• 28 Feb
    • 内定者のみんなと食事(^^)

      内定者のみんなと食事(^^)今日は内定者のみんなと食事。就職活動のトレンドを教えてもらったり、最近の会社の話を伝えたり。みんなとても優秀で、今から入社が楽しみです(^^)デキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:
  • 26 Feb
    • 中国出身の新卒一年目とランチ(^^)

      中国出身の新卒一年目とランチ(^^)今日は中国出身の新卒メンバーとランチ。いろいろ教えてもらいましたが日本の文化などにも慣れてきたようで良かったです。今度社内でリリースされる座席表の検索システムなどを作ってくれていますが、これからは新しいサービス開発にも挑戦したい!と熱い思いを伝えてくれました。応援しています!(^^)デキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:
    • リーダーの俯瞰力と局所力

      なるほど! 「ランチェスター戦略」がイチからわかる本/すばる舎孫氏の兵法などと並び、戦略論でよく話題になるランチェスター。強者と弱者では戦い方が違う、というのがランチェスター戦略でよく語られています。たとえば弱者の戦い方の場合、===セグメントして「第一位」をゲットせよ!弱者は、市場を細分化して第一位になれる地域を探し求めます。第一位になれる市場で戦いを挑み、まずは小さい場所で勝ちを収めるのです。===圧倒的な強者に対して、少ない戦力で真正面に戦っても勝てないように、勝者がすでにいる分野で何の工夫もなくそのままマネをしても勝利は見えません。「ここなら勝てる」という分野を見極め、そこに集中して戦うという考え方が大事です。人事でも実はとても大事な考え方で、採用でも制度でも総力戦で戦うところと絞って戦うところでは頭の使い方をわける必要があります。私はよくこの考え方を「大きな円と小さな円」という言葉で表します。まずは大きな円、つまり全体像をきちんと把握します。特に上司がここを意識しないとダメで、組織は個人戦の集団になり、組織戦がなりたちません。まずは大きな円で方針を立てます。そして大きな円をいくつかの小さな円に分けて、注力すべき小さな円(セグメントした分野、局所)を見定め、そこでの戦い方を考えます。できるリーダーは大きな円の俯瞰力と小さな円でのアクションプランの両方がよく見えています。基本的には多くの経験の浅いリーダーは局所である小さな円に目が向きがちです。アクションが具体的で明快なため、自分のアイデアに酔いやすいためです。競合がしたたかに全体像である「大きな円」で考えている場合は、どんなにがんばっても勝てない戦いをすることになることがあります。最近は事業部の幹部と面談することを増やしており、できるかぎりこの大きな円と小さな円について問いかけを投げるようにしています。組織での圧倒的な勝利に向けて、私もサポートに全力を注ぎたいと思います。

      テーマ:
  • 25 Feb
    • 一年目の技術者のみんなとランチ。

      一年目の技術者のみんなとランチ。今日は一年目のエンジニアのみんなとランチ。のべ1000万人のインフラを支える仕事や、新しいゲームの取組をしていたりなど責任を持って仕事をしているのがとても心強かったです。私たちは人材育成の考え方として決断経験が大事だとよく言っていますが、みんなの話を聞いていると本当に素晴らしい決断経験を積んでいると思いました。みんなが大きな成長が出来るように私も環境づくり、頑張ります(*^^*)デキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:
    • これから必要なのは、イノベーションの力

      トップ1%の人だけが実践している思考の法則/かんき出版これから確実に必要なのは、効率化のスキルではなく、自らイノベーションを生み出す力です。前書きにある問題提起。本当にそのとおりだと思います。インターネットも広がり、インターネット産業もそれに関する産業もより簡単に世界へ挑戦できるようになっています。そこでの勝負はあくまで知恵の勝負であり、その知恵をどう実行に結びつけて大きな成果を出せるかが大事になっていきます。多くの人がイノベーションの力というのは強くしたいと思っていますがいきなりそれができるのかというとほとんどのイノベーターは考えて考えて考え抜いて、結果的に周囲からイノベーションといわれるものを生み出しています。私の周りにいるデキる人もそうです。私はこのイノベーションの力は、鍛えることができるものだと思っています。もちろん才能豊かな人物がいることも事実ですが当社でも社外でもイノベーターだなぁと尊敬できる人はみな後天的にその才能を伸ばしています。イノベーションを強化するには、イノベーションの提案をする場数を増やすことがまずはてっとり早い強化法です。上司に自分のアイデアを提案したりするのもよいと思いますし、ビジネスコンテストやアプリコンテストでチャレンジするのも審査員や聴講者からの反応から学べるのでよいと思います。当社では「ジギョつくneo」や「あした会議」など、たくさんのアイデアをひねり出して大きなものを 生み出す場というのを誰にでもチャレンジできるように環境を提供しています。この本の中でもサイバーエージェントは「社員の新規事業アイデアを積極的に活用し、事業拡大をはかっている企業」として紹介していただきましたが、今後もたくさんのイノベーターが生まれるような組織風土や環境づくりにむけてがんばっていこうと思います。

