ふるさと納税

SEO
  • SEOブログパーツ
2006-02-05 14:08:52

子供たちの株取引と経済、教育、競争

テーマ:時事問題 最近のニュース

政治経済社会ニュース独自の評論 毎日配信 登録無料!! オリーブニュース


『森永卓郎氏の話「子供が株をやることはあまり勧めない。お金の役割を勉強することは必要だが、お金がお金を生むことを子供たちに見せてしまうのは好ましくない。株式市場の役割は本来、リスクのある事業に投資者が出資し、うまくいったら配当を受けるもので、株の売買でもうけるのは本来の姿ではない。』

産経新聞2/5

今の教育では、競争を教えない お金のことを教えない 経済のことを教えない 政治のことも軽い扱い

はっきり行って、倫理観とかっていうのは、大きくなってからはなかなか身につかない。なかなか変えられない。こどものころにしみついた考え方とか、大人の行動をみていて理解した考え方とか、なかなか変えられない。数学の解法とか、英語とか、いろいろ覚えないとならない知識というのは必要に迫られれば、高校生でも、社会人でも勉強してなんとかなる。

しかし、こどものころにはぐくまれたもので、なかなか変えられないものっていうのがある。日本の教育では、そこを普段のしつけでも、学校でも、教えていない。教えるどころか、わざわざ避けている風潮さえある。


競争 差がついては子供かわいそうだ。

お金 お金儲けに固執することはいやしい。

経済 お金儲けのことだから、やっぱり表立ったことしか教えない

政治 国のこととなると、やっぱり避ける。ナショナリズムに結びつかないようにと。


これじゃ、小学生や中学生のこどもたちに何も教えていないのと一緒じゃないか。それで、大人たちの行動、それもセンセーショナルに扱われることを見ながら子供は育つ。それをやってる大人たちも、今の子供たちとそう大きく変わりない教育を受けてそだってきたんだ。ということはだいたいは世代を経るごとに「エントロピー増大の法則」、混沌としていくわけですね。ほっとくと。ますます悪くなるということ。混沌としているのをまとめるのはパワーがいることですが、やらないとますますひどくなっていくのです。


競争とは、人を出し抜くこと、蹴落とすことではありません。人より自分が抜きん出ようと努力することです。

自分の努力よりも、出し抜く方法や蹴落とす方法を考える人が多くなっていませんか?大人の行動をみて競争を知った子供たちは競争とはそういうもんだと思ってしまい、そのまま大人になり、またその子供へ同じことが増幅して伝わっていきます。競争を子供のころからちゃんと教えないこと。互いに切磋琢磨して、自分の能力を努力により磨き、負けた勝ったは結果でしかない。競争していく中のプロセスで、子供は成長する。競争はルールを守ってやるんだということをしっかり教えないとならない。また、人によって得手不得手があることもわかる。この分野での競争ではなんともならないが、別の分野ではやれるということもなんとなくわかってくる。


お金を儲けるってどういうこと。基本的にお金は何かの対価でもらうものであるということ。まず最初は大体が労働してもらうという人が多いですよね。そこからきっちり教える。労働して、お金をもらって、生活をするためには、物を買うためにはお金が必要。自分が自立して、さらに家族を養っていくためにはお金が必要で働くっていうことが必要なんだってこと。それが自分の希望にかなう職業でできるひともいれば、できない人もいるが、働くことは必要なんです。希望がかなわないからって働かないということは、生活基盤をもたないということだって。

次に、人に何かしてもたったとき、自分にとって役に立つことをしてもらえたとき、役に立つものをもらったとき、お礼をするっていうのは、まあ当たり前といえばあたりますですよね。それもできない人っていうのが増えているんでしょうけれど。お礼さえいえなくなるなんてのは、増幅もはなはだしいですよね。お金儲けというのも、本来はいっしょ、誰かの役に立つことをやって、その結果、報酬をもらって利益をえるもんなんです。人から騙し取るとか、だますことに近い法律すれすれのことをやって儲けるとか、ずるがしこく人のお金をくすねることじゃないんですよ。

