• 26 Nov
    • デジタルネイティブが世界を変える

      週末読んだ本。デジタルネイティブが世界を変える/翔泳社デジタルで育った最初の世代についての本。この著作では1977年から1997年に誕生した世代をネット世代としている。いくつかのポイントが面白かったです。・従業員そして管理職として、ネット世代は仕事に対して協業的なやり方で対応する。・ネット世代は教育モデルに変革をもたらしている。指導に基づいた教員中心型のアプローチから、協業に基づいた学生中心型モデルへの変革をもたらしている。・ネット世代は、職場、学校、そして社会生活において、娯楽をもとめる。・ネット世代はコラボレーションとリレーションの世代である。などなど、ネット世代ならではの特徴がわかりやすく描かれています。一方的なものから、協力や連携が大切にされているということ。「教育者のための7つのヒント」も面白かった。・単に教室内でテクノロジーを使えば状況が好転すると思ってはいけない。・講義の量を減らそう。・学生たちのコラボレーションを推進しよう。・試験のための学習ではなく、生涯学習にフォーカスしよう。・各学生について知ろう。・8つの行動基準に従った教育プログラムを構築しよう。(選択の自由、カスタム化、透明性、誠実性、コラボレーション、娯楽、スピード、イノベーション)・教師、教授、教育者としての自分を再発見しよう。こちらもとても面白かったです!デジタルネイティブの時代 なぜメールをせずに「つぶやく」のか (平凡社新書)/平凡社これから採用シーズンも始まります。少しでもひとりひとりのことが理解できるようこういう材料はどんどん吸収して、その上で個人個人と対話していきたいと思います。

      テーマ:
  • 24 Nov
    • デジハリ大学院・授業満足度No1

      先日、デジタルハリウッド大学院の杉山学長がご来社されました。http://gs.dhw.ac.jp/私が教員として担当している「組織開発実践」がすべての授業の中で学生の満足度が1位となったとのこと!2年連続1位。とてもありがたいです事務局の方からいただいたメール。=================================本学で行っているESによる授業満足度評価におきまして曽山様による「組織開発実践」が、2012年前期第1位となりました。※評価点は5.0点の満点です!=================================しかもこの点は、9年の大学院の歴史の中でも過去最高とのこと!これはうれしいです。この授業は組織開発をする中で大事にすべきポイントなどを共有しています。組織作りでもっとも大事なことは何か?組織作りで外せない習慣とは何か?良い目標とはどのようなものか?などなど答えがあるようでないようなものについて問題提起しています。また講義だけでなくグループワークを多用し、チーム内でプレゼンしてもらったりしながら、さらにチームの中で良かった人が加点されるなどゲーム性をできるかぎり持たせるようにしています。ここではサイバーエージェントでの学びをまとめて提供していますが、ここで得られた学びをさらにサイバーエージェントでも活かしています。今後もどんどんレベルアップしてより効果的な学習と成長の場を提供していきたいと思います!お知らせビジネスSNS「intely」が若手ビジネスパーソン向けのセミナーを毎月開講します! 「intelyアカデミー ~渋谷で学ぶ仕事術~」http://www.cyberagent.co.jp/news/press/2012/1122_1.html私も登壇します!たくさんのビジネスマンのみなさんとお話しできるのを楽しみにしています!

