• 30 Jan
    • キャリアプランシート

      先日新しい人事制度 を発表しましたが それと同時に今年重要視しているのがメンバーひとりひとりの可能性を、活かすこと。その材料のひとつとして「キャリアプランシート」と称して全社員に、キャリアのイメージを聞くことにしました。項目は3つのフリーアンサーから。(1)価値観:あなたの仕事に対する価値観について教えてください。  ・仕事をしていて「楽しい」と感じることは? ・仕事の中で「大切にしていること」は何か? 等 (2)可能性:あなた自身の可能性について自由にお書き下さい。  ・強みを活かすにはどうするか? ・異動するなら、どこが合うかも? 等 (3)キャリアイメージ:あなたのキャリアイメージを自由にお書き下さい。 キャリアづくりにおいては、自分の持っているキャリアイメージが最も大事ですが価値観と可能性もセットで大事にすべきだと思っています。今の環境で伸ばすのが一番伸びるかもしれないし役割が変わったり異動することで一番伸びるかもしれない。どちらでも、集中できる環境を用意することも大事ですね。この2月には役員合宿もあり、本人によるフリーエージェントのほかにも異動の辞令についても検討することになると思います。 会社にとっても、現場にとっても最善の判断になるよう最大限やりきります。さて、このキャリアプランシート。 締切だった昨日の午後時点で、800名以上の送信がありました。ひとりひとりものすごく、熱い。世界に通用するサービスの研究開発をする。カンヌで賞をとれるくらいクライアントや生活者を喜ばせる集団を絶対につくる。会社の仲間が本当に好きでその仲間たちとともに会社をつくりあげている瞬間が好きだ。 などなど。私も「21世紀を代表する会社を創る」一員として、世界最高の人材育成企業となるよう、全力で取り組みます!

      1
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 卒業旅行

      2010年の新卒採用セミナーが始まりました。その一方で、2009年4月に入社する内定者101名との面談も進めています。入社前に、ひとりづつ面談をして入社を決めてくれたポイントや卒業前に何をするのかなどを教えてもらっています。その中でもりあがることが多いのが、卒業旅行。当社のメンバーともその話題をしていたらガクタビ というサイトがあるとのこと。今でこそJTBさんなどは法人としてもお世話になることが多いですが、卒業旅行などでは手の届かない存在でした。ちなみに私はバイトなどで地道にためて、2つ卒業旅行に行きました。(1)アジアでキャノンボール。大学の友人3人づつでチームをつくり、国と地域に事前にポイントを決めてチェックポイントでそのスコアを決めて競うというもの。私のチームは、タイ→カンボジア→ベトナム→陸路で中国→マカオ→香港という感じでした。1998年。タイの成長がすごいなぁ、と感じました。(2)中米の遺跡めぐり。ロス→グァテマラで遺跡→ホンジュラスでカリブ海のビーチ→エルサルバドル意外に物価が高く、コストの調整が大変でした。エルサルバドルは内戦などもあった時期でしたが人々のスマイルが素晴らしかったです。卒業を前にした学生のみなさん全てが卒業旅行をするわけではないと思いますが、残りの数ヶ月が充実するようにがんばってくださいね!ロンドン 77,700円ロス   39,800円グアム 14,800円当時に比べると、すごく安い!うらやましいです。円高も海外に行く学生にとってはとてもいいですよね。ガクタビhttp://www.jtb.co.jp/gakusei/昨日はIT企業の人事交流会。 ネットサービスやIT関連企業の人事メンバーを中心に、懇親会をさせていただきました。大いに笑いありでもりあがりました。困ったときに助け合える、そういう関係をもてることは非常にありがたいことです。こういう関係は、大事にしていきたいと思います