株式投資というのは、会社を興し事業をして社会に役立ちたいという人のために資金を提供することです。これがないと、会社はみんな借金して経営しないとならないのです。借金すると利払いも期限もあって、経営を圧迫する。担保がないと、お金を貸してくれる人もいない。アイディアや技術があっても事業を始めることができない。投資は違います。事業がうまくいけば、配当で利益還元したり、事業が拡大して、株価があがって、株主に利益をもたらすことができる。株式投資という事業を起こす人の手伝いをリスクをとって、行った結果、配当や株価があがることで利益を得るのです。もし事業がためになった場合、投資した人は損をします。それがリスクです。手伝ったけどうまくいかなかった。頑張って経営しようとしてだめだったらしょうがないよ。また頑張ってくれよ。というのが株式投資です。事業を興した人は株主に借金はしてません。失敗しても、まだ期待できる人だったら、またお金を出してくれる人が出てくるかもしれない。でも、借金して失敗したら、借金を返すために生活は困窮し、次のことを考えることも難しいですね。

手法ばかり教えて、原理原則をしっかりと教えないのですから、世の中よくなりませんよね。敗者に優しい社会にならない。お金儲けて、儲かったものは自分のもの。人のために使おうなんて人はわずか一握り。


経済の語源は、経世済民です。世の中を治め、人民を救うこと。そういう経済に今なってますか?今は、泥棒国家日本ですよ。まさにヤクザリセッションです。経済活動にしても、人の安全や安心を奪って、その分を儲けにする。自分の利益を既得権益として確保した上で、さらに利益をとって、物を売る。何かを提供する。そんな経済活動が大手をふってませんか?人に役立ち、社会に役立ち、その結果が利益であるという公器としての理念のある会社がどれだけあるのか。経営の神様と言われる人たちは、まさにこの理念追及が会社を存続させるということをはっきりと言っています。


政治というのは、みんなにとってどういう風にするのがよいのか、地域にとって、国にとってと。でも、国にとってと言ったとたん、身を引く人たち、非難する人たちがいるでしょう。子供の教育の中でやったら、それこそ、声を大にして、批判する。さらに教育する立場にいる人にそういう人たちが多いというのも問題であるんだけど。それじゃあ、国のための政治をやろうなんてことを考える人は、なかなか育ちませんよね。政治に無関心な人間が増えたって仕方ないじゃないですか。


株の売買で利益を得るのだって、投資家にとっては、企業への投資手段であり、まっとうな利益還元手段ですよ。そうじゃないと最初に投資した人は、会社が大きくなっても、ずっと配当だけもらってなさいというんですか。大きくなるかどうかもわからない会社に投資して、事業が大きくなるということは、雇用も拡大し、お客さんも増えて、取引先も増えて、社会に大きく役立ったということなんです。インカムゲインだけでなく、キャピタルゲインもまっとうなお役立ち料です。本来は違うなんていってるけど、そんなことないですよ。投資したい人が企業に出資できる方法なんて、今の日本じゃほとんどないんですよ。森永卓郎さん。


現場現地現物現状をよくみて、自分のこと、自分のリージョンのこととして考えられないオーナーシップのない人は好きではありません。評論家といわれる人にはえてしてそういう人が多いのです。批判はするが、提案や実行はしない人。まあ、その意味では政党もそういう政党がいくつかありますね。

竹中大臣は、やっていることの内容はいろいろ批判も評価もあるけれども、学者から転進して自分でやっている。自分でやっているだけ、厳しい批判の矢面に立つこともあり、賞賛されることもある。役にも立たないことを言って、あとであのときああいったのになんて言ってお金もらっている評論家や政党・政治家なんかよりもずっといいですよ。


利益はあとからついてくるもの。経済やお金のこともちゃんと教育すること。それが重要だと思います。

これは時間のかかること。まずは、ルールをしっかり作って、監視を強化しないとだめですけどね。

性悪説でルールと監視、教育は性善説とできるように。


みてネ(o^-')b 投資/健康/他 あなたに役立つ情報


ぽちっと人気blogランキングへ  くつろぐ人気ブログ探し


脂肪・コレステロール気になりません?
 あなたのブログのスポンサーに


■『ブログ解体新書』~稼げる親切&丁寧な本物のブログマニュアル~

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

DELIDELI95さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■I'm 経世済民

TBありがとうございます。私も今の子供への経済教育には大きな疑問を抱いています。私もブログでも取り上げたいと思うので、(相変わらず簡単な記事になると思いますが)よろしくお願いします。

1 ■はじめまして

経世済民な教育、経済などをめざして、お互いがんばりましょう!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。