• 28 Dec
    • 「やること」と「やめること」はセットで考える

      昨日は本社機能のリーダー陣で「プラスマイナス会議」を開催しました。会社の成長にきちんとシンクロできるように本社機能でやることを考えるというものです。舵取り役のT口氏。W田氏と二人で本当にありがとう。「プラス」はぐんと成長角度を上げるために必要なこと。「マイナス」があるのが実は大事な点。今あるムダを直視して、ムダを削る習慣やそもそも誰も手をつけてない無駄な処理などをなくしていくというもの。やることを決めたら、同時に捨てることを決める。デキる人はこの考え方をすごく大事にしていて、自分のキャパシティに限界があることを理解しています。意識してか無意識かは別にして。これをやらないで、「自分からキャパオーバーするワナ」が本当に多い。特に性格がまじめや慎重な人は、「捨てて本当に大丈夫かな・・・」と捨てきれないことが多いように思います。足元では個別のミーティングなどで改善するようにしていますがこのように一堂に会して決めることはとても有益でした。ネーミングなどもこっていて、はやりそうなものもいくつかありました。社長室、経営本部、人事本部のリーダー陣が部署横断で議論する。とても有意義でした。自分自身の課題も浮き彫りになったので一度足場固めをきちんとしようと思います。来年も良い年になるよう、がんばろうやるしかない

      テーマ:
  • 24 Dec
    • シゴトダイエットSUMMIT

      先日、パナソニック電工が主催された「シゴトダイエットSUMMIT」に参加しました日経新聞でも先日とりあげられました。パナ電工やKDDIなど7社、事務系社員の業務効率化で協力 ノウハウ共有 2010/12/20付日本経済新聞 朝刊500文字知識労働が中心のホワイトカラーの生産性をあげるために、試行錯誤したり成果を出されている会社で情報交換しようというものです。第一回はこの7社。パナソニック電工パナソニックKDDI東京ガスユニ・チャーム東レ経営研究所サイバーエージェントサイバーエージェントも生産性向上の「棚おろし会議」について共有させていただきました。昨年は広告部門の営業を中心に私自身もこの会議の進行役として30回くらいはやったと思います。パソコンが重いなどの設備の話から、MTGのムダを可視化したり個人ごとの業務のムダを洗い出したり。こういうときに大事なことは「成果を出すために、ムダをなくす」ということ。ムダをとること自体が目的ではない。あくまで、ひとりひとりのがんばりが、大きな成果につながるようにすることが大事。当社の業務改善も、まだまだ改善余地あり。よりバージョンアップさせて全社的に展開させます。9月に実施した、あした会議。http://ameblo.jp/shibuya/entry-10636688766.htmlhttp://ameblo.jp/shibuya/entry-10638421144.html忙しいみんなのスケジュールを調整してようやく、チームの打ち上げ9月の決議から、すでに会社もたくさん立ち上がっていますし、私たちの提案したエンジニアアカデミーも進んでいます。このスピード感がたまらなく面白い今日もがんばろう!

      テーマ:
  • 21 Dec
  • 20 Dec
    • ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと

      ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のことひとりひとりのアーキテクトが活躍するための「考え方」に触れるのにとてもよい本だと思いました。・プロジェクトを構築するのは人間ですから、プロジェクトの成否を握っているのも人間です・要件では定量化を求めよ・チームを大切にしなさい・デベロッパーを本質的でない仕事から守りましょういくつか気になったものを見ても、人事としてまだまだやれることがある。以前開発のメンバーに教えてもらったこの本もとてもよかったです。ピープルウエア 第2版 - ヤル気こそプロジェクト成功の鍵/トム・デマルコTech総研でも、当社の最高技術責任者佐藤のインタビューが掲載されました!!佐藤CTOが明かすサイバーエージェント内製化の裏側/Tech総研http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001823読み物として面白いです技術において、世界に通用する人材をどんどん輩出できるよう、事業も環境もどんどん改善を続けていきます!!!

      テーマ:
    • KAGEROU

      KAGEROU/齋藤 智裕¥1,470Amazon.co.jpビジネス書の読書が自分の趣味と言っても過言でないくらいよく読んでいますが、話題のこの小説はどうしても読んでみたかった純粋に、面白かったです。テンポがよいのでどんどん読めてしまいますが、わずかな時間でこれだけ小説の世界に引き込まれるのもなかなか良いものです。興味深かったのはいつも思うのはきっと忙しかったはずなのにどうやってこの本を書き上げたのか、ということ。次回作にも期待です

      テーマ:
  • 18 Dec
    • 第13回定時株主総会

      昨日、第13回株主総会がありました。459名の株主のみなさまにご参加いただいたとのこと総会中、できる限りおひとりおひとりのお顔を見るように心がけましたが、笑顔でこちらを見てくださっている株主の方が多く、さらにがんばろう!と思いました。本当にありがとうございました広報チームが毎年よく考えてくれているおみやげ。評判も上々のよう株主総会を終えて・・・代表藤田のブログhttp://ameblo.jp/shibuya/entry-10739602657.html専務西條のブログhttp://ameblo.jp/saijo/entry-10739957188.html広報ブログhttp://ameblo.jp/cair/entry-10738708396.html私は2008年12月に取締役に就任させていただき、今回2期目の再任を決議いただきました。人事本部管轄として、企業価値向上のために全力でとりくむ所存です。21世紀を代表する会社につながる、人事制度や環境作りに邁進します。これからも応援、どうぞよろしくお願いいたします!