      テーマ:
  • 26 Jan
    • 「次」を考える

      週末、結婚式の衣装のチェックや引越しの情報収集をしながら、読書。「知の衰退」からいかに脱出するか?/大前研一 グローバルで戦うために、必要とされる知恵の力。 個人のIQを高めるだけではなく、集団でのIQを高めるべきだという提言。単純に今あるものを知るだけではなく■要はどういうことなのか?■○○は今後どうなるのか?という自問自答が大切とのこと。これを組織でできるように、なるべきだと。たしかに気をつけないと単純に情報を収集して終わってしまう。自分自身の目線を上げる、いい気づきになりました

      1
      テーマ:
  • 24 Jan
    • 恵比寿のくまさん

      これは写真にとっておく価値があるとおもいまして(^.^)恵比寿のカフェアマンディーヌでランチでした。

      テーマ:
  • 23 Jan
    • 新規事業審査

      昨日は新規事業プランコンテスト、ジギョつくの書類審査でした。事前勉強会 では過去最高の127件の参加。書類提出では、80名から88件の応募がありました!社員の1割以上が参加してくれました。昨日は役員全員で、書類審査。 事業案の一覧を役員用にまとめるのですが、その際に人事なりに工夫しているのは応募者の顔写真を添えること。直接業務で接点があってもなくてもメンバーの志を、きちんと役員で共有してもらうためのひとつのアクションです。 切り口がユニークなものや、事業案のコピーが秀逸なものなど、審査中に思わず笑いがこぼれることもありますが、必ず全ての案件を判断します。他の役員も、感想を書いてくれました。http://ameblo.jp/saijo/entry-10196508169.html http://ameblo.jp/cyber/entry-10196263035.html 育成活性化の担当であるYさんはじめ、告知活動などでは新規開発局のメンバーにたくさん助けてもらいました。書類審査を通過したのは、17名。通過しなかった方には、フィードバック会を実施します。そして審査を通過した方には役員全員にプレゼンをしてもらうため、こちらも事前に勉強会を行います。新しい事業を生み出すきっかけにして新たな抜擢や、新組織の設立につなげるきっかけにしたいと思います。追記:役員のブログhttp://ameblo.jp/nikki/entry-10196780012.html

      テーマ:
  • 22 Jan
    • 意志と期待で人事する

      新しい人事制度を、はじめることになりました。 「意志のキャリチャレ、期待のジョブロ。」当社のメンバーでぐんと成長しているメンバーに面談などでその要因を聞くと、様々なものが出てきます。「あの上司に指導を受けたことが大きかった」「チームで一緒に大型提案で勝った経験が活きている」「とことんあの企画を考えたことが、今の基本になっている」などなど。その中で、以前から多くて注目していたのが「異動・部署設立などの環境変化が、自分にとっての転機になった」という声。これまでは「自分の意志で異動したい!」という考えを制度化してきました。「キャリアチャレンジ制度」という野球で言うフリーエージェント制度を実施。半年ごとに異動を決めてきました。この異動での事例も、ずいぶん増えてきました。しかしキャリチャレを利用していないメンバーに話を聞いてみると、今は、今の環境で思いっきり成果を出したい。中期的には別の可能性にも挑戦したい。その「可能性」の選択肢は、もっと広げておきたい。そういう情報はもっとほしい。個々の可能性を活かして本人にも会社にもよりよい人事をしていきたい。ということで今回はじめるのは、ジョブローテーションすることで本人の気づいていない可能性を開拓してもらおうという制度です。ジョブローテーションということで、「ジョブロ制度」。どこの部署に人員を強化すべきかという方針を決定し、経験年数や期待値などを勘案して異動を役員で決定していきます。期待をかけて、人事を決める。メンバーに、その挑戦を楽しんでもらう。この新しいサイクルで貢献できるように、私も注力してがんばります。

      テーマ:
  • 21 Jan
    • 大統領就任演説の動画

      いろんなサイトでオバマ大統領の記事が出ていますが、もっとも良かったのはニューヨークタイムズでの記事。就任演説の動画に、本文のトランスクリプト付!http://www.nytimes.com/interactive/2009/01/20/us/politics/20090120_INAUGURAL_ANALYSIS.html?hp文字を見ながら聞くと、純粋に理解度が高まるので助かりますね。日経1面でも、オバマ大統領に「史上最高の期待値」と書かれていましたが、こういう期待値の中で困難に立ち向かおうとする姿勢は、純粋すばらしいと思いました。しかも47歳という若さ。朝からこのスピーチの温度感を感じて、エネルギーをもらいました。今日も一日、がんばります!

