• 18 Aug
    • 人材育成は、「発見」から始まる

      先日は人材開発本部のロングミーティングを行いました。3月からこの部門を立ち上げて、まずは人材開発という観点で様々なレイヤーの社員との対話を行いました。・人材覚醒会議 (役員ごとに行う人材の発見や育成計画を競う会議)・覚醒パイプライン (管理職5名ほどと一緒にチームメンバーの育成計画を議論する)・キーマンとの面談 (たとえば技術幹部20人弱との面談。経営に声を提言)・CA36 (30歳以下のリーダー育成プログラム)・トップテンリスト (あらゆるジャンルのトップ10人材を役員に共有)などなど。こういう取組を通じていろんな良い点と課題が見えてたこともあり、今回のロングミーティングでは人材開発本部のリーダー陣と今後どのような方向で進めるべきかを全体像から議論しました。事前にお願いして一人一人に提案を持ってきてもらったこともあり、非常に建設的で効果的な会議ができました。こういう議論を通じて、今後の方向性を決めました。人材開発本部は、「発見と配置」に集中する。というものです。人材開発というと「育成プログラム」づくりに意識が向きがちなのですが、本当に目覚ましい成長を遂げている人材をよく観察してみると、「仕事を通じて成長している」ということに気づきます。人材開発の取り組みにおいては、この「仕事を通じて成長する」という状況をどれだけ生み出せるかが重要だと決めました。そのためには、「才能を発見して、適材適所に配置する」という流れが必要です。まずは発見。・その本人にはどのような能力があるのか・パフォーマンスはその能力どおりに発揮できているか・配属は合っているのか、配属ミスはないかなどをくまなく見ていくことが必要です。能力があるのに、その能力通りにパフォーマンスを思うように発揮できていない人を見つけて、適材適所を部署内・部署外問わず経営陣や事業責任者に提言していきます。もっとよい役割が見つかれば組織の成果にもつながります。あくまで業績をあげることに意識を向けて動きます。人材を成長させるのが上手なリーダーは、そのメンバーの持つ強みや意思をよくしっています。「どんな能力があって、何が向いているのか」そういう意味で人材育成は「発見」から始まるという考え方が大事だと気づきました。人材開発本部は発見した人を適所で活躍してもらうため取り組みも複数実行していきます。具体的には、役員会に対して自主的な異動提案である、「中長期のジョブロ(ジョブローテーション)」の提案を増やします。これは必ずしもすぐの異動提案ではありkません。「このメンバーにはこういう力があるので、中期的にこういう仕事をやってもらうとよい」という提案です。同じ部門内で抜擢をしてもらう提案だったり、別の役割を担う提案をして経営陣や事業責任者にどれだけの気づきをもってもらうかが大事。役員全員での議論の場に提案することによって、会社全体の次世代のリーダーとして意識を向けることに力を入れます。一人一人との対話にもさらに力をかけ、個々人の才能の開花を推進します。最近読み直した本。「経営者人材の育成というのは、気骨のある人を掘り出して、あくまで個人として力をつけてもらわないといけません。平均的な集団教育の発想では育たないと思います。結局、人材育成はベンチャー投資と同じなんです。悪い投資ほど早く結果が出てきて、実る時は時間がかかって、あとから全体としての投資結果は良かったのかどうかという話になる。」「人材育成はベンチャー投資と同じ」という概念は本当にそのとおりだと思いました。まずは一人一人のどんな才能があるのか「発見する」こと。管理職やキーマンにも力を仮ながら、どんどん進めていきます。

      50
      テーマ:
  • 16 Aug
    • ワーク•ライフ•セルフの時代

      グループ会社ストライド社長、石田裕子さんの著作。ワークも大事、ライフも大事。これに加えてセルフ、自分だけの時間を持つことが人生を豊かにするという考え方。自然体で働くことというのは、才能を活かすためにもとても大事。人材開発本部のことも紹介してくれてたけど、そういう環境をつくらないとな、と改めて思いを強くできました。サイバーエージェントをいつもとは違う視点で見ることができたのも良かったです。

      14
      テーマ:
    • シンガポール50周年

      シンガポールが50周年記念のイベントをやるということで、先週末にいってきました。シンガポールといえばマリーナベイサンズホテル。ということで宿泊してみました。ホテルからの景色。噂のプールに行ってみたい!と思っていたらこの混雑。。。断念。夜景はすごくきれいでした。日本にも進出してるけど、ディンタイフン。小龍包はシンガポールでも人気。翌日は中華の雰囲気が残る街でランチ。妻のシンガポール人の同僚に、地元の人が行く食堂に連れて行ってもらいました。野菜とあぶらあげみたいなものが入ったバターカレー。うまい。カニの出汁がたっぷり入った麺。これもうますぎでした。。50周年記念のイベントはホテルにて。ヘリコプターが国旗を掲揚したまま飛んで大盛り上がり。とにかくみんな国旗の赤い服を着てました夜には花火!花火は大盛り上がりでした。シンガポールという国がまだ50周年というのは、改めて聞いて驚きました。自分と10歳ほどしか違わないのにこれだけ成長しているというのはすごい。建国の父としてリー・クアンユーがいますが、この本でもたくさん日本への敬意が伝わってきます。「あらゆるレベルの人材をシンガポールに引き入れ、われわれに足りないものを補えば、われわれはそのぶん一層繁栄するだろう。」シンガポール500万人の人口のうち40%は外国人とのこと。才能ある人材を引きつけ、国という組織を成長させた実績は純粋にすごいと思いました。シンガポールも急成長の中で良い点と課題が両方あるとのことですが、これから成長し続けるかどうかは変化に対応できるかどうか。これは会社組織でも同じこと。急成長させた実績を目の前にして、自分も組織をどう永続的に成長しつづけることができるか考えさせれました。リー・クアンユー自選語録 リーダーシップとはなにか/潮出版社

      4
      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
53867 位
総合月間
19082 位
起業・ベンチャー
486 位
IT業界
58 位

ランキングトップへ

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。