      テーマ:
  • 23 Nov
    • 北城塾での学び

      先日は北城塾で講演でした。日本IBMで社長、会長、最高顧問を歴任され今は相談役となられていらっしゃる北城恪太郎さんと、マーサージャパンの西田取締役のボランティアによる私塾「北城塾」のゲスト講師としてお招きいただきました。写真は北城さんとパチリ。ちなみに北城さんは国際基督教大学の理事長も務められています。もともと私はこの塾の第一期生でした。夜に集まって異業種の方々と北城さんによるリーダーシップ論についてディスカッションをしたり、日本の労働市場について議論をしたり、古代ギリシャ文化について触れたりしました。私はそれほど外部の研修に参加するわけではないのですが、研修であろうと本であろうと講演であろうと先輩経営者だろうと自分がほしいと思った知恵であれば自分で決めて、自分の時間とお金を投資するという気持ちで貪欲に吸収するようにしています。だからこの塾でも、投資対効果を意識してとにかく質問をするようにしました。自分に興味がなかった分野でも事前に関連書籍を読んで疑問を考え講義の場で聞くようにしました。この場では「教養の重要性」というものを改めて理解しました。教養というと堅苦しい印象ですが私なりの解釈では要は趣味でも勉強でも自分の人間としての幅を広げるものだと理解しています。正直20代前半は教養という言葉を聞いてもピンと来ていませんでしたが歴史で人間の義理について学んだり、哲学や心理学で人間の弱さについて理解したり、マンガでチームの強さにワクワクしたり。だんだんと教養の意味を理解するようになりました。単に学ぶことが好きだという性格もありますが(汗)、そんな学習態度もあってかゲスト講師に呼んでいただくことになりました。私からは活躍するリーダーについて問題提起をし、たくさんの議論を行ったのですがとても盛り上がって私も楽しかったです。この講義の中で、北城さんから教えていただいた感想や考え方。■組織には軸が必要。軸を明文化し、実行する。迷ったら軸をもとに判断する。リーダーにはその軸を提示することや会社の軸を徹底することが成果への第一歩となる。■実力主義が大事。日本企業の中で実力主義が徹底されている会社は少ないが成長している会社は実力主義が徹底されている。今後は「実力」という概念の中に何を入れるかが大事。ぜひ単なる成果だけでなく、価値観への理解なども入れ続けてほしい。サイバーエージェントは大量に若手抜擢をしてたくさん経営経験を積ませているのは良い。■成果を出してこそリーダーである。まずはその視点が大事。何をどのようにやるかというHOWの部分はそのあと。その際には、どこに行くのかということを明示しないと組織がぶれるので目標設定が大事である。■目標はビジュアル化するとよい。同じような言葉でも、響くか響かないかは受け取るメンバーにとってビジュアル化されているかどうか。映像化されたようにイメージできるものだとがんばりやすく成長が早くなる。■成長のひけつは「あたま」。あ 明るくた 楽しくま 前向きに。成長し続ける人は、この3つが本当に強い。■人には4つのタイプがある。自燃型(じねんがた) 自分の判断で動ける人可燃型(かねんがた) ほかの人に動かしてもらえば動く人難燃型(なんねんがた) なかなか動かない人。説得がんばるしかない。不燃型(ふねんがた) 別のキャリアを相談したほうがよい。きちんと人を見極めて、自然型と可燃型が多い組織にする。■幹部の合宿が大事。北城さんが現役の際、IBMでは3か月に1度、グローバルトップの50人が1泊2日の合宿をしていた。そして年に1度はトップ300人が2泊3日の合宿を行っていた。全体40万人のグループのトップが定期的に直接話すことはすごく大事。休憩で話してお願いしあったりできる。3か月に1度という頻度のおかげで「あれどうなった?」という議論も生まれやすくなる。サイバーエージェントの3か月に1度の役員合宿は全体の組織の足並みをそろえる意味でもとてもよい。私自身もたくさんの学びを活かして、どんどんよりよい会社づくりに挑戦します!お知らせビジネスSNS「intely」が若手ビジネスパーソン向けのセミナーを毎月開講します! 「intelyアカデミー ~渋谷で学ぶ仕事術~」http://www.cyberagent.co.jp/news/press/2012/1122_1.html私も登壇します!たくさんのビジネスマンのみなさんとお話しできるのを楽しみにしています!

      1
      テーマ:
  • 20 Nov
    • 一年目のみんなとランチ。

      一年目のみんなとランチ。今日はエンジニアの一年目のメンバーに声をかけてもらったメンバーとランチ。部署横断でのランチはいろんなことが聞けてとてもありがたい。楽しかった(o^^o)Simplogで確認する

      テーマ:
  • 19 Nov
    • 少数精鋭

      先日の人事本部マネージャー合宿で話題になった、少数精鋭について。週末にいくつか本を読んでみました。少数精鋭の組織論 (幻冬舎新書)/幻冬舎固定したら、組織も人も終わり。言葉を使わなければ、組織は崩壊する。小組織だから、後輩が自立してゆける。満足は、負荷があって享受できるもの。企業秘密をマネされない次元に高める。小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則/早川書房書類上の合意は幻想やめたほうがいいものを考える会議は会議を生み出す小さな決断をしよう限界で人を雇う誰かが抜けることになってもすぐに代役を立てない両方とも素晴らしいのは「制限の中で考え抜いている」という点。先日の人事本部マネージャー合宿で決めたサイバーエージェントの「少数精鋭」の定義は1)人数以上の成果が出せている2)自他ともに認める良いチームである3)8人をひとつの単位とするというもの。自分たちの力を最大限発揮するように個々人もがんばるし、組織としてもいい意味で制限を設けて個々人の才能が引き出せるようにしている。当社の中のすごいチームというのはしばりがあるから知恵が出る。どのチームもこの点を体現している。ひとりひとりの知恵と才能が引き出せる組織づくりを、人事でも支援していこうと思います。人事も会社に大きく貢献する精鋭の集団になるべく、より一層がんばります!

