• 31 Jul
    • 魔法少女まどか☆マギカ

      ちょっと前に専務の西條と話をしたときに 話題にあがったまどか☆マギカ、通称まどマギ。 魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [DVD]/悠木 碧,斎藤千和 かわいいキャラクターからは想像できない 話の展開が面白くて、はまっています。 アニメとかマンガでもどちらかというと ワンピースとか鋼の錬金術師といった 熱血漢的な感じのもののほうが好きなので 見た目のキャラクターはあまりなじみがなかったのですが、 人気の「まどマギ」最終回、読売に異例の一面広告 ファンの期待高まる http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0421&f=column_0421_011.shtml 話題になってるだけあって見ています。 まだ4巻までですが、これはすごい世界観。。。 萌えキャラと“鬱”な展開 という上記の記事の表現がぴったり。 かわいいキャラクターの一方、 ストーリーはとても重くぐっと来るものがあります。 しかし力強いマンガやアニメに触れるたびに、 日本のコンテンツ力の強さを実感します。 読者の心理を掴むというか、中身はとても哲学的。 世界でも評判がよいアニメやマンガが多いのも 理解できます。 世界で戦うためのヒントをもらった気がします。 しかしこのまどマギ、この先どうなるんだろう・・・ 魔法少女まどか☆マギカ 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]/悠木碧,斎藤千和,水橋かおり 魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]/悠木 碧,斎藤千和 魔法少女まどか☆マギカ 4 【完全生産限定版】 [Blu-ray]/悠木碧,斎藤千和,喜多村英梨

      1
      テーマ:
  • 28 Jul
    • 事例を増やして風土を変える

      先日、人事プロデューサークラブにて 講演の機会をいただきました。 http://www.jpclub.jp/ 最初からグループワークを取り入れて 「今日講演に参加した目的」について たくさん意見をいただいてから プレゼンをやらせていただいたことで、 普段の講演よりもぐんとやりやすかったです。 写真はフェースブックにある 「人事プロデューサークラブ」のグループ よりお借りしました たくさんの質問をいただきましたが、 特に内容として多かったものが 「組織の風土を変えるにはどうすればよいか」 というものでした。 私からは 「とにかくその事例を増やして広めること。 こういう風土をつくる、と決めたのであれば その事例をとにかく増やす。 そしてその事例を生み出してくれた人を褒める。 いろんな手を使ってその事例を広める。 そして、当たり前のものにしていくしかない」 とお話させていただきました。 あくまで当社での経験を元にしたものですが どんなによいメッセージを経営陣から出したとしても、 それを裏付ける事例がないと、社員は不安になってしまいます。 たとえば 「失敗してもいい。挑戦してくれていれば セカンドチャンスを提供するよ!」 といったとしても、そのセカンドチャンスの 事例がないと確信はできません。 だからひとつでも多く、早く事例を増やして どんどん増やしていくしかありません。 当社ではたくさん新規事業を立ち上げる一方で たくさんの撤退もあります。 しかし撤退部署にいたとしても、当社では それはとても貴重な経験として扱われます。 今では撤退する部署の 人材はどこの部署からも引く手あまたです。 人事制度を強化する2003年ごろよりもずっと セカンドチャンスが多い会社になっていると思います。 ちなみに、企業風土を変革することを考える際に 必ず思いつくのがこの本。 風土を変えるためには事例を増やすという考えは この本の中でも語られています。 営業局長時代に、社長の藤田にもらった本です。 V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)/三枝 匡 「21世紀を代表する会社を創る」という 会社のビジョンから考えれば、人事制度も まだまだやることがあります。 このいつまでの改善途上な感じが、私は大好き。 引き続きよりよい企業風土になるように、 精一杯がんばります!

