• 26 Aug
    • ガールフレンド(仮)メンバーと懇親会

      今日はアメーバ事業本部のガールフレンド(仮)のメンバーと懇親会。ガールフレンド(仮)の立ち上げの裏話から、みんなの近況などを教えてもらってたくさん笑った楽しい会でした!成功を確信できるくらいがんばっているみんなの話は聞いていてもエネルギーをもらえました。応援しています!p(^_^)q

      12
      テーマ:
  • 25 Aug
    • 広告事業本部のメンバーとランチ

      今日は広告事業本部の中途入社のメンバーとランチ。今年の5、6月に入社してくれたメンバー5人と。「みんなが前向きで活気があります」「2年目とかの社員もとても優秀で刺激になってます」「楽しく仕事ができています」などと感想を教えてくれました。入社直後は慣れないことも多い中で良かったです。土日の過ごし方などについてもそれぞれ個性があって私もとても面白かったです。週末はNHKを流しながら本を読むのが好きというメンバーもいれば、土日にイベントに行くのが好きなので「日付+イベント」と検索して週末の予定を立てていますというメンバーも。私もすごく学びが増えた、楽しいランチでした。

      5
      テーマ:
    • 日経文庫のオススメ本

      日経文庫が60周年ということで小冊子が作成されたのですが、その中での売れている文庫本のおすすめで私のコメントを紹介していただきました。会社全体からの視点と、管理職からの視点での人材育成に関する本ですが、ともに人材育成を俯瞰して考えるのにとても参考になりました。会社を強くする人材育成戦略 (日経文庫)/日本経済新聞出版社マネジャーのための人材育成スキル (日経文庫)/日本経済新聞出版社良書は何度も繰り返し読むようにしていますが、この2冊はいつも近くの本棚に置いてあり、何かあればパラパラとめくるようにしています。

      5
      テーマ:
  • 22 Aug
    • 日経産業新聞でマカロンパッケージが紹介されました

      本日の日経産業新聞のケーススタディのコーナーで妊活支援や育児支援をまとめた当社の新しい人事制度、マカロンパッケージが取り上げられました。発表してまだ数ヶ月ですが、すでにたくさん利用されています。妊活休暇も妊活コンシェルも使われていますし、子供の入学式や三者面談なとで半休がとれるキッズデイ休暇などはパパ社員もたくさん使ってくれておりお礼のメールももらいました。こうして形になる制度をつくれているのはあした会議でこの制度のもととなる提案を社員がしてくれたり、利用にあたっての障害などをいろいろ教えてくれる社員のみんなの協力あってこそ。本当にいつも感謝でいっぱいです。これからもより良い制度をつくって、社員一人一人の力を引き出せるようにがんばります!

      8
      テーマ:
  • 19 Aug
    • 「風通し」は日々変わるもの

      先日の日経新聞夕刊で、「クリエイティブ人事」の書評を書いていただきました。「読み応えたっぷり、おすすめ」との評価でした。ここに書いていただいた「風通しの良い会社」という言葉は、どちらかというと会社のみんなが自然体で使ってもらえると嬉しい言葉なので自分で使うことはほとんどありませんが、常に意識している概念です。当社の役員会ではよく組織の風土や人事について話をするので私もいつもとても助かっているのですが、常に思うのは「風通し」というのは山の天気のように、日々変わるものだということです。昨日まで雰囲気よかった上司と部下の関係がちょっとした上司の一言でぎこちなくなったり、ずっと伸び悩んで言い合いが絶えなかった部署が大きな業績をきっかけに皆で協力する雰囲気となって一枚岩になったり。風通しというのは社員一人一人から見れば「経営陣は打てば響くのかどうか」という感覚で判断できますし、経営から見れば「良い情報も悪い情報も迅速に自分に伝わってきているのかどうか」で判断することができます。業績を上げつづけていくためには、いずれにしてもチャンスも問題もスムーズに拾えて本質を見抜ける状態にしておかなくてはなりません。風通しの良い状態ができているかどうかの責任は、他ならぬ組織のトップ、リーダーにあります。リーダーがそういう組織をつくろうとがんばればすこしづつでも道は開けますし、そこの重要性を理解せずに後回しにすると問題が出てこないまま重症になっていってしまいます。自分は会社全体の人事担当ですから、一人一人に力を発揮してもらえる環境づくりが何より大事ですし、人事本部という組織の責任者でもあります。今回この書評を書いていただいたことで、会社全体の風通しはどうだろうとか、部門ごとの風通しにはどのような差があるだろうかなどを改めて意識することができました。社員一人一人にとって力を引き出せる環境づくりはもっとできることがあるはずという姿勢で会社の強みと課題を直視し、向き合っていこうと思います。クリエイティブ人事 個人を伸ばす、チームを活かす (光文社新書)/光文社¥821Amazon.co.jp