      テーマ:
  • 19 Jan
    • 建築家 安藤忠雄

      建築家 安藤忠雄/安藤 忠雄コンクリート打放しの建築を広めた安藤忠雄さん。ご本人の半生をご本人が書かれたとのことで読んでみましたが、とても面白かったです。本を読むときにはいつもざっと読み始めて、面白いところがあるとぐっと時間をかけて読むのですがこの本は最初からじっくり読みました。建築基準の許可を得るために官公庁とも何度もやりとりしてとことんまでやりぬく。斬新なコンクリート打放しの建築について周囲からの批判を受けながらもやりぬいて、評価を得る。成功を見つけるのではなく、成功を創る。成功するまで、やる。いい気づきを得ることができました。今週も、がんばります!

      1
      テーマ:
  • 18 Jan
    • せいろ蒸し

      この週末は、神戸に。芦屋のカムカムでランチ。豚の定食。せいろ蒸し定食がすごくおいしかった。せいろ蒸しって、すごいですね。せいろ蒸しを使うことでとても甘みが増したり、味わい深くなったりするんですね!これから少しづつ、料理ができるようになっていこうと思ってましたが、せいろ蒸しは、こだわりがいがありそう

      テーマ:
  • 16 Jan
    • 社員のブログ

      今日はいくつもブログやサイトで当社メンバーのコメントに触れて感謝したり、感心したり。とてもよい影響を受けたのでその紹介です。■人事のシニアマネージャーのブログ。http://ameblo.jp/communication-engine/1月から同じ人事本部に仲間入りしてくれた(担当はそのまま広告代理店部門の人事責任者)、W田氏。ものすごい勢いで、人事本部の業務にキャッチアップしてくれています。歓迎会でも、独特の世界観でメンバーの笑いをとっていました。■業務改善会議「棚おろし会議」の参加者の弁。フラウディア社長 I 栗氏http://ameblo.jp/20040101/entry-10189827916.html渋谷ではたらく取締役http://ameblo.jp/cyber/entry-10191834600.html協力や応援に感謝です。知識労働の生産性が向上するモデルを、なんとしてでもつくりあげたい。■「新規事業のつくり方」:日経ビジネスオンライン当社のネットトレンド研究室のスダシン氏によるコラム。当社で新規事業が生み出される流れが書かれています。純粋に、「自分もがんばらなきゃ」と思える記事。人事として、こういうチャレンジできる環境をもっともっとつくらなきゃ。メンバーのために何ができるか。自問自答を続けよう。そしてこの記事に書かれている当事者、椿氏がブログでコメントを書いています。椿氏も入社したときは1人の営業メンバー。私も入社当初は、1人の営業でした。「事業プランコンテストに出してみる」とか「とりあえず上司に言ってみる」とかこのようなひとつひとつの「決断」が、人生の価値を高める。「やめておこうかな・・・」という自分に、思いっきり挑戦しているのですから。とにかく、まずは実行してみる。これまでと、違う自分に出会える。そんな環境を提供できる仕事に、全精力を注ぐぞ 

