• 28 Feb
    • 怒る企画術!

      朝から雨だったので、今日は読書デーに。怒る企画術! (ベスト新書 265)/吉田 正樹¥780Amazon.co.jpこの本は面白い!フジテレビの人気番組を生み出した名プロデューサー。主流ではなく、サブカルに挑戦するサブカルと思われているものに光をあてて、メインストリームをもってくるということ。すごく大切な考えだと思いました。使ってもらえる広告 「見てもらえない時代」の効くコミュニケーション (アスキー新書)/須田 和博¥780Amazon.co.jpマス広告やネットの位置づけがとてもわかりやすく書かれています。いかにユーザーに「見せる」ではなく、「使ってもらえるか」。ネット広告の重要性というか考え方がとても参考になりました。小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則 (ハヤカワ新書juice)/ジェイソン フリード¥1,155Amazon.co.jpプロジェクト管理ツールを少人数の企業で作って、多くの企業に広めた「37signals」という会社の考え方の本。非常に明快で、軸がはっきりしているところに強さを感じます。まずは作り始めよう(言ってるだけでなく)熱意と優先順位を混同しないやめたほうがいいものを考えるなどなど、言葉は簡単でも説得力を感じる本でした。口で言えれば漢字は書ける! 盲学校から発信した漢字学習法 (教育単行本)/道村 静江これは当社社員のお母様の著書。盲学校の学生でも漢字が書けるようになった独自の方法論をまとめられたものですが、方法論以上に盲学校の学生が小さい頃からすこーしづつカタカナや漢字が書けるようになっている実物の写真が、純粋に感動してぐっときます。人を成長を手伝うことの大変さと楽しさを、実感させてもらった本でした。今日は買い物に行っていろいろ食材を購入。そして夜食べたのは坦々鍋。鶏ガラスープにゴマ。うまかったー↓この本を参考に・・・私は食器洗い専門ですが-6つの“基本だし”で毎日美味しい!- 飛田和緒のなべ/飛田和緒(ひだ かずを)

      テーマ:
  • 26 Feb
    • ビジョンをもつ力

      メンバーと面談や話をしていると、「ビジョンの持ち方がわからない」という悩みを聞くことがあります。たとえば新卒1年目を見ても、「こういうことをやるぞ!」「こんなことをなしとげるんだ!」とどんどん名言するメンバーもいるので名言していないメンバーからすると焦りをもったりする気持ちもわかります。焦る前にまず「ワクワクビジョンか、ガムシャラMAXか」を整理できるとよいですが、「ビジョンを持とう!」と決めたらどうするか。当社のデキるメンバーのものも参考に私がやっていること、オススメしていることは下記です。① とにかくやりたいことを紙に書く紙に「自分がやりたいこと」を何でもいいから書いてみる。プライベートでもいいし、仕事でもいいし。やりたいことでなくても、楽しいことでもいいかもしれません。② その上で組織に貢献できることが何かを考える会社のビジョンや今の自分の役割など、①を踏まえて自分が貢献できることを考えてみる。自分のやりたい方向と会社の方向が同じ場合、上司や会社から応援をもらいやすくなります。③ 第三者に宣言してみる上司や他部署の尊敬している先輩など第三者に宣言してみましょう。「○○と考えてるんですけど、どうですか?」これによって賛成がもらえればいいですし、仮に何かずれていても指摘してもらえれば成長のチャンスが増えます。①で自分の意志を整理し、②で会社や組織と自分なりにすり合わせてみて、③で実際にズレがないか確認してみる。というステップですね。一度悩むと悩み続ける人もいますが、最後は自分への「決断」です。慣れてないとちょっと躊躇しますが、慣れれば大丈夫当社メンバーは、もちろんいつでも相談にのりますよ人事メンバーでも私でも、声をかけてください。昨日の役員会の雑談で、「どの携帯端末がいいか?」という話題。カメラが良いですよ、と私の携帯を自慢したら宇佐美さんがためし撮りちなみに私はF-01Bを使っています。

      テーマ:
  • 24 Feb
    • 移転打ち上げ!

      昨日は年末年始のオフィス移転を担当してくれた人事本部メンバーと打ち上げに941さんのブログでもご紹介いただいたオフィスです。やはりひとつ大きな仕事をなしとげたメンバーでの飲み会はもりあがる隠れ家的?石鍋も喜んでもらえました!まだオフィスは改善しているところもたくさんありますが、良い評判もたくさん聞くようになってきました。今後もこういう大きな仕事を、どんどんチャレンジしていきます!