      7
      テーマ:
  • 11 Aug
    • クリエイティブ人事の書評

      キープレイヤーズ高野さんからコメントいただきましたクリエイティブ人事 個人を伸ばす、チームを活かす (光文社新書)曽山哲人(そやまてつひと)著、金井壽宏(かないとしひろ)著 - KeyPlayers http://blog.livedoor.jp/keyplayers_takano/archives/52179579.html

      11
      テーマ:
    • これからの経営は「南」から学べ 新興国の爆発的成長が生んだ新常識

      これからの経営は「南」から学べ 新興国の爆発的成長が生んだ新常識/日本経済新聞出版社「経営は実行」などの名著を持つラム・チャラン氏の新著。新興国の爆発的成長を前に、何をどのように取り組めばよいのかについて世界を俯瞰したデータとともに考え方が紹介されています。たとえば下記のような状況が現実として動いている、と。===・より均等な富と雇用の分配へと、世界が確実に移行している・あらゆる国の国際金融システムが、きわめて不安定であること・雇用をめぐる戦争が勃発していること・企業が競う相手は企業だけでなく、国を相手にする場合もある・北側の企業は、南側への市場へのアクセスと引き換えに、未来の競争相手を育ててしまう可能性がある===他にも気になった点を。・傾いた世界と対峙するリーダーは、現場のマネジャーであろうとCEOであろうと、「アウトサイド・イン」の視点でビジネスを見なくてはならない。組織の外側のさまざまな立場に立ってみて、自分の基本的前提や経験則に当てはまらないグローバルな変化に目を凝らす。・アウトサイド・インの視点と同じく重要なのが、「フューチャー・バック」の視点である。時間的視野を広げて世界を吟味し、競争の土俵が20年ほど先の未来にどうなっているか想像する。全体を通して感じたのは、これまでの常識が大幅にひっくり返るのでそれを前提に自己否定をして新しい現実を受け入れなくてはいけないということだと感じました。ネット産業では日々こういう事態が起きていますが、今後もアンテナ高く変化に敏感でいるようにしたいと思います。経営は「実行」―明日から結果を出すための鉄則/日本経済新聞社¥1,944Amazon.co.jp

      4
      テーマ:
  • 10 Aug
    • 男の手料理

      これまでほとんど料理を自分ですることはなかったのですが、最近は自分の健康のためにも自炊するようにしています。5分づきのお米や有機野菜など、いろいろ調べてみると結構面白い。しかも慣れるとそれほど時間もかからず、リフレッシュにもなる気がします。フルーツもよく食べるようになりました。今週末はシンガポールから妻が一時帰国してるので、シンガポールではなかなか食べられないフルーツをたくさん。料理の腕はまだまだですが、美味しい料理と健康づくりを楽しみたいと思います(^^)

      14
      テーマ:
  • 05 Aug
    • 経営者向け人事セミナー

      今日はベンチャー通信のベストベンチャー100のみなさまと共催で経営者向け人事セミナーを開催しました。質疑応答だけのセミナーにしましたが、質問がとにかくたくさん出てきてとても有意義な会となりました。終わったあとは打ち上げ!新しい取り組みについて議論させていただきました。今後もどんどんビジネス事業部の展開を広げていきます!(^^)

