探そう ほしいもの!!

SEO
  • SEOブログパーツ
2005-12-05 18:29:43

千代田区で能力主義のボーナス制度 経営のこころ

テーマ:時事問題 最近の話題

千代田区長というのは、なにかと新しいことを他に先駆けてやりたいようですね。


よきにしろ、あしきにしろ、変えよう、よくしようと考えてやっているような気がしてきました。


ちょっと前に千代田区のやり方はあぶないんじゃないかという記事
を書きましたが。



朝令暮改でも結構です。硬直していた公務員制度を変えていくにあたってはいろいろやってみることが必要だと思います。悪ければ返ればいいんです。臨機応変にやっていってもらいたい。



何もせず、事なかれ主義で、旧態依然の自治体よりも、千代田区のようにいろいろ試行してくれるほうがよいと思います。自治体、公務員の労組と、省庁、自治体がいっしょになって変わることを拒んでいる。ここを構造改革の聖域にしてはいけない。もっとも深くメスを入れないとならないところだと思います。



横浜市中田市長みたいなところは、かなり経営感覚というものを市政に入れてきている。もっともっといろいろな自治体が経営感覚を取り入れて言って欲しい。


正しい経営というのは、利益を追求することではありません。おおやけの心をもって、奉仕することが必要であり、それを効率的にやることなんです。ですから、官でも民でもそんなにかわらないんです。それが、官も民も偏った考え方をするからおかしくなるんです。偏ってしまうもんだから、官だからって、採算度外視で知恵を出さないし、さぼっても昇進するし、民だからって、利益ばかり追求するところがある。



経営というのは違うんです。民の利益追求のことを思い浮かべる人が多いかもしれないが。本来は違うのです。


今日の朝の日経新聞で、明治時代の住友の経営者の言葉「常に公利公益を旨として営業の進路をとる」


「卑しくも浮利にはしり軽進すべからざること」


松下幸之助は、「社会生活の改善と向上をはかり世界文化の進展に寄与する」「会社は社会の公器である」「利益はお役立ち料」



長く会社を存続させるためには、利益追求に走り、軽挙妄動することは慎まなければならないのです。自分さえよければよいという、おおやけのこころのない人が、おかしな経営をする。


経営者、起業家を目指す人も、会社員も公務員、おおやけのこころをなくすと、とんでもないことをいつかしでかすことになりますよ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

DELIDELI95さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。