      テーマ:
  • 23 Feb
    • 「日本の広告費」は推移で見ると面白い

      昨日、日本の広告費2009が発表されました。電通の発表資料です。2009年の日本の広告費は5兆9,222億円、前年比11.5%減 [PDF]http://www.dentsu.co.jp/news/release/2010/pdf/2010020-0222.pdf うち、モバイルが約1000億円で112%成長とのこと。ニュースなどでも記事にたくさん出ていますね。ネット広告費が新聞を抜く--電通「2009年日本の広告費」を発表http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20409001,00.htm また、こちらを見ると10年前のネット広告が生まれたばかりで成長途中の産業だということがわかります。電通『日本の広告費』 1985年~2008年時系列データによるグラフhttp://www.mars.dti.ne.jp/~hagi/ref/20090223_ad_revenue_trend_1985-2008.htm 数年前まで、ネット広告は本当に成長するのかという疑問もよく受けていましたが、ラジオ、雑誌、新聞をぬいて毎年のように市場規模を大きくしているような印象です。これからどうなるか。市場成長の中でいろいろ試行錯誤はあるとは思いますが、ネット広告には伸びる余地は多いにあります。クライアントさまと一緒に成長したり、ユーザーに新しいサービスを提供したり。むしろ自分たちで、この産業を創っているという実感をもてる産業ともいえます。私自身も、大きな挑戦を続けていきます!昨日は開発部門の責任者S藤氏と大学訪問。 アドリブまじえたプレゼンで、たくさんの質問が出ていました。アメブロの検索エンジンをてがけている2年目のY田くんもとても丁寧に学生の質問に答えてくれていて、好評でした。引き続き優秀な学生に出会えるように、採用活動もがんばります

      テーマ:
  • 21 Feb
    • 厳選 日本史66の名場面

      厳選 日本史66の名場面 (ピンポイント選書)/楠木 誠一郎「歴史本はのめりこめるので好き。でもなんとなく歴史コンプレックスもある。」そんな相談をしたところ、プレジデント社のNさんからこの本をお勧めされました。ビジネスで使える重要な歴史のシーン66ということで、見開き2ページで一つのイベントが書かれています。弱みにつけこまず、逆にその逆境から救うという「敵に塩を送る」という上杉謙信の逸話の背景や、塩鮭は病気に効くと噂話をつくったりしてなりあがった男としての紀伊国屋文左衛門などの話など面白い逸話が多いです。特に気になったのは「坂の上の雲」につながる「本日天気朗ナレドモ浪高シ」で有名なロシアのバルチック艦隊を破った秋山真之の話。徹底的に頭を使って勝利に導くというところがいいですね。NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 DVD BOX/本木雅弘,阿部 寛,香川照之まずはいろんな話に興味を持てるという意味でよかった

      テーマ:
    • ラジオ「伝説の人事部長」に出ます

      特に就職活動中のみなさまへ。月・火・水とTOKYO FMの番組に出ることになりました。番組は「伝説の人事部長」。http://www.tfm.co.jp/jinji/もちろん、私が「伝説」ではありませんこのパソナリティの小宮さんはリクルートやソフトバンクでたくさんの採用活動に従事されてきた方で、まさに「伝説の人事部長」です 10分ほどで3夜連続という形ですが、面接で見るポイントや伸びる人材についてお話をさせていただきました。小宮さんもアナウンサーの高柳さんも本当にプロ魂を感じる声をお持ちなのはもちろん、緊張している私をリラックスさせようといろいろ声をかけていただきとても楽しかったです。これまでの出演企業はファーストリテイリング、楽天、電通などなど。グローバルでの人事コンサル企業、マーサージャパンの古森さんのお話も参考になります。この収録でいくつかお話しながらヒントもいただけたので、現場でも貢献できるようにどんどん実践していきたいと思います!!!

