エレノア 冒険之書

趣味に関する日々の出来事を記録していくブログ

NEW !
テーマ:

 

 

なんか「ファイナルが3年連続で同じカードだからNBAはつまらない」なんて声が挙がってるようですが、自分からすればむしろそれは逆なんじゃないかと思うわけです。

 

というのも、今のNBAを見渡す限り、このカード以上に見応えのあるカードなんてありえないんですから。

 

むしろ一番面白いカードがファイナルという大舞台で実現するわけだから、ファイナル以上に面白い試合なんて他に考えられないでしょう。

 

それぐらい、今のNBAはキャブズとウォリアーズの戦力が突出しているので。

 

 

 

ファイナルが毎年同じカードだからつまらないとか、KDがウォリアーズに移籍したからつまらないとか、自分からするとあまり分からない意見なんですよね。

 

今のNBAがつまらない原因を議論するなら、まず真っ先に取り上げるべきはイースト事情でしょう。

 

イーストがあまりにもつまらな過ぎる。

 

キャブズ以外は、ほぼ見所ない状態ですし。

 

ブルズ、ヒート、セルティックスなどが少しばかり面白い存在ではあるものの、キャブズやウエストと比べるとあまりにもインパクトが薄すぎるし。

 

 

あと、オールスターゲームが気の抜けたコーラみたいな内容になってきてるのも大いに問題だと思います。

 

自分にとってオールスターというのは単なる祭典ではなく、NBAで最も楽しみなイベントでした。

 

今でこそプレイオフやファイナルの方が好きですが、以前はオールスターが1年で最も楽しみだったので。

 

そんな自分から言わせてもらうなら、オールスターがワクワクしないNBAなんて面白いはずがないという話なんです。

 

 

 

そういった問題に比べたら、KDの移籍なんて些細な問題です。

 

大体KDは可能となっている選択をしただけであって、必ずOKCに残留しなければならないという義務は無かったわけですから。

 

勿論、それにしても移籍先は他を選んでほしかったという意見は分かります。

 

個人的にもクリッパーズに来てほしかったし。

 

でも、彼には選択権があってそれを行使しただけなので、まるで犯罪者の如くボロカスに叩かれる事にはどうしても違和感を覚えるんですよね。

 

個人的にはOKCにいる頃のKDより、今のKDの方が見ていて楽しいというのもありますけど(少数派意見なのは承知ですが)。

 

 

 

KDの移籍問題が無かったとしても、今のNBAのつまらなさはほとんど大差なかったと思います。

 

根本的な問題が他にあるんですから。

 

個人的にはゲームスタイルの変化も大きな要因になっているような気がします。

 

よくジョーダンのハイライト動画をYOUTUBEで定期的に見ているんですが、やっぱりあの時代のバスケは改めて今観ても全然面白いですからね。

 

 

それに比べ、今のNBAはとにかく軽い。

 

どんなに凄いプレイが飛び出しても印象が軽いんです。

 

だから記憶に残り辛い。

 

自分がクリッパーズを好きな理由は、彼らのプレイが現リーグにおいて最も印象に残るからです。

 

まあ、それも解体によって終わりを告げようとしているわけですが・・・。

 

 

あと、NBAがつまらなくなった原因に、若手からカリスマ性のあるスターが出てこなくなったからという意見がほとんど見られない事にも違和感を覚えます。

 

以前のNBAはベテランや中堅に凄いスーパースターが君臨していて、それに対して勢いとカリスマ性を持った若手スターが挑むという図式が出来上がっていて、上手い具合に循環していたんですよね。

 

スーパースターが引退しても、その穴埋めをする若手スター達が存在していましたし。

 

 

 

でも、今のNBAはレブロンが引退したらハッキリ言ってマズい状況だと思いますね。

 

その頃にはカリーも今ほどの力を持っていない可能性が高いでしょうし。

 

彼らに代わるレベルの若手スターが思い浮かばない。

 

これもNBAがつまらなくなった大きな原因の1つだと自分は思うんですけどねえ。

 

 

 

NBAが面白くなくなった原因はたくさんあるのに、何故かその矛先がKDやウォリアーズにばかり集中する傾向がどうも腑に落ちません。

 

僕はこのファイナルが一番観たかったし、むしろ最初からこのカードになる事は分かりきっていたようなものなので、このファイナルがつまらないというのであれば、一体他の何が面白いのだろうと疑問に思うわけです。

 

 

今年のファイナルはハッキリ言ってどちらが勝つのか全く予想がつきません。

 

ウォリアーズ優勢という見方にも同調できるし、キャブズが連覇するという見方にも納得してしまうし。

 