      テーマ:
  • 17 Dec
    • 意思表明する人にはチャンスが増える

      先日、人事コンサルティングファーム、マーサージャパンの古森さんとお話する機会がありました。ちなみに古森さんもアメブロですhttp://ameblo.jp/mercerjapan/質疑応答で日本人の強さと課題の話題のときに、「日本人はとても多様な考えを持っているのに、意思表明しないことでチャンスを失っていることがある。それがとてももったいない」という話題になりました。本当にそう思います。単なるアピールとは異なります。意思表明とは、本気の思いをぶつけることです。下手でもいいから、自分の考えを出してみる。話がうまいかどうかは関係ありません。良いと言われることもあれば思いっきりダメだしされることもある。恥をかくこともありますし、悔しい思いをすることもあります。だから、ついつい臆病になってしまう。でも、意思表明をし続けている人には、より多くの成長機会が訪れます。人事を2005年からやってきて、私も多くの昇格者や抜擢されるメンバーを見てきましたが、成長している人、昇格や抜擢が早い人は必ずといっていいほど、自分の思いを表明しています。意思表明すれば、いいときはうれしいしダメでも学びになる。その思いを元に、この本も書きました。サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人引き続き、より多くのメンバーに成長機会を提供していきたいと思います!人事本部に、新しい仲間がジョイン!さっそくみんなに「ズエ」とよばれている I くんですが、笑い声の大きさで、周囲の注目を浴びています。技術者採用で、活躍してもらいます

      1
      テーマ:
  • 15 Dec
    • アンドロイドのピグ

      大学に訪問する際に、学生のみなさんにお見せすると「おおーっ」と喜んでもらえるのがアンドロイド版のアメーバピグ(ベータ版)♪http://androider.jp/?p=23965アンドロイダーより先日ランチした開発部門のメンバーから「楽しみにしていてください」といわれていたのですが、すでにこのアンドロイド版のピグでも「ピグとも」ができて、うれしい限り。当社のメンバーに聞くとアンドロイドはすごく可能性があるので、どんどん挑戦をつづけるとのことでした。あと、最近はアンドロイドのアプリ探しにハマっています。■アンドロイダーhttp://androider.jp/■オクトバhttp://octoba.net/■andronavihttp://andronavi.com/iphoneとは違う世界観で、楽しみというか広がりがありそうな実感。まだパズルゲームとかが多いですがはまるものも多くて楽しみな世界です。大きく飛躍できるよう、常に頭をフル回転させていきます!

      テーマ:
  • 14 Dec
    • ケータイ白書 2010

      ケータイ白書 2010を読んで見ました。ペラペラとめくるだけでも、インターネット業界、携帯の業界がさらに大きく変化しようとしているのを感じます。あくまで調査内容や母集団への配慮が必要ですが、いくつか気になった点を。有料コンテンツ料金を支払っているのは43%スマフォユーザーの7割は次の買い換えでも「スマフォにする」携帯・スマフォ無料ゲームの利用ジャンルは「パズル」が6-7割スマフォユーザーの53%がGPSを利用アバターアイテム市場は2009年に447億円、2010年に1000億市場へモバイル広告市場は2009年に1000億超えなどなど、市場のトレンドを俯瞰するにはこういう本はもってこいですね。情報をまとめながらいろいろ考えるところもありました。ついつい仕事に夢中になるとどうしても視野が狭くなりがちです。自分の視野が狭くなっていないか、折に触れて確認することが大切ですね。

      テーマ:
  • 12 Dec
    • ピグでうれしかったこと

      先日、アメーバピグにログインしたら・・・・・・部屋に入ったと同時に、たくさんのユーザーの方々が来てくれましたびっくりして理由を聞いたのですがよくわからずでも、「ピグは楽しんでいただけていますか」との私の質問に対し、すぐにリアクションしていただけました。それがこれです「楽しいです!」「僕の」「生きがい」とのこと!これは・・・・・・・・・・・すごく、うれしいたくさん使ってくれているユーザーのみなさんに感謝感謝ですし、一生懸命楽しいサービスを創ろうとがんばってくれている仲間にも感謝感謝。もっとよい環境をつくるぞやるしかないアメーバピグ 公式ガイドブック/アメーバピグ 公式ガイドブックプロジェクト¥998Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 11 Dec
    • K永さん&S藤さん結婚式♪

      K永さん&S藤さんの結婚式私はK永さんが入社した時のはじめての上司だけに、幸せそうな顔を見ることができて本当にうれしい場所は代官山。すばらしい景色でした。社長藤田からのスピーチ。みな大笑い役員みんなで祝福記念撮影ケーキにはなんとアメーバくんとアメーバちゃんが本当に幸せそうなお二人すばらしい式でした!末永くお幸せに!!!