      テーマ:
  • 15 Jan
    • 西條塾

      今日、役員ミーティングのあとに当社のCOOである西條 に「3分、時間もらっていいですか?」と声をかけ、「管理職の育成」に関するミーティングをしました。先日ちょっと立ち話で西條からこんな話をもらった上での動きです。「(全体の景況感は良くない中で)こういう時代の流れだからこそ、きちんと人材育成をやっておきたいよね。あと、上司が次の管理職を育てる。そして、より大きな仕事にとりかかる。そんな風土を作りたいんだ。」管理職育成は、私も今期の重要テーマ にしていたので、これはチャンス!だと思いました。しっかり基礎力をつけてもらいつつ、サイバーエージェントらしい(育成を受ける当事者が喜ぶ)育成の環境を作りたい。ということで、開催します。その名も、「西條塾」。(ネーミングは修正するかもしれませんが)当社の最上級グレードのG5と子会社社長対象に、3回セットで実施します。管理職が育てば育つほどその部署の「勝ちパターン」が確立され、現場のメンバーにとってもより挑戦できる分野が増えたり、より働きがいを味わえる可能性が高まる。ということでゴールは、西條の経営ノウハウを「実行レベル」まで浸透させること。1・2回目は西條からの講義&ワークなど。そして3回目は、各自の担当部署について、「戦略プレゼンバトル」。1・2回目の講義をもとに、3回目で自分の分掌に関してプレゼンをしてもらいます。そのプレゼンに対して、西條からのアドバイス。(西條も、楽しみにしていました)同じような環境や職務のメンバー同士で戦略をプレゼンすることで刺激をしあったり、「それいいね!」と各部署のよい事例を共有してもらったりすることも狙っています。この場を通じて、人事の役割である「パフォーマンス・エンジン 」としての機能を、少しでも推進させたい。現場のメンバーにも西條のノウハウが横展開できるように、できる限り塾の内容も社内で共有するつもりです。先ほどO下氏 、M崎氏 、D達氏 など数名のG5にヒアリングしたらかなり好感触。ちなみにこの「戦略プレゼンバトル」のアイデアはJフィール の勉強会(pdf。私も講演させていただきます) での情報をヒントに、活用方法を考えてみました。どんな他社の良い制度も、自分の会社にあわせないとうまくいかない。昨日の勉強会でもらったメッセージは、改めて自分に言い聞かせました。いい育成プログラムだと言ってもらえるように、私も精一杯がんばります!

      テーマ:
  • 13 Jan
    • 新規事業コンテスト

      社内外で新規事業立ち上げをバックアップするイベントが実施されています。こういうときこそ、小さく産んで大きく育てる。景況感が冷え込んでいる中でも、攻めのしこみはきちんとやっておきたい。 社内では先週実施した事業プランコンテスト「ジギョつく」勉強会。127名に参加してもらうことができました。(前回は90名なので過去最多)応募案が楽しみです。 今回、新しい試みとして社外でも事業案の取り組みを行っています。■ビジネスプランコンテスト『Start』http://www.cai.co.jp/start/サイバーエージェント・インベストメント主催のコンテストです。ヤフー、mixi、DeNA、マイクロソフト、ネットプライス、CAモバイル、ECナビ、サイバーエージェントの連携がはじめて可能となりました。応募はすでに始まっているとのことで2009年3月11日が締め切りです。私も、3月に実施されるあした会議にむけて事業案を集めています。心から自分で立ち上げたいと思える事業を、たくさん仕込んでいきたいと思います!今週もがんばりましょう!

      テーマ:
  • 12 Jan
    • ロマン

      この週末は、5月の結婚式にむけたドレスや私のスーツなどの試着妻のドレスの試着のついでに、私も着てみました。ウェディングドレスは、本当にすごくたくさんの種類がありますね。本当にびっくり。その着替えの合間に、読んだ本。挑戦 我がロマン (私の履歴書)/鈴木 敏文この本はとても面白かった。現在も経営の最前線にいながらもこのようなチャレンジをしているのを目の当たりにすると、ぐんと目線があがって自分の足りないところがよく見えてきます。過去から考えるのではなく一歩先の未来から考えるこの本に書かれていることの中でも、特に常に意識しておきたいこと。この本でも鈴木CEOは大きなロマンをいだいて仕事にとりくまれていますがロマンの大きさでは、誰にも負けない。足元でもしっかり仕事にとりくみつつ、大きな挑戦をしていきたい。そんな思いをいだくことができました。いい週末でした