      テーマ:
  • 27 Jul
    • スペンド・シフト

      スペンド・シフト ― <希望>をもたらす消費 ―/ジョン・ガーズマ これからの新しい消費スタイルを先読みした本。 今ある事例から、これからがどうなるかと 読み込んだ著作で、わかりやすくなるほど!と 思える点がたくさんありました。 これからの消費の価値観としていくつか気になった点を。 環境に機用に順応できる、 「しなやかな生き方」が大切にされる。 何百万人もの消費者がネットを使って 経済の一員としての賢さを身に着けた。 ソーシャルメディアが目的意識をもった 人々同士をつなげる 情報ソースが氾濫している状況では、 人々は移り気な傾向を強めていく ソーシャルメディアなどでの自己表現は エンターテイメントの新しい形態である ソーシャルメディアの成長によって、 目的をもった個々人のつながりは 確かに増えています。 ブログやツイッターなどがあるおかげで、 さまざまな考えの伝達や告知もとても やりやすくなりました。 この本でも言及されていますが このソーシャルメディアの時代、「顔が見える企業が強い」。 リーダーでも同様。 発信力のあるリーダーとそうでないリーダーでは 成長角度に徐々に差が開いていくことになります。   情報を出す人に、情報が集まるからです。 当社の幹部陣は積極的にブログやツイッターなどで 発信してくれているのでその感覚をもっているメンバーも 多いかもしれません。 自分の感覚でもフェースブックでは 共通の話題を持つグループはどんどん増えるし、 ツイッターで告知することでブログのアクセスも増えています。 こういう生活者のトレンドの変化を感じ取って、 最適な波をつかむこと。この本によって 言葉で整理できたのは良かったです。

      テーマ:
  • 26 Jul
    • 中途2ヶ月目研修

      先日、キャリア(中途)入社から2ヶ月たった メンバーを対象に研修を行いました。 当社は新卒採用はもちろんですが エンジニアやクリエイターを中心に中途採用にも ものすごく力を入れて おり、仲間もどんどん増えてうれしい限り そんなメンバーとランチや面談をしている中で、 あるヒントがありました。 「サイバーエージェントの価値観や 経営の考え方について、入社して少ししてから もっと考えたり議論できる場があるともっと 会社のことを理解できると思います!」 というある社員の声をきっかけに、この研修を やることにしました。 これから中途で入社してくれたメンバーには、 入社2ヶ月後にこの研修を実施します。 内容は3つで、2時間ほど。 ■お互いを知る「キャリアライン研修」 成長の変遷を紙に書いたものを共有するもの です。 ■価値観を理解する「マイマキシムズ」 当社の価値観について 、自分なりに どう行動するかを書いてテーブルで議論。 ■サイバーの良い点とこれからの課題のワーク 入社してから気づいた良い点と、 これから改善できるともっと良くなる点を議論。 これも貴重な機会でした。 アンケートも好評だったようでよかったです 自分の人生を振り返ることができて、 またイチからがんばろう!と思いました。 他部署の方の話を聞く機会があってよかったです。 中途採用でこんな研修をしていただいて ありがたいです。 時間を区切ってやれたので良い緊張感と集中力で 心地よい時間でした。 人事の方々が積極的にこういう場を提供してくれることは これまでの会社になかったのでとてもよかった。 自分がこの会社で働く意味を改めて確認できました。   同じ月の入社の同期ともだいぶ仲良くなれました。 今回始めての取り組みでしたが、 どんどん改善してより良いものにしていこうと思います。 当社は新卒だろうと中途だろうと 大きな仕事を体験してもらって成長を実感できるような 環境づくりを進めています。 入社してくれた仲間には、 サイバーエージェントで働く誇りを持ってもらいたい。 そんなきっかけのひとつになるように、がんばります。 はじめての取り組みを一緒にやってくれた W田さん、H野さんありがとう! 参考:キャリアライン研修の参考本です。 サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人 ¥1,500 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 25 Jul
    • 創発的破壊 未来をつくるイノベーション

      創発的破壊 未来をつくるイノベーション/米倉誠一郎 ¥1,785 Amazon.co.jp 一橋大学の米倉先生による本。 この本ではイノベーションが さまざまな形で語られています。 企業家には4つのタイプがあるという 研究を引用されていたのが面白かった。 ■企業家的企業家 技術とマーケット双方で鋭い洞察をして切り開く ■技術思考的企業家 新しい技術で市場を切り開く ■市場思考的企業家 既存技術をベースに新しい市場を創造する ■経営管理者的企業家 日々の改善・改良という地道なプロセスを変革し続ける 日々改善を続ける「通常的革新」こそが 日本企業のの競争力の源泉だった、とのことで これはなるほどと思いました。 これは当社でも大事な観点です。 大きな新規事業を生み出すことも挑戦しながら、 日々の改善にもきちんと光を当てていきたい。 サイバーエージェントでも 「ジギョつく」や「あした会議」など いろんな形で新事業を生み出していますが、 そういう環境作りには、投資を惜しまず どんどんチャレンジしていきたいと思います。 土曜日はアメーバや開発部門の運動会がありました http://ameblo.jp/lionbaby/entry-10963616801.html 普段仕事では接点を持てていなかったメンバーと いろいろ話ができたのがよかった。 一緒にバレーボールやったり、応援したり。 仕事以外でも接点を持てると、お互いに 話しやすくなったりしてよいですね

