• 31 Jan
    • 21世紀に勝つ企業の条件

      日経ビジネス1.31号より。ハーバード大学のロザベス・モス・カンター教授によるインタビューがありました。===海外の市場で成長を目指すためには、どんな国でも浸透させることができる普遍的な目的や価値観からなる企業文化が必要とされる。(中略)これは取りも直さず、企業文化の重要性が以前に比べてはるかに増していることを意味します。===まとめとしては、グローバル展開に企業文化を利用するというものです。企業文化というのはついつい組織の中で「暗黙知」になりがちなものですが、人数が増えたり文化が変わると浸透させるのに苦労したりします。グローバル展開の前に、急成長している企業では日本国内であっても成長を生んでくれたこの暗黙知をいかに組織全体に浸透させるかは悩みどころになるものです。当社では2003年ごろから人事制度の強化とともにビジョンや価値観を明文化し、各事業部のメンバーもその浸透に協力してくれました。振り返ってみても一朝一夕にできるものではなく、この企業文化自体が当社の競争力のひとつとなっているといえると思います。すでに海外拠点でがんばってくれているメンバーも当社の価値観などをきちんと伝えるように努力してくれているとのこと。世界に通用する企業にするためにも、人事としては企業文化づくりにもこだわっていきたいと思いますSuperCorp: How Vanguard Companies Create Innova.../Rosabeth Moss Kanter¥2,407Amazon.co.jp「確信力」の経営学/ロザベス・モス・カンター¥2,100Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 28 Jan
    • 2011年9月期第1四半期業績

      昨日、業績発表を行いました売上高  28,770百万円(34.3%増)営業利益 3,558百万円(68.2%増)経常利益 3,491百万円(63.9%増)四半期純利益 1,470百万円(14.5%増)※カッコ内は対前年同期比昨日の決算説明会の動画もこちらで公開しております。http://www.irwebcasting.com/20110127/1/f320630deb/mov/main/index.htmlこの第一四半期はアメーバ事業、広告事業、メディア事業の売上や利益の構成が非常にバランス良くなってきたと思います。先日、他社のネット企業の経営者とお話をしていたのですが「広告代理店部門を強く成長させながらアメーバの事業を立ち上げたのは本当にすごいと思う。どちらかだけでも大変なはずなのに」とお褒めいただきました。純粋にうれしいが、まだゴールはそこではない。改めて日本トップレベル、そしてグローバルで認められる会社を創っていこう!と思いました。さらに企業価値を高めるためにも、人事としてやるべきことがあります。できるかぎり一人一人の声を聞いて、可能性を発揮できる環境作りをどんどん進めていきます!

      テーマ:
  • 25 Jan
    • 謙虚さと自信はセットで

      世界中を虜にする企業~ZARAのマーケティング&ブランド戦略~/ヘスス・ベガ¥1,680Amazon.co.jpZARAの人材開発ゼネラルマネージャーを勤めたヘスス・ベガさんの著書。ZARAの人事制度や風土づくりについて事例を交えて書かれている本です。すごく活気があって、情熱的な組織の創り方をしている一方でとても大事にされいるのが「謙虚さ」とのこと。一部引用。===謙虚さは身につけることができるもの。謙虚さはバランスをとる役目を果たす。個人よりチームを優先すること。チームのいいところは、個人の傲慢さを抑えることができるところ。個人主義はエゴイズムを招くの。===謙虚さと同時にオススメされているのが「自信」===できると信じる。できると信じれば戦いに勝つこともできる。自信を持てば、困難を前にして屈服することもない。===人間常に完璧でいることは難しいですが、「謙虚さを意識しながら、自信を持とう!」と思うことはできる。大きな挑戦も、できると信じて前進します!!ちょっと前の話ですが(汗)、サイバーエージェントアメリカのプロデューサーのみんなと食事アメリカや中国で働いていたPさん9月卒業ですでに入社してくれた内定者のAさんなどさすが英語でのサービス開発をしているというだけあって会話は英語交じり。これからのサービスはどうなるとか、会社をもっとこうしていこうとかいろいろな意見が聞けたのがとてもよかったよし、今日もがんばろう