      テーマ:
  • 09 Jan
    • 棚おろし会議

      生産性の改善。多くの企業の人事の方とお話をしているとこの点が、課題となっていると聞きます。知恵や創造性を要求されたりそれ自体が商売となっているビジネスの場合、労働の過程などが見えず「あの人はなぜ仕事が速いのか」「なぜあの人は同じ仕事でも時間がかかるのか」などが共有されにくいですよね。私自身の営業メンバー時代を思い出してもより大きな成果を、最小の時間で出して、気分よく帰りたいそういう思いが強かったです。12月くらいから「BPR委員会 」という組織も作って、会社として生産性を改善する活動をはじめました。そのひとつが、「棚おろし会議」。定期的に業務の棚おろしをすることでチームごとに知識労働の改善を図り、生産性を改善させようというものです。この会議は、ワークライフ・バランス社の小室淑恵社長の「なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術」 でも紹介していただきました。 昨日は5チームに集まってもらい、その会議を実施。これがテキストの1ページ目です。 成果をMAXで出して、帰りもMAXに狙った時間に帰宅する。その「両立」を、狙うものです。両立を狙うというのが、ポイント。ただこういう取り組みはカタくなりがちなので、キーワードも。「成果MAXで、帰りMAX(かえりまーっくす)!」すこしダジャレが入っている、人事メンバーが発案してくれたあいさつ用語はご愛嬌で。(1) 自己チェック (2) 目標の設定(3) 業務の仕分け(4) 捨てる決定(5) 伸ばす決定(6) 進捗確認方法の決定上記の6ステップをもとにこの天気図シート を使って自己チェックし、「3ヶ月後に、晴れを何個とるか」を目標設定します。1回2時間、1ヶ月に1回、3ヶ月続けます。 必ず部署のトップに参加してもらっています。捨てる決断や部署横断の調整ごとなどが多いので。 業務を全部書き出して、洗い出す。 コア業務とベース業務に分ける。考える業務と、事務作業を分ける感じで。 ECナビの人事責任者、N山さんやCAモバイルの方も参加していただきました。はじめは見学だけの予定が、一緒にワークも。無駄な部分を圧縮し、もっと時間をかけたいと思っているところに時間をさくしかけや環境を議論。ここからが、上司に最も力を借りる部分です。 K池さん http://ameblo.jp/koike K永さん  I 栗さん http://ameblo.jp/20040101/ CAM人事 K村さん  N瀬さん http://ameblo.jp/lionbaby アンケートでも「捨てることで効果をあげる、とわかった」「無駄の削減を楽しくやれた」「無駄な仕事というのがわかった」「とても画期的な改善策が出ました!」「自分の業務を見直すいい機会になりました!」などの声が。よかったです。ここからが本番。メンバー一人一人が改善できて、すっきりと成果MAXで帰りMAXと言えるように全力でサポートしたいとおもいます!しかし今日は寒いですねー広報のブログで、取り上げてもらいました。http://ameblo.jp/cair/entry-10188944487.html よろしければぜひ!

      テーマ:
  • 08 Jan
    • 議事録担当は誰?

      インテルでは、会議の議事録を一番えらい人が書いているとのこと。「いい!」と思ったので今日、人事の定例リーダー会議で試して私が議事録を書いてみました。数行で終わり。みんなで決定したことだけを書いたから。今までは、特に議事録の書き方とかも特に指導していなかったので、自分自身反省です。一番えらくなくても「上司が、議事録力があると認める人」が書くことは効果ありそうです。 「無駄な議事録」がなくなりそう。 昨晩は会社のメンバーと食事。たまたま共通の話題でもりあがった居酒屋へ。私は何をこんなに驚いているんだろう