      テーマ:
  • 20 Jul
    • 新しい人事制度

      先週末の役員合宿。 新しい人事制度のグレードについて議論を行いました。 「昇格などしなくても組織への貢献で きちんと評価する」という仕組みを 導入することになりました。 社長藤田のブログ に考え方がまとめられています。 役員合宿の場では、このテーマだけでも 役員8人がそれぞれの考えを出し、 さまざまな角度から議論が行われました。 この議論が本当に盛り上がりました。 現状経営が抱えている人事課題を共有しながら、 何が大事なのか、自分たちはどのような会社を 目指すのかという「変化」を決めているという感じです。 今回、21世紀を代表する会社にむけて選択したことは 「新しい価値観を会社として尊重する」 と判断したということです。 これはあり、これはなしという 価値観の「幅」を会社として広げたともいえます。 いろんな価値観を尊重し、 一人一人がいきいきと働くこと。 これがサイバーエージェントの成長の源泉である。 「アップorアウト」ではなく、 これまでの日本的経営から良いところを学び、 新しい形の終身雇用の仕組みをつくりあげていきたい。 この「C職」をきっかけに、 サイバーエージェントの新たな成長の ひとつのターニングポイントにしたいと思います 下記はご参考です。 新人事制度について、社長藤田のブログ より引用。 === 現在の当社の人事制度である G職(マネジメント)、P職(専門職)、 に加えて全く別軸の貢献度をベースに した職種について内容を詰めました。 今回合宿で決めたのは、 全員が社内の厳しい競争環境に 身を置かなくても良いということです。 また、出世の階段を駆け上っていくだけ でなく、落ち着いて長く働いてくれる人も 大切にするというメッセージでもあります。 社内のグレードや昇格を気にせず、 貢献度によって評価される新たな職種 (名前は多分、C職)が新たに10月から スタートします。 === 副社長日高のブログ でも。 === 抽象的でかつ高い価値観に基づいて組織を拡大化していくには 統一された抽象的な価値観の一歩手前で 多種多様な価値観を許容できる組織が必要だと考えています。 具体的にどういうことかというと 21世紀を代表する会社を創ろう、という大きなビジョンが 組織全体として統一されていても ・社内の競争環境を勝ち抜いて出世したい。 ・業界で価値の高い人間になるために専門性を突き詰めたい。 ・そして、会社の成長に貢献したい。 これらすべての価値観にそった働き方が 社内において上下の区別無く尊重されることが大事です。 === 常務中山も書いています 。 この情報整理には人事本部H野さんや Cさんなどに協力してもらっています。 引き続き力を借りて、いいものにしていきます!

      テーマ:
  • 19 Jul
    • 【告知】リーダーシップに関するセミナーに登壇します

      リーダーシップに関するセミナーで登壇予定です。 どなたでも参加可能とのこと、よろしければぜひ! 人気ブロガーの橋本大也さん はじめ たくさんの方とお会いできるのが楽しみです。 === 多摩大学知識リーダーシップ綜合研究所・大手町サンケイプラザ同開催 ソーシャル・リーダーシップセミナーのご案内 ■ 高成長組織の作り方レシピ公開!~サイバーエージェント流人材育成術~ 講師  曽山哲人 ㈱サイバーエージェント取締役人事本部長 ファシリテーター 橋本大也 研究所客員教授 参考図書「サイバーエージェント流 成長するしかけ」日本実業出版社 参考図書「サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方」プレジデント社 「21世紀を代表する会社を創る」を目指し、 急成長を続けるサイバーエージェント。 しかしその成長は平坦ではありませんでした。 離職率30%を超えるベンチャー企業が、いかにして 「働きがいのある会社」に変身したのか!」 その仕掛け人とともに高成長組織の作り方について議論します。 ・開催日時  8月19日(金) 18:30~20:30(18:00会場) ・費  用  5,000円 *本セミナーは後半、ドリンク、軽食を取りながらのカフェ形式開催となります。 上記費用には、ドリンク、軽食代が含まれます。 ・会  場  大手町サンケイプラザ (東京メトロ大手町駅A4、E1出口直結)) http://www.s-plaza.com/map/index.html 【ソーシャル・リーダーシップセミナー】 ソーシャル・リーダーシップセミナーは、 書評アルファブロガー、橋本大也(研究所客員教授)のナビゲートで 話題の本、話題のテーマについて、直接著者をお招きしながら議論する、 対話形式の読書会です。参加者の相互交流を交え、 互いに成長できる実践的学習の場を目指します。 ■お支払いについて 本セミナーは、受付にて当日のお支払いとなります。 なるべく釣銭の無いよう会費のご準備をお願いします。 また開始直前は受付が大変込み合うかと思いますので、 早めの来場をお願いします。 ■お申し込み方法 必要事項を下記アドレスまで返信ください。 大手町サンケイプラザ セミナー申込窓口 ◆ seminar@s-plaza.com (@は半角に変換お願いします) お申込メールの必要事項 ① お名前 ② ふりがな ③ ご連絡メールアドレス ④ 会社名 ⑤ 部署名 当日は参考図書が読まれている前提で進行いたしますので、 なるべくお読みになったうえでご参加ください。 サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人 ¥1,470 Amazon.co.jp サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人 ¥1,500 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 13 Jul
    • あした会議の効果とは

