世界一周*デッカオのカレーなるAROUND the WORLD

顔デカメの誠と、スリランカと日本のハーフのマリの
行き当たりバッタリB型全開の世界一周旅行記。
世界の美味しい物、素敵な景色、建物、空気、人と触れ合って
心も体も(?!)大きくなる様子を綴っていきます。


テーマ:
去年の今日は、20年来の友人が待つベルギーは、ブリュッセルにいました。

{D3AE1CA1-DE9F-454A-A086-BA2B537B88FB:01}


{F66AD9C1-C8DD-412E-9F3A-83F025A9FE7C:01}


いつも日本で会っていたメンバーと
まさかのベルギーで再会。
楽しくて楽しくて、みんな大興奮だったなあ。

----------------
2012.10

最高に楽しかったトリニダード・トバゴを後にして向かうのは、
世界一周19カ国目の国。

アンティグア•バーブーダ。

????

さかのぼること数日前…

私は、『世界一周100日目にして思うこと』というブログを書いた。 

その記事を見た、今回の旅行をサポートしてくれている20年来の友人たっくん(ベルギーで会っていたメンバーの兄弟)から慌てて連絡が…

トリニダード・トバゴ→グァテマラ→アメリカ→ペルー→ボリビア→イースター島→チリ→ブラジル→日本

って次の行き先書いてたけど、
グァテマラなんて旅程に入ってないよ!

2人が行くのは、カリブのもうひとつの島 アンティグア•バーブーダやで!

なに~!!!!
痛恨のミス。

私たちは、グァテマラのアンティグアに降り立つつもりで、フライトをとっていたのだけど、まさかのアンティグア•バーブーダという謎の島に一週間もステイする予定を組んでいた。

ネットで調べても、
ほとんど情報がない。

ホテルもなかなか見つからない。
ていうか、アンティグア•バーブーダってどこっ⁈

でもでも…
謎の島に行くのも面白そう。

結局、フライトを変更するのもめんどくさいし、むしろ謎の島に行くのも面白そうなので、行く事に決定!

宿は、国が運営するサイトから良さそうな所を予約。

トバゴの斬新なイミグレを経て、
いざアンティグア•バーブーダへ。

{CDD89743-3F68-482B-9E26-3E822E285703:01}

↑イミグレが外にあるという…

いざ飛行機に乗り込むと
どうもアンティグア•バーブーダ経由ニューヨーク行きのフライトの様。

出た。必殺の途中下車飛行機!
もう、動じません。

アンティグア•バーブーダに着くと、
CAさんが私たちを呼びに来た。

結局、飛行機を降りたのは、
私たちと前にビーチで出会ったオランダ人夫婦のみだった。


なかなかエキサイティングな一週間が待ってそうです。

ちなみに、トバゴに行く前に途中停車した謎の島は、ここアンティグア•バーブーダでした。

{B0958343-CC2E-47DD-AA7B-1E1212B44DEC:01}




AD
いいね!(15)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
楽しすぎたトバゴライフも
いよいよ最終日に。

でも、私たちには、
ひとつやり残した事があった。

それは、スティールパンの
練習風景を見る事。
そして、教えてもらう事。

最終日の飛行機まで時間があったので、
楽しかった所をブラブラ散歩する。

よく行ったフルーツスタンドのおばさんにお別れを告げに。

{665848E4-7883-450A-8F44-1792088B0493:01}

ミニスーパーのおばさんにも。

{E6D77859-1984-4DF3-B643-F9FD17C8FDC4:01}


トバゴでは、やたらと野生のニワトリが歩いている。

{F4BACF0F-3BFC-4A66-91A8-F6F9A53E595D:01}

{1C57D628-7A0E-4218-9778-77759D41F4F6:01}


カカオ売りのおばさんも。

{23630662-28D0-4974-AD87-AE104A11CD88:01}


ちょっとお茶でもしてみようかと入ったカフェで驚きのコーヒーが…

{BDE407FA-C67A-4002-A5B2-892FFC1D8BA2:01}


まさかのインスタントコーヒーの粉とお湯が出てきた。
てか、粉多すぎるし。
そんなセルフって…

出発まで、あと2時間位の頃。

スティールパンの看板を発見。

{9E2AC74F-5437-4255-8FAC-4BB859CD8757:01}


実は、ゲストハウスのオーナーのBlendanにこないだのスティールパンのチームの練習場所を聞いていたのだ。

でも、Blendanの言う通り、今日は練習はオフの日。

{8E16881B-1283-429C-884D-6D8FC7252753:01}



遠くから、スティールパンを指を加えて見る事しか出来なかった…

残念!