      1
      テーマ:
  • 20 Feb
    • カーリング

      あまりにツイッターやなうで盛り上がってるのでランチ食べながら。がんばれ日本!iPhoneからの投稿

      テーマ:
  • 19 Feb
    • 第12回ジギョつく決勝

      昨日は新規事業プランコンテスト、「ジギョつく」の第12回決勝戦。 続々と集まってくる参加者。書類応募 194決勝進出 21この数は過去最高ですが、単体社員の2割が参加している計算になります。レベルもとても高かった。書類審査の模様はこちらから。この激戦を勝ち抜いて、グランプリ 1賞、アイデア賞 7賞が決まりましたおめでとう!!!プレゼンも個性が出ていて、とてもよかったです。 役員からの質疑応答も、真剣。これが勉強になったという声も多い。 人事本部で事務局をしてくれたW田さんとH田さん、本当におつかれさま!今後も有力な事業を発掘し、有望な人材を育成するぞ

      1
      テーマ:
    • エルカフェ「ビューティキャリア塾」開催

      昨日は当社の女性メンバーを対象に、「ビューティキャリア塾」を開催しました。当社にはエルカフェという女性リーダーが中心となって活性化策を考えるプロジェクトがあります。今回のこの「ビューティキャリア塾」は特に女性社員を対象に、キャリアも美容も応援しよう!という企画です。講師は、ソロモン流でも特集された歯科医の宝田先生。DVD付 5分若返り宝田流美顔マッサージ (エディトリアルピース 一般実用)/宝田 恭子 たくさんの社員に参加してもらえました。(参加できなかったみなさん、ごめんなさい)具体的にトレーニングも教えていただき、確かに効果もすぐに感じるものばかり。大阪支社のメンバーにも、終了後にじっくり教えていただきました。キャリアについても触れていただいたのですが、「目の前のことにどれくらい一生懸命できるか」どんな作業でも、一生懸命やれば仕事に変わる。それを続けている人が素敵な人です、とのこと。私自身も大事にしていこう、と思いました。引き続きもっともっと多くのメンバーの声にこたえていきたいと思います!

      テーマ:
  • 18 Feb
    • 成長角度を意識する

      昨日はメディアアライアンスカンパニーのN澤さんと話をして実施した、「キャリアライン研修」。先日ブログに書いたこのシートを活用 してみんなで共有。 数人でこのシートを共有。他の人のキャリアはやはり興味深い。ものすごくもりあがりました。 数人での共有が終わったあとには、「あの人のこのキャリアの変遷が聞きたい!」という質問会。 「昇格したのは何がきっかけだったのですか?」「すごく辛そうな下降線の時に、どうやって盛り返したのですか?」など。事業部長であるN澤さんにも質問があり、経験談をリアルに語ってみんな納得したり、オモシロ体験談でみんなで大笑いしたり。 ちょうど日程が合って参加してくれたM村さんも感想を。http://ameblo.jp/chimu841/entry-10461248206.html 昨日もいろんなメンバーと話をしていて気づきましたが、どういう形であれ「自分の意志を表明する」ということをやっている人はやはり成長角度が高いと思いました。そして一番重要なことは、「成長角度を意識する」ということ。同じ人でもタイミングによって成長角度が下がったり上がったりします。知らないうちに、周囲に抜かれているかもしれない。でももっと上げていこう!と思うことで、ぐんと成長角度が上がっていくことが多いです。その角度をあげるためにも、意思表明だったり先輩にどんどん相談するなりの挑戦をしていくとよいと思います。私もそういう機会を、今後もたくさん創っていきたいと思います!追記:常務の中山が同じようなブログを先に書いてました。http://ameblo.jp/golfer/entry-10461800570.html成長曲線、成長角度という言葉が大事なのを思い出したので少し修正しました

      テーマ:
  • 16 Feb
    • 新任マネージャー研修

      昨日は新任マネージャー研修を行いました。大体3ヶ月に一度、新しくマネージャーになったメンバーに集まってもらい半日ほど勉強会。新卒2年目や3年目などでグループマネージャーや管理職になるのも、当社ではよくある話。挑戦が思いっきりできるような環境づくりは、経営としても非常に重要なポイントです。私の時間では個々人のこれまでのキャリアを書いて共有してもらったのですが、これがもりあがりました。「キャリアライン年表」と呼んでいます。イメージはこんな感じ。誰でも上るときもあれば下るときもある。どんどん成長する人は、何かしらその両方を経験していますね。だから失敗なんて恐れずに、どんどん挑戦してもらったほうがいい。そして夜は懇親会!とても楽しかったですどんどんチャレンジして、個人としても組織としても大きな存在になってもらえればと思います。