      テーマ:
  • 21 Feb
    • 採用チームと、Gクレスト経営陣と(^^)

      採用チームと、Gクレスト経営陣と(^^)昨日の夜は人事本部の採用チームのメンバーと焼肉。今晩はGクレストの経営陣と食事。それぞれ最近のトレンドやこれからの話など熱い議論ができました(^^)いつもたくさんの学びがあって刺激をもらってます!デキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:
  • 20 Feb
    • イギリスの大学の研究対象に!(^^)

      イギリスの大学の研究対象に!(^^)今日はイギリスの国立大学、カーディフ大学ビジネススクールのリック教授が来社されました。明治大学の中西先生にご紹介いただき当社を日本の人事制度の研究対象にしていただけるとのこと(^^)私の勝手な予想と裏腹にほぼ全て英語でのやりとりでしたが、ホワイトボードも活用してなんとか伝わったようです。汗Your HR approach is very intersting!とお褒めいただいたのが嬉しかったです(^^)世界でも認められる人事制度づくり、さらに頑張ります!デキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:
    • アモアドのみんなとランチ(*^^*)

      アモアドのみんなとランチ(*^^*)今日はサイバーエージェントアメリカでも勤務していたアモアドのエンジニアやデザイナーのみんなとランチでした。海外でのトレンドや社内の雰囲気などいろいろ教えてもらいました(*^^*)デキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:
  • 18 Feb
    • ワンクリック―ジェフ・ベゾス率いるAmazonの隆盛

      ワンクリック―ジェフ・ベゾス率いるAmazonの隆盛/日経BP社私も大変お世話になっているアマゾン。その隆盛について書かれた本です。ジェフ・ベゾスが本という商品を選んだ理由が興味深かった。よく知られた製品であること市場が大きい競争が激しい仕入が容易販売書籍のデータベース作成ディスカウントのチャンス送料オンラインの可能性これらを整理してみると、書籍がもっともネットで親和性が高く大きなものとなりそうだと判断したとのこと。===若いころから乱読家だったことからわかるようにベゾスは本好きだが、だから地球最大の書店を作ろうとしたわけではない。事業・技術的な自分のスキルを活用して一山あてたかっただけなのだ。可能性さえ大きければ、どのような事業でもよかった。===成長する市場を見極め、そこに自分の才能を投下する。大きな成果を生み出すためにはとても大切な考えだと思います。ついつい人は「好きなもの」をてがけようとしますが、その場合うまくいく場合もあればそのための努力に嫌気がさして好きだったものが嫌いになることすらあります。しかし成長する人材は「伸びる分野はどこか」を徹底的に考え、そこに自分の力を集中させます。サイバーエージェントもインターネットという大きな成長分野でチャレンジしているので、私自身も大きなチャレンジにつながるような取り組みをしていきたいと思います。

      テーマ:
  • 17 Feb
    • What is "Ashita Kaigi"?