と歩いていたら、どこかでスティールパンの音色が聞こえる。

音に誘われてやってきたのは、
集会所みたいなところ。

そこで、スティールパンを弾いているちびっこと教えてるお兄さんが!

覗いていると、お兄さんが招き入れてくれた。

{F18BC506-2DC7-4B8E-B202-6AC3A950D1FA:01}

もうね。たまらなかった。

このお兄さんの愛溢れる目と話し方。

スティールパンへのみんなの愛情。

そして、子供が奏でるちょっとぎごちなくて、でも一生懸命な姿。

心が震えた。

心底震えた。

このドレッドボーイが、
私たちに教えてくれた。

{8AD9C648-6F37-41D2-B90F-EDD8455C3AB9:01}

{3A776D63-75D5-4965-AF09-C6A7F7344B67:01}



{6B37DE98-A09E-4ADA-94BA-51226726CC25:01}

最後にお兄さんが弾いてくれた音色が
今まで聞いたことがない位の
優しさと素晴らしさに、
私たち2人は固まってしまった。

お兄さんは、グラナダ出身。

トバゴとグラナダにしか行った事がないけど、このスティールパンを通して、
世界が平和になれば良いなと想う。

子供たちに優しくて強い大人になって欲しいから、こうやって、ボランティアで教えに来てるんだって優しい笑顔で私たちに、話してくれた。

ありがたくも私の周りには、
愛が溢れていて、
あったかくて、
素敵な人が多い。

そうゆう人たちの周りには
同じ人たちが集まっていく。

そして、私は何を置いても
そうゆう愛溢れる人になりたいと思う。

日本にいる私は毎日、
楽しくて、みんなに助けられていて
幸せだなあって想う。

それは、このお兄さんに会えて、
大好きなスティールパンを自分の手で
ぎごちないながらにも奏でる事が出来て、
私たちは、心の幸せってこうゆう事なんだって事を改めて教えてもらったから、
余計に感謝出来る様になったのかもしれない。

{BDDB332B-07F9-42F3-99BB-67C1F342C4C9:01}


トバゴでの一週間は、
私たちのこれからの人生に
間違いなくかけがえのないものを
沢山、プレゼントされた素晴らしい日々だった。

そして、長年の夢が叶った国のひとつでもあった。

私たちの夢は、
とっても小さくて沢山あるけど、
夢は叶うんですね。

トバゴ、ありがとう!

{BBBE960F-7814-48D3-8A64-E2E348DBDC90:01}


{FEFF943C-94C6-4F49-8708-4E297A45A7CA:01}


{5A2409AE-1D41-4B11-A97F-431603E03B60:01}


AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『カレーや デッカオ』の場所を貸して下さっている私たちが大好きな『Barオマツ』さんが2周年!

{61A88969-0FC9-4F4B-B65B-76D821E93D85:01}

まっちゃんさん、きみちゃん、ケイイチロウ君の人柄で、
夜中にもかかわらず、ジャンジャカ人がお祝いに来られてて、私たちも頑張ろうって思えます。

{F0BDFB8E-6700-4C26-B85B-F7F0B0509E36:01}


まっちゃんさんとエレベーターに挟まれそうになってるデッカオさん。

今晩も、Barオマツでは、
ハッピーで、激しくて、ステキな時間が流れています。
-------------
2012.10

トバゴライフを満喫していたとある夜。
フランス人のVirginieと翌日もまたBlendanにお願いしてシュノーケリングに連れて行ってもらおうとプランを立てていた。

だんだん話をする内に、
せっかくだから島を一周したいよね。
という話になり、でも免許が無いからタクシーでもチャーターしようか…とグダグダ話をしていたら、一台の車がゲストハウスに到着した。

降りてきたのは、ドイツ人カップル。

来た~!
私とVirginieは、同じ悪知恵が瞬時に閃いた。

あの2人をそそのかして(誘って)、
あの車で(ガソリン代位で)
島一周しに行こう!