      1
      テーマ:
  • 15 Feb
    • サイバーエージェント流 成長するしかけ

      このたび、私の書いた本が発売されることになりましたサイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人日本実業出版のY浦さんにご提案いただき実現した今回の企画。「1冊の本では、8万文字くらい書く必要があります」8万文字って原稿用紙200枚・・・大変でした。ジャンルは異なりますが、社内で先に本を書いていたU野氏にどうやって本を書き進めているのかアドバイスなどももらいながら、まとめていきました。U野氏の著書。アメーバピグの技術の裏側が書かれています。プロからやさしく学ぶ ActionScript 3.0/浦野 大輔(株式会社サイバーエージェント)ちなみにこの「サイバーエージェント流 成長するしかけ」は、イチ社員として入社したメンバーから見るベンチャー企業の成長と苦労の変遷や 代表である藤田のベンチャー企業の日記などをたくさん引用しながら、人事制度の裏にある考え方や実際の運用方法について書いていたり 藤田と私で当社の人事戦略に関して、対談しているページもあります。当社の人事制度も、あくまで改善途中一方で、強みと呼べるものもできてきましたその成長過程のひとつの事例として、見ていただければうれしいです。

      6
      テーマ:
  • 14 Feb
    • なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか

      なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか日経新聞でも好業績がよくとりあげられていますがタイトルも表紙も気になる本で、思わず購入してしまいました。経営としてよく考えられているなぁ~、と納得させられる本です。大東社長や店長インタビューなども面白いし、餃子の王将ファンの芸能人のインタビューも面白い。しかしどの記事を読んでいてもものすごく感じるのが数字をものすごく重要視しているという点。各店舗は業績があげられる以上裁量権が大きかったり(好き嫌いではなく)月ごとのボーナスも1位にボンと大きく出したり。とにかくいろんな会話を数字という共通言語を使って進めているという印象があります。で、いてもたってもいられなくなって外出した中野で餃子の王将を探したら、ありましたたまたまひとり待ちで、すぐに入れました。頼んだのはチャーハン定食、913円(だった気が)。ファーストフードにしては単価は安くないですが、とにかくおいしいので納得どころか大満足。私が入ったあとに、10人ほどの行列に・・・・おそるべし餃子の王将!でも、おいしかったです

      3
      テーマ:
    • 自分なりのストーリーを持つ

      経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)/三枝 匡この本、個人的に大ヒット!!!!リーダー、マネージャー、経営者の方にとてもおすすめです。特におすすめは、「管理職」をやっているけど「経営者」を経験していない人。36歳の経営企画室長が投資先の社長として企業再建にあたる話です。この本の中に出てくる人々もそうですが、社内外で成長するリーダーに共通することのひとつに自分なりのストーリーを持っているという点があります。これから○○はこうなる、とか今後の展開で□□と△△が組む、とか。当たってるかどうかもわからない話ですから自分なりのストーリーを人に伝えることははじめは臆病になるのですが、最初はヘタでもどんどん続ける人は必ず成長しています。当社の役員会でも、それぞれの役員なりの考え方や持論がやりとりされます。それ自体が面白いですし、自分もがんばらねばと思います。それをイメージしながら自分で実行することはとにかく面白いですよ!自分の関わっている仕事から始めてみるとイメージがわきやすいかもしれません。この本のおかげで、ひとついい気づきを持てました

      2
      テーマ:
  • 13 Feb
    • 「棚おろし会議」で講演

      金曜日は講演のため、日帰りで福岡出張でした。福岡営業所によったところ、はじめ誰もいなかったのですが席を外していたU田さんとS野さんがもどってきました。さすが業績が良い福岡営業所。みな朝から営業に出ているのこと。渋谷でクリスピー・クリームドーナツをおみやげとして購入。福岡にはないので、喜んでもらえました。営業のみんなお食べられたかな・・・講演の内容は、当社で少しづつ展開を広げている「棚おろし会議」。月刊「人材教育」でとりあげていただいたものを講演させていただくことになりました。ITproでも取り上げていただいたこの会議も、やってみると「すっきりする」という反応がもらえるので私たちもやりがいがあります。広告事業本部 D達統括部門での記録http://ameblo.jp/dekitan/entry-10114421422.htmlサイバー・バズ M崎社長の感想http://ameblo.jp/jokyo/entry-10323954778.htmlとはいっても改善点もたくさんあるので、この講演のばを借りて、多くの企業のみなさまと生産性向上について議論をさせていただきました。正味約4時間。中身の濃い議論ができました。引き続き改善を続け、ひとりひとりの成果がより短時間でより大きく出せるように私たち人事もがんばります!こちらの書籍でも、「棚おろし会議」を紹介していただきました!なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術/小室 淑恵