      テーマ:
  • 24 Jan
    • ソーシャルメディア

      ここに来て雑誌や書籍でソーシャルメディアに関連するものが増えてきていますね。週刊 ダイヤモンド 2011年 1/29号 [雑誌]フェイスブックの事例が豊富。ソーシャル・ネット経済圏/日経ビジネス¥1,575Amazon.co.jpアメーバピグが表紙!(まだ予約ですが)ソーシャルメディア革命/立入 勝義アメリカで人気のサイトやトレンドなどがわかりやすいです。成熟期のウェブ戦略―新たなる成長と競争のルール/野尻 哲也インフラが成熟してくるからこそ、ウェブでのサービスやビジネスが大きく成長するチャンスがあるとのこと。とにかく確信できることはインターネット産業がますます伸びるということ。就職活動の学生のみなさんにもよく「これからどの産業が伸びそうか」の見極めに力を入れた上で判断するとよいですよ、とオススメしていますがこのネット産業には大きなチャンスと可能性があります。大きな飛躍ができるように、挑戦の環境づくりをがんばります

      テーマ:
  • 18 Jan
    • 日経ビジネスオンラインに掲載

      東京大学の中原准教授の日経ビジネスオンラインの記事でとりあげていただきました 掛け声倒れに終わらない挑戦する風土づくりサイバーエージェント人事本部長、曽山哲人氏と語る(前編)http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20101228/217771/ジギョつくも、昨日締め切り。数は集計中ですが本当に多くのメンバーが参加してくれてうれしい限り。応募してくれたみなさん、本当にありがとうございます。今回は間に合わなかったみなさん、次回ぜひ。一人一人が、自分の思いを出せる風土。その挑戦をもとに、成長を実感できる風土。それが経営の成果にもつながるしかけ。経営に関しても人材に関してもリスクをとった挑戦があってこそ、成長も大きくなるというもの。21世紀を代表する会社を創るというゴール1点を目指して、がんばろうと思いました。サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人

      テーマ:
  • 17 Jan
    • 翻訳字幕つきTED

      先日から、ipadで「TED」を見ているのですが面白い。翻訳つきの「TED+SUB」はすごい便利ですねモチベーション3.0のダニエルピンク氏の講演はプレゼン自体も勉強になります。ipadもってる方は、ぜひ。週末はアップルに関するDVDや本を。ディスカバリーチャンネル アップル再生: iPodの挑戦 [DVD]/出演者不明コンピュータの会社から、iPodをいかに生み出し、iTunesをいかに生み出したか。取材をした多くの著者や開発の関係者何人ものインタビューは面白かったです。市場の流れを読むこと。今あるものを広げて考えてみること。スティーブ・ジョブズの王国 ― アップルはいかにして世界を変えたか?/マイケル・モーリッツ¥2,100Amazon.co.jpこれも衝撃的。改めてジョブズの成果へのこだわりがわかります。最後は粘り。がんばろう。今週末は役員合宿。きちんと今の状況を俯瞰して臨みます。¥3,570Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 16 Jan
    • 10の完璧よりも、100の最善。

      先日はビジネス・ブレークスルー大学で講演でしたBBT大学はオンラインだけで経営の学士が取得できるとあって、高校卒業の学生もいましたが、社会人も7割ほど受講されているとのこと。新規事業を創りたい!と思っている方や本気で経営を学びたいと思っている方が多いからか、質問の数がとても多かったです!ご参加いただいた皆様、本当にありがとうござました。BBT大学で教鞭をとられているエクスピリットパートナーズの三城先生の講演も面白かった。三城先生いわく「カッコイイ人事」とは目指す人材マネジメントが明快経営のやりたいことを実現するエンジンとなっている現場の肌感覚を常に意識しているとのこと。サイバーエージェントのこともお褒めいただきましたしかし当社は、決して完璧ではありません。むしろ、完璧を目指してはダメだとも思います。人事制度は、完成がないから面白い。ともいえるから。特に成長産業の中での会社の場合、ゴール設定も、経営戦略も、人事もすべてが新しくてチャレンジできることがたくさんあります。よく考えれば、人事制度に限った話ではないですね。10の完璧よりも、100の最善。10個完璧でも、会社が求めるものが100だったら90はダメになる。それじゃダメ。自己満足にすぎない。100の中で自分なりにできる限りやる。自分の中で、最善を尽くすほうがよい。人事としても、純粋に一人でも多くに「最善を」。ますますがんばろう!と思いました。やるしかないBBT大学総長、大前研一さんの本。この国を出よ/大前 研一¥1,470Amazon.co.jpお金の流れが変わった! (PHP新書)/大前 研一¥760Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 15 Jan
    • Ustream中途採用セミナー開催

