• 30 Aug
    • ストーリー力

      先日は本社機能のマネージャー合宿。常務中山もブログに。http://ameblo.jp/golfer/entry-10634109311.html今回は徹底的にストーリー力を磨きました。特にメンバーの育成計画(ストーリー)については議論が盛り上がりました。今後こうなるはずだ、こうなるだろうというストーリーをもつことは、慣れないと勇気がいること。でも自分なりに考えて、決めてみると予想以上に自分の読みがあたったり逆にそうでもなかったり。共通して得られるのは、自分で決めれば必ず学びがあるということ。一人でやると不安も大きいものですが本社機能もリーダーが増えてきました。お互い協力し合って、底力のある組織をつくりたいと思います。リーダーは道を切り開く人。この本で整理できたこと。ネスレ名誉会長の本です。マネジメント・バイブル/ヘムルート・マウハー¥1,890Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 25 Aug
    • 新任マネージャー研修

      先日は新任マネージャー研修。 ここ数ヶ月でマネージャーになったメンバーに集まってもらい、いろいろ議論をしました。マネジメントの軸をもってもらい、大きな成果を出してもらうものです。・サイバーのマネジメントに求めるもの・先輩社員の経験談とメッセージ・面談スキル・コンプライアンスなどのコンテンツを実施しています。W田シニアマネージャーの舵取りで、徐々にコンテンツを改善しているのですが、感想も上々でした。マネージャーの基本的な仕事がインプットできたマネージャーの仕事のあいまいさがなくなった面談の重要性や育成の方法がすごく参考になったこういう人材育成の時にとても大事にしているのは、軸をきちんと提示してあげること。たとえば私から伝えた軸のひとつは、「定期的に評価をフィードバックすること。」当社では月1回の面談を推奨していますがきちんといい悪いを伝えてあげれば、メンバーの成長機会も増える。これをやりましょう、という軸です。「これがよい、これがダメ」とメンバーに提示することはもしかしたら反感を買うかもしれず、特にマネージャーなりたてのときは臆病になりがち。でも、それも自分とメンバーが大きな成果を出すため。きちんと納得できるように軸を提示することで、メンバーも大きく育っていきます。オススメした本です。ドラッカー名著集1 経営者の条件/P.F.ドラッカー ¥1,890 Amazon.co.jp チームリーダーの教科書―図解 フジマキ流 アツイチームをつくる/藤巻 幸夫 ¥1,470 Amazon.co.jp 部下を育て、組織を活かす はじめての上司道/前川 孝雄 ¥1,575 Amazon.co.jp 「ほめる」技術/鈴木 義幸 ¥1,365 Amazon.co.jp 1分間リーダーシップ―能力とヤル気に即した4つの実践指導法/K.ブランチャード ¥1,365 Amazon.co.jp 今日もがんばるぞ!

      テーマ:
  • 23 Aug
    • ジギョつく13

      約250名が参加してくれていた、ジギョつく。半年ごと開催なので1年で500件のアイデアが出る計算になります金曜日は決勝プレゼンでした!1年目で部署横断でプレゼンしたチームもあれば見事内定者でアイデア賞を受賞したチームも!このチームはiphoneのアプリを創ってきてくれました優勝は広告部門のW邊大介氏。分野の新しさ、切り口の新しさが斬新でした。サービスを実際に創ってきたチームが多かったのが今回の特徴ですが、広告部門のメンバーがならではの視点で提案してきてくれたのがとてもよかったです。自分の強みを活かして意思表明することが、次なる成長への大きなチャンスです。次回もより盛り上がるよう、がんばります!

      テーマ:
  • 22 Aug
    • ゴルフ打ちっ放し

      今日は法務のM田さんなど本社機能のメンバーに誘われて神宮外苑のゴルフ練習場へ。みんなでいくと、初心者でもやりやすくていいですね。経験者の07年次N村さんからもアドバイス。白シャツ。ゴルフ部出身N村さんによると、スイングはいいけど打つときに開いているみたいなのできちんと返すようにとアドバイスをもらえました。ありがたい。こうやってミートしてるか確認できるシールももらいました。これは意識が高まってよさそう!ダイヤゴルフ アクセサリー インパクトマーカー アイアン用 AS-423/ダイヤゴルフ¥231Amazon.co.jpダイヤコーポ ダイヤインパクトマーカー ドライバー(デカヘッド対応)用 AS-421/ダイヤコーポ¥231Amazon.co.jpめちゃくちゃ暑かったですが、いい運動になりました

      テーマ:
  • 19 Aug
    • 上司の時間を無駄に使わない

      先日、ミーティングをしていて準備ができてなかったメンバーに対してある役員から聞いた話を伝えました。「○○さんは、ホウレンソウがとてもいい。何かあれば一声かけたり電話がさくっと来て確認して、どんどん進めてくれるんだよね。成果にはこだわる。必要な時に、どんどん上司の力を借りる。でも同時に上司の時間を無駄に使わせない。という観点を持っている人は心強いよね。」という話です。上司に限らず、営業ならサポートしてくれるスタッフに対してとか人事なら何かのお願いをする事業部のメンバーに対してとか相手の時間を無駄にしないという観点を持っている人のほうが好感がもてますね。ホウレンソウはないよりは多いほうがずっといいですが、ダラダラやられるのはうれしくないもの。私も他の役員に相談することもあれば事業部のメンバーに人事としてお願いすることも多い。上司こそ、やるべし。改めて自分も意識しなくてはこのあたりのワナもこの本にまとめてありますサイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人 ¥1,500 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 18 Aug
    • 人を見る目

