• 01 Oct
    • 突然新卒が

      新卒1年目の2人が、私の部屋に。 「曽山さん、今いいですか」 彼女たちは、広告代理店部門。 何かあったのか・・・? 「相談がありまして・・・」 「ど、どうしたの・・・?」 「・・・・」 (YさんとSさん。どっちが言い出すか、と見つめ合う二人) 「・・・・」 「ブログに、リンクをはって欲しいんです」 「・・・・?」 「私たちのブログに、リンクをはって欲しいんです」 (ほっとしながら) 「そういうことなら、いくらでも協力するよ!!!」 ということでこれが、そのブログ。 モバイル専門のチームで新卒が情報をまとめてくれています。 正直、すごく面白いです。 http://ameblo.jp/mobile09 今年の4月に入社した1年目のメンバーは どんどん意思表明をしてくれていて心強いです。 そしてこのメンバーが所属するモバイルチーム。 業績が非常に好調とのことで、 どんどん発注が増えているとのこと。 成果も出して、このように新卒も活性化していて 頼もしい限り。 引き続き、応援します!!! http://ameblo.jp/mobile09

      2
      テーマ:
  • 12 Jun
    • 質問する力

      デキる人と話していると、いつの間にかいろいろ話をしている (してしまっている)ことに気がつくことがある。 「あれ、ここまでは言うつもりなかったのに」と。 デキると感じる人の質問には、 「全体像はどうなっているのか」を 理解しようという意思を感じる ことが多い。 ディテールをつみかさねるのではなく、 根本のことを聞いてくることが多いのだ。 木村 孝, 高橋 慶治 問題解決のための「質問力」―9つの視点(エニアグラム)が仕事の質を高め、あなたを鍛える! またエニアグラム関連の本ですが、 この本は使えます。 キャリア開発 コーチング プレゼンテーション クレーム処理 ストレス・マネジメント などみなさんが向き合う様々なシーンごとに、 それぞれのタイプ別に成長するための 質問を用意してくれているのです。 たとえばコーチングなら 改革主義者のタイプ1向けに コーチングの目的は明確ですか (タイプ1はつい森を見ずに木をみがちということで) 一方統率者のタイプ8向けには 相手の意思や決意を確認しましたか (タイプ8はつい強い主張で自分の決定を押し付けがちだということで) などなど、はっとさせられる質問が多いです。 しかも携帯用に質問カードというのが添付されているので(*^▽^*)、 手帳に忍ばせておこうかとおもいます

      2
      テーマ:
  • 26 Oct
    • 提案が通らなかったときには、次に勝てる方法を聞こう。

      提案したものが流れてしまったり、 あるいはコンペで負けてしまったりすることはしたくないがありえる話だ。 こういう悲しいときこそ、デキる人はくらいつくつく。 デキる人は下の3つをよくやっている。 (1)すぐにいく! すぐにその理由を聞きに行く。 できればその日、遅くとも翌日。来週じゃダメなのだ。 感情も理由の把握も薄いのだ。 ダメと判断した感情や論理が頭に残っている間にいくこと。 (2)原因を聞く! なぜダメだったのか原因を聞く。 自分がもう一度やって「ああ、これをやれば勝てたんだな」とわかるまで聞くのがポイント。 (3)次回の勝ち目を聞く! 次に同じ機会があるとして、何をすれば決めてくれたかを聞く (2)に近いようだが、あくまで「過去」だ。 過去だけを聞いても意味がない。次の時には状況が変わっているかもしれないのだ。 「次といっても○○の季節だからね、△△なところもポイントになるよね。」 のようなこともよくあるのだ。 次を意識した話をとにかくすること。 その負けをとにかく反省し、 次の勝ちのためのアクションを「その日」からはじめること。 負けを差別化につなげれば、新たな勝ちパターンをつくることができる。

      4
      テーマ:
  • 04 Jun
    • デキる人に見られたければ、情報源を少しづつ広げよう。

      よく、どうやって情報を集めてるんですか? といわれる。ありがたいことだ。 しかし自分ではまったく満足しておらず もっと「デキる人の情報源を知りたい」と思っている。 自分自身についてよくよく振り返ってみると、 2年前の新年に日経とMJだけでなくて 視野を広げるために日経産業とか日経金融もとってみようと 思ったのが大きいかも。 この月数千円の小さな判断が大きな効果を生んだ。 情報をとにかくクライアントにもメンバーにも提供するようにした。 「○○とかご存知ですか?」などのようにだ。 そうしたら逆に、情報がたくさん入ってくるようになった。 みなさんの情報源もぜひ教えてください。 私が活用・定期購読している情報源は ざっとこのようなところだろうか。 日経新聞 日経産業新聞 日経MJ 日経金融 フジサンケイビジネスアイ 日経ビジネス 東洋経済 ハーバードビジネスレビュー 宣伝会議 販促会議 PRIR(プリール) アドバタイムズ インターネットマガジン TOPポイント 日経新製品レビュー 日経テレコン RSSリーダー 男性誌・女性誌(これはつどつど) などなど。。。