      テーマ:
  • 08 Dec
    • 外交交渉の要諦

      国家の命運 (新潮新書)/薮中 三十二アジア太平洋州局長としてテレビなどでよく取材されていた薮中さんの本。グローバルにおける日本の立ち位置や交渉などについての話題が書かれています。決して暴露本の類ではなく、薮中さんがどのような姿勢で、どう考えたのか、そして世界がどのように動いているのかを感じ取ることができるとても読みやすい本です。その中の「外交交渉の要諦」というのが非常に面白かった。交渉の前には準備が必要とのことで、1)相手の国が何を狙っているか2)交渉と結論を急いでいるか3)相手国の力はどれくらいか4)交渉担当者の人となり、国内における力量はどうかなどを事前に考えるとのこと。・互いを理解し、信頼関係を・オフェンスとロジックが大事・外交では一方勝ちはダメなどの考え方も参考になった。相手を丸め込む、のではまったくない。実際に仕事においても、交渉や巻き込みなどがうまいなあと思う人は「相手の利害が何かわかっている」というのが根本にあります。スタッフを巻き込むのがうまい営業はスタッフが何を望んでいるかを配慮していますし、外部のパートナー企業との交渉がうまいスタッフはパートナー企業が何を望んでいるのかを一生懸命理解しようとします。一方的に自分の要望だけを押し込むのではなく相手への配慮をしながら成果を生み出す。そういう配慮ができる人はとても強いと思います。自分自身ももっと力をつけよう。

      1
      テーマ:
  • 07 Dec
    • バージョンアップ委員会

      2003年から続けている、バージョンアップ委員会。役員1名(私)と、事業部メンバー7名。部署や年次をいろいろと考えて幅広く声が聞けるような会議体にしています。「こんなことがうまくいっているよ!」という各部署のトピックスを共有したり、「こんなことが課題になっている」と改善点を議論したり。エンジニア部門、投資育成部門、広告代理店部門などなどさまざまな部署からサイバーエージェントを俯瞰して考えるようにしています。いろいろな観点から見ることができるので、私には非常にありがたい場です。今日は新しいメンバーで第一回。人材育成の話題や、ビジネス基礎力の話題でものすごく盛り上がりました。人事の育成や研修などにもどんどん反映させていこうと思います!

      テーマ:
  • 03 Dec
    • アメーバピグ新卒会社説明会

      本日、新卒会社説明会の第一回を開催!今年も新卒採用、がんばります!!!社長の藤田もプレゼン。たくさんの質問が満席だとしても、まだまだ回数はありますのでご安心ください。そして昨日は、新しい試み!「アメーバピグ」にて、新卒採用向け「サイバーエージェント会社説明会」を開催http://www.cyberagent.co.jp/news/press/2010/1119_1.html社長藤田も映像だけでなくピグで参加!たくさんの質問をいただきましたいろんな形でたくさんの学生のみなさんに出会えることが本当にありがたいです。この説明会に参加してくれた社員や開発で支えてくれたメンバーにも大感謝エントリー、お待ちしております!新卒採用ホームページはこちらからサイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人

      テーマ:
  • 02 Dec
  • 01 Dec
    • グローバル展開

      グローバルでの展開が加速していますサイバーエージェント、サンフランシスコにスマートフォンアプリの開発拠点を設置http://japan.cnet.com/news/service/story/0,3800104747,20423489,00.htm昨日の日経産業でも大きくとりあげてもらいました早速、サンフランシスコに異動したばかりの新卒2004年入社の宮崎氏とスカイプ会議この12月から常駐を始めた専務西條氏も気合の入ったコメントを書いていますが現場の拡大スピードがものすごく早い。われわれ人事や経営本部がもっともっと加速して、海外展開の拡大に協力しなければ。いずれにせよ、グローバル展開を自らの手で創るということができるのがこのネット産業のものすごい面白いところ。どんどんチャレンジしていこうやるしかない昨日の本社機能の締め会、すごく盛り上がりました。受賞したみなさん一人一人のスピーチや内定者アルバイトのみんなの宣言など。詳しくは経営本部長のアメブロでhttp://ameblo.jp/montecristono2/entry-10722638684.htmlMVPのO川さん。「新しい産業を自ら創る。先輩や仲間が本気でこの目標に挑戦し、実体験できているのが本当にうれしい」思いがつまった、すばらしいスピーチでした。引き続きの活躍、期待しています!!!

      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

月別

一覧を見る

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。