      あした会議に関する英語での説明。会話形式で3つです。■Introducing "Ashita Kaigi"あした会議の詳細についてのスキット。あした会議とは、経営陣がチームを編成して新規事業のバトルを行う会議です。A: So, Mr.Soyama, do you have any new HR approaches you are trying out?B: Yes, actually, we' ve been working with a concept we call "Ashita Kaigi,"which means roughly "Future meeting."A: Oh ho, that sounds impressive; what exactly does it entail?B: Basically, it is a 7-way battle--sometimes more--between the CyberAgent board members. We hold one every six months.A: Sounds  very high level! So, what kind of battle is it?B: Haha! I suppose so! It's a battle of ideas.Every participants brings three propositions: be they for a new business, product, even an original HR approach. The CEO acts as the judge and ranks all the propositions.A: Ohh, so what happens to the winners?B: Well, what we do is make a list of all the participants, ordered by their total proposition score. Then, we publish the list. This serves as a strong incentive to produce truly innovative ideas--after all, no one like to lose!■"Ashita Kaigi" in depthあした会議の詳細についてのスキット。あした会議が始まる際には役員によるドラフト会議が行われ、様々な部署のメンバーをチームに編成することができます。A: So remember when I was telling you about "Ashita Kaigi" concept?B: Of course! What about it?A: Well, we are holding our next one soon; the month after next. I thought this would be a good chance to go over it with you in more detail.B: That sounds great! After all, it's something I'm interested in personally, so I'd love to.A:Great. So, next week we'll be holding a draft session to determine the members of our task forces.B:Oh, cool; How do you go about choosing your team?A:At the draft session, each board member will bring a list of four names that all go in the pot. Then we draw numbers out of a hat, to see who gets first pick.B:Ahhh, so the "draft" in draft session is like a sports draft!A:Exactly! So, that will be what we do next week, and after that, we'll start work on our propositions.B:Ahh,okay. Good luck with that! Let me know how it goes!■"Ashita Kaigi" Task Forcesあした会議で編成される役員ごとのチームのメリットについて。経営陣と事業部で働く社員での情報交換ができることで、より効果的な議論が交わされることがひとつ。異なる部署の社員同士の情報交換の場ができることでより視野の広い議論がかわされるというメリットもあります。A:So, can you explain the "task forces" you guys use for the "Ashita Kaigi"?B:It'd be my pleasure! The basic composition is one board member and four employees from different departments within the company.A:Oh yes, like you mentioned last time.B:Yes. There are two big perks of this set-up.One, is that there is a direct exchange of ideas and information between board members and regular employees. This is nice because it allows for interaction between the different levels in the company. Keeps us grounded, in a way!A:Ahh, that is a pretty nice side benefit! It's important to keep your feet on the ground.B:I agree! Perk number two is that it allows for exchange between different areas of the company, which is good for morale and such.A:I see, that make a lot of sense!頭を使わない英語勉強法/サンマーク出版

      テーマ:
    • 頭を使わない英語勉強法

      頭を使わない英語勉強法/サンマーク出版当社メンバーやグループ会社でお世話になっている英会話スクール社長、三石さんの本。英会話の早期習得にむけた学習法について、すごくわかりやすく書かれている本です。英語に慣れるまではついつい頭の中で日本語と英語を翻訳しようとしがちですが、純粋に時間がかかります。だからこそ、英語を体にしみ込ませて英語そのもので発想できるようにすることが大事。ただほとんど会話で使いもしないことを一生懸命英会話で学んだところで使わなければ意味がありません。英語が苦手と思うひとほど「成果からの逆算」が大事だと思います。「何が英語で話せれば成果と言えるのか?」成果定義や目的なしの状態で「とりあえず英会話をやりたい」と始めたことで、何度か私も痛い目に遭いました。。私も英文学科出身ということもあり多くの「英語を学びたい」という人と会ってきましたが、自分含めたくさんの方が挫折していました。私も英会話スクールとか英会話学校は5、6校は通いました。それぞれ良かったところもあるし、自分で続けられなくなってやめたところもあります。何度も何度も挫折しています・・・目的もなく始めるとどうしても行くこと自体がおっくうになり、習得に時間がかかるだけでなく「今日もさぼってしまった・・」という反省も多くなり、結果的にお金も時間も無駄が多くなってしまうんですよね。大変ではありますが、目的や成果が決まれば「自分の言いたいこと」だけを英文にして、しかも生きたセリフで体にしみ込ませることができるようになります。私たち人事本部幹部では、サイバーエージェントのビジョンである「21世紀を代表する会社を創る」というゴールを達成するためのマイルストーンとして「世界最高の事業・人材育成企業を創る」というビジョンを持っています。そこから考えれば、サイバーエージェントの人事について世界で実践したり説明したりすることが必要になります。私もこの英会話スクール「バイリンガルFM」に通っていますが、最近の話題はもっぱらサイバーエージェントの人事制度についてです。■Introducing "Ashita Kaigi"A: So, Mr.Soyama, do you have any new HR approaches you are trying out?B: Yes, actually, we' ve been working with a concept we call "Ashita Kaigi,"which means roughly "Future meeting."A: Oh ho, that sounds impressive; what exactly does it entail?B: Basically, it is a 7-way battle--sometimes more--between the CyberAgent board members. We hold one every six months.A: Sounds  very high level! So, what kind of battle is it?B: Haha! I suppose so! It's a battle of ideas.Every participants brings three propositions: be they for a new business, product, even an original HR approach. The CEO acts as the judge and ranks all the propositions.A: Ohh, so what happens to the winners?B: Well, what we do is make a list of all the participants, ordered by their total proposition score. Then, we publish the list. This serves as a strong incentive to produce truly innovative ideas--after all, no one like to lose!これはあした会議についての説明でした。このスキットを何度も話したり覚えたりして、自分のものにしていきます。言いたいことの英文ラインナップを増やして、サイバーエージェントの挑戦を日本国内だけでなく世界にも広げていきたいと思います!!!