      特に新任のマネージャーやトレーナーをになっている方にオススメの本。ブランチャードの本は何回読んでも納得する点が多いです。1分間リーダーシップ―能力とヤル気に即した4つの実践指導法/K.ブランチャードメンバーの成長段階に合わせて、4つのリーダーシップスタイルを説明してくれています。会話調なので、事例がわかりやすくすっと入ってきます。スキルが低いけどやる気がある場合は「指示型」で細かく指示してあげる。スキルが高くてやる気がまちまちの時には「援助型」できちんと聞いたうえで褒めて促す。などなど。メンバーとの対話が上手な人は、「個々の才能を活かす」ことに力を注いでいる。育成が慣れていないトレーナーなどは自分のやり方をついつい押し付けがちですが(以前も私はそうでした)「個々を見て、対話も変える」という考えを持っているかいないかでずいぶん変わります。こういうときに参考となるこの本のようなバリエーションをまずはもつことがはじめるとよいと思います。できるかぎりメンバーの力を活かしたほうが結果的に早く成長することが多いですしね。メンバーとの対話をより良くしたい!と思っている方はぜひ!この本もいいですね。人を動かす 新装版/デール カーネギー先日「サイバーエージェント流 成長するしかけ」をきっかけに情報交換ををとのことでご来社いただいたオプトの鉢嶺社長からお礼として書道家松本響心さんの書をいただきました

      2
      テーマ:
  • 16 Aug
    • フロー体験

      この本は学びが多かった!フロー体験とグッドビジネス―仕事と生きがい/M. チクセントミハイゴルフなどのスポーツなどでよく話題になる、「フロー」の状態。気付かないうちに時間がすぎていくほど夢中になっている状態やものすごく集中できている状態などのこと。会社・仕事という環境でいかにこの「フロー状態」を多く生み出せるかで経営力の差が出るというのもイメージができます。自分たちの会社に照らし合わせて考えるだけでもいろんな試みができそう。メンバー自身がフロー状態になるためにいくつかのポイントがあるとのこと。(1)今日の仕事に明確な目標があることたとえ今日1日でも、どんな成果をなしとげるのかが決まっている状態。(2)適度にフィードバックされること良いでも悪いでも、きちんと伝わっている(聞けている)状態。(3)自分でコントロールできること物理的な集中できる環境を作ったり、やり方や時間配分などを自分の考えで実行できている状態。などなど。会社・上司からもこれらができているかを配慮することはとても大切ですが、仮に上司がいる立場であれば自分からきちんと働きかけができているかを考え実行できると強いですね。メンバーひとりひとりの1日1日を見ればフロー状態ができるときもそうでないときもあると思いますが、いずれにせよきちんと向き合ってできているか確認する価値のあるものだと思います。

      テーマ:
  • 15 Aug
    • トレードオフ

      トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか/ケビン・メイニー(著) この本は面白い!成功しているサービスや商品は、目新しさなどよりも、顧客にとって「上質(な体験ができる)」か「手軽(で便利!)」どちらかになるというもの。新しいサービスをつくる会議の中で「これは上質か手軽かでいうと、どっちなんだろう?」というセリフも出てくるかもしれませんね最近も本が発売された「ビジョナリー・カンパニー」シリーズで有名なジム・コリンズの序文も面白かったです。その中の一部。卓越した人々は・・・「何もかもできる」などという錯覚に陥ることなく自分が抜きんでる可能性のある分野だけに力を注ぐのだ。この、「自分が抜きんでる可能性のある分野だけに力を注ぐ」という点、とても大切だと思います。「何もかもできるわけないじゃん」とは思っていても、「自分が何で抜きんでる可能性があるか」を考えている人はそう多くない感じがします。たしかに活躍できる人は、自分の強みに集中している。この本では「集中」してうまくいったケースをスタバやアマゾンなどの事例を交えて紹介してくれています。いろいろ考えるヒントをもらいました

      テーマ:
    • リフレッシュ

      海外へ来ています。こちらは日本より気温が低いですが・・・笑いって30度くらい。湿度が低いのは気持ちよい。ビーチで本をたくさん読んでいますが、これはこれで私にとって本当にいいリフレッシュ。ついつい日々は力をいれてしまうので、自分なりの力の抜き方が大事ですねそして今日は記念日。いつもありがとう

      テーマ:
  • 06 Aug
    • ジギョつく選考

      昨日はジギョつくの書類選考。過去最高の246案が提案され、28案がプレゼンに進むことに半年ごとの開催なので、1年で500件のアイデアが出ている計算に今回は事業責任者からの応募が多かった。内定者からもとても多かった。また、広告部門からも多くのメンバーが。数はまだまだ伸ばしたいけど、1年目も管理職も幅広く参加してくれたのはうれしい。そして、ここからが大事。今回残念ながら選考に落ちてしまったメンバーの方にも、できるかぎり理由をフィードバックします。「よし、ジギョつくに出そう!」という意思表明から、きちんと成長のきっかけにつなげてほしい。私も精一杯がんばります。サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人

      テーマ:
    • 基幹系システム合宿@お台場SOHO

      今日は基幹系のインフラ1日合宿。お台場の「SOHOワンデイキャンプ」にてとにかく膨大・巨大なインフラ。すでにすごく良い議論ができています。きちんと可視化して議論できるような俯瞰をしていきます!

