• 15 Feb
    • リーダー育成についての学びとワナ

        リーダー育成についてのパネルディスカッションで、小杉先生とご一緒させていただきました。   主催のビズリーチ金澤さん、小杉先生、社団法人代表理事須東さん、ギャップジャパン志水さんと、講義のあとの懇親会もご一緒させていただきました。   ■リーダー育成についての学び ・タレントのモチベーションを最大化させることが何より重要 ・ひとりひとりに居場所(役割)を用意することでリーダーになってもらう ・結果を出すということにこだわらせる ・いったん負わせた責任範囲より小さな仕事に配置しない ・ハイポテンシャル人材には決裁権をわたしマルチタスク業務を経験させる   一方で、リーダー育成がとまるワナも学ぶことができました。   ■従来の日本企業におけるリーダー育成の問題点 ・年功序列で順番待ちとなっている ・ひとつの業務だけしか経験していない ・研修が研修のためになっており、リーダー育成と連動していない ・外部からのフィードバックを受ける機会がすくない   などなど。   小杉先生はたくさんのリーダーシップの本を出版されており、たくさんの企業を見てこられたからこそのお話し、本当にたくさんの学びがありました。   「サイバーエージェントのことはいつも注目していて、よく講演などで事例として紹介するんだよ!」とのお言葉もいただきましたが、さらに注目していただけるようにこれからも新しい取り組みをふやしていこうと思います。       リーダーシップ3.0――カリスマから支援者へ(祥伝社新書306)   Amazon   職業としてのプロ経営者 -プロフェッショナルマネジャー論-   Amazon   起業家のように企業で働く   Amazon      

      31
      テーマ:
  • 08 Feb
    • あのJOYさんが番組に出演!

        私が代表を務めている生放送番組を手掛けるサイキャスト。ライフネット生命保険にスポンサードいただいて様々な企画の番組を配信していますが、今回はなんとなんとJOYさんにご出演いただきました!       JOYさんのツイート JOY@JOY19850415  群馬のバイト時代の先輩が番組をやるって事で、謎に呼び出されました。 この後18時から45分間、出演します。 見ろ!見てくれ!見てください! https://t.co/vBprcNEb9q2017年01月31日 16:58   ライフネット生命でマーケティングを担当されていてこのビフォーアフターチャンネルにもたくさんご出演いただいている肥田さんが、なんとJOYさんのアルバイトの先輩ということで実現。   JOYさんは若くして大きな病気を経験し、更には長期間の入院・就業不能状態を経験したことがあるということで今回の対談になりました。   この番組では、JOYさんがライフネット生命のCM出演や、FRESHでの番組のシリーズ化などをこの番組中にたくさん提案いただいたところ、なんとライフネット生命社長の岩瀬さんからお電話が!   岩瀬社長から電話がかかってきたときの動画はこちら! https://www.facebook.com/LifenetInsurance/videos/1442821002404312/     もしCMが生まれることがあれば、その時には、また番組に遊びに来て欲しいです!!!   JOYさんと肥田さんのリアルなやり取りが撮影されている番組はこちらから!ぜひご覧ください     提供:ライフネット生命保険株式会社 http://www.lifenet-seimei.co.jp/    

      7
      テーマ:
    • 障害のリストアップ

        先日、採用育成本部メンバー全員でのミーティングを行いました。     これまで別の部署だったみんなが集まって、部署横断で議論してもらました。   いくつかのテーマについて議論してもらいましたが、特によかったのは「障害のリストアップ」。   業務を進めるにあたって、障害となっている作業やフローについて議論するというものです。成果を出すための障害、ということで「成果の障害」ともいえるものです。   1)個人で2分程度、紙に障害を書き出す。 2)部署横断でグループをつくり、別の紙にみんなの障害を書き出す 3)影響が大きいものや負担が大きいものを議論する   という感じで、だいたい10分から15分程度ですり合わせができました。私にもたくさんの気づきがあり、とてもよかったです。そしてこれを、次の回のリーダー会議で動かすところまで議論しました。   1)先日書いてもらった全員の意見を、リーダー全員で見る 2)その中で影響の大きい一つを絞る 3)責任者を決めてその一つの改善策をどんどん進める 新しいチャレンジを生み出している以上、作業も新しいものが生まれていきます。その成長と同時に、以前は有効だった作業も無駄が増えていたりするもの。だからこそ上司やリーダーがメンバーの障害に向き合って、やめたりするとメンバーは成果に向かって集中することができるので結果的に組織成果に直結します。障害の排除はメンバー個人でもやるべきものですが、上司であれば「障害の排除は自分の仕事」と考えておくとより組織成果につながっていきます。     実際に成果を出すリーダーをよく観察してみると、   定期的に業務を見直して、棚卸しをする   いう習慣を何かしらやっている人が多い。メンバーとの対話の中で業績を上げるために障害になっていることを聞きだして、アドバイスしたりサポートしたりしています。単発で一回だけではだめで、軽くでよいのでやりつづけることが重要です。   採用育成本部で実施した「障害のリストアップ」もとてもよかったので、しばらく毎月実施することにしました。月イチで、棚卸。新しく生まれる障害にずっと向き合い、ひとつでいいから改善を決めて実行するというサイクルをつくっていこうと思います。   障害のリストアップ、10分程度でできるのでおすすめです。  

      5
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 成果を出すリーダーは「進捗の支援」を行っている

            成果を出すリーダーは、やりがいのある進捗を支援する。 この言葉に集約されるこの本、膨大な実地研究をふまえてのものなのですごくリアリティと説得力がある本でした。   いくつか気になった点。   ・小さな勝利の積み重ねが、大きな勝利を導く ・最も強力なのは「やりがいのある仕事が進捗すること」 ・マネジャーは仕事の価値を失くす行動を避ける必要がある ・感情に対する障害は、進捗が幸福感を増幅させる2倍以上の力がある ・感情と職場でのネガティブな出来事の関連度は、感情とポジティブな出来事の関連度より5倍強い ・社員はリーダーのポジティブな行動よりもネガティブな行動を思い出す   ■モチベーションの3タイプ ・外発的動機づけ 何かを手に入れるために何かを行う ・内発的動機づけ その仕事自体を個人的挑戦として取り組む ・関係的動機づけ 他人の力になりたいという欲求から生じる   ■進捗を進める栄養ファクター ・尊重すること ・励ますこと ・感情的なサポートすること ・友好関係をつくること 成果を出すリーダーは、やりがいのある進捗を支援する。     日々の進捗を「管理する」のではなく、「支援する」。この姿勢を持っているだけでも、上司から部下に対する対話の仕方も大きく変わってきますね。「進捗の支援」という言葉、頭にいれておこうと思います。     マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力   Amazon          

      10
      1
      テーマ:
  • 05 Feb
    • 元人事部長が教える結果を出す人の働きかた

      元アップルやマッキンゼーで働かれて今は大学で教えられている小杉先生の本。結果を出す人の働きかた。「信頼→成果→自律」のサイクルを回すと結果も出るし、そのための応援ももらいやすくなる。上司や周囲との関係をもっとよくしたいと思う人にぜひ読んでほしい本。

      7
      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

月別

一覧を見る

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。