      テーマ:
  • 16 Feb
    • シェアハウス歓迎&見学会(*^^*)

      シェアハウス歓迎&見学会(*^^*)シェアハウスのオープンを記念してすでに入居してくれたメンバーの歓迎会と見学会を兼ねた懇親会!総務のメンバーが手料理やピザなどを用意してくれて、楽しい時間でした(*^^*)しかし設備が充実していて、純粋にうらやましい(^^)デキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:
  • 15 Feb
    • 人事本部の組織

      人事本部の組織は現在、3つの部からなりたっています。・採用育成部・全社人事部・事業人事部採用育成部はその名のとおり新卒採用や研修などを担当していますが「ジギョつく」などの活性化イベントも舵取りをしてくれています。将来のサイバーエージェントをつくる人材を採用し、その才能を活かす環境づくりをするのがこの部署の大きな役割です。所属している採用育成部のみんなの日報やブログを見ていると普段から会社の代表になるべく熱い思いを持って仕事に取り組んでくれていてとても頼もしい限りです。全社人事部は労務と総務を中心に担当しています。労務では給与計算と労務手続きだけでなく健康に関する取り組みなども行います。総務ではオフィスを中心に庶務業務と当社が所属する経済団体、新経連の業務も取り組んでいます。官公庁の対応やオフィスなど一つの決断が全社に影響を与える業務が非常に多いということで「全社人事」という名前にしています。最近では「全社人事部の役割は会社のバランスピードをつくること」という役割を定義してくれて、部全体で大きな成果を出そうという動きを進めてくれています。事業人事部は事業部の成長を支援するための部署であり、役員や事業責任者の支援をして採用、異動、組織開発などのサポートを何でも行います。経営判断とシンクロしながら、組織をつくるアドバイスを行い、自らも研修や社員との対話などでともに行動する役割を担います。私が人事に異動してきた2005年、人事本部はまだ7名ほどでしたが現在は30名弱の組織になりました。人事本部の組織もまさにアメーバのように変化をし続けていますが、経営と現場のコミュニケーション・エンジンとなり「人で成果に貢献する」のが人事の使命。今後の会社の変化、人事本部の変化がどのようになるのかが楽しみです。人事のみんなと力を合わせて、21世紀を代表する会社につなげていきたいと思います!

      テーマ:
  • 13 Feb
    • 1000億点会議打ち上げ!

      1000億点会議打ち上げ!今日は1000億点会議の打ち上げ。普段中国にいる北川さんも交えての懇親会。とにかくグループまたいで会社の将来を議論できたのは本当に有意義でした。今日も会社のこと、人事のこと、新規事業のことなど熱い議論でもりあがりました。この度スマホのオークション新会社パシャオクの社長に抜擢された石田さんは残念ながら来れなかったのですが、また別途会社設立の決起会をやろうと思います。デキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:
  • 12 Feb
    • 人事本部ワンデイ合宿