      テーマ:
  • 16 Nov
    • 人事マネージャー合宿

      人事マネージャー合宿今日はお台場にあるthe SOHOで人事マネージャー合宿。今、会社に最も貢献できることは何なのかを議論しました。今日盛り上がった議題のひとつは「少数精鋭のチームづくり」について。「人数以上の成果」をだしているか?自他ともに「良いチーム」と認めるか?人数が水ぶくれしていないか?このあたりのキーワードが出てきました。サイバーエージェントをさらなる少数精鋭の集団にすべく、人事みんなでがんばります!Simplogで確認する

      テーマ:
  • 13 Nov
    • 1000億点会議キックオフ!

      1000億点会議キックオフ!今日は来月行われる1000億点会議のキックオフ懇親会。高い視点からの提案、がんばります!ずばりいいチームです。しかしたくさん飲んだな。。。(^^;)Simplogで確認する

      テーマ:
    • 広告事業の一年目のみんなとランチ

      広告事業の一年目のみんなとランチCA8の話やキャリアの話などいろんな話ができて楽しかった!!Simplogで確認する

      テーマ:
  • 12 Nov
    • 内定者ビデオ研修懇親会!

      内定者ビデオ研修懇親会!今日は内定者ビデオ研修で見事三位だったチームのみんなと!とにかく楽しかった(o^^o)13のみんなの入社が楽しみ!!Simplogで確認する

      テーマ:
    • サイゲームス管理部門の皆さんとランチ

      サイゲームス管理部門の皆さんとランチ今日はサイゲームスの管理部門の皆さんとランチ。採用の話や最近のトレンドなどを共有。グループでこうやって連携して情報交換できるのは本当にありがたいですし心強い(^^)Simplogで確認する

      テーマ:
    • 機敏な適応者

      「Gゼロ」後の世界―主導国なき時代の勝者はだれか/日本経済新聞出版社アメリカ主導の体制が終わり、これから主導国がなくなる時代、Gゼロになった時代がどのような流れになるかが書かれた本。その中での企業に関する話題が興味深かった。===適応者多国籍企業の中で一番成功するのは適応者、つまり、変化する競争環境を理解し、そこから得る利点をつかむ機敏性を備えた企業である。かつてチャールズ・ダーウィンが指摘したように、生き残るのは一番強いものでも、一番頭の良いものでもない。変化への適応力が一番高いものが生き残るのだ。===我々サイバーエージェントも「あした会議」「CA8」、そしてこれから行う「1000億点会議」など自ら変化を生み出すしかけがたくさんあります。藤田が「1000億点会議」で書いているように、「より良い戦略を見つけるのはもちろん、策定の段階から多くの人を巻き込み、意思決定の場に重要な社員が多く居合わせるやり方」などがたくさんあるため、当社は多くの社員が自ら変化を創り出してくれている。そしてそれが単に意見を言うだけにとどまらず、経営の決議などに直結するなど企業価値向上に影響を与えている。そんな変化を楽しんでいる社員も多い。この会社は、機敏な適応者である。サイバーエージェントが「21世紀を代表する会社」になっているとき、そのような表現で書かれるように私も精一杯がんばります。

      テーマ:
  • 07 Nov
    • あした会議決定事項。

      あした会議決定事項。今日朝からあした会議の決定事項についてミーティング。あした会議の一つの特徴に人選もセットで提案することというのがありますが、これが決まることで立ち上がりのスピードがすごく早い。今日のミーティングも朝からテンポよく決まりました!Simplogで確認する

      テーマ:
  • 02 Nov
    • あした会議。

      あした会議。結果は残念。前回は優勝できたのに、今回は最下位。一年のうちに両方味わうとは。。びっくりするくらいとにかく悔しい。チームのみんな、本当にありがとう!心からの大感謝でいっぱいです。ありがたい成長の機会をもらったので、この波に乗ってがんばります!(^_^)ノSimplogで確認する

      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

月別

一覧を見る

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。