      月曜・火曜とあした会議にいってきました!箱根にて。 結果は、、、 総合3位でした! すごくいいチームでした。 T橋さん、W邊さん 、M浦さん、Y口さん本当にありがとう。 6年目2名、4年目2名という、おそらく最も若い布陣でしたが、 若さなんて関係ない目線の高さを持ちながら より現場感のある議論ができて、事業を直接担当していない 人事担当の私にとっては本当にありがたかったです。 内容は社長の藤田も書いています が、 私のチームの提案も下記の3つでした。 ・スマホ×広告事業 ・スマホ×アメーバ ・技術体制強化 27案の決議ができたというのは本当に圧巻。 経営の成果につながるのが楽しみです。 しかし多くの決議を決議ができたということに加えて、 改めてこの「あした会議」はすごいしかけだと感じました。 ここまで「経営成果と人材育成がセット」になった 仕組みはそうないと思います。 ■経営陣が自ら前面に出て、真剣勝負を行う。 中長期の企業価値を高めるにはどうすればよいのかを 考えるは役員としては当然のことですが、 そこにゲーム性をまじえながらも「役員同士で競争」が できるのは強烈な刺激。 私もはっきり言って誰にも負けたくありませんでした。 だからこそ3位はものすごくうれしいですが、悔しくもあります。 ■現場社員の力を借りて、より効果性の高い案を考える。 1人の役員につき4名の現場社員の助っ人。 現取締役7名に加えて旧CA8・3名の10チームですから、 10×4人=40名の助っ人が参加してくれました。 役員10人を加えて、「最前線の50名で経営会議」を しているようなものです。 それで27案決まったのですから、 各チーム相当良い議論になったはず。 1ヶ月前からチームを組み、何度も議論を交わせたのは 私にもとても貴重でした。 ホテルの部屋でのヒトコマ。 アウトドア用のテーブルが役立った('-^*)/ ■部署を超えて、人材の交流の場となる。 いろんな役員がいろんな部署の人材を呼ぶことで それだけでも貴重なナレッジの共有ができるのですが、 さらに休憩やブレストの時間ではチームを超えて ヒアリングをしたり相談をする姿がたくさんありました。 単なる情報交換というレベルのものではありません。 勝負という緊張感の中、頭をひねりながら 勝つために情報を得ていくわけです。 「活躍人材が、部署を超えて全社のことを議論する」 シーンがたくさんあって、普段ともすると使わない脳を たくさん使って、当事者意識がより高まったと思います。 これは役員も同様。刺激がたくさんありました。 1位岡本チーム。すばらしい提案でした。 司会のW田氏。 これだけ緊張感がある会議の進行は本当に 大変だったと思いますが、ここまでスムーズに できたのはW田さんのおかげ。ありがとう。 同行してくれたK谷さんとともに感謝。 以下、現時点での参加者の感想や学びです 常務中山氏 http://ameblo.jp/golfer/entry-10951479370.html 執行役員T村氏 http://ameblo.jp/cyber/entry-10951372001.html 技術担当執行役員N瀬氏 http://ameblo.jp/lionbaby/entry-10951443496.html アメーバ事業ゼネラルマネージャーF井氏 http://ameblo.jp/haraochi/entry-10951437855.html 広告事業部門局長S井氏 http://ameblo.jp/t0night/entry-10951816320.html アメーバプロモーション室T口氏 http://ameblo.jp/tatsuhiko715/entry-10951588960.html あしたは、役員合宿。 この熱い「あした会議」の雰囲気そのままに、 企業価値向上につながる経営判断をしたいと思います。 サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人 ¥1,470 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 08 Jul
    • 第15回ジギョつく締切迫る!