そうなれば、早い!
会って間もないのに、
私たち2人の息はピッタリ。


Virginieがビールを買いに行き、
私が料理を作る。

{4AF8AB6B-A52A-432B-9C58-65AA5BCD76AA:01}

そして、直接交渉。

モチロン、交渉成立!
明日は、シュノーケリング。
明後日は、島一周決定です。

完全にデッカオさんは、
呆れ顔でしたけどね。

そんなこんなで、翌日は、
トバゴ、日本、スリランカと日本のハーフ、フランス、ドイツ、アメリカと、
またまた多国籍なメンバーでシュノーケリング。

{89BF5B3E-0491-49E6-A952-16415B73D8C7:01}


ていうか、この私の黒さは異常。
トバゴ人2人と同じくらい逆光じゃないのに、顔が写らない…
そりゃ、アフリカンに間違えられるね…

気を取り直して、シュノーケリング。

{B7B091F4-8BDD-451E-A9D5-39AA53559D70:01}



ゲストハウスのオーナーBrendan先導の元ユラユラ潜っていると、Brendanが急に叫びだした。

なんと、ロブスター捕獲成功!
今日の夜ご飯です。

次に叫んだのは、Virginie。
次は、ウミガメを発見。
みんなで、ウミガメと一緒に泳ぐこの夢の様なひと時。

{8A693966-7572-424B-9468-ABD60EE26B7A:01}


陸に乗り上げたので、海にかえしてあげる。

{604826CA-F67C-4FCC-B0CC-EA936EBE916D:01}


もう楽しすぎて、トバゴが楽園すぎて、やたらと身震いしてしまう。
そんな感覚は、始めてかもしれない…

翌日は、島一周へ。

一応、地図はあるけどあって無い様なもの。

途中、ゲリラ豪雨のため前に進めなくなったり、

{35AECD4F-EB02-4110-9BB9-EAC465DB9083:01}


謎の丘に登ってみたり、

{4CFC431F-DF82-4F1E-9D60-F0535D52800C:01}


謎の民芸品屋さんに遭遇したり、

{D2D194FD-0893-4D2F-AFB5-3464F7B71FCE:01}

滝に飛び込んでみたり、

{321ABF8E-880E-4749-9D70-0273C5A2E9C4:01}


{065F510A-3450-4457-8EF7-399D6F9D3921:01}



そして、行き着いたのは、
超最高なビーチ!

{C27254EF-2D81-4AFA-8693-1EBA1A8BFFD3:01}

やっぱりこういう色使いが好き。

{76DE6349-D4BD-4963-A932-D2132A5A93C7:01}

ブランコがなんともカワイイ。

{4D06E942-FBFD-45FA-A1A4-635A296BC32A:01}


{BC823518-761F-4F18-AD3D-B51E7E3C0691:01}


スリランカのゴーダンバロティと同じようなロティ。

{0A729CE9-1DD4-4F5C-8789-D36C76F16989:01}


{DEB46AA9-6B77-4DE4-AB2E-A36C8E0127BC:01}



{7375B87E-1F76-4D20-9A1A-FAD153CD234A:01}


おじさんたちもマッタリ。

{C2E664DB-CD71-46BD-AC72-9C7D5F52CD1E:01}


トバゴの人たちは、
基本的にのんびりした一日を過ごしている人が多い。

ボケッとしてるおじさん。

レゲエを流しながらユラユラ踊ってる若者。

人の庭に行って、井戸端会議をしているおばさんたち。

ずっと、そうゆう生活をしている人たちのコトが不思議だった。

働かなくても、生活出来るの?
楽しいの?

私たち先進国の人たちは、
贅沢をお金で買っている。

自分の成長、人生を楽しむために
働いている。
そこには、良くも悪くも闘争心が存在する。
そんな私もなかなかの負けず嫌い。

でも、トバゴでは、お金を使う所がない。
子供から老人までもが、レゲエやソカを聞いて、歌って、踊って、語り合っている。

自然そのものが、贅沢の極み。
それを彼らは、スゴくわかっている様に思う。
そこに、闘争心は存在しない。
嫌な人は、アメリカやヨーロッパへ出て行く。
そう、私たちとは違う次元で生きているのだ。
私たちが思う贅沢を彼らは、贅沢だとは思わない。
逆は、違う。
私たちは、彼らの日常に近づきたいと、
この島にやってくる。

私たちは、同じ地球上で色んな価値観の元、生きている。

何が良くて、何が悪いなんてない。

そんな地球上に住む色んな人たちの生活を
私たちは、この旅を通して、
体感し、気づく事が出来たのだ。

{3EDF7A14-691F-4C7D-B014-9F77B3778EDD:01}



AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2012.10
世界一周111日目。


シュノーケリングで、
沢山の魚と戯れた後は、ゲストハウスでまったりと、ゲームをしていたら…

{F7F32E36-4BAC-4DF2-9BAA-0989AC21A699:01}


いつのまにか、近所の人たちが次から次へと集まって来た。

{A576FCC0-15C1-4EFE-BCA7-AA76B6D28CCC:01}


白熱しすぎて、その間にシャワーを浴びに行くほど…

{364E396B-0B8F-4FC1-B67C-102897B195B7:01}


Brendanが、夕陽が綺麗に見える所があるから、一緒に行こう!ということで、
このゲストハウスで1番仲良くなったフランス人のVirginieと一緒にその素敵スポットへ。