      本日は、「Ustream中途採用セミナー」を開催しました開始前の画面。たくさんの方に参加いただけてとても楽しかったのですが、とにかく良かったことが「社員と参加されたみなさんとのチャット」がものすごく盛り上がったこと30分間、私から会社や業務について説明を行い、30分間、当社の中途入社メンバーとの座談会を行いました。参加された方々がとても積極的で、たくさんの質問もその場でチャットで受けてできる限りお答えしたつもりです。昼12時に終了した後、参加された方々からチャットやメールでたくさんのお礼をいただきました。チャットを一部抜粋。IDは削除しています。===12:00 皆様、お答えしづらい質問にご回答頂き、ありがとうございました。12:00 非常に面白かったです。またの機会を楽しみにしております。12:01 1時間あっという間ですね。でも、濃い内容のセミナーありがとうございました12:01 セミナーへの参加の為、初めてUstreamを利用しました。サイバーエージェントの魅力を十分に感じたのはもちろんのこと、Usteamの面白さも感じました。貴重な時間となりました。ありがとうございました。12:02 非常に分かりやすく、有意義なセミナーでした。ありがとうございました。12:02 地方からなかなか説明会には参加できないので非常に有意義なセミナーでした。ありがとうございました。12:02 時間も限られている中、質問にご回答頂き、ありがとうございました。大変楽しい中途採用セミナーでした。ご準備なども大変だったと思いますが、誠にありがとうございました。12:02 利便性が高く、双方ともに効率のよいセミナーだと率直に感じております。ありがとうございました。12:03 貴重なお話ありがとうございました。とても良い経験と時間を過ごせました。「21世紀を代表する会社」応援してます。ありがとうございました。===ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございましたこの「Ustream中途採用セミナー」は当社の新規事業や新規サービスを生み出す会議、「あした会議」の広告代理店部門版で生まれたアイデア。Uストリームには、採用活動においてもものすごい可能性があることがわかりました。他の部門でも実施予定ですが、どんどんレベルアップさせていきます終わった後に座談会に参加してくれたメンバーと打ち上げ!営業でどんなメンバーが活躍しているかや来年入る新卒1年目に期待することなどいろいろ良い情報を聞くことができました本日セミナーを行った広告営業職のエントリーはこちらからどうぞよし、やるしかないUstreamガイドブック (玄光社MOOK)¥1,575Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 11 Jan
    • 感情のコントロール

      Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年...スターバックスのシュルツCEOのインタビューやグーグルの上場時における話などこの号も面白かった。(全部読むのは大変ですが)ゼロックス初のアフリカ系女性トップを後継者に育てる話を読んでいて、自分も気をつけなければと思った箇所。===彼女は感情がすべて表に出た。これはCEOとして、とんでもないことだ・・・全員がCEOを注視しているのだから。(中略)感情を表に出すことが、とりわけ否定的な感情の場合、だれかをだめにしてしまうことがある。周囲への影響が大きいだけに、CEOはうっかりと感情を表に出してはいけない。===CEOに限った話ではありませんね。人それぞれ感情表現は異なるので1つの型にはめることはできませんが、活躍するリーダーを見てみると、感情のコントロールがうまいです。出す、出さないも人それぞれですが感情に任せて何でも出すと(キレてしまうと)メンバーが話しかけにくくなり、結果的に仕事の情報が細切れになって成果につながらない。感情任せ、だけでは「継続した成長」が難しいと思います。自分自身も改めて頭にたたきこみつつ、リーダーの成長の重要な点のひとつとして頭に入れておこうと思いました。

      テーマ:
  • 09 Jan
    • ワンピース

      今年の年末年始は漫画を堪能昨年たくさんの学生と話をした中で、よく話題に出てきたのが「ワンピース」。当社のメンバーにもたくさんのファンがいます1巻から60巻まで、一気に読みました。ONE PIECE 1 (ジャンプ・コミックス)/尾田 栄一郎ONE PIECE(ワンピース) 1~最新巻(ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイス コ.../尾田 栄一郎大きな志をもってやりぬくところや仲間を大切にする姿勢。純粋に、面白い!!!!そのほかにもこれまで名前を聞いた漫画やメンバーに紹介してもらった漫画など、いろいろと読んでみました。鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)/荒川 弘¥420Amazon.co.jpなるほど、この二人の組み合わせはそういう理由だったのか。NARUTO―ナルト― 1 (ジャンプ・コミックス)/岸本 斉史¥410Amazon.co.jpこれまた奥が深い・・・はまりそうだクロスゲーム (1) (少年サンデーコミックス)/あだち 充¥410Amazon.co.jp胸がキュンとなるHUNTER×HUNTER 1 (ジャンプ・コミックス)/冨樫 義博¥410Amazon.co.jpこれも大きな挑戦!大きな挑戦に向かうマンガは、純粋に楽しい趣味としていいかも

