• 30 Sep
    • 人事本部のみんなと。

      今日は人事本部のみんなと食事。情報発信を盛り上げようというプロジェクトで頑張ってくれたみんなとの打ち上げでした(^^)みんな役割が違うのでそれぞれの話しが楽しかったです!

      1
      テーマ:
    • 思考の速さと深さ

      知の逆転 (NHK出版新書 395)/NHK出版人事幹部の勉強会で課題図書にもした「知の逆転」。普段人事やビジネス書を読むことが多いのですがこの本では文明、哲学、宗教、科学などあらゆる分野で知的刺激をもらえる良い本でした。インタビュー形式になっているところも読みやすさを増してスムーズに読むことができました。すべての教授の話が面白かったのですが、オリバー・サックスコロンビア大学メディカルセンター神経学・精神医学教授のコメントが興味深かったです。■「ゆっくりさ」が考えを洗練させる。メールなどはとても手軽だがその分思慮の浅い単なる思いつきを書きがちになる。思考においては「ゆっくりさ」は効果的であり、よく考えることができてアイデアを洗練させることができるようになる。というものでした。確かに最近はソーシャルメディアにおけるコミュニケーションの発達により個々人に接触してコミュニケーションを図るのは簡単になりました。ダイレクトメッセージもフェースブックだったりツイッターなどでも多様な方法でできるようになっています。一方、簡単に送信できるがゆえに安易な発信も増えているというサックス氏のコメントは確かに、と思いました。私の周囲のできる人を見てみると、デキる人は思考の「速さと深さ」を持っていると気づきました。できる人は何かご連絡をしても反応が早くメールなどもすぐに返事が返ってきます。レスがいつも早くて「仕事を貯めない」ということを決めている印象を持つほど早い人もいます。一方、何かを生み出すことが得意な人は話をしていても「よく考えているなあ」と感じます。いろいろやり方を聞いてみると「考える時間をブロックして意図的にとっている」「通常とは違う場所に行って考えを整理している」「ノートに書き出すなど、自分なりに考えを整理する習慣を持っている」などなど、時間を超えて考えを深める習慣を持っていると感じます。周囲を見渡しても、成果を出す人や仕事ができる人はこの速さと深さのバランスがとても良いと感じます。自分自身を照らし合わせて「自分の思考の速さと深さはどうか?」と自問自答してみるのもよいかもしれません。私はもともと完全に「速さ」優先、むしろ速さに偏っていました。とにかく言われた仕事を高速でやる。これをやっていれば大きく成果を出せるはずと思っていましたが、ある日上司から「曽山くんはもっと創る仕事を増やさないとダメだ。今のままだとオペレーターだけになってしまうよ」とアドバイスをもらって目が覚めて、自分は何を生み出せるのかや組織のために何を創り出すべきなのかを折にふれて紙に書いて整理するようになりました。それがどんぴしゃでよかったのかはわかりませんが明らかに自分の脳の使い方が変わったと思います。ネットで便利になっている利便性を最大限活用しつつ、思考を洗練してより良い価値を生み出す環境づくりにも人事としてより貢献していこうと思います。

      5
      テーマ:
  • 28 Sep
  • 25 Sep
    • クラウドファンディングの新規事業

      サイバーエージェントでは先月より新会社を設立し、クラウドファンディング事業を開始しました。これは役員による新規事業バトル、「あした会議」で決議された事業です。クラウドファンディングサービス「Makuake」が始動--Amebaと連携したプロジェクトを展開 http://japan.cnet.com/news/service/35035625/たとえばサッカー日本代表川島選手による、グローバルに挑戦するアスリートを育成するプロジェクト。川島永嗣が世界に挑戦する日本人アスリートを応援!グローバルアスリートプロジェクト!!を応援しています! Makuake[マクアケ] | クラウドファンディング こういう応援を、たくさんの人から少額でも集めることで大きな力にしていくというのはまさにインターネットならでは。一人の力は小さくても、チームになればすごい力を発揮することができる。ネットビジネスの醍醐味です。このクラウドファンディング事業を通じて、私自身も明るい未来につながる支援の輪をどんどん広げていきたいと思います!

