時事問題 最近のニュース

時事問題、最新、最近のニュース、流行、はやり、時事通信、ネタ、商品、速報、用語、新聞、政治、経済、社会、芸能など、最近の時事の話題のブログ。


テーマ:

リンク役立つ情報HP  北海道応援  健康を大切に  自然環境考えよう  投資は情報力


登録無料!!政治経済ならオリーブニュース論評に注目!! オリーブでポイントお小遣い!!



医者は過剰で、あまる医者もでてくるって話を厚生労働省も言っているって。

でも、地域医療の医者は足りない。小児専門医も足りない。

方や、北海道がんセンター統括診療部長である西尾さんは、がん専門医が不足しているのが深刻だとおしゃっている。入院日数をかけて抗がん剤でじっくり治療することも診療報酬のシステム上できないともおしゃっている。

さらに、看護士会は、日本の看護士の配備基準が劣っていて過剰労働になっているとおっしゃっている。しかし、人口比でみると日本の看護士の数は欧米に比べて多い。病床数でみると少ない。


バランスを取る方策をとってないっていうことじゃないですか?あたま使っていないってこと。そんなに難しいことなんですか?

足りない専門医を重点的に育てるとか、地域医療に医者を回すとかっていうことは。あまっている医者って何をやっているんですか?


病院に入院しなくても在宅看護でいいっていうシステムをつくるのもそんなに難しいのですか?

長期入院必要者と長期入院不必要者をちゃんと選別して、それぞれにあった医療をおこなうことって、そんなに難しいことですか?

地域に医者を回すってことはそんなに難しいことですか?行きたい人だっているんじゃないですか?行くシステムがないんじゃないのですか?だから、富家孝先生みたいにメディカルサポートサービスっていうのを個人的に立ちあげることになるんでしょう。


なんか、システムを考えないとならない人たちに、やる気がないだけにしか思えないんですけれど。


今回診療報酬改定の案で、診療所の報酬を下げて、病院に近づける。診療所のほうに行く患者の負担を下げるという方向での改定案がでています。それに対して医師会は猛反発らしい。でも診療報酬の削減って、たった3%程度のことじゃありませんでしたっけ?いろいろ医療について不満に思っていることの改善項目は厚生労働省の案に出てはいるんだけど、診療報酬でたった3%でしょう。3割っていってるんじゃないんですよ。


なんで医者が過剰なのに、専門医や地域医療のお医者さんや小児科医は足りないの?

なんで看護士はたくさんいるのに、過剰労働になるの?

なんで診療所は利益がでるのに、病院は利益がでないの?

長期入院が必要でもできないのはなぜ?

長期入院が必要ないのに、長期入院するのはなぜ?


こういうことのバランスやシステムを考えるのって、だれが考えるの?厚生労働省ですか?システムって、診療報酬でやるしかないの?

医師会も看護士会も足りない足りない。減らすな減らすな。ばかりいってないで。あまっているところにはあまっているんでしょ。バランス取ること考えてくださいよ。たった3%程度のことで猛反発だなんて。

そのうち国民の怒りが爆発しますよ。


縦割り縦割りで、総合的なシステムを考えようとしない。そんな官庁はいらない。


北海道職員は3割削減だそうです。10年かけますけど。道側はそう決意した。これから労組交渉とかいろいろあるでしょうけれど。秋田県職員数も北海道ほどではないがかなり削減する意向らしい。


減らしたら住民サービスが減るっていう人がいるかもしれないけれど、職員の負担が増えるっていう人がいるかもしれないけれど、そうじゃないんですよ。過剰なの、あまっているの、それなのに必要なことをやってないの、やるべきことを公益を考えてやることに頭を使ってないの。オーナーシップがなく、危機感もないの。


企業のリストラで、負担が増えたとか、ストレスが増えたとか、自殺者が増えたとかいうけれど、それは急激にやってしまったことが要因として大きいと思います。景気回復に向けて、ゆり戻し。人が足りないというところもでてきている。公務員リストラって、10年もかけるんですよ。


みてネ(o^-')b

人気blogランキングへ  くつろぐ人気ブログ探し

健康的にやせようティーライフ
 ブログで収入アフェリエイトValueCommerce

DELIDELI95さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。