      14
      テーマ:
    • 成果を出す管理部門は何が違うのか

      人事の機関誌ワークス。いつも楽しみに読んでいる雑誌です。http://www.works-i.com/publication/works/この中でも特に第二特集の「コーポレートスタッフをリーダー人材に育てる」という記事はとても大事なことが書かれている記事だと思いました。コーポレートスタッフをリーダー人材に育てる(pdfです)http://www.works-i.com/pdf/w124-toku2.pdfこの中でコーポレートスタッフ(つまり経理や人事などの本社機能)で成果を出す人の調査についてが興味深かったです。ハイパフォーマーは「目標明確性」と「役割拡張自己効力感」を持っているとのこと。もうすこし噛み砕くと目標明確性は、ゴールを明確にもっていること。自分が何をすべきなのかを明確に理解していること。さらに成長につなげるには現状維持ではなく高い目標を掲げていくことを繰り返す。役割拡張自己効力感は、部署を超えて働きかけを行うこと。自分の役割を超えて、組織に対して働きかけること。セクショナリズムを意図的に打破し、自らの気づきを組織貢献につなげること。つまり、「目標があいまい」で「他部門に関与しない」というのはダメだということになります。私たち人事本部では「人事幹部No.1の習慣」というリーダー育成のためのチェックリストがあります。人事幹部No.1の習慣http://ameblo.jp/dekitan/entry-11549648104.htmlこのリストのちょうど最初のふたつが「目標」の話と「役割拡張」の話でした。確かに活躍する人事は、目標設定がとても上手。人に対する業務だけに目標設定があいまいになりがちですが、私たちの人事でも毎月目標をもっているので何をやるのか、そして何ができればすごいのか(褒めに値するのか)を明確にしてもらっています。そして他部署への貢献意識が高いと、自然に言動に出てきます。たとえば私たちの人事幹部の定例でも、積極的に他部署に対して質問や提言をしているリーダーを見るとすごく視点が高いことに気づかされます。今回のワークスの特集で改めて目標と役割拡張の重要性を理解できたので、今後も本社機能のメンバーの成長のヒントとして活用していきたいと思います。

      7
      テーマ:
  • 04 Aug
    • あした会議キックオフ

      今晩はあした会議のキックオフ!初日からアイデアがたくさん出てきました。会社に大きなインパクトを与える提案をします。絶対優勝!

      4
      テーマ:
    • 広告事業の新卒メンバーとランチ(^^)

      今日は広告事業本部の一年目とランチ。すでに結果を出していて、たくさんのチャレンジをしてくれています。みんなすごく視点が高くて、これからの成長が楽しみです(^^)

      テーマ:
    • 200人の人事交流会(HRC)

      先日、フェースブックでの人事コミュニティ、「HRC(Human Resource Community)」の初めての交流会を開催しました。「HRC(Human Resource Community)」https://www.facebook.com/groups/628369563918219/人事に関する話題に興味があれば、どなたでもご参加いただけます。ぜひ^^現状1594人なので、まもなく1600人のフェースブック人事コミュニティになります。聞いた限りでは日本最大かもしれません。この交流会、給料日でしかも金曜日にもかかわらず200名以上の皆様にご参加いただけました。参加者のみなさんと記念撮影。全員入らない人数だったのでもう一枚。当日はライトニングトークを実施。たくさんの内容を短時間で聞くことができたので、私もたくさんの学びがありました。ご登壇いただいたみなさまと。本当にありがとうございました。会場ではお酒やもちこみいただいた軽食をまじえ、様々なところで笑い声が。私もたくさんの方とお話できてとても楽しかったです。名刺交換も全員でたくさんしましたが、私もすごくたくさんのつながりがあって驚きました。終わった後には、皆さんが笑顔でお帰りいただけたのがとてもうれしかったです。次回は11月ごろに大阪での開催を検討しています。ぜひ関西エリアの皆様、HRCで告知しますのでお声掛けいただければと思います。人事同士でどんどん交流して、日本の人事を強くしていく一助を担えるようにがんばります!

      8
      テーマ:
  • 02 Aug
    • 人事のみんなとゴルフ

      今日は人事本部のみんなとゴルフ(^^)少しづつゴルフやる人が増えてきて、仕事以外でもこうして接点をもてるのは本当に嬉しい(^^)一緒に回ったメンバー。コースの途中ではウリ坊も(^^)

      6
      テーマ:
  • 01 Aug
    • 本社機能7月度締め会

      今月の本社機能で表彰されたみなさん。おめでとう!全社人事も高い達成率!司会も最高でした!(^^)

      4
      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

月別

一覧を見る

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。