      4
      テーマ:
  • 24 Sep
    • あした会議優勝打ち上げ!(^^)

      あした会議優勝打ち上げ!(^^)今日は先月行われたあした会議の優勝チームの打ち上げでした!社長とともにみんなで大盛り上がりでした。やっぱり優勝は、イイ!(^o^)bデキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:
    • 極端にやらないと、「普通」は変わらない。

      先週末は雑誌ゲーテの「大人の家庭教師」の取材に呼んでいただきました。大人の家庭教師http://www.otonatry.comエニグモ代表取締役の須田さん、デジタルアイデンティティ代表取締役の中村さんと。先生は杉山美帆さん。ドライバーが好きとおっしゃるだけあって、先生のドライバーの飛びっぷりは感動の領域でした。生徒である私たちはほぼほぼ初心者か始めたばかりなので、いろいろ先生からアドバイスをもらったのですが、その時の先生の一言が印象に残っています。「指導を受けてフォームを変えるときには、おそらく違和感がすごくあって、これだとやりすぎなのでは?と思うかもしれません。でもそれくらい極端にやらないとダメなんです。すぐに体は元のダメなフォームに戻ろうとするんです。だから極端で違和感があるくらいのフォームでちょうどいいんですよ。」帰りの車の中でこの考えをずっと意識しながら自分なりにフォームのイメトレをしていたのですがこれって組織作りと同じだ、と思いました。組織も風土変革をするときには小さく何かを試してもほぼ100%ダメで、たいていはすぐにこれまでの「普通」に戻っていきます。大きな変化につなげたいときには何かのキャンペーンを打ったり、あした会議のように締切効果のある環境をつくったり通常の流れとは明らかに違う、「意図的に偏らせる」ということが必要になります。もちろんこれを頻度多く何度もやると受け手側のメンバーも大変になるのでそのアンテナを繊細に持つことも大切です。しかしそれでもやらないといけないときにはリーダーが最前線に立って先陣を切ってやりきる。こういう大きな変化の時こそ率先垂範が必要です。これまでの「普通」を変える時には「極端にやってみる」ということもひとつの作戦としてもっておくとよいと思います。このゴルフの取材の件、来月のゲーテに出るかもしれません。GOETHE (ゲーテ) 2013年 11月号 [雑誌]/幻冬舎

      2
      テーマ:
  • 21 Sep
    • ストーリー思考が成否を分ける

      先日は慶応丸の内シティキャンパスの「ラーニングイノベーション論」にて講演でした。http://www.keiomcc.com/program/lin/この授業の講師である東京大学の中原先生と。http://www.keiomcc.com/program/lin/参加者のみなさまはこの授業をすでに10回以上受講されているとのことでとても一体感のある雰囲気でした。私の講演ののち、中原先生による私の講演のまとめがありましたがそこで私自身もたくさんの学びがありました。■「挑戦と成長の実感」が組織を活性化させる自分で手をあげて提案ができる新規事業プランコンテスト「ジギョつく」や役員で新規事業のバトルをする「あした会議」など挑戦や成長を実感できる環境こそが一人一人の活力を生み、それが組織全体が活性化となる。■ビジョンや価値観の明文化はある種の「踏絵」であるビジョンや価値観などの軸を明確にするということは、「やらないことも決める」ことにつながる。「これをやるぞ!」というビジョンや「これを大事にしよう!」という価値観は絞り込んで明確にすることで「やらないこと」も決まってくる。だからこそそのビジョンが魅力あるものであればメンバーも一丸となってがんばるし、逆にあいまいだと組織はまとまらず競争力を発揮できない。ビジョンや価値観の明示というのはある種の「踏絵」といえる。■新しいしかけや制度を始めるときには「ストーリー思考」が大事新しいしかけや人事制度を始めるときには、社員がどのように受け止めてどんな反応をするかを想像して運用することが大事。中原先生からいただいたこの「ストーリー思考」という考え方はすごく活用できそうです。人事制度の展開の際にイメージトレーニングを何度も何度も行うか否かで「細部への詰めの差」が出ることになり、ひいてはそれがその人事制度の成否を分けることになります。今後も新しい人事制度を展開したり改善を重ねていきますが、このストーリー思考は絶対にはずすことができません。今後も人事本部全員で意識できるようにしていこうと思います。ご参考記事:【キーマンズ・インタビュー】人事制度は白けさせるのではなく、流行らせないと意味がないhttp://toyokeizai.net/articles/-/9061/中原先生、ありがとうございました!中原先生の本。どれも面白くて、何度も読み返す本ばかり。すごくおすすめです。リフレクティブ・マネジャー 一流はつねに内省する (光文社新書)/光文社¥945Amazon.co.jp企業内人材育成入門/ダイヤモンド社¥2,940Amazon.co.jp知がめぐり、人がつながる場のデザイン―働く大人が学び続ける”ラーニングバー”というしくみ/英治出版¥1,680Amazon.co.jp