{D9991D8E-A3A5-4F9A-A23A-23237830F4AB:01}


ゲストハウスの周りは何も無い。
何か、日本の田舎の風景に似てる感じもする。

{345FBD4C-4BD0-4A2D-A3F6-EDD798468DF5:01}


ゆる~いレゲエを聴きながら、
ハンモックの上でサンセットを堪能。

Virginieは、立っている所は、ちょっと高台なのに、
そこから飛び込んで泳ぎながらサンセットを堪能してた。

どうも私と仲良くなる人は、
変わり者が多いらしい。

そして夜は、Sunday school party Buccoへ。

会場に近づくにつれて、
あの長年追い求めていたあの音色が…!!

{85D8DF04-F2BA-4FA2-A4FA-DDF96D39AADE:01}


ヤバイ~!!
我慢出来ずに、真横まで行って見に行く。

{DD78EF86-AE8F-4A2C-BACE-3236B20F798F:01}


{2F5344FC-B478-4A9E-9FEE-E2828964F666:01}


{7EB3B3BE-96A9-4104-AFD1-E2DA8941A7F0:01}


ちなみにスティールパンとは、
ドラム缶を変形させて、
音階を出している打楽器で、
どちらかというと木琴の音に近いと思う。

「20世紀最後にして最大のアコースティック楽器」

そう言われる価値はある。

圧巻のスティールパンのライブ。
長年の想いが叶うと人は勝手に涙がでる。

そして、その音色の素晴らしさと迫力とパフォーマーの素晴らしすぎる雰囲気と熱気に感動して、また涙がでる。

はぁ~この島から出るこの心を突き動かされるものは、一体何なんだ。

トバゴライフは、もう少し続きます。


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2012.10

ビーチでひとしきりみんなで遊んだので、ゲストハウスへ。

今日は、カナダから大学生も何人かとフランスからとアメリカからも1人来てるみたいなので、私たちを含めてウェルカムパーティをしてくれるとのこと。

{A0620596-C718-41D9-933D-C9DCD444A0A1:01}


何とBrendanが、私たちの為にと
マグロの刺身まで用意してくれた!
しかも、お醤油まで。

嬉しい~!
その気持ちが嬉しいよね。

庭で採れたデッカいアボカドのサラダやさっき連れた魚のグリルに刺身。

Brendanのホスピタリティの高さはスゴイ。

そうこうしているウチに、
Brendanがゲームをしよう!と言い出して大椅子取りゲーム大会がスタート。

優勝者は、明日のシュノーケリングが半額に!

ノリノリのソカに合わせて、スタート!

{ACC7D238-BF3E-4741-9FE1-CAC3F91E854E:01}


敗北者には、テキーラが待ち受けてる。

{C90B80DB-AD00-433E-9ACE-5AA4269B2840:01}


私は、カナダ人のお尻アタックに負けて早々と敗北。  

{F4EF6295-12B9-4AF4-A8FA-134F09360634:01}


デッカオさんは、お酒が飲めないので必死。

このブレブレの白ランニングがデッカオさん。

最後の三人まで残ったけど、
最後の最後に敗北~!

はしゃぎすぎたね。

翌日は、みんなでシュノーケリング。

{FE68AEAC-5DD3-4272-B62C-39E360B9617E:01}


もうね。島の至る所の色使いが好き過ぎて私の五感を刺激する!

{6CA4BBA3-D5A4-4583-ADA2-2E2808CCE027:01}


昨日に引き続きこの青い空!

{475AC4C9-BE98-400B-9233-0091F9C45D8D:01}

{539BDE0A-124C-489B-A074-8BFD733B8D5C:01}


{0750A40E-0C98-4258-AD85-1CA4457FB719:01}



{737B2986-CF91-4403-BF51-A2F8845D824B:01}


{118380F6-3210-42DB-9BCB-ACD064F0909F:01}



{B0D422A3-6742-48F1-8120-26CF55237684:01}


ここのビーチで出会ったチュニジアからのおじさんにチュニジア人に間違えられたり、
初めて、海の向こう側だけど、竜巻を見たり、
ゲストハウスまで帰る舟の船長が暴走しまくって振り落とされそうになったりと中々スリリングな体験をしながらも大満喫!

帰ったら、待ちに待ったSunday school party Bucco!!!
そう、スティールパンのライブです。



いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。