先日、リクルートホールディングス人事統括室の室長である瀬名波文野さんと対談させていただきました!

 

 

瀬名波さんはフォーブスジャパンの「世界で闘う日本の女性55人」にも選出されている方で、ご一緒できて本当に光栄でした。海外での経営経験など素晴らしいご経験をお持ちで、この対談もとても学びが多く、ずばり最高に楽しかったです!ちなみに、先行予約を開始した「強みを活かす」に、この対談が掲載されます。

 

 

瀬名波さんから教えていただいた考え方。

 

・強みを活かすために、濃いめにたっぷり自己紹介を聞く

 

・「○○はどうしたい?」の問いが自分の考えを引き出し、他人との違いを認識させる

 

・自分の意見をぶつけることでしか、反応は得られない

 

・良い上司は表彰状を書くのが上手で、観察と言語化を大事にしている

 

・放っておくと、人は弱みの議論ばかりになる

 

・複数部署の上司が集まって、1人のメンバーの強みについて話す

 

・育つのを邪魔しない。できるかぎり相手の力を信じる

 

人材輩出企業として有名なリクルート。一人一人に向き合って、力を引き出す習慣やセリフがたくさんあることがわかりました。本当にたくさんの学びがありました。

 

差異が価値を生む

 

たくさんの学びの中で最も印象的だった言葉がこの考え方。人と人との差異を、面白がってみる。そのすごいところを認めて、活かす。本人の考えを徹底的に引き出す。そうすることで、個々人の差異がぶつかりあって、他では生み出せないようなすごい化学反応が生まれてくる。

 

この「差異が価値を生む」という言葉には、強みを活かすための根本的な考えがあると思いました。

 

 

「強みを活かす」プロジェクト、瀬名波さんにもご支援いただいています!瀬名波さん、リクルートホールディングスのみなさま、本当にありがとうございました!


 

強みを活かすプロジェクト、応援よろしくお願いいたします!

https://www.makuake.com/project/soyamansoyama/

 

 

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る