      2
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 「新スペシャリストになろう!」

      「新スペシャリストになろう!」を読んだ。 これも営業のみなさんに参考になるはず! リクルート出身で現在ブライトサイド・コーポレーション社長の 武田氏の著書。 「リクルート社員が会社を辞めても幸せになれる理由」という 副題のとおり、リクルートという環境がどのように人を育てているのかを 書いているものだ。 リクルートの社員で圧倒的に経験として多いのは、 「課題解決の経験」だという。 確かにクライアントになりきって悩んで、提案して、決めて、成功させる。 私の今いる会社も商品は異なるが、優秀な人材が非常に多いのも 上記のステップが入社直後にあるからだと思う。 一番最初はこの武田氏が立ち上げたビジネス上出会った様々な 新スペシャリスト(スペシャリストかつビジネス・プロフェッショナル))に ついての記述で、自分の持っている経験を振り返って活かせば様々な ビジネスチャンスがあるのではという提言をしてくれている。 この本では特に5章からが一番使えるかも。 5スキルと21アイテムということで 新プロフェッショナルになるために押さえておくべきポイントが 書かれている。 ・ブレストでの9つのチェックポイント ・自分の提供できる付加価値を作るためのポイント ・営業上、上司が出てきたときにハートをつかむポイント ・ロジックツリーをどう使うか ・課題解決経験を踏むには ・人脈の広げ方 などなど。

      1
      テーマ:
  • 22 Oct
    • 約束を減らして、実行を増やそう。

      「約束を減らし、実行を増やそう。」 たまたまこのニュアンスのコトバに 立て続けに出会った。 ユニクロの企業理念(?)の中だったか、 行動規範だったかは忘れてしまったが このコトバがあった。 また、「新米リーダー10のスキル」 などでも同じようなコトバが語られていた。 営業現場でもデキるメンバーは 必ずこの要素を押さえている。 ■約束を減らす=その場でやってしまう クライアントからはお願いされることはあるので、 これはさすが拒否はできない。 しかし、依頼をその場では解決すれば 「約束」にはならなくてすむ。 ○○について調べてほしいんだけどと お願いされたら、「いつまでに必要か」を 明確にした上で期限がいつでもすぐできるなら 今やってしまう。 これで宿題がたまらずにすむ。 ■実行を多くする=クライアントの悩みを考える 大事なのは、約束をまずは実行して 実行直後にクライアントに報告すること。 そのときにプラスアルファの営業は クライアントの悩みを考える。 「何に困っているのか?」と。 クライアントの悩みを考えることで、 ○○が必要なのではとか、 ○○があれば社内で説明しやすいのではとかの アイデアが生み出せる。 そのアクションを実行することで、 クライアントの評価は何もしていないものよりも 高いはずだ。 ただ自己満足も問題である。 大事なことは、クライアントに自分の行動や 情報について評価をもらうこと。 これで自分の動きが必要なものか、 無駄なものかがわかってくる。 約束は無理にしないで、その分 期待をいい意味で裏切って実行を多くしよう。

      3
      テーマ:
  • 20 Sep
    • 「初めて」「久々」のときこそ、目標を聞いてみよう。

      先日書いた記事の 『「目標は何ですか」と聞いてみよう。』に 読者の方からからコメントをいただいた。   「目標やビジョンを(クライアントに)聞くタイミングは?」 という質問だが、下記のような状況では特に有効である。 ・初めてお会いしたとき ・久々にお会いしたとき どちらも先日書いたとおり、 役職者の方が有効である。 「ぜひ良いご提案をしたいので、 現状の重点を置かれている目標を 聞かせていただけないでしょうか」 「お久しぶりにお会いしましたが、 目標などについて方針の変更などが ありましたらぜひ改めてお聞かせ 願えないでしょうか」などなど。 なぜこのような質問をするかというと たいてい役職者(上司)が持っている目標のほうが シンプルなことが多いからである。 現場の担当者の方の場合、 様々な理由で断片的であったり 偏っていることがある。 そういう場合提案をしても 判断基準があいまいになってしまい なかなか決まらない。 そこで上司から目標を聞くことができれば 実際に経営目標に近いため ブレがすくなくなり、受注確度が高まる。 自分でやらなくてもかまわない。 自分の上司を連れて行って先方の上司にも 同席してもらい上記のような話の 舵取りに回ってもかまわない。 先日もメンバーと同行していたら そのメンバーが見事に目標を聞き出した。 「こんなこと聞いてきた会社は初めてだよ」という 反応とともに、ビジョンもそのビジョンが決まっている 背景も聞くことができた。   目標を聞いて、クライアントのハートに近づこう。

      テーマ:
  • 16 Sep
    • 「目標は何ですか」と聞いてみよう。

      大きな目標が握れているとき、 あなたの提案はほとんど通ると思っていい。 攻めあぐねているときに限って、 「商品を押し付ける営業」というワナに はまっているもの。 そこで使えるのが目標を聞くということ。 「御社の考える方向性をきちんと理解した上で 提案をしたいので、将来的なビジョンや方向性が あれば教えていただけますか? 難しければ直近の目標でも構いません。」 特に役職者が出たときに効果的。 「お、こいつ本気だな」と 見てもらえることもあるし、 実際に戦略や大きな目標を握れると 本当に受注が近くなる。 全ての提案の際に 「先日おっしゃった目標につながる提案です」 といえばたいてい良い返事がもらえる。 おそれず、目標を聞いてみよう。

      1
      3
      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

月別

一覧を見る

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。