見捨てられる不安のある人の10倍楽になる、ともにある生き方

薬物依存延べ13年、うつ、発達障害、投薬25年の生活を終了。 「恐怖に満ちている」から「美しく限りなく優しい」世界観へ。世界を信じて、空のもと、風のように生きる話です。



テーマ:

 

■親との関係、実は悪くなかった

 

 

初夢で16歳の自分の姿を見た話の続きです。

 

 

夢から覚めて、まだ朦朧としているときに、

今はない自分の部屋の詳細を思い出してみました。 

 

 

本棚は2つあり、その一つは、

買ってもらった本がぎっしり詰まっていました。 

 

  

 

 

 

 

僕は物に対する愛着がとても強かった。

 

 

もっと小さな4,5歳のころ

道端に落ちている石ころや小さなゴミを

ポケットがパンパンになるくらい持って帰っていました。 

 

 

こんなところに”一人”で誰からも見向きもされず、

転がっているなんてかわいそう、 

 

そう考えて、気がつくと拾わずにいられませんでした。 

 

 

もっとも、持って帰ると、

拾ってきた石ころやゴミにはすっかり関心なくなり、

 

母親は、「またゴミを拾ってきた~」と

呆れながら、でも怒るでもなく言うのです。 

 

 

 

かわいそうな物たちは、

母の手によって”成仏”するのでした。 

 

 

ゴミとは自分の別の姿。 

 

それを母親の手を一瞬煩わせることで、

小さな安心を拾っていました。 

 

 

 

 

16歳のときに戻ると、

本棚にはその4,5歳の頃に

買ってもらった本も並んでいました。

 

押し入れの中には、もっと以前の3歳向きの絵本も

捨てずに仕舞い込んでいました。 

 

 

それらをわざわざ引っ張り出して見返すでもなく、

ただその中に絵本があるんだと思い返すだけで、

小さな安らぎを感じていました。

  

 

 

大掃除のときに、何度もそれらの本は危機を迎えました。

 

親が勝手に処分しようとしようとしたときは、

激しく怒りました。 

 

 

自分が捨てられるような、

処分されるような、

気持ちを大切にされていないような、 

 

ものすごい恐怖感で潰されそうでした。 

 

 

いまから思えば、

勘違いも挟まっていて微笑ましいんだけど、

当時は真剣でした。 

 

 

物を介在させることで、

親の愛情を確かめていたようです。 

 

 

親に買ってもらった本というところが何より大切であって、

親戚の誰かにもらった本では、愛着度が薄いのです。

 

 

 

 

  

 

 

実のところ、それらの本の一部は、 

まだ家にありました。 

 

 

それほどまでに、親の愛情を求めていたのか? 

 

 

それもある。  

 

あるのだけど、今だから驚いているのは、

自分自身の親に対する愛情の激しさです。  

 

 

嵐の海のような、

激流のような、

猛烈な子どもの愛情でした。

 

 

 

 

今は、それらの本は一冊も残っていません。 

 

親の愛を確認する必要はなくなりました。

 

  

 

自分からの愛という出力と、

親が子を思う愛の入力が、

ちょっとだけ噛み合わなかった。

 

 

 

足りないものはなかったのではないか? 

  

 

やり方として不器用であったけれども、 

 

自分の中にも人の愛を求め、

ときには人に分かち合うこともある愛情がある。

 

 

そのことが分かってしまった。

 

そういうことです。 

 

 

 

 

 

 

子供向けの本を処分するとき、

まったく胸が痛まなかったわけではありません。 

 

 

一冊、一冊の本には、

自分の大切な過去の時間が凝縮されています。

 

 

 

物もまた、生き物です。 

 

人に雰囲気や発する何かがあるように、

物にも気配があります。

  

 

大切にしていた物を葬るとき、

それは自分の内の何かを終わらせることです。 

  

 

 

ほんとうは捨てたくなんかないんだ。

 

未練たっぷりでいいので、

去りゆく物の数々を丁重に見送る。  

  

 

まるで誰かの乗った霊柩車を見送るように。  

 

いつの日か、自分自身がこの世を去るのを、

静かに眺めているかのように。  

 

  

 

日常のせわしなさの中に紛らわすのでなく、

神聖な儀式として執り行うのです。

 

 

 

それは自分の過去を、

これでよし!とすることにつながります。 

 

 

 


心屋塾初級セミナー 

心屋のカウンセリングをセミナー形式で体験できます。 
自分との向かい合い方を学び、
効果の高いものを凝縮してお届けしています。
このセミナー一回で、カウンセリング3回分相当のお得な内容です。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

 

心屋塾初級セミナー (テーマ:不登校) 


 参加費用:   22,000円 


 (再受講割引: 17,000円) 

  再受講割引は、他の講師の受講でも適用されます

  

 

 

■ 2月19日() 福岡   

 

  開催時間: 10:30~18:30

  

  >>詳細はこちらから<<

 

 

 3月5日() 広島

  

  開催時間: 11:00~19:00

 

  >>詳細はこちらから<<

 

 

■ 3月12日() 仙台

 

   開催時間: 11:00~19:00 

    

  >>詳細はこちらから<<

 

 

 

 

 

〔主な内容〕

  学校へ行かないことの何が問題なのか

   学校へ行かない子どもを持つ親のあり方とは

  学校で学べるもの、学校では学べないもの

  それは、子どもの問題なの? 親の問題なの?

  学校について、今はどう考えているか、

  当時はどう思っていたのか 

 

〔このような方にお勧めです〕

   学校へ行かない、行きたがらない家族がいる

  学歴にコンプレックスがある

  そもそも「教育」って何? という疑問がある

 

・・・・・・  

 

 

◇いろいろお問い合わせ◇ 

 

>>お問い合わせはこちら

 

 

 

IMG_2603

  

 

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*

 

↓↓月末まで個人セッション、募集始めました。

 

どのようなアプローチになるかはその時のお楽しみ。

だから、カウンセリングでなくセッションです。

 

.・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚

 

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*

個人セッション

1月31日までの予定で募集いたします。

(東京、及び関東6県。  他に地方出張もあります) 

 

午前中ほか、規定の日時以外もお受けできる場合

ありますので、お気軽にご相談ください。

 

 >>個人セッション詳細はこちら<<

 

>>お問い合わせはこちら

 

*~*~*~*~*~*~*~*
心屋塾オープンカウンセリング カナヘイうさぎ
    (参加費用:お気持ち金制度)
   

  >>オープンカウンセリングとは  

 ※予定が入り次第掲載します。

*~*~*~*~*~*~*~*

 

 

心屋塾上級ワークショップ (2日間)
人間関係やコミュニケーション、劣等感を根本から劇的に変えてしまう

コミュニケーションワークショップです。

コミュニケーションや話し方を学んだのに、雑談が苦手だったり、仕事関係以外の交友・友人が少ない人への最終手段です。 
 

  参加費用:   73,500円
  (
再受講割引: 44,100円) 

 

 ※予定が入り次第掲載します

    

 


心屋塾初級セミナー 

心屋のカウンセリングをセミナー形式で体験できます。 
自分との向かい合い方を学び、
効果の高いものを凝縮してお届けしています。
このセミナー一回で、カウンセリング3回分相当のお得な内容です。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

心屋塾初級セミナー (通常版) 


    開催時間: 11:00~19:00


 参加費用:   22,000円
 (再受講割引: 17,000円)

 

 

※予定が入り次第掲載します    

 

 

 

 

◇いろいろお問い合わせ◇ 

 

>>お問い合わせはこちら

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。