      テーマ:
  • 08 Jan
    • 徹底できているか

      渋谷ではたらく人なら、この風景を見たことがあるかもしれません。この番地の壁!山崎文栄堂というアスクル代理店のトップ企業です。30名で年商30億円先日、お伺いしました。業務改善のお手本ともいえるアクションをたくさん実施されていました。ITmediaなどでも取材をされています。町の文房具屋から、年商30億円企業へ――山崎文栄堂を変えた“徹底ルール”山崎社長を囲んで、この場を創っていただいたネットプライスの佐藤社長はじめみなさんと一緒に。ありがとうございましたアクションひとつひとつのすごさはもちろんですが、お伺いして気づいたのは「徹底するにはどうすればよいか」について、トップである山崎社長、そして社員のみなさんがものすごく考えていらっしゃると思いました。当社でもいろんな施策を実行したりしていますが、デキる人、デキる管理職は改善策を始める際に「習慣化するまで徹底する」ことにすごくこだわっています。逆は、「言いっぱなし、チェックなし。」だからいつの間にか立ち消えする。決めたことを、徹底できるかどうか。その徹底を、続けられるかどうか。最後の粘り強さは、決定的な差別化と競争力を産み出し、勝敗の大半を決めると代表の藤田も書いていますが、私も一人一人の力を成功パターンにつなげられるよう、努力を続けたいと思います。

      テーマ:
  • 07 Jan
    • 昇格祝い

      昨日は人事本部メンバーの昇格祝い社内インフラの安定化に貢献してくれているT場さんと、新卒採用でたくさんの優秀な学生との出会いの場を創ってくれているN村さん。二人とも、2009年4月入社の2年目。常にポジティブな姿勢。マメなホウレンソウで安心感のある動き。そして成果への大きなこだわり。すばらしい点をあげるときりがないですが、昨日はじっくり二人の考えなども聞くことができてよかったです二人のさらなる活躍に、期待!!!一緒に大きな成果を出していきましょう!

      テーマ:
  • 05 Jan
    • 今年のやるしかない宣言

      昨日開催した、人事本部の「年初会」。ひとりひとりに、今年1年間の「やるしかない宣言」をしてもらいました。グループごとで自分の宣言を説明してもらった上で、ひとりひとりから宣言「12年の採用を絶対成功させる」「結果にこだわる」「GP3に昇格する」、などなど。「おーー!」とか「いいね!」など拍手もたくさん宣言の場というのは宣言する自分も緊張しますが、宣言することの一番のメリットは、応援してくれる人が増えること。何も言わない人より、言う人のほうが応援(時には叱咤)をうける可能性高まります。良いスタートダッシュをきることができました。スタートダッシュつながりの話題昨晩はジギョつくやキャリチャレ関連の勉強会。昨年取締役に昇格した石井氏とグループで連携をとらせていただいているトレンダーズの経沢さんによる講演。社員の1割以上にあたる80名くらいが参加してくれたとのこと。初日から、みんなすごい積極的でうれしい勉強会は今日、明日も続きます。こういう「経営幹部自らによる勉強会」は良いですね。協力してくれる役員や幹部にも大感謝です。私も大きく飛躍できるよう、がんばっていこう

      テーマ:
  • 04 Jan
    • 2011年

      2011年。今年もどうぞよろしくお願いいたします!今年のテーマは、「強みを伸ばす年」。昨年は部署内では「城づくり」と称してさまざまな基礎固めを行いました。今年はその基礎をもとに、さらに大きく伸ばす「強み」というものを確固たるものにしようと思います。各個人にある強みを、組織に反映させる。各部署にある強みを、全社に反映させる。たとえばアメーバの部門にある強みを横展開したりとか、子会社にある強みを他部署に紹介したりとか。この会社の中にある人材という競争力を、もっともっと強いものにしていきたい。変にこねくり回したりやみくもに新しいことだけに取り組むのではなく、きちんと自分たちのもっている原点を大事にしていくようにしていきたいと思います。成長へのチャレンジと足場固めはセットで行う。この考え方を大事に、大きく飛躍できるようにがんばります!今年一冊目の本超訳・速習・図解 プロフェッショナルマネジャー・ノート/柳井正・解説 プレジデント書籍編集部・編私も何回も読んでいる「プロフェッショナルマネージャー」をわかりやすくまとめたものです。これは読みやすくてよいです!!終わりからはじめなさい!なぜならば、ゴールを設定すれば「成功するためにすべきこと」が明らかになるからだなどなど、できるマネージャーに共通する考え方が見やすくまとまっています。リーダーやマネージャーのみなさんにオススメ。今年一年、よろしくお願いします!!

      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

月別

一覧を見る

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。