      2004年に始まったジギョつく。今回は第15回。 締め切りはこの週末です。 続々と、応募が来ていますが 社員のみなさん、お待ちしております 今回のジギョつくのポスター。 2004年当時の社長藤田のCEOメッセージです。 http://www.cyberagent.co.jp/corporate/ceo/2004/0630.html ジギョつくで出たアイデアの成功確率を 高めるための「詰めきり会議 」なども始まり、 ジギョつくへの経営からの期待も高まっています。 今回も誰がどんなアイデアを出してくれるか、 楽しみです サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人 ¥1,470 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 06 Jul
    • 始める前に成功と失敗を定義する

      Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年.../著者不明 「知的失敗」の戦略という記事にあった、 失敗を生かすための原則7つのうちのひとつ。 プロジェクトの開始前に、 成功と失敗を定義する 何ができたらよいのかということと、 何ができなかったらダメと判断するか。 これをきちんと決めておくことで、 それを評価する上司もプロジェクトを進める本人も 適切な危機感と判断における納得感を もつことができるようになります。 当社では新規事業や子会社をどんどん 設立しています が、撤退になるものもあります。 その判断の透明性を高めるために 2004年から、CAJJ制度という制度を実施 しています。 ↓こちらは2009年の記事。 “リーグ制”で事業の順調度を可視化、経営人材の育成進み、9事業が開花 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/JIREI/20091204/341562/ 成功と失敗の定義でいうと、 忘れがちなのが失敗の定義。 人事本部でも、 失敗の定義を先に決めること を進めるようにしています。 そういう意味ではCAJJ制度は「撤退検討」の 基準も明文化されているため 優秀な人物に失敗をだらだらと続けさせるのは 経営判断としてはもったいないこと。 すばらしい可能性をもっと活かせる場を見つけて 活躍してもらう、そういう判断を心がけたいと思います。

      テーマ:
  • 04 Jul
    • 俯瞰は成果への近道

      大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)/羽生 善治 この本で語られている「大局観」。 すごく面白い本でした。 人事本部のリーダー陣に折に触れて 強化するように伝えているのが「俯瞰力」です。 「大局観」の言い換えですね。 本社機能ではよく使われる言葉ですが、俯瞰力 「全体を見てから、自分の判断をする」 ということです。 ついつい物事を考える際に 「部分最適」でものごとをとらえがち。 特に新しいことや大きなことを取り組む際には この誘惑に私もよく巻き込まれます。 俯瞰ができてないと、 後から振り返って無駄が多かったことに気づきます。 新入社員など業務自体が未経験のときには 俯瞰よりもまずは「慣れ」を増やすために がむしゃらにやればよいですが、 管理職以上ではそうはいきません。 組織の成果を出す。 管理職の仕事はこれに尽きます。 大きな成果をいち早く出したいのであれば リーダー自身が組織全体を俯瞰し、 最も成果を出せるように環境をつくることが必要です。 部分部分で考えると せっかく決めたことも効果が限定されたり 無駄な動きをしがちです。 この「大局観」という本では 視野を広げてリスクを軽減 という言葉で語られています。 本社機能にはこの視野を広げる習慣があります。 「ペライチ」といってA4一枚にそのプロジェクトや 担当分野について、すべての項目を書き出すというものです。 人事本部の私のペライチであれば ・採用のこと ・事業部のこと ・育成のこと ・労務のこと ・オフィスのこと ・社内インフラのこと などなど。 項目を書き出しておき、 折に触れてその紙に書いてある 項目を眺めるだけで 「この件、進捗どうなっていたかな」 「ここにもっと注力しよう」 というのを「冷静に」考えることができます。 頭の中だけでやるとどうしても項目すべての 俯瞰というのは難しい。 そのためにもペライチに全項目 書き出すというのは有効です。 ペライチもレベルアップして項目を すこしづつ増やしていけば自分のレベルが あがっているのもわかります。 企業の成長にともない、俯瞰する力もどんどん レベルアップさせていけるように ペライチのバージョンアップを継続したいと思います。

      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
37223 位
総合月間
19082 位
起業・ベンチャー
330 位
IT業界
39 位

ランキングトップへ

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。