だからこそ楽しみなんですよね。

 

特に今年はKDがいる事によって、むしろ過去2年のファイナルより楽しみな気持ちが強いぐらいです。

 

80年代にはレイカーズとセルティックスの二強時代なんてのもあったんだし、別にキャブズとウォリアーズの二強時代があってもいいんじゃないかと思うんですけどね。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 

 

最近は子供時代に熱中していた物ではなく、80年代のカルチャーを掘り下げるのが趣味となっています。

 

その中でも洋楽ですね。

 

BS洋楽グラフィティー80’sを毎回録画してチェックするのが日課です。

 

 

色々見ていくと、自分が大人になってから聴き始めた洋楽の大半が80年代の楽曲である事が分かりました。

 

いつの時代の楽曲かなんて意識して聴いてきたわけではなかったんですけどね。

 

それでも、まだまだ知らない曲やアーティストが多いので毎回新鮮です。

 

 

でも、何が良いのかサッパリ分からず、聴くのが苦痛としか感じられない曲も多いので、最初は義務的に嫌々見ていた部分もあるんですが、たまにアタリに出会えるから、だんだん楽しくなってやめられなくなってきました。

 

 

その過程において、最近自分の中でヒットした曲を載せていきます。

 

まずはシーラ・Eの『グラマラス・ライフ』。

 

曲のノリも好みだけど、何よりシーラ・Eのパフォーマンスが凄い!

 

シンバルキックなんて、吉川晃司以外にやる人初めて見ました(笑)

 

しかも蹴りのキレと自然さが更に凄みを感じさせます。

 

パーカッションを叩きながら歌う女性ボーカルというのもあまり見ない気がするので新鮮です。

 

 

 

 

 

次は、リック・アストレーの『Never Gonna Give You Up』。

 

爽やかかつセクシーな魅力にやられました(笑)

 

歌自体は非常にシンプルなのに、何度聴いても飽きないという相反する魅力が素晴らしい。

 

というか、聴けば聴くほど好きになっていきます。

 

当時、日本でも人気があったそうで、三ツ矢サイダーのCMに出たりしていたようです。

 

 

昨年は29年ぶりに全英チャート1位になった事で話題になったりもしたそうで。

 

そういう返り咲きってそんなに例が無いと思うので凄い事だと思いますね。

 

あんまり老けてないのも凄いと思いました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は今日気になり始めたばかりのテイラー・デイン『Tell It To My Heart』。

 

聞き覚えのあるメロディーラインでした。

 

間奏がいかにもあの時代って感じのサウンドでカッコいい。

 

それにしても、この人よく見たらかなり色っぽいなぁ(笑)

 

 

 

 

というわけで、今年は洋楽面から80年代という時代を切り取っていってます。

 

これぞ大人ならではの楽しみ方ですね。

 

当時はガキだったから洋楽なんてほとんど聴く機会がありませんでしたし、聴いてもまず分からなかっただろうし(笑)

 

子供時代に楽しんでいたオモチャやアニメやゲームを追いかけるのも楽しいけど、さすがにそれだけじゃいい歳してガキの頃から何の進歩も無いって事になるので(笑)、大人だったら映画や音楽を愉しむべきだと思うのです。

 

大人になった今でしか魅力が分からない物というのもたくさん存在するんですから、そういった物に手を出さないのは損でしかないですからね。

 

 

80年代の洋楽はハズレも多いし、変なのもいっぱい出てきた時代だけど、全ての時代において最も素晴らしいと思えるような楽曲も少なくないし、何よりあの時代特有のサウンドが大好きなんです。

 

音楽面から切り取っていっても、やはり80年代というのは素晴らしい時代だったのだなと知る事が出来ます。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

昨年の暮れに、もうすぐ発売とアナウンスされた魔界村のフィギュアがずっと音沙汰なくて、どうしたもんかと思っていたら、ようやく発売が決まって予約開始されました。

 

 

 

限定で黄金の鎧verも出るようで。

 

でもね・・・待たせすぎやわ!

 

こちとら絶妙なタイミングでちょうどフィギュアとか興味なくなってきた所ですから。

 

 

まあ、発売後しばらくして、また欲しい気持ちになったり、プレ値が付いていなかったりするのであれば買う可能性もあるかなぁ。

 

でも、このゲームって昔やっていたわけでもないので、そこまで思い入れも無いというか。

 

ていうかね、高いんですよ価格が。

 

これで7000円オーバーは購買意欲が湧かないというか。

 

フィギュアの値上げも止まらないし、そろそろいいかなという気になりつつあるのも事実。

 

そんなこの頃です。

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。