      2
      テーマ:
    • 福岡出張(^^)

      福岡出張(^^)今日は福岡出張でした。開発拠点のメンバーとランチをしてサービス開発についての熱い思いを聞いたり、広告部門のみんなからは最近のトレンドを聞いたりできました。それぞれみんな成長意欲が高く、私もさらに刺激をもらいました(^^)デキタンさんのSimplogを見る

      2
      テーマ:
  • 20 Sep
    • 自分の成長を加速させるには

      先日はネクストリーダーズミーティングのパネルディスカッションに参加しました。http://nlm2013.info「日本の人材業界トップ達が語る、これから若者の生き方」というテーマのディスカッションでした。株式会社インテリジェンス社長の高橋広敏さん、株式会社マイナビ編集長の三上隆次さん、株式会社リクルートキャリア執行役員中道康彰さん株式会社リンクアンドモチベーション執行役員染谷剛史さん。 私はモデレーターとして参加させていただきました。このパネルディスカッションでは現在の学生のおかれている環境、キャリアをどのように考えるべきかなどについて話題を広げました。学生のみなさんもすごく参加意欲が高く、質問もたくさん上がったのが印象的でした。この議論の中で特に記憶に残っているのはキャリアデザインについての話題。まず「自分の将来が不安か、楽しみか」というので学生のみなさんに手を挙げてもらったところそれぞれ半分づつくらいでした。期待もあるし、不安もある。意外な感覚があるわけではなく、私の大学生の時も同様だったように思います。登壇者の方に、キャリア形成やキャリアデザインはどのように考えればよいかと質問したところ、みなさん表現は異なっていましたが共通しているなと思ったことは「等身大の自分を受け入れるところから自分の成長が始まる」という考え方でした。自分が成長するためには、自分に見栄をはらず、卑下もしすぎない。ありのままの自分を素直に受け入れる。周囲の人に「自分がどう見えているか」についてフィードバックをもらったり、「自分の持ち味」がどのようなものかを考えてみる。確かに学生であろうと社会人であろうと活躍する人には共通して「自然体である」という強さが根底にあります。自然体というとゆるい印象を受けるかもしれませんがそうではなく、活躍する人の自然体というのはあくまでその個人の良さや強さを生かし、能力を伸ばしながら戦っている感じです。社会人なりたてのころは組織に自分をなじませることも必要なのでなかなか自然体で働くことは難しいかもしれませんがその中でも活躍する人材は変に無理し続けないことも大事にしています。リクルートキャリアの中道さんはよく周囲の方に「自分の持ち味は何ですか?」と質問して自分がどう見えているかを聞いていらっしゃるとのこと。自分の強さ、自分の持ち味を時々冷静に向き合ってみたり、先輩などに自分についてフィードバックをもらうようにすることで気づきも増えると思います。大きな成果を出すために、自分という資産を最大化させるための「自然体」の状態をつくるようにできるとよいですね。事務局のみなさんと。本当に素晴らしいチームでした。

      2
      テーマ:
  • 18 Sep
    • 新生ビジネス事業部始動!

      新生ビジネス事業部始動!今日は新しく私が担当役員となるビジネス事業部のメンバーと決起会でした。21世紀を代表するビジネスネットワークを創る。社会に良い影響を生み出す、つながりをつくるのが使命です。話は仕事のことからプライベートの過ごし方まで、多方面に盛り上がりました。才能豊かなメンバーが揃っていてこれからが楽しみです!!メモでつながるビジネスログ、インテリー。この事業部のサービスのひとつです。よろしくお願いします!(^^)http://intely.jp/デキタンさんのSimplogを見る

      2
      テーマ:
  • 11 Sep
    • 広告事業本部の一年目とランチ(^^)

      広告事業本部の一年目とランチ(^^)今日は広告事業本部の新卒三人とランチ。三人とも同じ局ですがそれぞれ入社半年でものすごく成長を感じました。すごい濃い半年を過ごしている。周りの先輩が優秀でとても楽しい。最先端の仕事ができていてやりがいがある。などなど。最近さらに好調な広告事業本部ですが、その勢いを日々感じているとのこと。わたしもたくさんの刺激をもらいました(^^)デキタンさんのSimplogを見る

      4
      テーマ:
  • 09 Sep
    • 内定者勉強会(^^)

      内定者勉強会(^^)今日は内定者主催の勉強会に呼んでもらいました。成長が早い人材のポイントなどを共有。質疑応答もとても楽しかったです。帰りにお花までもらいました(*^o^*)今日は全員ではなかったけど14のみんなの入社が本当に楽しみです!デキタンさんのSimplogを見る