      先日は人事本部の幹部メンバーで合宿でした。武田さんも仲間入りして新しい体制で臨む初めてのワンデイ合宿。・共通のゴールを持つこと・ゴールから逆算して組織をつくること・達成のために必要なアクションなどを議論しました。冒頭、参加した部長やシニアマネージャーにお願いしたのは「人事本部全体で考えること」。採用とか労務とか機能のトップとして議論するのではなく、あくまで人事本部の経営陣として発言をお願いしました。これは私がサイバーエージェントの取締役会に入ってから、何度も社長の藤田や役員に言われたことです。自分の役割を真剣にやってるからこそ、経営全体という目線を忘れがちになることがあります。あくまで自分は経営者の一人であり、会社全体を成長につなげることが仕事。そういう意味で今回のワンデイ合宿は非常に有意義でした。自分の担当にかかわらずあくまで人事本部がどのように成長すると良いのかについて徹底的に議論し、共通の文脈を持つことができたことは大きかったです。サイバー流でNO.1をとる。必ず成し遂げ、大きな飛躍につなげたいと思います。

      テーマ:
  • 05 Feb
    • あした会議キックオフ!

      あした会議キックオフ!今日は三月に行うあした会議のキックオフ!アメーバ、SAP、広告と楽しみなメンバーでチームが編成されました。常務岡本さんと一緒に仕事するのもなかなかないので非常に楽しみです!(*^^*)デキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:
  • 04 Feb
    • CAモバイルのみんなとランチ(^^)

      CAモバイルのみんなとランチ(^^)今日はCAモバイルの営業と人事のメンバーとランチ。CAモバイルからサイバーの人事本部に異動して来てくれた金井さんも同席。ひょんなきっかけからランチに行こう、となりましたがいろんな部署やグループ会社のメンバーとランチにいくと気づきが多くてありがたいかぎり。いろいろトレンドも教えてもらいましたが特にスマホが伸びてるみたいです!こういう連携はいいですね。楽しかったです(*^^*)デキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:
    • 「実践知」 実践的知能を高めよ

      実践知 -- エキスパートの知性/有斐閣実践的知能(Practical Intelligence)についての本。===実務経験のないビジネススクール修了者が就職してもすぐに活躍できないのは、仕事を進めるうえで重要な暗黙知を持っていないためである。===という文章に代表されるように実践で得られる知恵についてまとめられた本。実践知は、経験から実践の中に埋め込まれた暗黙知を獲得し、仕事における課題解決にその知識を適用する能力を支えている。したがって、実践的知能の優れた人は、暗黙知を獲得し、活用することに優れている。このような熟達者はそれ以外の人と比べていくつかの強みがあるという話題があったのですが、一番響いたのが熟達者は、最高のパフォーマンスを、素早く正確に実行できる確かに、デキる人というのはどのような状態であっても最高の成果を導く方法論も持っていて、かつそれを実行し成果に導くことができます。「最高のパフォーマンスを、素早く正確に実行できるか?」という自問自答が、自分の成長を加速させてくれそうです。サイバーエージェントでもより多くの社員により良い経験を積み重ねてもらうことで実践的知能をどんどん高めてもらおうと思います!

      テーマ:
  • 02 Feb
    • 京都でキャリアセミナー!

      京都でキャリアセミナー!昨日は京都で採用セミナーでした。創業者でもあり副社長を務める日高、新卒2010年入社で大きなチャレンジをしているアプリボット社長の卜部、新卒採用責任者の鷲田でパネルディスカッション。学生の皆さんの質問が止まらず、かつ素晴らしい観点のものが多かったのでとても有意義でした!「副社長と話せて嬉しかったです!」「卜部さんの挑戦、すごいと思います!」などなどセミナーのあとに何人にも声をかけてもらいました。みんなで何度も大笑いするやりとりもありつつ、素晴らしい出会いがたくさんあって、良かったです(*^^*)デキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:
  • 01 Feb
    • 大阪武田さんが全社人事部長に!

      大阪武田さんが全社人事部長に!今日から二月。人事本部は新たな進化をとげることになりました(*^^*)西日本の責任者として広告部門などを大きく飛躍させ、最近は新規事業の開発もしていた武田さんが人事に異動!人事本部 全社人事部の部長として労務、総務、そして新経連の担当を担っていただきます。労務責任者の星野さんとともに、全社人事部は会社の成長に貢献します!ちなみに社員のみんなには「たけたけさん」の愛称で呼ばれていたとのこと(*^^*)人事本部には武田さんが2人いるので良かったです(^^;;変化が楽しみです!デキタンさんのSimplogを見る

      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
66971 位
総合月間
19082 位
起業・ベンチャー
554 位
IT業界
63 位

ランキングトップへ

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。