      2
      テーマ:
  • 07 Jan
    • 得意なもので成果を出す

      年末に読んだ雑誌のひとつ。週刊 ダイヤモンド 2009年 1/3号 [雑誌] 総予測自体も面白かったのですが、特によかったのはとじこみでついていた「ドラッカーの名言・至言集」折に触れて読み返して、自分に足りてないところや視点を広げたいときにそれを確認できるのがドラッカーの本のすごいところ。「経営者の条件」などはオススメです。何によって憶えられたいかその問いかけが人生を変える何の成果ももたらさない仕事が時間の大半を奪っていく人は得意な仕事の仕方で成果を上げていく得意な仕方を向上させよなどなど。特に最後の「強みを中心にすえる」という考えは特に重要だと思います。常務の中山からもよくこの点でアドバイスをもらっていて、自分でも、これを意識してからぐんと成長実感をもてています。弱みの改善は重要。でも時間がかかる。一方で強みや普段意識していることは他の人に貢献できるものがあって周囲にも喜んでもらいやすい。強みを活かして、顧客や会社の仲間からのリクエストを答えていくと、自分なりの「勝ちパターン」ができていくと思います。社員の勝ちパターンづくりにすこしでも協力できるように、私もがんばります。昨日の新規事業プランコンテスト「ジギョつく」勉強会。過去最大規模の61名の参加。 参加してくれたメンバーや事務局のブログ。http://ameblo.jp/tryal/entry-10188695047.html http://ameblo.jp/ysk0411/entry-10188833999.html http://ameblo.jp/vegetarianryo/entry-10188670221.html http://ameblo.jp/1103mayu/entry-10188739676.html 広告部門のD前さんやアメーバのF井さんなど、事業責任者クラスからも「過去最高だった」と好評でした。金曜日にも実施します。全社員はもちろん、内定者のみなさんも参加できるので興味あったらぜひ 

      テーマ:
  • 06 Jan
    • 新規事業の勉強会

      今日は新規事業プランコンテスト、「ジギョつく」の勉強会の準備をしています。「ジギョつく」についてはこちら(2004年の記事)http://www.cyberagent.co.jp/company/ceo/2004/0630.html 半年に1度開催しているジギョつくは、今回で10回目。勉強会の内容も気合を入れています。今回の勉強会は社内にある多くの「勝ちパターン」や「知恵」を個々の部署でとどめず、より多くの部署に横展開する「パフォーマンス・エンジン」 としての人事の役割の第一弾のアクションともいうべきもの。G5あした会議に優勝した内藤氏からは「事業機会の発見の仕方」など。本日話をしたら、資料を最終段階で詰めてくれているとのこと。事業戦略部の責任者榎原氏からは普段たくさんの事業責任者と話をしている中でのヒントをもらえる予定。私からは、新規事業のチェックポイントをまとめたリストを共有します。これまで「ジギョつく」の審査過程を見ているので、その経験談の共有をして少しでも成果があがるように情報提供したいと思います。その中でも役員陣が重要視しているポイントのひとつが「ひとことで、わかりやすいかどうか」複雑なもの、新しいものを伝えたいときほどこの点が重要になると思います。普段の仕事でも、これができるメンバーは仕事が明らかに早いです。伝えたいことも、伝わらないともったいないですからね。社員のみなさん、本日と金曜日に勉強会を開催しますのでぜひ参加してくださいね! 

      1
      テーマ:
  • 05 Jan
    • 2009年

      本日は仕事始め。本年もどうぞよろしくお願いいたします!  2009年。 「ジャパン・イニシアティブ(日本主導)」という特集の日経ビジネス1月5日号を読みました。 その中で、二宮尊徳の残した言葉というのが印象的でした。道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である。当社のミッションステートメント でも法令順守の重要性を明文化していますがこの言葉は自分の心に響きました。寝言で終わるのではなく、実業で社会に貢献する。どこまでその影響度を大きくできるか。目線を高く持たなければと思います。 2009年は、役員として初めて迎える1年。 当然、気合も入ります。がんばります しかし、空回りはよくない。 そんな中で今年大切にしたいことは・・・ 自然体で、決断する。様々なニュースや声を目にしたり、聞こえてきたりします。 しかしどれを選んでも、正しいかもしれないし正しくないかもしれない。 他責では、ダメだ。 自分の直感を、大事に。自分の決断を、大事に。正解になるまで、やりぬく。私が求められていることは、そういうことだと思っています。 そんなときに大切なのものこそ、たくさんの現場の仲間の声。 サイバーエージェントグループのみなさん、今年もよろしくお願いします。 たくさんの声を聞いて、本質が何かを見抜き、そして自分で決める。 2009年、「自然体」でがんばります!