      テーマ:
  • 03 Aug
    • あした会議

      昨日は9月に行われる「あした会議」にむけて、第一回打ち合わせのあと交流会でしたあした会議は、役員対抗の事業プラン対決。役員7人で、これからのサイバーエージェントが取り組むべき事業について真剣勝負を行います。昨日は非常に良い打ち合わせができました。アメーバのT石さん、Y崎さんと広告部門のN宮さん。申し分ないチームです。すでにチーム力で勝てそうな実感が。前回のあした会議では「2位」。http://ameblo.jp/dekitan/entry-10224627072.htmlその前に行われた「No1戦略会議」も「2位」http://ameblo.jp/dekitan/entry-10112821341.html 今回こそは絶対に優勝!ただこうやって盛り上げていくことになりますが、この場はくれぐれも経営会議。将来のサイバーエージェントの企業価値を高められる、そんな事業を生み出していきます

      テーマ:
  • 02 Aug
    • プレジデントロイターで連載開始

      プレジデントロイターでキャリアに関する連載が始まりました 記事はこちらにあります が、「サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方  」の一部をまとめたものを、連載にしよう!と編集部からお声がけいただきました。本を購入される前に読んでいただくのもありがたいですし、すでに購入した際にこの連載とともにオススメいただくのもうれしいです!よろしければぜひご覧くださいプレジデントロイターのサイトhttp://president.jp.reuters.com/ 元リクナビ編集長、前川さんのブログで当社の記事が「2位」に!http://ameblo.jp/feelworks-maekawa/entry-10605409610.htmlこちらもありがたい

      1
      テーマ:
    • ビジョナリー・カンパニー3

      ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階/ジェームズ・C・コリンズ(James C. Collins) ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則/ジェームズ・C. コリンズ ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則/ジェームズ・C. コリンズ折に触れて読み返すビジョナリー・カンパニー。 「偉大な企業が成長を担う適切な人材を集められるよりも速いペースで売上高を増やし続けた場合、停滞に陥るだけではない。衰退していくのである」膨張しすぎ、拡張しすぎのワナにはまることを気をつけなければ。参考になったのは、高リスクの賭か決定を行うときの3つの問い。1.良い結果になったときに何が得られるのか。2.きわめて悪い結果になったときに、どのような打撃を受けるのか。3.その打撃に耐えられるのか。確かに堪えられるのか。外部から招聘された経営者としてはこのビジョナリー・カンパニーでは異例の成功を収めたIBMのガースナーは、建て直しの一番最初の段階で適切な人材を主要なポストに配置した、という話もきちんと頭にいれておこう。自分を振り返って見るのに、非常に良い本です。日経情報ストラテジーにサイバーエージェントをとりあげていただきました!日経情報ストラテジー 2010年 09月号 [雑誌]サイバーエージェント/「締め会」など約30の “小ワサ” を運用一体感を高め「離職率30%からの脱出」(038p)ぜひご覧ください

      1
      テーマ:
  • 01 Aug
    • P&G

      週末は妻のはたらく会社、P&Gの方々と食事。07入社のK原さんと、09入社のTさん。ふたりとも熱い!!!しかもすごく飲む!すごくうれしかったのは、サイバーエージェントに関してものすごく興味をもってくれていたこと当社は「ものすごく成長できる環境がある」というイメージを持ってくれているとのこと。先日発売された「サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 」も「もう購入しましたよ!」と。うれしいなぁお二人の担当はこれ。ブラウンのシェーバー。Braun シェーバー シリーズ5 【素早い深剃りのミドルモデル (3枚刃・水洗いOK) 】 550/Braun (ブラウン)私も初めてシェーバーを使った時から「ブラウン」を使っていますが、首振りするタイプが特に人気とのことしかもくせ毛などもそりやすくなる、世界唯一の「動くトリマー」がついているらしい。しかしシェーバーもどんどんカッコよくなりますね。しかしお二人と話しをしていてすごいなと思ったのはものすごい前向きな「ポジティブさ」何かしでかそうという「山っ気(やまっけ)」表も裏もきちんと考える「したたかさ」いい意味で、この3つを感じました。「ポジティブ・ヤマっけ・したたかさ」。当社で活躍するメンバーにも、共通する点。育成のキーワードになるかもしれません。こういう交流、またやろう

      2
      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

月別

一覧を見る

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。