      テーマ:
  • 09 Feb
    • 花粉症の季節

      昨日あたりから、花粉症の症状が出始めていますね昨年はこの花粉鼻でブロックを社員に教えてもらって活用しましたが、今年は新しい武器が花粉鼻でブロック 5g/フマキラー クリスタルヴェール。クリスタルヴェール 3g/エーザイ こちらのサイトでメカニズムがわかります。http://www.eisai.jp/products/crv/c/ テレビCMを見て即座に購入。使ってますが、多少鼻はグズグズするもののこれをつけてない周囲のメンバーよりは良いようです。レーザーとかいろいろ対処法があるようですが、花粉症へのよりよい治療法があればぜひ会社にも導入したい昨日は採用に関するミーティング。採用チームに集まってもらって、現状の共有や今後の進め方についてアドバイスをもらいました。いつもは部署が違うメンバーも多いのですが採用チームとして毎年協力してもらうメンバーだけあって、すぐにもりあがります。今日もがんばります

      テーマ:
  • 08 Feb
    • ウォー・フォー・タレント

      折に触れて、読み返す本。先週末の出張の帰りに、新幹線の中で読みました。ウォー・フォー・タレント ― 人材育成競争 (Harvard Business School .../エド・マイケルズ新卒採用でもキャリア採用でも、人材育成でも自分たちの組織における課題を自問自答するのにとても有効に活用できています。この本で一番の学びだったことは、金銭的な報酬だけでなく非・金銭の報酬も高めないとメンバーの働きがいが高まらないこともあるということ。どちらに注力するかは経営者の方針によりますが、私自身はそれこそ「21世紀を代表する会社」に足る人事制度を、絶対につくりあげていきたい。足元では課題もたくさんあって辛かったり苦労もしたりしますが、そういうときに支えとなるのが「チーム」であり、「仲間」。うまくいったときには、喜びがものすごく大きくなります。先週末の役員合宿でも、それを感じました。よし、今週もがんばるぞ。

      テーマ:
  • 05 Feb
    • 役員合宿

      昨日、今日とで役員合宿でした 明日土曜日に大阪で採用セミナーがある関係で、今回はサイバーエージェント大阪支社の会議室で行いました。いい景色・新卒採用に関する動向・人材に関する議論・各事業の今後の展開・中長期の会社の方向性各役員が自分なりの意見を発言。それぞれの強みがあるので視野が広がったり視点が高まったりしていくのを感じます。夜は役員8人と大阪支社の営業で懇親会非常にもりあがりました。たくさん飲んで、たくさん笑った会でした午後は合宿も終え、大阪支社にメンバー数名と面談をしています。今日の決定事項をどんどん進め、企業価値向上に邁進します!

      1
      テーマ:
  • 04 Feb
    • 今日は役員合宿!

      新幹線から見える雪景色今日は役員合宿。3ヶ月に一度、役員がじっくり向き合ってできる限り中長期の大きな経営の方向性を議論する場この場を繰り返すことで経営チームの結束が強固になっているのは間違いありません。毎回準備は大変で人事メンバーにもいつも助けてもらってますが、その分良い議論ができています。ありがとう。役員一人一人も真剣なので、率直で本音の議論ができていることもいつも有意義に感じる要素。まとまりながらも本気であればあるほど、チームは強くなる。今回の合宿も実りあるものにしたいと思います

      テーマ:
  • 02 Feb
    • 達成会食

      広告代理店事業の成績優秀チームとの会食。もともと毎月の最優秀チームが社長の藤田と会食に行く権利があるのですが 以前の役員合宿で他の役員も交流を深めたいね、という議論になり2位のチームが他の役員との会食にいくというものになりました。2位といっても全部で40グループくらいあるのでものすごく素晴らしい成績を収めたチームです。今日はN濱局長のチームと。すごく雰囲気の良いチームで、とにかく笑いが止まらない。いわゆる「すべらない話」だらけにも関わらず実力者がそろっているチームです。「みんなが・みんなで・みんなを」という局のコンセプトがあるようですがそのような感じの良いチームでした。おめでたい話もたくさんあったし、昇格へのチャレンジを宣言したメンバーもいたし。とにかく応援したい。普段困っていることやリクエストもたくさん聞けて、有意義でした。どの役員がこの会食に呼ばれるかは「ルーレット」で決まっているらしいですが次回も楽しみにしています

      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

カレンダー

月別

一覧を見る

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。