      テーマ:
  • 04 Jan
    • 天地人

      昨日は、私と妻それぞれの両親とで新年の挨拶を兼ねた食事でした。横浜の実家まで両親を迎えに行ったときに、見えた富士山。澄み渡った空気の中での富士山は、なぜか気がひきしまりますね。年明けに見ることができたのは良かった。丸ビルで和食のランチをいただきましたがお互いの実家についての話などでもりあがりとても楽しかったです。そのとき、話題にあがったもの。NHKの新しい大河ドラマ、「天地人」。http://www9.nhk.or.jp/taiga/top.html先日行った新潟が舞台。 天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)/火坂 雅志上杉謙信を師と仰ぎ、兜に「愛」の文字を掲げた兼続は、その波乱の生涯を通じて、民・義・故郷への愛を貫きました。「利」を求める戦国時代において、「愛」を信じた兼続の生き様は、弱者を切り捨て、利益追求に邁進する現代人に鮮烈な印象を与えます。大河ドラマは、失われつつある「日本人の義と愛」を描き出します!(ホームページより)このランチの場で教えていただいたのですが、上杉謙信を支え、そして民の力になる点で直江兼次の立場は経営で果たすべき私の役割を重ねて考えることができそう。決してこれまで詳しく知っていたわけではないので本日の初回を見てみようと思います!

      テーマ:
  • 02 Jan
    • 雪国

      「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」雪国 (新潮文庫 (か-1-1))/川端 康成 このような感覚を受けた、今日の上越新幹線。朝9時過ぎの大宮発の新幹線にのって、トンネルをいくつか越えたところで景色がぐっと変わりました。トンネルでガタンガタン・・・・そして・・・ 雪国!ついさっきまで晴れていたのに。妻の伯母様にご挨拶へ、新潟に行ってきました。新潟で人気のワイナリーと聞く、「カーブドッチ」へ。http://www.docci.com/index.html 着いたときにはすこし雲っていましたが、あとからものすごく良い天気になりました。 地下にワイン貯蔵庫もあって、普段ワインをたくさん飲むわけではないのですがランチでおいしくワインをいただきました近くには越後ビール の工場もあって、帰りの新幹線でおいしくいただきました  「今度は暖かいときに来るといいわよ」とお勧めいただきました。たしかに山や緑がめちゃめちゃきれいだろうなぁ。 温泉もたくさんあるようなのでまたゆっくり来てみたい! 

      1
      テーマ:

プロフィール

デキタン

性別:
男性
誕生日:
1974年10月1日5時頃
血液型:
A型

読者になる

AD

月別

一覧を見る

■プロフィールはこちら
https://sites.google.com/site/soyama1001/

■著作

サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方 ― 「キャリアのワナ」を抜け出すための6カ条/曽山 哲人(2010年7月16日)




アマゾンにて「ビジネスライフ」1位!(2010年8月24日)

<プレジデントロイターでの連載>
サイバーエージェント流 自己成長する意思表明の仕方

<この本を紹介してくれた方>
グロービス田久保さん渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)、ネットトレンド研究室須田氏

サイバーエージェント流 成長するしかけ/曽山 哲人(2010年2月)




アマゾンにて「IT」カテゴリ1位!(2010年8月25日)

<この本を紹介してくれた方>
渋谷ではたらく社長(藤田晋氏)ネットトレンド研究室須田氏、、フィールワークス前川さんドリコム内藤さん百式管理人田口元さん


■資格
TOEIC 825点(2007年10月)

■高校 神奈川県立市ヶ尾高校
ダンス甲子園全国大会第3位(日本テレビ「元気が出るテレビ」@よみうりランド。チーム名は「DorD」。動画はこちら

■大学 上智大学文学部英文学科
体育会男子ラクロス部 主将
学生ラクロス連盟 広報委員長
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。