張りだこでした。
全国からボランティアが集まって野営をする人も多く、東松島市役所のあたりの活気も相当なものでした。

昨年、同じ場所を歩いてみましたが、あの頃の活気が嘘のように静まりかえっていました。

まだまだボランティアの活躍の場はあるとは思うのですが、当時ボランティアと依頼者の橋渡し役だった社会福祉協議会も今では体制を縮小してしまい、参加することも難しくなってきています。

この辺は複雑です。

いつまでも災害直後のように大量のボランティアは必要はないと思います。
実際に震災4ヶ月後の7月にボランティアに行った時には切羽詰まった案件は少なくなっていたようで、私が行ったお宅の方も「生活には困らないので頼んで良いのかしらと思った」と話されていましたので、それでも2ヶ月である程度余裕が生まれたのかなと感じました。
今は必要だとしても力仕事のボランティアじゃなく、心のケアのボランティアではないかと思われ、そちらはなかなか力仕事のようにやる気と根性さえあれば誰でもと言うものではありませんし、落ち着きを取り戻した今では地元の方のマンパワーもそれなりにあるでしょうし、場合によっては生業として活動されている方の邪魔になってしまうかも知れません。

ですので、数として減少するのはむしろ当然だと思うのですが、風化させず支えていくという姿勢は忘れたくないものです。

なかなか難しいとは思うのですが、何か新しいボランティアのスキームができないものかと思うところです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。