      2
      テーマ:
    • 広告事業本部のメンバーとランチ(^^)

      広告事業本部のメンバーとランチ(^^)今日はこの数ヶ月くらいに広告事業本部に仲間入りしてくれたキャリア入社メンバーとランチ。答えのない新しい分野の提案が楽しい!やる気がある人材が多く、刺激になる!上司もよく話を聞いてくれて提案がしやすい!などのコメントをもらいました(^^)私もみんなの活躍を応援しています!デキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:
    • 人事幹部の資質

      先日はインテリジェンスHITO総合研究所の勉強会にて講演させていただきました。一橋大学の守島先生と、クレディセゾンの戦略人事部長武田さんと。「企業の競争力に寄与する人材マネジメントのあり方とは」というタイトルの講演で、サイバーエージェントの人事の取り組みについてお話をさせていただきました。約2時間の様々なディスカッションを通じて、最後の守島先生のお話がとても印象的でした。■人事幹部の資質として大事なポイント1)人はどうすれば動くのか?を常に考えている2)制度よりも運用(社員に動いてもらうことが大事)3)変化を恐れない活躍されている人事の方は、この3つのポイントを大事にされている方が多いとのこと。社員一人一人が自然体で動いていてそれが組織の業績につながればそれほど素晴らしいことはありません。そういうためにも、変化を恐れず人事こそ社員にどのような環境を提供すればその能力や才能を発揮できるかをとことん向き合って考えることが大切です。守島先生の本。人が大きく育つには「良質の経験」が必要という話題がとても面白かったです。■良質な経験の3要素1)本人の今の能力よりも少し高いレベルの仕事であること2)適切な時期に与えられること3)周りが成果について、適度なリスク感を持つことサイバーエージェントでもたくさん起業やマネジメントの経験がありますが、そういう機会をこれからも増やし続けていきたいと思います。人材の複雑方程式(日経プレミアシリーズ)/日本経済新聞出版社

      6
      テーマ:
  • 07 Sep
    • 神戸大学金井先生を訪問

      韓国主張からそのまま神戸に出張でした。神戸大学の経営学研究科の金井先生を訪問させていただきました。由緒正しい雰囲気の建物。対談させていただいた部屋はさらに由緒正しい雰囲気でした本当に長いお時間をいただき、人事のこと、組織のこと、キャリアの話しなどをさせていただきました。日程は未定ですが、光文社から先生との共著を出させていただく予定です。光文社の皆様にも本当にお世話になっています。ありがとうございます!帰りにはきれいな虹が。良い作品になって多くの方に読んでいただける本になるよう頑張ります

      3
      テーマ:
    • 韓国ネット企業向けに講演

      韓国にてサイバーエージェント・ベンチャーズ主催の韓国でのネット企業交流会「NET IMPACT KOREA」にて講演をしました。大体250人くらい集まっていたでしょうか、座席は完全に満席となっていました。ものすごい注目の高さです。韓国で圧倒的な強さを誇るカカオトークのCEOの講演や中国でSNSやwechatなどのメッセンジャーで非常に強いテンセントの幹部による講演もありました。私の講演の担当は人事や組織開発についてでした。サイバーエージェントの組織開発、という内容のタイトルです。すべての資料をサイバーエージェント・ベンチャーズの韓国支社のメンバーが翻訳してくれました1泊2日でこの講演の前の日にもネット企業を訪問したくさんの韓国企業の経営者と話す機会がありましたが人や組織の課題は万国共通だと改めて感じました。・人が急増していて古いメンバーと新しいメンバーに差がある・お互いで言い合える風土を創っているが、逆に強いリーダーが生まれにくい・他社からの引き抜きなどがあり定着に悩むなどなど。感想を聞く限り参考になったという声が多かったようで私も安心しました。韓国企業は人口や国土が日本ほどでないこともあり世界進出への意欲の高さを本当に強く感じました。私たちも世界で活躍する企業となるよう、さらにがんばろう!と良い刺激をもらいました

      1
      テーマ:
  • 02 Sep
    • 韓国出張(^^)

      韓国出張(^^)今日は韓国出張でネット企業を訪問。Daum、wemadeに訪問のあとはサイバーエージェントやベンチャーズのみんなと焼肉。組織や人事の話などたくさんの刺激をもらいました!デキタンさんのSimplogを見る

      9
      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

月別

一覧を見る

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。